FC2ブログ

Debianにsarを入れる

実はデフォルトで入ってない?

$ sar
-bash: sar: コマンドが見つかりません



いんすとーる
パッケージはsysstat。

$ sudo apt-get install sysstat
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
提案パッケージ:
isag
以下のパッケージが新たにインストールされます:
sysstat



設定ファイル
/etc/default/sysstatで定期的に記録するよう設定。

$ sudo emacs /etc/default/sysstat

#
# Default settings for /etc/init.d/sysstat, /etc/cron.d/sysstat
# and /etc/cron.daily/sysstat files
#

# Should sadc collect system activity informations? Valid values
# are "true" and "false". Please do not put other values, they
# will be overwritten by debconf!
ENABLED="true"←trueに変更




cronの設定

$ sudo emacs /etc/cron.d/sysstat


# The first element of the path is a directory where the debian-sa1
# script is located
PATH=/usr/lib/sysstat:/usr/sbin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin

# Activity reports every 10 minutes everyday
5-55/10 * * * * root command -v debian-sa1 > /dev/null && debian-sa1 1 1

# Additional run at 23:59 to rotate the statistics file
59 23 * * * root command -v debian-sa1 > /dev/null && debian-sa1 60 2


10分毎に 情報収集。
23:59にローテート。

定期記録を有効にしてしばらくすると記録されたファイルができる。

$ ls /var/log/sysstat/
sa04




情報の保存期間
/etc/sysstat/sysstatで設定。デフォルトは7日?

$ sudo emacs /etc/sysstat/sysstat

# sysstat configuration file. See sysstat(5) manual page.

# How long to keep log files (in days).
# Used by sa2(8) script
# If value is greater than 28, then log files are kept in
# multiple directories, one for each month.
HISTORY=7 ←ここが保存期間(日数)

# Compress (using gzip or bzip2) sa and sar files older than (in days):
COMPRESSAFTER=10

# Parameters for the system activity data collector (see sadc(8) manual page)
# which are used for the generation of log files.
# By default contains the `-S DISK' option responsible for generating disk
# statisitcs. Use `-S XALL' to collect all available statistics.
SADC_OPTIONS="-S DISK"

# Directory where sa and sar files are saved.
SA_DIR=/var/log/sysstat

# Compression program to use.
ZIP="bzip2"


HISTORY=30 とかにすれば30日分保存される。

実行例

$ sar 5 10
Linux 3.16.0-4-amd64 (tminserver) 2016年08月04日 _x86_64_ (2 CPU)

18時31分38秒 CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
18時31分43秒 all 0.10 0.00 0.10 0.00 0.00 99.80
18時31分48秒 all 0.00 0.00 0.00 0.30 0.00 99.70
18時31分53秒 all 0.00 0.00 0.10 0.00 0.00 99.90
18時31分58秒 all 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
18時32分03秒 all 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
18時32分08秒 all 0.10 0.00 0.10 0.00 0.00 99.80
18時32分13秒 all 0.00 0.00 0.10 0.00 0.00 99.90
18時32分18秒 all 0.00 0.00 0.10 0.40 0.00 99.50
18時32分23秒 all 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 100.00
18時32分28秒 all 0.00 0.00 0.10 0.00 0.00 99.90
平均値: all 0.02 0.00 0.06 0.07 0.00 99.85



できてるファイル指定して・・・

$ sar -f /var/log/sysstat/sa04
Linux 3.16.0-4-amd64 (tminserver) 2016年08月04日 _x86_64_ (2 CPU)

18時35分01秒 CPU %user %nice %system %iowait %steal %idle
18時45分01秒 all 0.03 0.00 0.03 0.19 0.00 99.74
18時55分01秒 all 0.01 0.00 0.02 0.12 0.00 99.84
19時05分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.05 0.00 99.91
19時15分01秒 all 0.03 0.00 0.03 0.09 0.00 99.85
19時25分01秒 all 0.01 0.00 0.02 0.13 0.00 99.83
19時35分01秒 all 0.01 0.00 0.02 0.08 0.00 99.89
19時45分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.21 0.00 99.75
19時55分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.13 0.00 99.83
20時05分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.14 0.00 99.82
20時15分01秒 all 0.02 0.00 0.03 0.21 0.00 99.74
20時25分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.14 0.00 99.82
20時35分01秒 all 0.01 0.00 0.02 0.08 0.00 99.89
20時45分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.17 0.00 99.79
20時55分01秒 all 0.02 0.00 0.02 0.14 0.00 99.82
21時05分01秒 all 0.04 0.00 0.04 0.11 0.00 99.81
21時15分01秒 all 0.08 0.00 0.05 0.28 0.00 99.59
平均値: all 0.02 0.00 0.03 0.14 0.00 99.81



ちゃんと記録されてる。

メモリとスワップ。19:00〜19:30指定。

$ sar -r -s 19:00:00 -e 19:30:00 -f /var/log/sysstat/sa04
Linux 3.16.0-4-amd64 (tminserver) 2016年08月04日 _x86_64_ (2 CPU)

19時05分01秒 kbmemfree kbmemused %memused kbbuffers kbcached kbcommit %commit kbactive kbinact kbdirty
19時15分01秒 124468 1801716 93.54 382748 757620 1501616 25.81 802940 686536 8
19時25分01秒 124508 1801676 93.54 382796 757624 1500132 25.79 803016 686524 0
平均値: 124488 1801696 93.54 382772 757622 1500874 25.80 802978 686530 4



おまけ
sysstatパッケージにはiostatも入ってる。

$ iostat
Linux 3.16.0-4-amd64 (tminserver) 2016年08月04日 _x86_64_ (2 CPU)

avg-cpu: %user %nice %system %iowait %steal %idle
0.02 0.00 0.02 0.30 0.00 99.65

Device: tps kB_read/s kB_wrtn/s kB_read kB_wrtn
sda 0.25 0.64 3.01 993752 4692896



sarは日時指定してそのときのシステム情報を表示できるスグレモノ。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

postfix でプロバイダのメールサーバにリレー

どはまってました。

やりたいこと;postfixでおうちサーバー(Debian)でメール送信を可能にする
さくらVPSでやったときは普通に入れて適当に設定して動いたけど、自宅サーバーだとgmailとかプロバイダメールを中継しないとだめらしい。
ということでプロバイダ経由にしよう

1.設定は・・・
・/etc/postfix/main.cf メイン設定ファイル

relayhost = [プロバイダのauthサーバー]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/relay_password
smtp_sasl_security_options = noanonymous



・etc/postfix/relay_password

プロバイダのauthサーバー プロバイダで使ってるアドレス:パスワード


これ書いたら
# postmap hash:/etc/postfix/relay_password
relay_password.db
が生成されてることを確認。

ファイル名はどうでもいいけどmain.cfで指定した
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/relay_password
の行と整合性がとれてること。

・/etc/postfix/master.cf
smtp unix - - - - - smtp
の行があること。nになってないこと。

2.メール送信テスト

postfix起動
# service postfix start

テスト
$ telnet localhost 25 ←localhostにtelnet接続
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
220 tminserver.localdomain ESMTP Postfix
ehlo localhost ←サーバー名とか指定。今回はlocalhost
250-tminserver.localdomain
250-PIPELINING
250-SIZE 10240000
250-VRFY
250-ETRN
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-8BITMIME
250 DSN
mail from: ←<>内にはテストメールのfromに入るアドレス。
250 2.1.0 Ok
rcpt to: ←<>内にはテストメールのto
250 2.1.5 Ok
data ←内容を書くよってことでdata
354 End data with .
subject: MAIL TEST ←subject:テストメールの件名
This is test message of smtp ←テストメールの内容
. ←.で本文終わり。
250 2.0.0 Ok: queued as 32F4E419A8
quit ←quitでtelnet抜ける
221 2.0.0 Bye
Connection closed by foreign host.

でtoに入れたアドレスにfromで入れたアドレスから届けばオッケー。

3.成功した時のログ

ログは/avr/log/maillogに出力されるので、tail -f でリアルタイムに追いかけながら設定してみたりする。
# tail -f /var/log/maillog
Dec 27 14:00:31 tminserver postfix/smtpd[24775]: 32F4E419A8: client=localhost[::1]
Dec 27 14:00:53 tminserver postfix/cleanup[24780]: 32F4E419A8: message-id=<20151227050031.32F4E419A8@tminserver.localdomain>
Dec 27 14:00:54 tminserver postfix/qmgr[24772]: 32F4E419A8: from=, size=374, nrcpt=1 (queue active)
Dec 27 14:00:54 tminserver postfix/smtp[24782]: 32F4E419A8: to=, relay=auth.aitai.ne.jp[210.158.149.181]:587, delay=31, delays=30/0.02/0.32/0.2, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 tBR4xnqa032251 Message accepted for delivery)
Dec 27 14:00:54 tminserver postfix/qmgr[24772]: 32F4E419A8: removed
Dec 27 14:00:59 tminserver postfix/smtpd[24775]: disconnect from localhost[::1]

dsn=2.0.0, status=sent となってるのでこれは成功。

4.失敗した時のログ
Dec 27 13:45:27 tminserver postfix/error[24579]: F34C541996: to=, relay=none, delay=1002, delays=1000/1/0/0.56, dsn=4.3.0, status=deferred (unknown mail transport error)

4系は一時エラーってことなのですが・・・・

Dec 27 13:55:29 tminserver postfix/smtp[24677]: 8279C419A5: to=, relay=auth.aitai.ne.jp[210.158.149.181]:587, delay=27, delays=26/0.02/0.25/0, dsn=4.7.0, status=deferred (SASL authentication failed; server auth.aitai.ne.jp[210.158.149.181] said: 535 5.7.0 authentication failed)
後ろにプロバイダのサーバーに接続できてないログが入ってますね。
このときはmaster.cfでアカウントID入れるところにプロバイダのメールアドレスの@より前しか入れてなかったのが原因でした。
アドレスフルで入れたら解決したよ。

Dec 27 13:35:25 tminserver postfix/smtp[24469]: fatal: valid hostname or network address required in server description: [auth.aitai.ne/jp]:587
指定するサーバーの間違い。/と.を打ち間違えてます。typoです。

5系は永続的なエラー
・TLSが有効になっていないか、TLSの設定に問題がある。
said: 530 5.7.0 Must issue a STARTTLS command first.

・TLSは有効になっているが、CA証明書の設定に問題がある。
certificate verification failed for smtp.gmail.com[74.125.25.109]:587: untrusted issuer /C=US/O=Equifax/OU=Equifax Secure Certificate Authority

・TLSの設定に問題無いが、SMTP認証(SMTP-AUTH)の設定 or smtp_sasl_password_maps の内容に問題がある。
said: 530-5.5.1 Authentication Required. Learn more at 530 5.5.1 http://support.google.com/mail/bin/answer.py?answer=14257

5系エラー解消するだけで結構はまりました。
設定ファイルに書いてあることも半分くらいしかわかんなかったりするので普通に基礎的な勉強が必要。

参考にしたところあれこれ。
Postfix でメールリレーの設定 (SMTP クライアント + SMTP Auth)
[Postfix]メールのリレー設定あれこれ
telnetコマンドでのメールサーバ(SMTP, SMTP-AUTH, POP3)の動作確認
あとはエラー名でググったりなんだったり。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Windows10からはsambaに接続できない?→解決

DebianサーバーにsambaをセットアップしたんだけどWindows10からつながらなかった。
LMDEからは普通に繋がるのに。

1.sambaの設定
まずはインストール。
$ sudo apt-get install samba

設定ファイルは/etc/samba/smb.conf
今回は、っていうか以前からの共有フォルダを引き継ぐつもりなので、
共有ディレクトリは/home/public にします。

$ sudo emacs /etc/samba/smb.conf
#============================ Share Definitions ==============
[public]
comment = share contents
path = /home/public
writable = yes
guest ok = yes
browseable = yes
printable = no
creat mode = 0777
directory mode = 0777
share modes = yes



最後に追記。
あとはsambaをrestart。

$ sudo service samba restart

必要に応じてWORKGROUPとかそのへんは書き換えておきましょう。

2.Windowsからつながらないんだけど?
LMDEからは普通につながりました。

Screenshot at 2015-11-09 00:32:42 Nemoから「サーバーに接続」
でサーバーIP入れて「Windows共有」を選択して接続。
今回はIPごとの制限やらパスワード入れたりしてないのでそのまま接続できましたね。

問題のWindows10。Vistaではネットワークから探せたんですが、ないですね。

調べてみました。

【解決】windows 10からsambaの共有フォルダにアクセスが出来ない??
Windows10から共有フォルダに接続できない
資格情報がいるとか、net use X: \\サーバー名\共有名 /USER:ユーザー名とかやるとか出てますね。
うちの環境では資格情報うんたらかんたらは出てこなかったので、普通にnet use X: \\サーバー名\共有名 /USER:ユーザー名の方を使います。

コマンドプロンプトからでも検索でもどっちでもいいので
net use X: \\サーバー名\共有名 /USER:ユーザー名

うちの場合はこんな感じですね。
net use X:192.168.0.2\public /USER:tmin

すると無事Xがネットワークドライブとして認識されました。
ドライブ名変えたい時なんかにはXを他のにすればよいですね。

まぁ、なんにせよつながるようになってよかったよかった。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png