FC2ブログ

FFXIV公式ベンチが出たらしいので走らせてみたよ。

FFXIV公式ベンチ公開記念。最新GPU+αの全13構成でベンチマークを回してみた(4Gamer)
ファイナルファンタジー XIVのベンチデモが実施中(Akiba PC HotLine)
スクエニ、PS3/Windows用MMORPG「ファイナルファンタジー XIV」 オフィシャルベンチマークソフトの配信を開始(Impress Game Watch)
「FF XI for Windows」の発売で自作PCマーケットが活性化?(Akiba PC HotLine)
4Gamersの記事で構成ごとのベンチ比較なんかが出てますが、うちでも試してみましたよっと。
構成はPhenomIIx3 720BE@3.0Ghz GAMA78GPM-UD2H えりくさDDR2-800 1Gx4 玄人Radeon HD5670
ちなみにCatalystは10.5。Vistaはx32 SP2。
006.jpg起動するとキャラクターとHigh or Lowを選べます。
Highが1980x1080、Lowが1280x720。
まずはLowから。
FFXiv low画面は非常に綺麗。
けど、GPUのロードがw ほぼずっと95%以上。シーンが切り替わるときはCPUも3コアフルロード。しかも結構時間かかる。
FFXIV2.jpgスコアはLowで2440。

次にHighの方。
FFXIVhigh.jpgさすがにカクカクするとこが目立つ感じ。
FFXIVhigh2.jpgスコアは1369。

さて、スコアの目安ですが。

* 8000以上:非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。
* 5500~7999:とても快適
とても快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めに設定しても、とても快適に動作すると思われます。
* 4500~5499:快適
快適な動作が見込めます。描画クオリティを高めにしても快適に動作すると思われます。
* 3000~4499:やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕が有れば描画クオリティの調整をお勧めいたします。
* 2500~2999:普通
標準的な動作が見込めます。
* 2000~2499:やや重い
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はコンフィグにて調整する事をお勧めいたします。
* 1500~1999:重い
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。コンフィグで調整をした場合でも、あまり改善は見込めません。
* 1500未満:動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。


Gyaaaaaa!!Highだと動作困難!になっちゃうのね。Lowでもやや重い、に入る。
これは結構キツイんじゃないか?
PCでプレイを考えてる人はたぶん、補助電源なしのグラボじゃ話にならないんじゃないかな?
4Gamersの結果を見ると、ATIなら5770、Geforceなら485辺りがHighでプレイするには最低限欲しいところな模様。

ま、未だにPS3の購入すら保留になってる俺的にはおそらくPCでMMORPGとか、当面やらないと思うけどさ。
久々にスペック不足ってのを感じましたね。
うーむ。来年くらいにはもう6コア、5770クラスのGPUが標準になってたりするのかな?

あ、UbuntuのWineでもやってみようとしたけど起動すらしなかったよ!!
グラボ変えて、10.04になってからFFXIのベンチすら動かなかったから当然だよね☆

関連記事
Radeon HD5670イヤッッホォォォオオォオウ!
Radeon HD5670 レビューその2 動画再生ってどうよ?
オーバークロックするときに役立つソフトとか
3Dベンチマーク タイムリープ
Catalyst10.5が出たよー。
Geforceのミドルの本命?460が出てきましたね。
ATI Catalyst10.8 Released (for Windows)

e-tokka ・ドスパラ超特価品・クレバリーPCパーツ特価TSUKUMO ネットショップ
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Radeon Bios EditorでグラボのBiosを書き換えてみる

グラボのBiosを書きかえれるらしいってのは知っていたけど具体的な方法を何も知らなかったです。
しかし、RDEというのでATI系のグラボのBiosをいじれるらしい。
MBと違ってCMOSクリアなんてものがあるのかどーかわからない(というかたぶんない)のでかなり危険は伴うが、Biosレベルで設定ができるってことはデュアルブートなUbuntuのほうでもこの設定が生きるってことだ。たぶん。
以前RivatunerやらATI Tray Toolなんかは使った事あったけどこれはあくまでWindows上で動くものなので、K10Statや栗で設定しても当然Ubuntu起動したらこっちでは無効になってて、MBのBios設定項目は両方共通で動くからね。きっとそーいうことだろう。(とかなり適当w

DLは↓。GPU-Zと同じとこなのね。
http://www.techpowerup.com/downloads/
というわけでうちのHD3650で設定をば。
rbe2.pngrbe.png
で、WinFlashというBios吸出し&書き込みするソフトとセットで使うので下のほうのGet WinFlashってのを押してWinFlashをDL。

WinFlash1.pngここで読み出し&保存を必ずやっておく。デフォルトのBiosのデータなくなっちゃうと後で大変になるかもなので。

で、このデータをRDEで読み込んで・・・
rbe1.pngで、いよいよ設定。ClockSettingでクロックと電圧です。

今回はOCが目的ではなく、電圧チョイ下げで温度下げること&低温時ファンを低回転にすることで静音化を目的にします。

rbe3.pngということでクロックを725→700 電圧を1.2→1.05にしてみる。
さて、実はこの前に725Mhz 1.1vでの起動を確認し、AMD Over Driveで負荷かけてOKだったのでここまで攻めたわけで、初めての人は少しずつ、というか一つの項目を一段階ずつくらいでいじっていくのをお勧めします。なんせ失敗するとグラボ動かなくなりますから。なにも写らなくなります。
また、クロック500まで落としたら今度はドライバ認識しなくなったというのもありました。
ということで(クロック可変するグラボはわかんないけど)大幅に変えるのはかなり危なそうです。

次にファン。
rbe2.pngデフォルトでこんな感じですが、高温時はいじらず、アイドル時のファンの回転を落とす方向で。

rbe4.png右にグラフが出るのでかなりわかりやすいです。
前回1.2v→1.1vにして以来、アイドルから低負荷なくらいで50℃こえることはめったになくなったので、50℃までをほぼ最低回転、65℃までをうるさくない程度に。

設定したらSaveBiosで設定を保存して、Acquire/flashでいよいよ書き換え。

winflash.pngWinFlashをSeachかフォルダ指定で起動して・・・
ここからはミスは許されません。いけるだろうという設定になってることを確認し、覚悟を決めたらFlashBiosで書き換え。緊張の再起動。

700_convert_20090823084023.pngRivatuner&GPU-Zで確認すると・・・ちゃんと反映されてます^^

しかし・・・この記事を書いてる途中に一度ブルースクリーンwww
はい。結局ファンの設定はそのままに電圧は1.1まで戻し、そうするとクロック下げる意味もないので725Mhzまで戻し・・・
まぁ、若干静かにはなったけどね。

Windowsだけの人はRivatunerやATI TreyToolのほうが安全だと思います。俺の環境ではRivatunerのほうが安定してたけど。
こちらもそれはそれで危険はあるけど、Bios書き換えはかなりの危険と緊張を伴います。
でもこれで俺のはLinuxのほうでも静かになってるはず?

関連記事
TA790GX交換完了したしとりあえずのK10Statとか
MA78GPM-UD2Hに換装してメイン機復活ととりあえずのK10Statと
ATI製グラボの制御ツールATI Tray Tools
グラボチューニングソフトRivatuner使ってみた
オーバークロックするときに役立つソフトとか
3Dベンチマーク タイムリープ
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

TA790GX交換完了したしとりあえずのK10Statとか

早くも昨日取り寄せしてくれてメモリ認識しなかった初期不良のTA790GXは交換して組みなおしてくれました。
よーし、これからいじるぞー。
てなわけで、とりあえず基本のK10StatをWindows7上で。
K10StatというのはK10世代のCPUの電圧、クロックの制御ツール。K8における CrystalCPUIDとほぼ同じです。
DLは↓
http://www.geocities.com/k10stat/
ま、俺もこれいじるの初めてでまだまだ試行錯誤中なんですがね。。。
あ、x64なんですが問題なく動いてくれてるみたいです。
さて、720BE&TA790GXはどれくらい行ってくれるのか。

K10stat.pngとりあえずここがメインのP-state。
Phenom II ハッキング 初級編 Coneco見ながら設定・・・とか思ったけど、これってユーザーアカウント回避とスタートアップに組み込む方法みたい?
まだ設定詰めれるまではこれはやめとこう。ユーザーアカウントは切ってあるしw

上のSSはもうとりあえず設定しちゃったものですが、かなり手探りでした。
CPUVoltageとNBVoltageが別々にいじれないのは調べてみたらMBの仕様とのこと。
SinglePlaneだと連動になっちゃうらしいです。で、このせいでCPUより先にNBの耐性限界が来てしまっていまいち電圧は攻めれないらしい。
くっ!しまった!HTLinkが1.6になっちゃう件といい、4コア化に釣られて選択をしてしまったよ。。。
4コアだと起動はしたけど標準クロックでも落ちるし。。。
ま、仕方ないのでこいつでなんとかいじってく方向でw

とりあえず俺の使い方では今のとこ憧れだった3Ghz駆動で十分すぎるっぽいです。
なので、まず3.0Ghzを最高クロックにして電圧を徐々に下げてPrimeを走らせてみます。
結果1,275は通るものの1,250だと途中でブルースクリーン。ま、こんなとこでしょう。
で、P0 3000 1,275と。
P1P2P3はまだ検証してないですが、先代のCPUIDの設定くらいにしてみたとこいきなり落ち。ダメらしい。意外と攻められない。。。
で、Conecoのレビューやらを参考に各ステップ徐々に下げて負荷かけたり抜いたりして変動を見てみます。
結果
P1 2100 1,225
P2 1600 1,125
P3  800 0,950にとりあえずの設定完了。
これで適当にアプリ立ち上げたりゲーム立ち上げたりしてみましたが、まあ安定してるみたい。
C'nQ有効にしてないと変動してくれないのはMBの仕様なのか俺の使い方が間違ってるのか・・・
そしてまだPrimeは数十分走らせただけだしなー。今度の休日にでもちゃんと検証してみよう。
あとup downの負荷とmsはCPUIDの設定を思い出しつつ、各ステップごとに設定。
基本的に中間クロックでまかないつつ、高負荷時にはがつんと最高まであがるように、P0-P1間の負荷率を高めにして応答速度を縮めてみました。

AODがまだほとんどいじれてない。。。
http://game.amd.com/us-en/drivers_overdrive.aspx
AODは↑でDLできます。AMD純正のOCツールなんだけど、どーも不安定な気が・・・
ちなみにK10Statは一度立ち上げるとシャットダウンするまでリセットされないので(設定変更は可能だけど)、この状態でAODを立ち上げると制御がかぶって即落ちします。
ターゲットクロックの限界電圧調べたり、簡易ベンチとか細かい設定項目も多くていろいろ高機能なんですが、なーんか不安定な気が。。。

最後に現状でのCrystalMarkの結果
CM phenx3 7720BE@3Ghz+TA790GX DDR800 4G HD3650
CM7.pngAthlon64x2 4800+@2,85Ghz M2A-VM(先代)
すげーすげーw
メモリもグラボも流用なんですがMemoryのスコアもえらいことあがってますね。HDDも上がってるのは意外でした。
なんだかもう俺にはこれでもオーバースペックな気がしてきちゃいましたw
いやいや、活用せねば。そしてこれはいろいろといじりがいがありそう。MBのBIOS設定項目も豊富なのでまだまだ調べて詰めていかねば。

関連記事
念願のPhenom II イヤッッホォォォオオォオウ!
神ツールCrystalCPUID
AM3版PhenomⅡ一部の発表とかレビューとか
mjd??PhenomII X3 720BEが4コア化・・・デキル・・・!!??
AMD CPUのモデルナンバー
AMD Over Driveを使って720BEの電圧設定をさらに詰める
K10Statのコマンドラインオプション追加方法
MA78GPM-UD2Hに換装してメイン機復活ととりあえずのK10Statと

PCパーツ通販 e-tokka ドスパラソフマップクレバリー
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

tmin

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png