FC2ブログ

AMD Catalyst 11.1 released

Catalyst更新情報。11.1がリリースされました。
Windowsな方はこちらいつもの4亀
Radeon HD 6900&Fusion APU正式対応の「Catalyst 11.1」登場。性能向上を図った「Catalyst 11.1a Hotfix」も同時公開に

さて、Linuxな方は
AMD Puts Out A Beta Catalyst Linux Driver For The Public
実はまだ公式サイトに上がってないらしく、なぜかPhoronixのフォーラムで公開されています。なにこれどういうこと?

まぁいい。
とりあえずDebian Sidカーネル2.6.32には問題なくインストール完了。
で、SUSEの方、ビルドサービスから拾ってきた2.6.36入れてからfglrx効かなかったんだけど、念じながらインストール。はい。ダメでした。。。OTL
It works up to 2.6.38rc2 till now
なんて言ってる人もいるのになんでダメなんだぜ?俺のところは・・・

まぁいい。どうせ3月には11.4だ。
気を取りなおしてDebianでベンチマーーーーーーーーーーーーーーック!!

$ glxgears
8572 frames in 5.0 seconds = 1714.287 FPS
9069 frames in 5.0 seconds = 1813.772 FPS
9146 frames in 5.0 seconds = 1829.029 FPS
8978 frames in 5.0 seconds = 1795.588 FPS
9327 frames in 5.0 seconds = 1865.397 FPS
26080 frames in 5.0 seconds = 5215.959 FPS
24972 frames in 5.0 seconds = 4994.206 FPS
21401 frames in 5.0 seconds = 4280.041 FPS
22891 frames in 5.0 seconds = 4577.948 FPS
21926 frames in 5.0 seconds = 4385.070 FPS


なんなんだぜこの最初の数回の大きな差は??
まぁ、他のアプリ立ち上げたまんまの適当な状態なのでry

じゃあOpenArena。
$ phoronix-test-suite run openarena

Phoronix Test Suite v2.8.1
OpenArena Test Configuration


Resolution:

1: 800 x 600
2: 1152 x 648
3: 1024 x 768
4: 1280 x 800
5: 1280 x 960
6: 1440 x 900
7: 1280 x 1024
8: 1600 x 900
9: 1400 x 1050
10: 1680 x 1050
11: 1600 x 1200
12: 1920 x 1080
13: Test All Options

Enter Your Choice: 12
Would you like to save these test results (Y/n): n

Estimated Run-Time: 2 Minutes



OpenArena:
openarena [Resolution: 1920 x 1080]
Test 1 of 1
Estimated Time Remaining: 2 Minutes
Expected Trial Run Count: 3
Started Run 1 @ 12:07:27
Started Run 2 @ 12:07:49
Started Run 3 @ 12:08:12 [Std. Dev: 11.64%]
Started Run 4 @ 12:08:36 [Std. Dev: 9.51%]
Started Run 5 @ 12:08:56 [Std. Dev: 8.44%]
Started Run 6 @ 12:09:19 [Std. Dev: 7.58%]

Test Results:
215.8
193.5
170.8
197.6
203.9
200.8

Average: 197.07 Frames Per Second

あるぇー?またビミョーに落ちてるぞー?まぁ、誤差範囲誤差範囲・・・?
ちなみにUnigine走らせたらフルスクリーンだと重い重い。で、Window-modeでやったら途中でOSごと落ちますた\(^o^)/

ま、でも今回Debian上ではだいたい安定して動いてるかな?致命的なエラーは無さげですな。

関連記事
RecoveryModeからCatalyst再インストール
Catalyst手動アンインストール on Linux
Linux用総合ベンチマーク phoronix-test-suite をUbuntuに導入
Phoronix Test Suite試してみたよ(一部
LinuxでPCのスペック持て余してるやつちょっとこい Heaven Benchmark
Catalyst 10.11 Released!!
Catalyst 11.2 Released
Catalyst11.4 released
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Catalyst 10.12 Released!

Catalystの新Ver.10.12がリリースされました。

Windows版の詳しいレビューはこちら
「Catalyst 10.12」公開。「Catalyst Control Center 2」のプレビューも
いつものごとく4亀。

Linux版についてはPhoronixか
Say Hello To The Catalyst Linux Driver Christmas Edition

とりあえずVista、Debian、openSUSE11.3とひと通り入れてみました。
SUSEだけ、一回前のCatalystをアンインストールしなきゃ書き換わってくれなかったみたいだけど、概ね順調にいつも通りに。

まずはWindows。
4亀のレビューに出てるんだけど、新しもの好きな俺としては当然Featuring the new Catalyst Control Centerを選択。
インストール自体はいつもと一緒だったんだけど。
Cata1012.jpgこれがCCC2か!!
cata1012-2.jpg各メニューにアクセスするとこんな感じ。

なんかこれ、UbuntuのSoftwareCenterにやたら似てる気がry

今回のCCC2はあくまでもプレビュー版。今後は,正式公開に向けて,使い勝手のさらなる改善や,ディスプレイ管理方法の改善,Eyefinity関連の機能追加なども予定されているという。


とのことなので、とりあえず触ってみた感じ、見かけは大きく変わったけど内容は以前とほとんど変わってない感じ?
ま、ゲーム専用とか、動画再生専用項目があるので、この辺りはこだわる方は色々試すといいかもしれないけど。


さて、Linux版。
Screenshot-Catalyst Control Center#160;こっちは見た目もなんも変わってないっすね。。。
Debian上でいつものベンチをば。

$ glxgears
12523 frames in 5.0 seconds = 2504.415 FPS
11275 frames in 5.0 seconds = 2254.869 FPS
12712 frames in 5.0 seconds = 2542.015 FPS
15660 frames in 5.0 seconds = 3131.715 FPS
13400 frames in 5.0 seconds = 2679.950 FPS
12606 frames in 5.0 seconds = 2521.043 FPS


どうも以前より向上したようだが、glxgears自体の信頼度が前回揺らいだので・・・

$ phoronix-test-suite run openarena

Phoronix Test Suite v2.8.1
OpenArena Test Configuration


Resolution:

1: 800 x 600
2: 1152 x 648
3: 1024 x 768
4: 1280 x 800
5: 1280 x 960
6: 1440 x 900
7: 1280 x 1024
8: 1600 x 900
9: 1400 x 1050
10: 1680 x 1050
11: 1600 x 1200
12: 1920 x 1080
13: Test All Options

Enter Your Choice: 12
Would you like to save these test results (Y/n): n

Estimated Run-Time: 2 Minutes



OpenArena:
openarena [Resolution: 1920 x 1080]
Test 1 of 1
Estimated Time Remaining: 2 Minutes
Expected Trial Run Count: 3
Started Run 1 @ 11:27:50
Started Run 2 @ 11:28:10
Started Run 3 @ 11:28:28

Test Results:
265.2
264.8
267.2

Average: 265.73 Frames Per Second



これもまぁ、若干向上したようだけど、誤差範囲といえば誤差範囲か。

今のところどのOSでも致命的な感じはなく、むしろ最近のリリースの中でもかなり安定してる感蝕。
ま、あくまで俺のとこでは、の話ですが。あぁ、そうそう、HD5670 です。

関連記事
Catalyst 10.11 Released!!
Catalyst手動アンインストール on Linux
ATI Catalyst 10.9 Released
Marverickにきたfglrxの性能やいかに
RecoveryModeからCatalyst再インストール
で、openSUSEってどうよ?
How to install openSUSE(11.3)
How to install Debian(text mode)
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive
AMD Catalyst 11.1 released
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Phenom II X6 1075T/3.0GHz Phenom II X4 970 Black Edition/3.5GHz Phenom II X2 560 Black Edition/3.3GHz Athlon II X4 645/3.1GHz Athlon II X4 615e/2.5GHz Athlon II X2 265/3.3GHz Athlon II X2 250e/3.0GHzと一挙投入!AMD新CPU

今回は多い!!投入されたのは以下
Phenom II X6 1075T/3.0GHz
Phenom II X4 970 Black Edition/3.5GHz
Phenom II X2 560 Black Edition/3.3GHz
Athlon II X4 645/3.1GHz
Athlon II X4 615e/2.5GHz
Athlon II X2 265/3.3GHz
Athlon II X2 250e/3.0GHz

ちょっと遅ればせながら。
一挙に投入されたAMD製CPU×7の位置づけを把握する Phenom II X6 1075T/3.0GHz Phenom II X4 970 Black Edition/3.5GHz Phenom II X2 560 Black Edition/3.3GHz Athlon II X4 645/3.1GHz Athlon II X4 615e/2.5GHz Athlon II X2 265/3.3GHz Athlon II X2 250e/3.0GHz(4Gamers)
AMD、Phenom IIとAthlon IIに新製品を追加 - Phenom II X6 1075Tなど7モデル(マイコミ)
「Phenom II X6 1075T」「X4 970 BE」「X2 560 BE」の性能は?(アスキー)
最速クロックの「Phenom II X4 970 BE」など2製品が明日発売(アスキー)

4Gamersと3個目のアスキーの記事が性能は詳しいのでかなり参考になるかと。
以下、4Gamersの記事より、今回のラインナップの立ち位置というか、概要。

まず唯一の6コアモデルであるPhenom II X6 1075T(以下,X6 1075T)は,Phenom II X6シリーズの最上位モデル「Phenom II X6 1090T Black Edition/3.2GHz」(以下,X6 1090T BE)と,その下位に位置づけられる「Phenom II X6 1055T/2.8GHz」の間に存在する,400MHzという動作クロックの溝を埋める製品だ。X6 1090T BEの実勢価格は2万5000~2万9000円程度(※9月21日現在)なので,X6 1075Tの2万3980円(税込)というメーカー想定売価はやや高めか。

 残る6製品は,いずれもすでに存在するCPUに対し,TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)を維持したまま,100MHzの動作クロック引き上げを果たしたモデルとなる。
 Phenom II X4 970 Black Edition(以下,X4 970 BE)は,クアッドコアPhenom IIとして,2010年最初の製品だ。従来製品「Phenom II X4 965 Black Edition/3.4GHz」を100MHz上回り,シリーズ最高動作クロックを更新したモデルということにもなる。
 Black Editionなので,倍率固定はもちろん解除済み。もちろんそれは,デュアルコアCPUであるPhenom II X2 560 Black Edition(以下,X2 560 BE)も同じだ。

 Athlon II X4 645(以下,X4 645)とAthlon X4 615e(以下,X4 615e)はそれぞれ,通常電圧版と低電圧版Athlon II X4シリーズ最上位モデル。Athlon II X2 265(以下,X2 265)とAthlon II X2 250e(以下,X2 250e)も同様だが,ただし,X2 250eは,通常電圧版の「Athlon X2 250/3.0GHz」をベースに,基本スペックを維持したまま,TDPを20W引き下げたモデルと紹介することもできる。



アスキーより、同じく概要

Phenom II X6 1075T(3.0GHz)は6コアPhenom IIの中間モデル。動作クロックは3.0GHzだが、TurboCORE時は最大3.5GHzまで引き上げられる。Thuban E0リビジョンコアを使用するなど、内部仕様は既存6コアモデルと変わらないが、TurboCORE機能の上げ幅は500MHzと最上位モデルの 1090Tよりも100MHz高い。
 Phenom II X4 970 BEは、従来の最上位モデルであるPhenom II X4 965 BEから動作クロックが100MHz増えて3.5GHzになる。それ以外の変更点はなく、コアもDeneb C3リビジョンで変わらない。Phenom II X2 560 BEも既存最上位モデルから動作クロックを100MHz増やし3.3GHzとした製品となる。



さて、それぞれのベンチマークを見てみると、6コア、また970は高クロックなのでさすがという感じだけど、意外なことに645、635が頑張ってる印象は受けます。
個人的には6コアも使い切るようなことはたぶんほとんどないw
故に、今回の一番の魅力は970(しかもBE)なんだけど、この多少のデフォルトクロックの違いを気にしなければ、さらに消費電力面から言っても、C3の955辺りの方が、俺にとってはいいかなぁ、とか改めて思った次第。

4Gamersのまとめ

まずパフォーマンス重視ならX6 1090T BEか,X4 970 BEということになる。最新世代のゲームタイトルを多くプレイするなら前者,マルチスレッド処理への最適化があまり進んでいないオンラインゲーム向けに十分なCPUヘッドルームを確保したいなら後者を選んでおくのが,性能を重視するAMD派の新たな正解ということになりそうだ。X4 970 BEは,年末に向かって,実勢価格が1万5000円程度まで落ちてくると,さらに面白い存在となりそうである。
 X6 1075Tは,よくいえば「X6 1090T BEとあまり変わらない性能で,数千円安価」なのだが,Black EditionでもあるX6 1090T BEを差し置いて選ぶだけの魅力には欠けている。

 1万円台前半以下の5製品について話をするなら,基準として示したX4 635が,1万円弱(※2010年9月21日現在)で購入できるという事実も手伝って,最もバランスに優れるという結果になってしまった。マルチスレッド性能を左右するL3キャッシュが搭載されないこともあって,Athlon II X4のスコアはどうしても伸びきらないという弱点を抱えているのだが,そうなると,X4 645をわざわざ選ぶより,X4 635にしておいたほうがコスト面で幸せになれそうなのだ。
 消費電力のデータを見る限り,X4 645では何か改善が入っている可能性もあるので,それに期待するのはアリだろうが,X4 635がダメというわけではない。7製品と比較したことで,X4 635の魅力が再認識されたとは言えるかもしれない。


ま、上位CPUに関してはかなり同感。
しかもLinuxメインで使ってる俺にとっては、6コアは未だ時期尚早な感じがします。3コアな720ですら持て余し気味・・・いや、1コアだけフルロード、とかの場面が多いんですよ。うまいこと負荷分散してくれるようになるまで、6コア以上のはいらないかなぁ、と。ま、1万中盤に落ちてきてる955、965、で今回の970はクロック面でも消費電力的にも結構魅力的ですけどね。あと価格的にも。俺が720買った頃のその値段とあんまり変わんねぇもんなー。

アスキーのまとめ

 クロックの増加も劇的なものではなく、ベンチの結果も順当な傾向ということもあり、少々地味なラインナップ追加に見える。この新製品群は、コストパフォーマンス重視のパワーアップを目指すユーザー層が注目すべきだろう。今回の新モデル投入により、1万円台中盤から後半のCPUの充実度がかなり高まっている。6コアのPhenom II X6 1055Tにするか、コア数と動作クロックのバランスがいいPhenom II X4 970 BEにするか、価格重視でPhenom II X4 965 BEや955 BEという選択も悪くない。このあたりはなかなか悩ましい製品分布になったと言える。
 逆にやや微妙な立場なのがPhenom II X6 1075Tだ。Phenom II X6 1090Tの価格はここ1カ月で大きく動き、2万5000円前後まで下がっている。1075Tとの価格差は2~3000円前後と推測され、この性能差と価格差だと最上位の1090Tのほうが魅力的に思えてしまう。もう少し価格が抑えるか、低消費電力といったセールスポイントが欲しいところだ。


うん。全部、今までのラインナップの補強って感じなのよね。
で、6コア以上のはまだ「待ち」かなぁ、と考えてる俺にとっては上段のところの迷いがズバリ当てはまっております。
>、コア数と動作クロックのバランスがいいPhenom II X4 970 BEにするか、価格重視でPhenom II X4 965 BEや955 BEという選択も悪くない。このあたりはなかなか悩ましい製品分布になったと言える。
うむ。悩ましい。

さて、その970BEの初値は

「Phenom II X4 970 Black Edition」
¥16,980 アークドスパラ秋葉原本店
¥17,470 フェイス秋葉原本店
¥18,800 ツクモパソコン本店


とのこと。いきなりの2万以下、これは魅力的よね。PhenomIIでたての頃は4コアのモデル3万とかしてたのにね。(940だっけ?
いやー、買いやすくなったもんだ。

しかし、今ならDDR3移行も考えねばなぁ。こっちももうDDR2と逆転して買いやすくなってるし、主だったMBはもうDDR3対応のほうが多いしな。MB,メモリ、CPUと買い替えとなると・・・3万ちょいか・・・うーん。。。

e-tokka ・ドスパラ超特価品・クレバリーPCパーツ特価TSUKUMO ネットショップ
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png