FC2ブログ

UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。

ここにたどり着くまでにもかなりハマってたんだけど。
まずSB700のRAID機能で作ろうとして失敗。
まずやったのがFakeRaid。
SBで設定したRAIDを親切に読み出してくれるもの・・・なんだけど・・・
RAID by dmraid
FakeRaidHowto
そしてまさしくこの状態。
FakeRAID ですって!?
えーとですね。初回起動はいいんですが、sda sdb sdcって認識がズレるときあるじゃないですか。HDDやUSBつないで。
そうするとどうやら起動ごとに、というかHDDつなぎ直したりしたらもう、ズレちゃうんですよね。
これはMBのRAID設定画面に入って初めて気づきました。アレイが組み替えられてて、で、俺がやろうとしてたのはRAID0なので、そりゃ起動しないわな。
ここですでに丸二日ほど。
dmraid使うならHDD固定な環境がいいよ。
俺みたく色々つなぎ直して、しかもRAID0のUbuntuとフツーのVistaのデュアルブートにしようとか考えてる人は多分無理。

一応GAMA78GPM-UD2HのSB、つまりSATAコネクタの配列は
5
4 3
1 2

12345の順でsda sdb sdc sdd sdeとなるっぽい。ここまでは突き止めた。
で、SBのRAID機能とdmraidは連動してるから、dmraidコマンドで操作するとそれはSBのRAID画面に反映されるし、逆もしかり。
でもBIOSで解除しただけだとHDDにRAID情報が残ってるから、# dmraid -rE しないとこの情報が消えず、Linux上では崩れかけのRAIDに見えているっぽい。
これは日経Linuxからの情報。で、その通りだった。
じゃあこれ、つなぎ直したらもうダメじゃーん。。。
というか、SBのRAID機能がハードウェアRAIDだと思ってた俺氏ね!
そりゃなんちゃってハードRAIDだ。実質ソフトウェアRAIDな。

というわけでさらに調べる。
mdadmなるものがあるらしい。これはLinux上で完結するソフトウェアRAID。
で、結局これで行こうとしてる。

まずはfdiskで今の状態。
sdaとsdbの250GのHDDx2でRAID0を組もうとしてる。速くするためと容量のため。
で、sdaは前からUbuntuに使ってたんだけど、ここのデータはsdd、SeaGateの500Gに引越し済み。
つまり、sdc=Vista sdd=Ubuntu な状況はもうできてる。
250x2でRAID0組んだらどうかってのは考えてたから、そこのデータはすでに退避済みってことね。

# fdisk -l

ディスク /dev/sda: 250.1 GB, 250059350016 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 30401
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00059353

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sda1 1 522 4192933+ 83 Linux
/dev/sda2 523 4346 30716280 83 Linux
/dev/sda3 4347 30401 209286787+ 83 Linux

ディスク /dev/sdb: 250.1 GB, 250059350016 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 30401
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x000d6e18

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdb1 1 522 4192933+ 83 Linux
/dev/sdb2 523 4346 30716280 83 Linux
/dev/sdb3 4347 30401 209286787+ 83 Linux

ディスク /dev/sdc: 1000.2 GB, 1000204886016 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 121601
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0xab0710b2

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdc1 * 1 12749 102406311 7 HPFS/NTFS
/dev/sdc2 12750 121601 874353690 7 HPFS/NTFS

ディスク /dev/sdd: 500.1 GB, 500107862016 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 60801
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x000621f0

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdd1 1 6502 52227283+ 83 Linux
/dev/sdd2 6503 60801 436156717+ 83 Linux

ディスク /dev/sde: 4042 MB, 4042260480 バイト
ヘッド 125, セクタ 62, シリンダ 1018
Units = シリンダ数 of 7750 * 512 = 3968000 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x000ed94f


sdeはUSBなのでシカトしてください。
sdaとsdbは合わせてパーティション切ってある。
ソフトウェアRAIDは/bootを置けないとか言う話を聞いたので、先頭から4Gづつ/bootとSWAP用に。
/bootとしてはこんなにいらないけど、2つのHDDのパーティションを合わせたいってだけ。
で、sda1=/boot sdb1=SWAP sda2&sdb2=RAID / sda2&sd3=RAID /homeにしようって魂胆。

参考にしたのはこの辺。
tips - Ubuntu 9.10 + ドライブドア で 8TB RAID-5 をこさえてみた
UbuntuでSoftware RAID1の構築 - サーバ

RAIDレベルは違うけど、まぁこれは指定オプション変えるだけだし。

LiveCDにはmdadmが入ってないので、Live起動した上でインストール。
# apt-get install mdadm
さて、RAID構築。
# mdadm --create --verbose --assume-clean /dev/md0 \ --level=0 --raid-devices=2 \/dev/sda2 /dev/sdb2
mdadm: chunk size defaults to 64K
mdadm: array /dev/md0 started.
# mdadm --create --verbose --assume-clean /dev/md0 --level=0 --raid-devices=2 \/dev/sda3 /dev/sdb3
mdadm: another array by this name is already running.
失敗w
mdの後ろの数字がカブってるw

# mdadm --create --verbose --assume-clean /dev/md1 --level=0 --raid-devices=2 \/dev/sda3 /dev/sdb3
mdadm: chunk size defaults to 64K
mdadm: array /dev/md1 started.
おっけー。
確認。

# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
Version : 00.90
Creation Time : Tue May 4 07:44:48 2010
Raid Level : raid0
Array Size : 61432320 (58.59 GiB 62.91 GB)
Raid Devices : 2
Total Devices : 2
Preferred Minor : 0
Persistence : Superblock is persistent

Update Time : Tue May 4 07:44:48 2010
State : clean
Active Devices : 2
Working Devices : 2
Failed Devices : 0
Spare Devices : 0

Chunk Size : 64K

UUID : a54a3317:750920bb:7fda1cd3:fde8855d (local to host tmin-desktop)
Events : 0.1

Number Major Minor RaidDevice State
0 8 2 0 active sync /dev/sda2
1 8 18 1 active sync /dev/sdb2
# mdadm --detail /dev/md1
/dev/md1:
Version : 00.90
Creation Time : Tue May 4 07:45:19 2010
Raid Level : raid0
Array Size : 418573440 (399.18 GiB 428.62 GB)
Raid Devices : 2
Total Devices : 2
Preferred Minor : 1
Persistence : Superblock is persistent

Update Time : Tue May 4 07:45:19 2010
State : clean
Active Devices : 2
Working Devices : 2
Failed Devices : 0
Spare Devices : 0

Chunk Size : 64K

UUID : fdf68a41:df698ac3:7fda1cd3:fde8855d (local to host tmin-desktop)
Events : 0.1

Number Major Minor RaidDevice State
0 8 3 0 active sync /dev/sda3
1 8 19 1 active sync /dev/sdb3


おっけー。ちゃんと動いてる。
ここにくるまでにさらに丸一日くらい。

で、無謀にもここに既存の/homeパーティション、つまりsdd2をコピーしてこようと考えた。
しかしGpartedはどうやらまともに対応してくれてない。
dd・・・か・・・。苦手なんだけどなー。
この辺を参考に。
(FreeBSD) ddコマンドでパーティションまるごと高速コピー・・・しようとして、ちょっとハマった
/homeにあてようと考えてるのはmd1として認識されてるので、これを指定。

# dd if=/dev/sdd2 of=/dev/md1
^C256795393+0 records in
256795393+0 records out
131479241216 bytes (131 GB) copied, 7061.96 s, 18.6 MB/s


しびれを切らして途中で止めたw
遅っ!!こんなん一日以上かかっちまうんじゃね?というわけでオプション。


# dd if=/dev/sdd2 of=/dev/md1 bs=512
^C2260929+0 records in
2260928+0 records out
1157595136 bytes (1.2 GB) copied, 60.7066 s, 19.1 MB/s


ふむ。デフォルトがbs=512っぽいぞ。
さらに調べる。
http://ftp.gnu.org/old-gnu/Manuals/parted-1.6.1/html_chapter/parted_7.html
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/partition/parted/
parted?

# parted /dev/sdd
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0e
Using /dev/sdd
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.
(parted) print
Model: ATA ST3500320AS (scsi)
Disk /dev/sdd: 500GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number Start End Size Type File system Flags
1 32.3kB 53.5GB 53.5GB primary ext4
2 53.5GB 500GB 447GB primary ext4

(parted) quit


ふむ。使えるか?

# parted /dev/md1
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0e
Using /dev/md1
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.
(parted) print
Error: /dev/md1: unrecognised disk label
(parted) quit
# parted /dev/md1
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0e
Using /dev/md1
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.
(parted) mklabel loop
(parted) print
Model: Unknown (unknown)
Disk /dev/md1: 429GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: loop

Number Start End Size File system Flags

(parted) mkpart ext4
Start?
Start? S
Error: Invalid number.
(parted) mkpart primary ext4
parted: invalid token: primary
File system type? [ext2]?
Start? S
Error: Invalid number.
(parted) select /dev/sdd
Using /dev/sdd
(parted) select /dev/md1
Using /dev/md1
(parted) cp /dev/sdd 2 1
Error: Partition doesn't exist.
(parted) quit


ダメ。mdXをまともに認識してくれない。コピーは無理。

http://nhh.mo-blog.jp/ttt/2007/09/freebsd_dd_f935.html
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?dd
ddのオプションを増やしてく方向で。

root@ubuntu:~# dd if=/dev/sdd2 of=/dev/md1 bs=4096
^C43724612+0 records in
43724611+0 records out
179096006656 bytes (179 GB) copied, 1711.61 s, 105 MB/s

root@ubuntu:~# dd if=/dev/sdd2 of=/dev/md1 bs=8192
^C781594+0 records in
781593+0 records out
6402809856 bytes (6.4 GB) copied, 63.4767 s, 101 MB/s


あんまりかわらん。4096が限界か?といいつつ。

~# dd if=/dev/sdd2 of=/dev/md1 bs=8192
dd: writing `/dev/md1': No space left on device
52321681+0 records in
52321680+0 records out
428619202560 bytes (429 GB) copied, 4904.6 s, 87.4 MB/s


結局後半若干スピードが落ちた。しかもサイズが合ってないとか。
コピーしはじめてから気づいたんだけど、sddにはバッドセクタもあったんだよね。代替されてるから大丈夫・・・かどうかは知らんけどw
上のリンク先にはこんなことが。

% dd if=/dev/ad0 of=zero.dat bs=512 count=.... conv=noerror,sync
⇒ 1セクタのみエラーになる場合は 512 バイトだけ NULL 埋めされる (のか?)
% dd if=/dev/ad0 of=zero.dat bs=1024 count=.... conv=noerror,sync
⇒ 動きはするが、お勧めしない。1セクタのみエラーになる場合でも、1024 バイトが NULL 埋めされてしまう (ということか?)


あー、これ、ちゃんと指定してやらないかんのよね。ほんとは。

一応終わったのでfdiskで確認。


# fdisk -l

Disk /dev/sda: 250.1 GB, 250059350016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x00059353

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 1 522 4192933+ 83 Linux
/dev/sda2 523 4346 30716280 83 Linux
/dev/sda3 4347 30401 209286787+ 83 Linux

Disk /dev/sdb: 250.1 GB, 250059350016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 30401 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000d6e18

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdb1 1 522 4192933+ 83 Linux
/dev/sdb2 523 4346 30716280 83 Linux
/dev/sdb3 4347 30401 209286787+ 83 Linux

Disk /dev/sdc: 1000.2 GB, 1000204886016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0xab0710b2

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdc1 * 1 12749 102406311 7 HPFS/NTFS
/dev/sdc2 12750 121601 874353690 7 HPFS/NTFS

Disk /dev/sdd: 500.1 GB, 500107862016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000621f0

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdd1 1 6502 52227283+ 83 Linux
/dev/sdd2 6503 60801 436156717+ 83 Linux

Disk /dev/md1: 428.6 GB, 428619202560 bytes
2 heads, 4 sectors/track, 104643360 cylinders
Units = cylinders of 8 * 512 = 4096 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/md1 doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/md0: 62.9 GB, 62906695680 bytes
2 heads, 4 sectors/track, 15358080 cylinders
Units = cylinders of 8 * 512 = 4096 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/md0 doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/sde: 1018 MB, 1018691584 bytes
32 heads, 61 sectors/track, 1019 cylinders
Units = cylinders of 1952 * 512 = 999424 bytes
Disk identifier: 0x00023931

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sde1 * 1 1019 994513+ c W95 FAT32 (LBA)



だがこの後インストールしたらbusyboxに落ちてしまって起動しない。
何度かやってるうちにデータは吹っ飛んだ。

仕方ないのでsdd2のいらないファイルを退避して、/homeの容量小さくしてもっかいddやってmd1にコピー。
ヤバい。もうddだけで丸一日だ。まあ、間にコンビニ行ったりはしてるけどw

したら小さくしたsdd2に合わさった大きさになって、これリサイズもできねぇのな。
ということで結局消し去ってもっかいインストール。もう何回目だ?

mdadm一応入れたうえで、GpartedからフラグでraidつけてやればLiveDesktopから認識されることも分かった。
Screenshot-インストールインストール画面で認識されてる。

あと、alternate版ならテキストモードだけど、インストール中にRAIDアレイ作れることも分かった。
しかし、まだなんにも実用できてないよーーーーーーー!!
なぜかupdateしたらfglrxが効かんくなったり、激しくすべての文字が文字化けしてコマンドも打てない状態になったり、Nautilusの権限がなくてデスクトップアイコンも「場所」も開けなくなったり。
それらがmdadmのせいなのか、Lucidのせいなのか、はたまた俺のせいなのかは全く分からないけど。
コピーしてない、サラの状態でRAIDだけ組んでインストールしてもなんかおかしいことあるもんなー。

ちなみに容量は別にこの500GのSeaGateで何にも困ってないし、こちらは安定して動いてるから、まぁLucidのせいじゃあないわな。
ただこのパフォーマンスが欲しいだけ。

63 GB RAID-0 アレイシステム予定のほう。
RAID-0 アレイ/home予定のとこ。外周なので速度は落ちてるけど、それでも速い。
らぷたん並じゃね?ローコストな250Gなのに。
実際体感でわかる速さ。あとは安定運用が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事
今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(序)
今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(破)
今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(急)
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu10.04 LucidLynx インストールガイド(β2)
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。
Ubuntu Alternate版のレスキューモードは結構使えるかも。
192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Gpartedでパーティションリサイズ

とはいえ今回はLiveCDから。
Screenshot--dev-sda - GPartedこれ前の状態。
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタートでやったまんま放置でしたね。
sdb1 Ubuntu / 70G
adb2 BackTrack 40G
sdb3 論理パーティションで、その中に
 sdb5 Ubuntu /home 130G
sdb6 Linux-swap 3G
容量は大体です。sdb4はたぶん切ってるときにどこかで失敗して消えてしまってそのままなので無くなってる?
1.Ubuntuの/homeがちょっと手狭になってきた。
2.BackTrackはほとんど使ってない。LiveUSBで十分過ぎ。
3.Ubuntuの/は70Gもいらない。

というわけで切り直し。/を50Gくらいにして(バックアップ含む)、BackTrack消して、残りの200G弱を/homeに当てようという算段。
まぁこいつはかなりの危険を伴う作業。途中でエラー吐いてデータ丸ごと吹っ飛ぶ、なんてことも十分考えられますので、覚悟を決めてやりましたよ。
参考にして作業しようって方いらっしゃいましたら、バックアップはきっちり取っておいた方がいいですよ。

で、LiveCDからコピー&ペースト、リサイズ、でいけるかと思ってましたが。
/homeとswapには論理パーティション当ててたんですね。プライマリの数の制限だかなんだかで。
そうすると、論理パーティション内のsdb5の/home、sdb6のswapはリサイズできなかったという・・・
そう。sdb3がリサイズできないんです。sda2消去、sdb1リサイズはOKなのに。
で、この時点で/homeは約100G。BackTrack消去したとこには貼り付けもできない。容量が足りなくて。

さて、そうするとだ。
1./homeの容量をできる限り削って、sdb2に入るようにする。
2.半放置のサーバー機のHDDつないでこれを使って一時退避。
なんだけど、2はめんどくさいので(ぉ 1でいきます。
この時点で/はまだ触れてなく、BackTrack入ってたsdb2を削除したのみ。
/はリサイズ可能なのは確認済なので、ここを縮めればsdb2は40Gちょっと確保できる。
ということは、/homeのでかいデータをなんとかして40G 以下にすればなんとかなりそうです。

というわけで、いったん起動して、/homeの動画、画像、音楽データをWindowsのDドライブ(sda2)とズレを確認してから同期取って消去。もともとDドライブからコピーしてきたものだし。
ディスクの使用量解析を見ながらね。
あと容量食ってるのは、.wineと.Virtualbox。VirtualBoxのデータはどうでもいいんだ。どうせただのテストだし。
Wineのデータはできればとっておきたいところ。
というわけで、この辺り、(他にもいくつかあったけど)を一部sda2に退避の上消去。
すると、/homeは20Gちょいに!やりすぎた・・・。

ま、まぁいい。これで問題ないはずだ。
というわけでLiveCDから再起動。
/homeに当ててたsdb5をまずは空き容量分縮める。そして/に当ててたsdb1も当初の予定の50G程度に縮める。
ここはGpartedから選択して「リサイズ」でOK。手順は簡単です。
Screenshot_20100220070328.png
あとは時間かかるけど、エラーが出ないことを祈ってw
リサイズが完了したら、さっき削除したsdb2、BackTrackが入ってたとこに/home、つまりsdb5をコピー&ペースト。
Screenshot-1_20100220070328.pngこれが成功すれば、ひとまずOK。

で、問題の論理パーティション、sdb3を丸ごと削除。
これ、一つのHDDには物理パーティション4つまで?とかいう縛りのために置いてたんだけど、もういらないしな。
sdb2の後ろがたくさん「未割り当て」になるので、ここを数G残してsdb2を伸ばす。数G残したのはlinux-swapに使うため。なので残りのとこ(一応4G当てといた)をlinux-swapとしてフォーマット。
これで切り直しはOK。
sdb1 / 50G
sdb2 /home 180G
sdb3 swap 4G くらいになってます。

さて、問題のHDDからの再起動。/homeがsdb5からsdb2になってしまったので、ここでハマることを予想してたのですが、なんとあっさり正常起動。これにはビックリ。一応fsckかかってたけど。
Swapが無効になってたけど、これはGpartedからSwap有効にしたらOK。
Screenshot--dev-sdb - GPartedリサイズ後。

一応/etc/fstabを見てみると・・・
/homeはUUID合ってるけど、sdb5の記述のまま。swapに至ってはUUIDも違うし、sdb6のままだし。
よくこれでまともに起動したもんだw
$ sudo gedit /etc/fstab
で、Gparted見ながらここはちょっと修正。
これで再起動してもSwapも正常認識。これはもしかしたらGpartedから有効にしただけでOKだったのかもだけど。
あとは退避してたデータを/homeに戻し、動画やら画像やらをコピーして完了っと。

ちなみに今、起動毎にgdmが立ち上がるとき?usplash lineなんちゃらって出て、fsck from linux-kernel 2.16とかなんとか毎回でてるけれども。
なので、ログイン画面が正常に立ち上がるまでにこの画面が出て、微妙に間がある。
$ sudo grub-updateで直るかと思ったけど、ここはそんなに甘くなかった。
まぁあと1ヶ月ちょいでどうせLucid入れるからいいといえばいいんだけど、これは解決できたらまた記事にでもしましょうか。

ちなみに今回のこの作業はかなりの力業。普通は丸ごとバックアップとってからやるもんですね。
丸ごとバックアップ取って、全部フォーマットして、切り直して、んでデータ復旧、ってのが確実じゃないかと。それでも再インストール覚悟の作業になると思います。
まぁ、Gpartedのコピー&ペーストはかなり便利ですけどね。過信は禁物。

関連記事
How to install Ubuntu (9.04)
Ubuntuのディスク使用量詳細解析
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したり
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々

以前に何度か記事にしてたUbuntuのまともにやるとちょっとめんどい各種設定を簡単にGUIでできるUbuntuTweak。アプリ自体も進化してるし、以前の記事では俺自身使いこなせてなかったりもしてたので、もう一回ちゃんと紹介してみます。
とはいえ・・・まだ俺自身意味が分かってない項目もいくつかw
その辺はまぁ、このブログではいつものことなのでご勘弁を。

UbuntuTweakのHomeは→http://ubuntu-tweak.com/
PPAでは→https://launchpad.net/~tualatrix/+archive/ubuntu-tweak
ま、どちらでもいいんですが、導入はリポジトリ追加して、Synapticか端末からubuntutweakをインストール、って流れになります。

導入できたらアプリケーション>システムツール>UbuntuTweakで起動。
左側に項目が並んでるので、ここでいじりたい項目を選んでいきます。

「コンピューター」
Screenshot-Ubuntu Tweakシステムの現在の案内ですね。
システム>システムモニタの「システム」と同じような感じ。
ここは結構簡単に済ませちゃってる感じなので、もっと詳しく見たいときはデバイスマネージャーやSysinfo、Hardinfo使うのがいいかもね。
UbuntuでデバイスマネージャーUbuntuで自分のPCのシステム把握 ~sysinfo~Ubuntuでシステム詳細&簡易ベンチマーク ~Hard Info~

次はこいつの真骨頂?「アプリケーション」
Screenshot-Ubuntu Tweak-1追加と削除。メジャーなソフトは入ってるので、初期設定で入れたいソフトくらいは大体OK。
ま、ここは使い勝手はいいけど、量的にSoftwareCenterやSynapticには負けますね。
Screenshot-Ubuntu Tweak-2ソースエディター。ソースリストを自分で編集したいときに使いますが、これgeditでソースリスト編集するのと手間は同じじゃないかな?
Screenshot-Ubuntu Tweak-3サードパーティのソフトウェア。普通はこっち使った方が楽なんじゃないかと思います。
ロック解除して追加したいリポジトリにチェック入れてくだけ。超お手軽。
本当ならリポジトリコピペして追加、鍵ファイルインポートしてupdateして・・・って手順なんですが、その辺りをこんなに簡単にできるのはかなり便利です。
ちなみにバージョン重ねるごとに対応が増えてるような・・・?今は俺の場合は使いたいリポジトリはほぼ入ってます。(Wineだけ有効にしても反映されなかったから手動でやったけど。WineをPPAのリポジトリ追加して最新にしてみる。さらにFFXIベンチ。
Screenshot-Ubuntu Tweak-4パッケージクリーナー。
ちょっと使ってみた感じですが、「不要なパッケージを消去」は$ sudo apt-get autoremove、
「不要なキャッシュを消去」は$ sudo apt-get autocleanにそれぞれ対応してるみたい(たぶん
で、「不要な設定を消去」はpurgeで削除されるべき設定が削除されるのかな?アンインストールしたアプリの設定ファイルを消してくれるっぽいですが、/以下全部なのか、/homeにあるのは除外されるのかはよくわからんけど。
で、SSにある「不要なカーネルを消去」は古いバージョンのカーネルをアンインストールできます。
以前Ubuntuで古いカーネルとかコンパイル失敗作のカーネルを削除するにはでは手動でやってたんですが、これをやってくれるんですね。簡単に。
あ、でもひとつ前のカーネルは残しておくのをおすすめします。起動しないorXが吹っ飛んだときなんかに一つ前のカーネルなら起動することもあるし、トラブルの原因切り分けにも役立つので、最新と一つ前は置いといた方がいいと思います。
俺は2、3個残して、たまってきたら古い方から順次削除って感じでやってます。

「スタートアップ」
Screenshot-Ubuntu Tweak-5セッション・コントロール。ここは・・・よくわからんなぁ・・・。俺にはさほど重要じゃないのか。
ま、リモート操作うんぬん色々やる人には欲しいのかな?たぶん。
Screenshot-Ubuntu Tweak-6自動起動。これはシステム>設定>自動起動するアプリと全く同じ。
ま、必要ないものはチェック外せばログイン速くなったりするし、コマンド入れて自分で追加することもできます。俺はconkyとか追加してるし。

「デスクトップ」
Screenshot-Ubuntu Tweak-7アイコン。
デスクトップに表示するアイコンを設定できます。本当ならコマンド打ったり、設定ファイル編集したりが必要なんだけど、これはかなり便利。俺は初期設定はいつもこれ。(おかげで設定ファイルの編集は全く覚えてないww
Screenshot-Ubuntu Tweak-8同じくウィンドウ。
テーマ、透過の程度なんかを簡単に自分好みに設定できます。
これもかなり便利。だって、Compizでやろうとすると項目多すぎて分かりにくいんだもの。。。
Screenshot-Ubuntu Tweak-9同じくCompizFusion。
ここで設定できる項目はかなり少ないです。ま、簡単な設定ならってことで。
Screenshot-Ubuntu Tweak-10Gnomeの挙動とか。
ここは・・・ほとんど使ってないなぁ。ほぼ初期状態で。項目も少ないしね。

「個人用」
Screenshot-Ubuntu Tweak-11 Screenshot-Ubuntu Tweak-12 Screenshot-Ubuntu Tweak-13 Screenshot-Ubuntu Tweak-14
「個人用」なんだけど・・・ここはすんません。ほとんど項目の内容が分かりません。
「フォルダ」はデフォルトのフォルダ変更、ショートカットはアプリのキーボードショートカットなのかな?
スクリプトとかよくわからんし、ここはいじってないなぁ・・・
また必要になったら調べてみます?(と疑問形でw

次は「システム」
Screenshot-Ubuntu Tweak-15ファイル・タイプ・マネージャー。
これはアレですね。「お気に入りのアプリ」。拡張子ごとにデフォルトのアプリを決めておけます。
aviならVLCとか、mp3ならExaileとか、まぁそんな感じ。こだわるのある人にはかなり便利かと。
Screenshot-Ubuntu Tweak-16ファイラのNautilusの挙動。
下の方の項目はNautilusの拡張機能 ~nautilus-gksk nautilus-open-terminal nautilus-clamscan~でやったようなのを一部チェック入れるだけで設定できると。
「root権限で」はチェック入れとくと何かと便利かも。
Screenshot-Ubuntu Tweak-17電源の管理。ノートPC使ってる人には結構重宝するかも?
Screenshot-Ubuntu Tweak-18セキュリティ。これも共用PCな人には便利かも。

というわけで、俺は初期設定前にいつもこれを入れて、ここで設定できない項目や設定が効かない項目があったときに設定ファイルいじったり、専用の設定ツール使ったり、コマンド使ったりって感じで使ってます。(というかもうUbuntuTweakに依存してますw
やはりリポジトリの追加がクリックだけで簡単に行けるってのは非常に便利。個人的には最大の目玉機能だと思いますね。あとデスクトップの設定も非常に楽でいい。
このせいでコマンドやconfファイルのいじり方を覚えなかったりww
でもでも、初心者から中級者まで、ほとんどのユーザーにお勧めな非常によくできたアプリですよ。
なんでもコマンドで、そらで打てるし設定ファイルも見れば分かるし、っていう上級者の方には無用かもですが。

関連記事
Ubuntuで特定のソフトだけ最新にしたい?PPA使うのがいんじゃね?
Ubuntuのログイン時自動起動アプリの追加とか削除とか
Ubuntu 9.10α6復旧にUbuntuTweakとフォント適用と
9.10のアップデートも落ち着いてきたし、リポジトリとか日本のミラーとか
Ubuntu 9.04でもUbuntuTweak。そしてchromium
AdobeFlashPlayerアップデートしてフラッシュ再生が超快適に。
初めて触ったときのUbuntuっていうと・・・
Ubuntu10.04でも手放せないアプリたち
これはいいかも。Nautilus Elementary 2.30 for Ubuntu 10.04 Lucid Lynx
MedibuntuもWineもリポジトリに入ったUbuntuTweakにもはや死角なし!!(Ubuntu10.10)
BleachBit UbuntuにおけるCCLeanerのようなもの。結構便利
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png