FC2ブログ

Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね

うちではグラボのドライバが未対応ってことで実機の方はLucidに戻しちゃったんですが、マイコミジャーナルで結構詳細なレビューが上がってますね。
Maverick Meerkatはどこまで型破りか!? Ubuntu 10.10をベータ版で試す
とはいえ、ほぼインストーラーのレビューなんだけど。まぁ、これ読みながら、俺のとこの仮想環境&実機で数日動かした感想を交えながら。

うん。そういや、VirtualBoxに入れたときに、インストーラー結構変わったなー、って思ってたんですよね。今までバージョン変わっても、インストーラーってパーティショナーの見た目がちょっとずつ変わってたくらいで、さほど変化を感じないところだったんだけど、今回は結構変わってますね。
ただ、個人的には実機に入れるのにはAlternate使ってるのであまり・・・いや、いい。

新たにインストーラに追加されたチェック項目のステップでは、上部に対象のシステムがUbuntuをインストールするのに最良であるかのチェックが示されるようになった。調べる対象はディスクスペース、電源、ネットワークの3つ。また、下部ではMP3やFlashといったサードパーティ製のソフトウェアをインストールするか、インストール途中でアップデートのダウンロードするかをチェックマークで選択できるようになっている。ただ、チェックを入れてインストールしてもアップデートのダウンロードやサードパーティ製ソフトウェアは入らなかった。ベータ版のため、まだこの機能は実装されていないのかもしれない。


あぁ、あのチェック項目はそれだったのか。MP3とUpdateの適用に気を取られていて・・・
そして。
>チェックを入れてインストールしてもアップデートのダウンロードやサードパーティ製ソフトウェアは入らなかった。
やはりかww
そう。仮想環境に入れたあと、すぐにUpdate見てみたら500とかきてて、ほんとにこれ動いてんのか?とか思ったけど、やはり動いてなかったらしい。
ま、これはLucidのβだかαの最後のほうだかにもあったのよね。インストーラー自体のUpdateだったか?うまく動かなくて、大丈夫かこれ?って思ってたら正式リリースの時には無くなってたのが。
というわけで、これも実際リリース時にはどうなるか分からないけど、まぁ、うまくいってれば導入がラクにはなるので頑張って欲しいところですねー。

インストーラで言語を日本語に選択するとiBusも表示される。ただし、ベータ版にはかな漢字変換が入っていなかった。


あぁ。こんな程度はありがちです。インストール後にちゃんと入力できれば良いのだよ。一応、実機に入れたときはMozcの動作も確認してますし、大丈夫でしょう。
ただ、俺のとこでibus-mozcだと確定前の文字列が見えなかったアレは・・・。グラフィックドライバのせいだったらいいんだけど・・・

以下にベータ版時点でのMaverick Meerkatの主な改良点をあげる。

* Linuxカーネル2.6.35
* GNOME 2.31
* Btrfsのサポート(標準はext4)
* Ubuntuソフトウェアセンターの改善
* 標準の写真管理ツールをShotwellに
* Evolution 2.30.2の採用
* マイクロブログクライアントGwibberの改善
* サウンドインジゲータにRhythmboxのコントロール機能を拡張
* Ubuntu Oneの使いやすさを向上


カーネルは新しいほうが、ハードサポートなんかも期待できるし、この2.6.35は結構順調に開発されてたらしいので、ちょっと期待していいかも。ただね。普通に使ってる分には、なかなか「このカーネルサイコー!!」とか意識されないんだよね。実際のところ。

で、目玉の一つ(?)Btrfs。

インストール時に手動でパーティションを作成すれば、Btrfsを選択できる。ただし、GRUB2がBtrfsを認識できないため、/bootに使うことができない。/bootのみext4もしくはext3のパーティションを用意することで、/をbtrfsで構築できる。


ま、これは仕方ないとして。どうせファイルシステム新しいのに特攻するような人は、パーティション切るくらいワケないと思うから。
Ubuntu Weekly Topics 2010年9月3日号

Update Managerからのbtrfs snapshotサポート

Btrfs関連の機能については,10.10では次の3点が予定されていました。

* 第一段階:Kernelとインストーラへの組み込み
* 第二段階:GRUB2でのBtrfsサポート
* 第三段階:Update ManagerでのBtrfs snapshotとrevertのサポート(注3)

このうち,第二段階・第三段階の部分が11.04へ延期となっています。インストーラやKernelへの組み込みは完了しているため,/bootを別パーティションのext3, ext4などで構成するのであれば利用可能です。アップデートの適用前後に手動でsnapshotを取得すれば11.04で実現される機能の模倣も可能ですが,Btrfsの特徴的な機能であるSnapshotを手軽に利用するためのGUIがないため,一般的な用途ではほとんど恩恵を受けられないでしょう。


そう。スナップショットが搭載されなかったのはちと痛い。これ、結構期待してたんですよね。
「今」の状態のシステムをスナップショットで取って置けるならば、Ubuntuに今まで足りないと思ってた「復元」機能が搭載されたも同然ですからね。(LVMでできたような気もする・・・
んでも、これだけしか記述がないってことはBtrfsの機能の一つだったファイルシステムレベルでのRAID対応、は大丈夫なのかな?これは試してないけど。(そして今回はたぶん試さないけどw
ちなみに。PhoronixでEXT4とBtrfsのベンチ比較が出てます。
EXT4 & Btrfs Regressions In Linux 2.6.36
この前にも何回かPhoronixではファイルシステム比較やってたと思うんだけど。
ぶっちゃけ、性能的にはわざわざ移行するメリットは感じられないんですよね。ま、これから改善があるかもしれないけど。
それよりも、やはり機能がメリットだと思うんですよ。これは俺の意見だけど。

Btrfsとは
ちょっと特徴を抜き出してみると。

fsck処理やデフラグ処理などの管理操作は,ほとんどの場合,オンライン状態(ファイル・システムをマウントして使用中の状態)で実施できます。
ある時点でのファイル・システム情報を保持し続ける「スナップショット」機能や,複数のディスクを組み合わせて入出力性能や容量を向上させる「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive/Independent Disks)機能をサポートしています。
データを透過的に圧縮/伸長する機能も備えています。圧縮伸長アルゴリズムには,zipやgzipなどで使われている「Deflate」(LZ77の変種)を利用します。
SSD(Solid State Drive)向けの最適化機能も備えています。


と。
多機能なのですね。これらの「機能」に惹かれるんですよね。「性能」ではなく。(RAID0組んじゃえば、多少性能落ちたって十分ry
特にオンラインでfsck、スナップショット、RAIDサポートって辺りが俺にとってはかなり魅力的だったのですが。
スナップショットが搭載されないなら、データ移行の手間を考えると今回は見送りかなぁ、という感じですね。
ただ、これは今回、10.10に間に合わなかったというだけの話なので、11.04では十分に実用に値するものになってくるかもしれません。(なってこないかもしれません
で、現状マイコミジャーナルのレビューでは

試しに/をBtrfsにして構築してみたが、2、3日後の現在、問題なく動作している。ただし書き込みが遅く、アップデートにかなり時間がかかった。


とのことで。やはりちょっと性能的にアレなところがあるのかもしれない。。。

Ubuntuソフトウェアセンターはほかにもdeb形式のパッケージのインストール時にも利用するようになった。


これはちょっと戸惑いましたね。そして初期ではバグってまともに動いてくれなかったw
Screenshot-marverick [実行中] - VirtualBox OSE今ではまともに動いてくれてますよ。これはUbuntuTweak入れてるところ。

あぁ、そうそう。UbuntuTweakは確か、α3の頃から既に対応してたんですよね。
Screenshot-marverick [実行中] - VirtualBox OSE-2しっかり動いてます。これがないと初期設定のめんどいことったら!
というわけで、こいつの対応は非常にありがたいところ。
なんですが。今はまだ、使えるリポジトリがちょっと少なめな感じです。特に個人的にはMedibuntuの対応がまだ、ってのが痛いかなぁ。ま、フツーに動画・音楽はGStreamerなんかがあるのでいいんだけど、たまに使うDVDとか、マイナーな形式のとかだとね。ちょっと。
まぁ、このあたりも正式までにはなんとか・・・なってる・・・といいなぁ。。。

Screenshot-marverick [実行中] - VirtualBox OSE-1地味に壁紙はいい感じのがいくつか追加されてたりなど。
まぁ、結局ミク様に変えるんだけどな!!俺は!!

というわけで、今回はたぶん、俺はfglrxが対応し次第EXT4のままで行くつもり。
fglrx・・・なぁ・・・まだ進展ないしなぁ・・・
[MASTER] fglrx does not build on 2.6.33 kernel and higher

ただ、選択肢として。
10.04の出来はかなりのもの。速いし、ネタがないほど安定してるし。
で、Firefoxはもう、メジャーアップデートに対応してるので、今後(もうじき4.0だっけ?)もリリースされて、まぁ、テストやらビルドを経てからなので、多少遅れるけどリポジトリから普通にUpdateで入るはず。
で、Marverickのカーネルも(バックポートでだっけ?)提供される予定があるとかいう話なので、ハードのサポートを期待したい人はLucidにこのカーネルを入れるという手もあります。
Btrfsがまだまだなところがあるし、LucidはLTSだし、敢えてMerverickを無理して入れるのは避けて、Lucidを適当にPPAなんかで一部ソフトの最新を入れられるようにしながら使っていくってのも、絶対にありだと思うんですよね。
今までは(といっても俺がまともに使い始めたのは8.04からなんだが)、Firefoxが古いまま、カーネルも古いままで周辺機器が動かない、ってLTSといっても1年くらい経つとちょっとこれは・・・みたいなところが出てきてたけど、そういうのが消えつつあるので。
で、こういう選択肢が増えるってのはすごいいいことだと思うんですよね。実際、半年、一年以上、環境を変えることを最小限にして使い続けたい、ってニーズはあるでしょうし。

まぁでも、言ってもまだβですからね。いろんな情報見つつ、迷うのもまた楽し、と。
あぁ、そうそう。9/30にRC、10/10に正式リリース予定ですよ。
https://wiki.ubuntu.com/MaverickReleaseSchedule
早くCatalyst・・

関連記事
Ubuntu 11.04 はNatty Narwhal そしてリリーススケジュールも。
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βReleased!
Ubuntu10.10 β 実機に入れるのははもう少し待ったほうがよさそうよ。
MarverickのXorgのVer.にATIドライバは対応してないとか何とか
Ubuntu10.04.1が出てましたね。
Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
Ubuntu10.10でKDEとConkyの本物の透過と
インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ

メイン環境をLucidに戻しました。ま、おとつい辺りにやってしまってたんだけど。
Merverickは前にも書いたようにグラボのドライバ待ちになりそうなので、まぁ、暇を見て余ってるHDDにでもつっこんどいて、たまに様子見るとかいう感じにするかも。
Vistaもいいんだけど、なんかもう、Ubuntuの方が落ち着くんだよw

さて、表題のセットアップ1.5時間。もう少し早かったかもしれないくらい。(朝方やっちゃったし。
うちのメイン環境はLucid導入後にちょっと書いてるけど、mdadmでソフトウェアRAID組んで、/boot / /home Swapと分けてます。
UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。

ま、RAIDは別として、この/homeと/を分けとくことで、再インストール後にほとんどの設定がそのまま引き継がれるんですね。具体的には、/home/.で始まる隠しファイルに設定があるもの。
/usr/shareに設定があるのなんかもありますが、一般的なアプリの設定、デスクトップの設定はほとんど/homeにあるので、復旧はかなり早いのです。
dev-sda - GParted dev-sdb - GParted
実際はこんな感じで。
sda1 /boot
sda2&sdb1 / raid
sda3&sdb2 /home raid
sdb3 swap
となってます。通常、RAID組まない状態では、/bootを分ける意味も大してないので、/ /home swapになることが多いかと。
これは、GRUB2がRAID上にある/bootを読めないとか何とかで。それで分けただけ。

RAID組んでるのでAlternate版で再インストールしたんですが、普通は通常のデスクトップ版でOK。
要は、/をフォーマットしてシステムは丸ごとインストールして、/homeはフォーマットしないで、/homeとして指定して、同じユーザーネーム、同じパスワード入れておけばおっけー。
俺の上の場合はsda2&sdb1=md1 /をフォーマット、/に指定
sda3&sdb1=md0 /homeをフォーマットしないで/homeに指定
(sda1はフォーマットして/bootに指定)
これでおっけー。インストール自体は、スペックにもよるだろうけど、慣れれば30分かからないしね。

さて、これでほぼ全ての設定は引き継がれたままシステム領域だけクリーンインストールした状態ができました。
あとは、入れてたソフト。
これはUbuntuTweak使ってリポジトリ追加してから、あらかじめとっておいたインストールされたソフトの一覧をSynapticで読み込んで適用すれば一気に行けます。このときにUpdateも一緒に入れてしまえば操作は一回限り。(ま、それに時間かかるけどな
Synapticでインストール済みのパッケージ一覧取得&クリーンインストール時にリストからまとめてインストール
UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々
俺の場合はLucidインストールして、ある程度セットアップ終わったところでこのリストを作ってたので、これを読み込んで適用っと。
当然これ、大量のパッケージが次々インストールされるので、さすがに時間かかるけど。(それでも30分くらいか?

この間に/usr/share/fontにWindowsからFontsぱくってきて入れて、$ sudo fc-cache -f -v とか、$ sudo sensors-detectでlm-sensorsセットとか。
まぁ、パッケージマネージャーはひとつしか立ちあげられないので、他のことをちょこちょこやって、適用待って、再起動。
あぁ、そうそう。リポジトリ経由しか入らないので、debパッケージで手動インストールするものはまた別に入れなきゃいかんですが。(Mozcとかな

これだけでほぼ前の状態に戻せるのがありがたいですね。
ちなみに。
この時一応FEBEでFirefoxはバックアップとって、sdc(Windowsが入ってるHDD)の方にデータ移しといて、とか。まぁ、念のためにね。
やっぱ、/homeは分けといたほうがラクですよ。ま、たまーにクズ設定がトラブルを招くことも無きにしもあらず、ですが。
で、今使ってるまんまのパッケージリストとか作っておけばそれ適用でOKだし。俺の場合は大抵半年の間にいじりすぎてしまうので初期セットアップ終わった状態でとってあるんだけど。
この辺は人により、でしょうけど、再セットアップを簡単に、手早く済ませるためにはね。
結局この間、再起動はインストール後とソフト全部入れて、Update適用したあとの2回だけだし。(ま、ハマればもう少しw

もうじき10.10出ますが、Upgradeはやはりトラブルの原因になることが多いので、必要なバックアップはとっておいて、クリーンインストールするとき(Upgrade失敗含め)にはこれが早いよ、ってお話。

関連記事
Ubuntuインストール後最初にやることっていうと・・・ on Ubuntu10.04
ログイン画面が文字化け(´Α`)Ubuntuのシステム標準のフォントの変更
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
これから Ubuntuをはじめるあなたへ ver.Win/Lin
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu10.10 β 実機に入れるのははもう少し待ったほうがよさそうよ。

結構時間かかっちゃった。どうやらリポジトリサーバーが今激重みたいでしてw

前にも書いたように、俺のメイン環境はmdadmでRAID0組んでるので、通常のLiveCDからだとちょっとインストールが面倒。
(・UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。

ということで、10.04の時のようにAlternate版使ってインストール。これ、パーティショナーでRAID認識してくれますからね。
しっかし、いつになくインストールに時間が・・・
その時間約3時間。約2年使ってるけどこんなことは初めてで。大体時間かかっても30分がいいとこだったんだけど。
あぁ、ちなみにα3のときにLiveUSBからブートできなかったのは、LucidのUSBクリエイターのUpdateによって改善されてまして、Lucid上で作ったLiveUSBで無事起動しましたよ。

で、まぁ、初回起動はうまくいったんだけど、Updateが通らない。
途中で止まっちゃうのよね。
多分、リリース直後ってバグフィックスなんかでひじょーーーにバタバタしてる上に、インストール&Updateかける人も多いので、そのせいだとは思うんだけど、Mainリポジトリですら途中、DLできないのがある状態。

で、一番困ったのが、またもやfglrx!!
ま、なんとか途中までDLしたUpdate(途中で止まった時にCtrl+Cで抜けるという荒業でw)を適用し、プロプラドライバまでDLはできてたんだけど、Jockyが検出しない、
おっかしーなー?とか思いつつ、Synapticから手動でfglrx amdccc xorg-driver-fglrxを入れてみるも・・・
fglrxがインストールでエラー返すんですよね。
で、それに依存してる他のパッケージは当然入らず。
一か八か再起動かけたけど、Xが起動しなくなっちゃいましたw
ま、これはUpdate待って、Recoverymodeから修復かけようかと思ってとりあえず放置してるんだけど、1週間くらいでフィックスこなかったら10.04に戻しちゃうかもなぁ。
ちなみにこれ、Apportに上がってきてたので、バグ報告しようとしたけど、もう上がってまして。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/fglrx-installer/+bug/573748

Steven Harper wrote on 2010-08-29: #18

Latest updates - exactly the same problem

uname -a
Linux berk 2.6.35-19-generic #28-Ubuntu SMP Sun Aug 29 06:34:38 UTC 2010 x86_64 GNU/Linux

sudo apt-get install fglrx
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following extra packages will be installed:
fglrx-amdcccle
The following NEW packages will be installed
fglrx fglrx-amdcccle
0 upgraded, 2 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 0B/34.3MB of archives.
After this operation, 110MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue [Y/n]? y
Selecting previously deselected package fglrx.
(Reading database ... 175181 files and directories currently installed.)
Unpacking fglrx (from .../fglrx_2%3a8.723.1-0ubuntu4_amd64.deb) ...
Selecting previously deselected package fglrx-amdcccle.
Unpacking fglrx-amdcccle (from .../fglrx-amdcccle_2%3a8.723.1-0ubuntu4_amd64.deb) ...
Processing triggers for man-db ...
Processing triggers for ureadahead ...
Setting up fglrx (2:8.723.1-0ubuntu4) ...
update-alternatives: using /usr/lib/fglrx/ld.so.conf to provide /etc/ld.so.conf.d/GL.conf (gl_conf) in auto mode.
update-initramfs: deferring update (trigger activated)
Loading new fglrx-8.723.1 DKMS files...
Building only for 2.6.35-19-generic
Building for architecture x86_64
Building initial module for 2.6.35-19-generic

Error! Bad return status for module build on kernel: 2.6.35-19-generic (x86_64)
Consult the make.log in the build directory
/var/lib/dkms/fglrx/8.723.1/build/ for more information.
dpkg: error processing fglrx (--configure):
subprocess installed post-installation script returned error exit status 10
dpkg: dependency problems prevent configuration of fglrx-amdcccle:
fglrx-amdcccle depends on fglrx; however:
Package fglrx is not configured yet.
dpkg: error processing fglrx-amdcccle (--configure):
dependency problems - leaving unconfigured
No apport report written because the error message indicates it's a follow-up error from a previous failure.
Processing triggers for python-gmenu ...
Rebuilding /usr/share/applications/desktop.en_GB.utf8.cache...
Processing triggers for initramfs-tools ...
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-2.6.35-19-generic
Processing triggers for python-support ...
Errors were encountered while processing:
fglrx
fglrx-amdcccle
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)
Charlie Schluting wrote on 2010-09-03: #19

Building initial module for 2.6.35-19-generic

Error! Bad return status for module build on kernel: 2.6.35-19-generic (x86_64)

make.log:

AMD kernel module generator version 2.1
cat: /lib/modules/2.6.35-19-generic/build/include/linux/utsrelease.h: No such file or directory
eltro5000 wrote 3 hours ago: #20

Yes, I have the same problem.
The ati-driver-installer (10.8) from the amd.com site is not working either.
It says

Error: ./default_policy.sh does not support version
default:v2:i686:lib::none:2.6.35-19-generic-pae:; make sure that the version is being
correctly set by --iscurrentdistro

I think the xserver v1.9 is not yet supported by fglrx.


はい。まさにこの状態。どうやらXのVer.に未対応?これは参ったなー。。。

ま、というわけで今回は散々だったけど、それでもいくつかちょっと変わったとこ。
Screenshot_20100904223405.png Screenshot-3_20100904223404.png
まず、デスクトップのUIはあんまり変わってないっす。Lucidとほとんど同じ。
あ、でもここも、これからかなりの改善というか、変化が予定されてるようです。

Screenshot-1_20100904223405.pngこれ、インストール時にコーデックとUpdate入れれるってやつね。
ま、俺はAlternateでやっちゃったので動作は未検証だけど。

Screenshot-2_20100904223404.png見送り?と思ってたBtrfsも選択可能。
しかし。Btrfsは未完成なんですよね。
今週のWeeklyTopicsに取り上げられてますが、GRUB2は未対応。そしてスナップショット機能が搭載されない。これは痛い。
というわけで、使うなら/bootは別パーティションで、今まで通りExt3or4で作って、/&/homeにはBtrfsを当てるって形にしか使えませんね。
で、個人的にはこのスナップショット機能が欲しくてBtrfsの搭載を待ちわびてたので、俺としてはもう、今回選択するメリットはなし。パフォーマンスはExt4の方がいいみたいだし。
ま、ファイルシステムレベルでLVMやRAIDに対応してるっていう話なので、そのあたりに惹かれてる方は試してみるメリットはあるかもしれないです。

あと、Apport、つまりバグ報告の機能強化。
これ、fglrxのインストール失敗の時に上がってきたんだけど、報告しようとして、すでにそれが登録されてる時はURLとともに「もう報告されてるよ」って教えてくれるのです。
今までみたく、Launchpadに行ってから、似たようなのが並んでる中で自分で探さなくていいってのは非常に楽で効率的。これはすごいいいとこですね。

と、いうわけで。
まぁ、実機投入は各サーバーが落ち着く数日後の方がいいのでは?という感じ。
あと、ATIのグラボ使ってる人は、上記の通り、今のところプロプラドライバ使えない(メーカーサイトから落としてきたドライバもインストーラー走りませんでした)ので、これが解決されてから入れるほうが賢明かも。
また、LucidにバックポートでMarverickのカーネル、つまり2.6.35はいずれ来る予定があるという話も出てるので、Lucidに最新カーネルだけ入れて、ハードウェア対応状況改善、なんてこともできますね。
ま、選択肢が増えるのはいいことでしょう。
さて、この辺が来週中に改善されるといいんだけど。最悪RC待ちになっちゃうかも。(それでも正式版まで待つ気はないw

関連記事
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu10.04 LucidLynx インストールガイド(β2)
Ubuntu10.04 β2の今の感触と10.10Maverick Meerkatの予定と
Ubuntu 11.04 はNatty Narwhal そしてリリーススケジュールも。
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βReleased!
MarverickのXorgのVer.にATIドライバは対応してないとか何とか
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね
ATI Catalyst 10.9 Released
fglrxがMarverickに対応する兆し?
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png