スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Windows 10 Technical Preview でRuby入れてMikutter for Windowsを動かしてておくれよう

Windows 10 Technical PreviewでMikutter for Windowsを動かしてみよー。
ハマったのはRuby。x64だとglibのインストールでこけてどーしよーもない。Rubyをx32ようにしたら簡単に動きました。

動作環境
Windows10 Technical Preview x64 Ruby 2.1.3 Mikutter 3.0.6

参考
Windowsでのmikutterインストール
mikutterをWindowsで使うためのパッチを集めたプラグイン。簡単インストーラ付き。
mikutter on Windows 8.1 (64bit)
Special Thanks!! moguno氏&Ton2氏!!

1.Ruby&Development Kit DLしてインスコ。
Ruby Installer for Windows
上記ページからRubyとDevelopmentKitをDLしてインスコ。
この時、OSがx64だろうとなんだろうとRubyはx64を選択してはいけない。最初はx64を入れていたのでbundle installでもgem installでもどーーーーーーーもglib2のところでこけちゃって進めませんでした。
というわけで、今回の標的はRuby 2.1.3 無印。x64がついてないやつ。
rubyinstaller-2.1.3はそのまま起動してインストールすればおっけー。
rubyinstall.png 注意点はここだけ。
Rubyの実行ファイルへの環境変数PATHの設定
.rbと.rbwファイルへの関連付け
この両方にチェック入れておきます。

インストールが完了すると「Rubyコマンドプロンプト」というのがAllAppsのどっか(たぶんRubyフォルダの中)にあるので、おこのみでスタートメニューにpinnしておきます。
ruby.png Ruby 2.1.3 -p242の中にRubyコマンドプロンプト。

そのままDevKitもDLしてインスコ。
For use with Ruby 2.0 and 2.1 (32bits version only):
DevKit-mingw64-32-4.7.2-20130224-1151-sfx.exe

とはいえこれ、実行すると実行したフォルダ内にいろんなファイルバラバラに解凍するだけのシロモノなので、適当にフォルダを作ります。
今回はDesktopにRubyDevKitというフォルダを作って、その中にこのexeファイルをコピー、実行。

Rubyコマンドプロンプトを開いてDevKitを解凍したフォルダに移動して、DevKitインストールのおまじない。

>cd Deslktop\RubyDevkit
>ruby dk.rb init
[INFO] found RubyInstaller v2.1.3 at C:/Ruby21

Initialization complete! Please review and modify the auto-generated
'config.yml' file to ensure it contains the root directories to all
of the installed Rubies you want enhanced by the DevKit.

>ruby dk.rb install
[INFO] Updating convenience notice gem override for 'C:/Ruby21'
[WARN] Skipping existing DevKit helper library for 'C:/Ruby21'


これでRuby環境つくりは完了。

2.Mikutter for Windowsを使おう
mikutter-windowsからzipでDL。
Mikutter本体は本家からDL。Mikutter
今回は最新版である3.0.6を使用します。
tar.gzファイルなのでWindowsではデフォルトで解凍できません。LhaplusとかLhacaとかLhazとかその辺を適当に入れときましょう。俺はLhaplus使ってる。まぁ、「Windows tar.gz 解凍」とかでggrks
Mikutter本体を適当なとこに解答します。今回はデスクトップを使いました。
Mikutter for Windowsも解凍して(こっちはzipでDL)、Mikutter\plugin\ にmikutter-windows とリネームして配置。
Rubyと関連付けられていればこの中のsetup.rbをダブルクリックでもいいんだけど、端末出力結果が見たいのでRubyコマンドプロンプトから実行。

>cd mikutter\plugin\mikutter-windows

>ruby setup.rb
Successfully installed bundler-1.7.3
Parsing documentation for bundler-1.7.3
Done installing documentation for bundler after 7 seconds
1 gem installed
DL is deprecated, please use Fiddle
Using rake 10.3.2
Using addressable 2.3.6
Using pkg-config 1.1.5
Using cairo 1.12.9
Using glib2 2.2.0
Using atk 2.2.0
Using bsearch 1.5.0
Using safe_yaml 1.0.4
Using crack 0.4.2
Using delayer 0.0.2
Using gdk_pixbuf2 2.2.0
Using locale 2.1.0
Using text 1.3.0
Using gettext 3.0.9
Using pango 2.2.0
Using gtk2 2.2.0
Using json_pure 1.8.1
Using memoize 1.3.1
Using metaclass 0.0.4
Using mocha 0.14.0
Using oauth 0.4.7
Using power_assert 0.1.4
Using ruby-hmac 0.4.0
Using test-unit 3.0.1
Using typed-array 0.1.2
Using watch 0.1.0
Using webmock 1.19.0
Using bundler 1.7.3
Your bundle is complete!
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.


これ何してくれてるかって言うと

bundlerのインストール
mikutterフォルダでbundle install(ruby-gtkなど必須gemを取得)
immodules.cacheを修正し、インライン入力を可能にする(最新のruby-gtkでは既に対応済みらしいです。)
デスクトップにショートカットアイコンを作成


とのこと。
デスクトップにアイコンできるので、これからはアイコンダブルクリックでMikutter起動できるよ!!やったね!!

2.5.Mikutter for Windowsを使わない場合
Mikutterを展開したフォルダに移動してRubyコマンドプロンプトから

>gem install bundler
>bundle install


でおっけーなはず。mikutter\Gemfileあたりを読み込んで勝手に依存関係解消してくれるはず。
こけたらこけたgemを指定して >gem install なんちゃらってやればおっけ。
>ruby mikutter.rbで実行。
mikutterforwindows.png 成功したらみくった~ちゃんが優しく迎えてくれるよ!!
このまま指示に従って連携アプリ認証すればおっけー。
mikutter_2014100514040070e.png 現行最新の3.0.6です。

3.設定フォルダとか引き継ぎとか。
Linux上では/home以下にmikutter展開して使ってると、同じ/home以下に.mikutterという設定保存フォルダが作られて、ここが設定ファイルやプラグイン突っ込むフォルダになってました。
Windowsで使った場合、同じく\Users\username\以下に.mikutterフォルダが作成されるようです。
一回目の起動時にこの設定フォルダは自動生成されますが、Linux上で動かしていた設定をそのまま使いたいときには、Linuxの.mikutterフォルダをパクってきてこれと置き換えればおっけー。
ちなみにWindowsからはext4とかそのへんのファイルシステムは読めないので、Linux上からUSBなりWindowsで使ってるHDDの(NTFS)なりにコピーしておけばおっけーです。Windowsから読める場所にコピっとくってだけなので、それがFAT32だろうがUSBだろうがCD-ROMだろうがAndroid端末であろうが大丈夫?いやすみません最後のは自信ありません。

というわけでLinux上からあらかじめコピっておいた設定ファイルを\Users\userneme\.mikutterとして配置すると・・・Mikutterを再起動した時にいつも使ってたあの時のままの状態で起動するはずです。これは簡単にうまくいきました。
プラグインとかは未検証だけど、普段使いに支障が出るような挙動は今のところ示してませんね。
フォントがWindows上だとかなり見え方が違ってたりするので、適当にいい感じのフォントに差し替えたりサイズ変更したりしてみましょう。

4.x64で出てたエラー

gem install glib2
Temporarily enhancing PATH to include DevKit…
Building native extensions. This could take a while…
ERROR: Error installing glib2:
ERROR: Failed to build gem native extension.

C:/Ruby200-x64/bin/ruby.exe extconf.rb
(以下略


C:\Ruby21-x64\lib\ruby\gems\2.1.0\extensions\x64-mingw32\2.1.0\glib2-2.2.0を見ろとか言われます。
mkmf.logとgem_make.outがあるんだけど。
ログはこんな感じ。

エラー名とかでググってみる
Installing GTK2 for Ruby on Mac OS X
brew install gtk+
で行けるとかあるけど、それMacだからな。

Ruby2.0の導入@Windows7
The GTK+からWindows用のGTKを入れればなんとかなるかなぁ、と思ったけど、GTK for Windowsは中身がexeファイルばっかりでRubyとの関連付け方がわからなかった。上記リンクの方も結局

node.hが見つからないって文句を垂れている様子だが、一寸手に負えなさそうなので暫く様子見


とのことでなかなか難しそう。

ERROR: Failed to build gem native extension on Yosemite

xcode-select --install


で行けるとか何とか言ってるけど、走らなかったし。

というわけでこのglibだかGTK2だかのgem installの問題をうまいこと解決できる方法が見つかれば、x64のRubyでもMikutter動かせそうではあるんだけど、俺の手には負えないです。現状x32のRubyを使うのが最善?
まぁ、未だにWindows用のフリーソフトはx32用しかないのも多いし、Windows10 TPでもProgram Files(x86)とかあって、ネイティブx64じゃないソフトはこっちに入ってフツーに動く、ってのは7以来(?)のWindowsの流れを踏襲してるし、x32で動けば問題ないでしょう。

5.Windows上でのMikutterの挙動
いやー安定しましたね。以前にWindows上で動かした時(2010年?)はTL取得で固まったり、ポストで落ちたりなどなどの刺激的な挙動が盛り沢山な上に、とにかく重かった。仮想環境のような重さがあったのですが、今やネイティブWindowsアプリのように軽く、Windows用の多くのTwitterクライアントよりはるかにスムーズで快適で楽しい機能もそのままに動いてます。
とろいあえず一日立ち上げて放置してみたけど問題なし。
動く環境整えるのがちょっとめんどいけど、それでもやってみる価値はあり。おかげでWindows上でRuby環境整える方法にも少しは通じることもできたし、Windows上のプログラミング環境を整えるのがいかに大変でクソいかもわかりました(ぉ

それではみなさん、Windowsでも楽しいMikutter Lifeを!!

関連記事
Mikutterにプラグイン突っ込んで(魔)改造しようず
Mikutter3.0αReleased!!
Mikutterで始めるておくれ最新Ruby(rbenv on LMDE)
にわかでも浦島でも今から始めるMikutter
Windows10 TPで最新mikutter3.2.2にしたらrubygemsにSSL接続できなくてどハマった

大昔の記事
WindowでRuby環境整えてみくった~♪を動かそう!!として挫折・・・
至高☆のTwitterクライアントMikutterをWindowsでも!!

骨董品がおいてある記事
GoogleCodeは使ってみたら結構簡単だったのでMikutter for Windowsのミラーのような物を
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。