FC2ブログ

USBメモリ買ってきたのでとりあえずhdparmで速度測定

USBメモリを買ってきました。あわよくばBackTrackのUSBブートを作ろうかということで4G。
Princetonの。
USBもいつのまにやらえらく安くなったもんだ・・・

なんだかDual転送で高速とのことだったんでまずは速度を測って見ようかと。

WindowsだとRamdiskのとき使ったCristalDiskMarkなんてソフトではかれるんですが、それだけのためにWindowsを立ち上げるのもめんどいのでw
コマンドで簡易ベンチ。
hdparmというコマンドで読み出しスピードがはかれるとのこと。
(これ、オプションによってはかなり危険なコマンドなんで気をつけてください。オプションの説明はここが詳しいかと。
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemManagement/hd01_01.jsphttp://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0086.html

# hdparm -Tt /dev/sda

/dev/sda:
Timing cached reads: 1044 MB in 2.00 seconds = 521.78 MB/sec
Timing buffered disk reads: 256 MB in 3.00 seconds = 85.33 MB/sec

# hdparm -Tt /dev/sdb

/dev/sdb:
Timing cached reads: 1668 MB in 2.00 seconds = 834.12 MB/sec
Timing buffered disk reads: 288 MB in 3.02 seconds = 95.51 MB/sec

# hdparm -Tt /dev/sdc

/dev/sdc:
Timing cached reads: 1220 MB in 2.00 seconds = 610.15 MB/sec
Timing buffered disk reads: 46 MB in 3.04 seconds = 15.11 MB/sec

# hdparm -Tt /dev/sdd

/dev/sdd:
Timing cached reads: 986 MB in 2.00 seconds = 493.14 MB/sec
Timing buffered disk reads: 74 MB in 3.08 seconds = 24.04 MB/sec



-tで転送速度出るんですが-Ttでキャッシュとバッファと両方出ます。(-tはバッファだけ)
-Iでストレージのハード情報も表示させられます。

sda SAMSUNG HA250HJ
sdb SEAGATE ST3500320A
sdc I・O DATAのUSBメモリ1G(前にReadyBoostに使ってた奴)
sdd Princeton4G。今回買ってきたやつ。

うーん。大して変わらなかったか。。。


まあ両方早いほうではあるかと。さて、こいつを活用できるかどうか、インストールが最大のネックなわけだがw
まあそのうちうまく言ったらまた記事にすると思いますです。

関連記事
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
Linux用総合ベンチマーク phoronix-test-suite をUbuntuに導入
Ubuntu9.10のパフォーマンスは?phoronixいくつか+hdparmで比較。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

dpkgの便利な色々

dpkgはdebパッケージのインストール・アンインストールとapt-getと同じくパッケージ管理です。
主にDLしてきてインストールっていうsynapticにないパッケージの時に使用。


dpkg -i パッケージをインストールする
dpkg --unpack パッケージを展開する
dpkg --configure 展開されているパッケージを設定する
dpkg -r パッケージをアンインストールする
dpkg -l パターン パターンにマッチするパッケージを一覧する
dpkg -L システムにインストールされているパッケージを一覧する
dpkg -C インストールが完了していないパッケージを一覧する
dpkg -S ファイル名 指定したファイルが所属するパッケージを表示する

オプション
-B 依存しているパッケージの設定を取り消す
--force-downgrade 強制的に古いバージョンのパッケージをインストールする
--no-force-downgrade 古いバージョンのパッケージのインストールを拒否する
--force-depends 依存関係を無視してインストール,アンインストールを行う
--force-depends-version 依存関係を評価するときにバージョンは無視する
--force-conflicts 他のパッケージと競合してもインストールする
--ignore-depends=パッケージ 指定したパッケージについて依存関係を無視する

強引にインストール・削除のときはオプション使うとおもいますが・・・ちょっと怖いかも。


関連記事
コマンドapt-getの便利な色々
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
今更コマンドを擁護してみるなど
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コマンドapt-getの便利な色々

$ sudo apt-get install パッケージ名


 インストール

$ sudo aptget remove パッケージ名


 アンインストール

$ sudo apt-get upgrade


アップデート(アップデートマネージャーと同じ)

$ sudo apt-get update


パッケージデータベースのアップデート(synapticの再読み込みと同じ?)

$ sudo apt-get autoremove


依存関係を調べて不要なパッケージを自動削除

$ sudo apt-get autoclean


古いアーカイブファイルを削除

パッケージ名は少しでも違うとエラーになります。コピペ推奨。


最近よく使う使い方
・アンインストール時はわかりやすい「追加と削除」でアンインストール。
  →依存関係のためエラーが出たらそこでエラー表示のなかに出るパッケージ名コピペして端末からアンインストール
・インストール・アンインストールを繰り替えした時はautoremove
  自動で調べて「削除しますか?」と聞かれるのでY
  ドライバ関連なんかで依存関係不安定になったっぽいときはこれが効くかも?
  ドライバ削除→再起動→autoremove→ドライバ再インストール→再起動 とか
・update・upgradeはコマンドの方が早い。
  エラーが出るようなら大抵リポジトリのなかに原因あり
  どれかをsynapticでチェック外すとうまくいく
http://http.us.debian.org/debian Debianの新stableリリース
http://ftp.de.debian.org/debian Debian4.0 Each
俺の環境ではこれが原因。


他にもたくさんあるようですが今のところ便利だと思うところを


関連記事
dpkgの便利な色々
Ubuntuでのアプリケーションインストール・アンインストールのキホン+α
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
今更コマンドを擁護してみるなど

12/7追加

$ sudo apt-get -f install


壊れたパッケージを補修
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png