スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

さくらVPS(CentOS6.6)にRedmineを入れる記

さくらのVPSにRedmineを入れる機会があったのでメモ。
素のCentOS6.6。リポジトリ追加はなるべくなしの方向で行ったらえらい古いパッケージばっかりだけど。





1.Nginxのインストールと設定

$ sudo yum install nginx
$ sudo emacs /etc/nginx/conf.d/default.conf


/を/var/www/に。

$ sudo mkdir /var/www


開発用のあれやこれや

$ sudo yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel



起動

$ sudo service nginx start



2.MySQLのインストールと設定

$ sudo yum install mysql-server mysql-devel


なんにも設定してないのでmysql だけ打てば入れる。
redmine用のDB作成

$ mysql
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 3
Server version: 5.1.73 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.


DB redmineを作成


mysql> create database redmine character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)


ユーザーredmineを作成して権限付与

mysql> grant all privileges on redmine.* to 'redmine'@'localhost';
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

mysql> quit
Bye



3.Rubyを入れてRedmineインストール
Rubyインストール

$ sudo yum install ruby ruby-devel
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2013-06-27 patchlevel 374) [x86_64-linux]
ruby-1.8.7


Redmineを取ってくる。現行最新のtrunkはRubyのバージョンがあれなため2.6。
wgetで取ってきて解凍、/var/wwwにコピー。

$ wget http://www.redmine.org/releases/redmine-2.6.1.tar.gz
$ tar xvfs redmine-2.6.1.tar.gz
$ sudo mv redmine-2.6.1 /var/www/redmine
$ ls /var/www
redmine



gemで依存パッケージを入れようとするが・・・

$ sudo gem install bundler --no-rdoc --no-ri
sudo: gem: コマンドが見つかりません
$ sudo yum install gem
読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
インストール処理の設定をしています
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* epel: ftp.kddilabs.jp
* extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
* updates: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
パッケージ gem は利用できません。
エラー: 何もしません



調べてみるとRuby1.9からgem同梱らしいけど1.8系は自分で取ってきてインストールが必要とか。

$ wget http://production.cf.rubygems.org/rubygems/rubygems-2.4.5.tgz
$ tar xvfs rubygems-2.4.5.tgz
$ cd rubygems-2.4.5
$ sudo ruby setup.rb
RubyGems 2.4.5 installed
ERROR: While executing gem ... (Gem::DocumentError)
RDoc is not installed: no such file to load -- rdoc/rdoc
$ gem -h
RubyGems is a sophisticated package manager for Ruby. This is a
basic help message containing pointers to more information.

Usage:


これでgemが使えるようになったはず。bundlerインストール。

$ sudo gem install bundler --no-rdoc --no-ri
Fetching: bundler-1.7.12.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.7.12
1 gem installed


redmineのディレクトリに移動してbundle installで依存パッケージインスコ

$ cd /var/www/redmine/


$ sudo bundle install --path vendor/bundler --without development test
Gem files will remain installed in /var/www/redmine/vendor/bundler/ruby/1.8/gems/rmagick-2.13.3 for inspection.
Results logged to /var/www/redmine/vendor/bundler/ruby/1.8/extensions/x86_64-linux/1.8/rmagick-2.13.3/gem_make.out
An error occurred while installing rmagick (2.13.3), and Bundler cannot
continue.
Make sure that `gem install rmagick -v '2.13.3'` succeeds before bundling.



これは`gem install rmagick -v '2.13.3しても解決しなくて、必要パッケージが足りなかったみたい。

$ sudo yum install ImageMagick-devel
Installing rmagick 2.13.3
Your bundle is complete!
Gems in the groups development and test were not installed.
It was installed into ./vendor/bundler
Post-install message from rmagick:
Please report any bugs. See https://github.com/gemhome/rmagick/compare/RMagick_2-13-2...master and https://github.com/rmagick/rmagick/issues/18



これで通るはず。

$ sudo bundle install --path vendor/bundler --without development test


セッションデータ暗号化の鍵生成

$ sudo bundle exec rake generate_secret_token


データベースのスキーマを構築

$ sudo bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production



4.Redmine起動
webrickで起動

$ ruby script/rails server webrick -e production


うまく行ってればkttp://サーバーIP:3000 でアクセスできるはず。
webrickは常用にはおすすめできないそうなので、一旦落としてunicornを使うことにする。

gemでunicornインストール

$ sudo gem install "unicorn"


Redmineをインストールしたディレクトリ下(/var/www/redmine)に、Gemfile.localを作ってgem "unicorn"を記述。

$ sudo touch Gemfile.local
$ sudo emacs Gemfile.local
gem "unicorn"


bundle updateでunicornが入れば○

$ sudo bundle update
Bundler::GemspecError: Could not read gem at /var/www/redmine/vendor/bundler/ruby/1.8/cache/kgio-2.9.3.gem. It may be corrupted.
An error occurred while installing kgio (2.9.3), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install kgio -v '2.9.3'` succeeds before bundling


bundle updateしたらエラー吐いたのでパッケージ探して入れてみる

$ sudo yum install rubygem-kgio
$ bundle install
/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems.rb:779:in `report_activate_error': Could not find RubyGem bundler (>= 0) (Gem::LoadError)
from /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems.rb:214:in `activate'
from /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems.rb:1082:in `gem'
from /usr/bin/bundle:22


なんかまたエラーが出たけど、update --systemしたらいいらしい。

$ gem update --system
$ sudo bundle install
Installing unicorn 4.8.3
Your bundle is complete!
Gems in the groups development and test were not installed.
It was installed into ./vendor/bundler



これでおっけー。unicornで起動してみる。

$ sudo bundle exec unicorn_rails -l 8081 -E production


http://サーバーIP:8081でアクセスできればおっけー。

5.データのインポートとか
別サーバーで動かしてたRedmineのデータを移行する。
移行するためのデータはRedmineインストールディレクトリのfilesとMySQLのデータ。
filesはscpなりFTPなりでサーバーにうp、MySQLは旧Redmineの方でmysqldumpしてそれを新環境へうp。
旧環境

$ mysqldump -u redmine redmine -pmypassword > redmine.sql


新環境

$ sudo cp -r (files/*) /var/www/redmine/files
$ mysql -u redmine -p < redmine.sql


これで起動するかと思いきやInternal server error。
データベースのマイグレーションが必要らしい。

$ sudo RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate


ここでエラー。

Mysql2::Error: Table 'queries_roles' already exists: CREATE TABLE `queries_roles`


queries_rolesってtableがもうあるんだけど?みたいに怒られてるのでtable削除

$ mysql -u redmine -p
>use redmine;
> drop table queries_roles;
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)
>quit


でもっかいマイグレーション

$ sudo RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate


今度はMysql2::Error: Table 'custom_fields_roles' already exists:
ということで同じ手順で'custom_fields_roles'を削除。

$ sudo RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
(中略)
== AddPasswordChangedAtToUser: migrated (0.0053s) ============================

== InsertBuiltinGroups: migrating ============================================
== InsertBuiltinGroups: migrated (0.2190s) ===================================



Redmine再起動

$ sudo bundle exec unicorn_rails -l 8081 -E production


これで反映されてるはず。

ほんとはサービス化してchkconfig on したかったけどパーミッションとかgemのパスとかでエラー吐きまくって俺には手がつけられない感じだったので、とりあえずこれでscreen で起動しとけば動き続けるしいいかという感じに。
あとはNginxのリバーズプロキシ設定もまだなんだよね−。

参考
Redmineのインストール
RedmineをCentOS 7上で動かすーUnicornとNginx編
RedmineをCentOS 6上で動かすーUnicornとNginx編
Redmineの再構築と移行など
BitNami Redmine Stack のアップデート 2.3.0-0 to 2.5.1-1

関連記事
さくらVPS(CentOS6.6)にGitlabをインストール
さくらVPSにカスタムOSでCentOS7入れてLEMP
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。