スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

CentOS6.5でNFS Serverでファイル共有

Web Server(練習用)兼ファイルサーバーとして使っているはずのCentOS 6.5ですが、Sambaでのファイル共有がうまく行ってませんでした。
具体的にはSamba server(CentOS)からクライアント(LMDE NotePC)にデータコピってこようとすると途中で止まる。大体90MBくらいコピったとこで止まる。
小さいファイルのやりとりには不便なかったのですが、大きいファイルやフォルダまるごと(具体的には音楽とかアニメ動画とか)をCentOS ServerからLMDE Noteに引っ張ってきたいときにいつもファイルコピー途中でフリーズして困ってたのです(大体90MBが限界らしい)。なぜ90MBで止まるのかとかはよくわかりませんし、LMDEメイン機からは特に問題なくサーバーにアップ、サーバーからDLできてたので、更に謎いです。試しにノート機を有線LANでつないでみたけど結果変わらずでした。

まぁ、そんなわけでNFSサーバーを使ってみることに。
NFSとはLinuxでは古くからあるファイル共有で、SambaはServerの共有フォルダにネットワークからアクセスする(ネットワークでマウントする)のに対し、NFSはServerの共有フォルダをクライアント機の任意のディレクトリにマウントすることによって共有する、みたいな感じです。(理解あってるかな?)
以前にDebian Serverでやってた気がしますね。
DebianサーバーでSambaを諦めてNFSでファイル共有

参考
NFSサーバ構築(目次)
CentOS 6.3 x64でNFS v3を設定
1.Server側にNFS環境
ServerはCentOS6.5。IPは192.168.0.6。クライアントはLMDE201403。

sshで入って関連パッケージインストール。今回は(今回も)/home/publicが共有したいディレクトリ。
CentOS 6.5なのでNFSはv4になってるみたい。

$ sudo yum install nfs-utils rpcbind
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
epel/metalink | 6.1 kB 00:00
* base: www.ftp.ne.jp
* epel: ftp.iij.ad.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.4 kB 00:00
epel/primary_db | 6.3 MB 00:01
extras | 3.4 kB 00:00
nginx | 2.9 kB 00:00
rpmforge | 1.9 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 4.7 MB 00:00
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package nfs-utils.x86_64 1:1.2.3-39.el6_5.3 will be installed
--> Processing Dependency: nfs-utils-lib >= 1.1.0-3 for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libtirpc >= 0.2.1-6.el6_5.2 for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: keyutils >= 1.4-4 for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libgssglue.so.1(libgssapi_CITI_2)(64bit) for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libgssglue for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libevent for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libtirpc.so.1()(64bit) for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libnfsidmap.so.0()(64bit) for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libgssglue.so.1()(64bit) for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
--> Processing Dependency: libevent-1.4.so.2()(64bit) for package: 1:nfs-utils-1.2.3-39.el6_5.3.x86_64
---> Package rpcbind.x86_64 0:0.2.0-11.el6 will be installed
--> Running transaction check
---> Package keyutils.x86_64 0:1.4-4.el6 will be installed
---> Package libevent.x86_64 0:1.4.13-4.el6 will be installed
---> Package libgssglue.x86_64 0:0.1-11.el6 will be installed
---> Package libtirpc.x86_64 0:0.2.1-6.el6_5.2 will be installed
---> Package nfs-utils-lib.x86_64 0:1.1.5-6.el6_5 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
nfs-utils x86_64 1:1.2.3-39.el6_5.3 updates 321 k
rpcbind x86_64 0.2.0-11.el6 base 51 k
Installing for dependencies:
keyutils x86_64 1.4-4.el6 base 39 k
libevent x86_64 1.4.13-4.el6 base 66 k
libgssglue x86_64 0.1-11.el6 base 23 k
libtirpc x86_64 0.2.1-6.el6_5.2 updates 79 k
nfs-utils-lib x86_64 1.1.5-6.el6_5 updates 67 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 7 Package(s)

Total download size: 646 k
Installed size: 1.7 M
Is this ok [y/N]: y


関連パッケージが色々入ってきましたね。結構多いです。

$ sudo yum install nfs-kernel-server
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* epel: ftp.iij.ad.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
Setting up Install Process
No package nfs-kernel-server available.
Error: Nothing to do


もう入ってるらしいです。

2.Server側の設定ファイル

$ sudo nano /etc/exports

/home/public 192.168.0.0/24(rw,sync,no_root_squash)


今回は(今回も)/home/publicをローカルからのアクセスで読み書き可能、root特権有効で設定しました。
オプションはこんな感じらしいです。

ro 読み込み専用でマウント
rw 読み書きを許可してマウント
async ディレクトリ内のファイルは非同期に反映される(デフォルト)
sync asyncと反対。ファイル更新が直ちに行われる
wdelay 複数の書き込み処理を1度に行う。NFSサーバ側での更新を一括して行う
no_wdelay wdelayとは反対。syncオプションと併用する
noaccess 指定したディレクトリを共有しない

all_squash すべてのUID,GIDを匿名アカウントへマッピング(nfsnobody)
anonuid すべてのUIDを匿名アカウントへマッピング
anongid すべてのGIDを匿名グループへマッピング(nfsnobody)
squash_uids 指定したUIDのユーザをすべて匿名アカウントへマッピング
squash_gids 指定したGIDユーザをすべて匿名グループへマッピング
map_identity UID,GIDに関する変換を行わない。
map_static UID,GIDに関する変換を定義するマップファイルを指定する
root_squash rootアカウントをnfsnobodyへ変換する(デフォルト)
no_root_squah root_squashの反対。rootアカウントをroot(サーバ側)へマッピング



保存したら起動してみましょう。

3.Server側でサービス起動

$ sudo service portmap start
portmap: 認識されていないサービスです。


怒られましたね。

$ sudo service nfs-kernel-server start
nfs-kernel-server: 認識されていないサービスです。


また怒られましたね。

$ ls /etc/init.d
NetworkManager halt lvm2-lvmetad ntpdate rsyslog
acpid htcacheclean lvm2-monitor openct sandbox
atd httpd mdmonitor pcscd saslauthd
auditd ip6tables messagebus php-fpm single
blk-availability iptables multipathd postfix smartd
bluetooth irqbalance mysqld psacct smb
cpuspeed iscsi netconsole quota_nld spice-vdagentd
crond iscsid netfs rdisc sshd
dkms_autoinstaller kdump network restorecond svnserve
dnsmasq killall nfs rngd sysstat
fcoe livesys nfslock rpcbind udev-post
firstboot livesys-late nginx rpcgssd vncserver
functions lldpad nmb rpcidmapd winbind
haldaemon lm_sensors ntpd rpcsvcgssd wpa_supplicant


なるほど確かにetc/init.d以下にはry

$ sudo service rpcbind start
rpcbind を起動中: [ OK ]
$ sudo service nfslock start
NFS statd を起動中: [ OK ]
$ sudo service nfs start
NFS サービスを起動中: [ OK ]
NFS クォータを起動中: [ OK ]
NFS mountd を起動中: [ OK ]
NFS デーモンを起動中: [ OK ]
RPC idmapd を起動中: [ OK ]



どうやら起動出来ました。
ファイアウォールで許可しときましょう。

$ sudo system-config-firewall-tui


Screenshot-tmin@localhost:~
NFS4にチェック入れて転送。
これやらないとマウントしようとした時にタイムアウトします(しました)。

4.クライアント側の設定&マウント
とりあえずnfs-clientが入ってればおっけ。

$ sudo apt-get install nfs-client
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
Note, selecting 'nfs-common' instead of 'nfs-client'
以下の特別パッケージがインストールされます:
libnfsidmap2
提案パッケージ:
open-iscsi watchdog
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libnfsidmap2 nfs-common
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
300 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 678 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y


portmapがいるのかと思ったけど・・・

$ sudo service portmap start
portmap: unrecognized service


ないですね。

$ sudo apt-get install portmap
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
Note, selecting 'rpcbind' instead of 'portmap'
rpcbind is already the newest version.


入ってますね。
スルーしてマウントしてみましょう。今回は/mntを使いますが、/homeに直でマウントしなければ別にどこでもいいでしょう。とはいえ/mnt以下か/home以下にマウント用ディレクトリ作ってマウントするのが無難かつ一般的かと思います。

$ sudo mount -a 192.168.0.6:/home/public /mnt
$ df -h
ファイルシス サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/sda1 110G 6.6G 98G 7% /
udev 10M 0 10M 0% /dev
tmpfs 304M 992K 303M 1% /run
tmpfs 5.0M 0 5.0M 0% /run/lock
tmpfs 1.2G 1.2M 1.2G 1% /run/shm
/dev/sda5 346G 3.6G 325G 2% /home
none 4.0K 0 4.0K 0% /sys/fs/cgroup
192.168.0.6:/home/public 433G 385G 27G 94% /mnt


どうやら成功です。
Screenshot-ファイルの操作 問題なくコピー出来ました。
さすがに動画ファイル一気にやると相当時間かかりますけど。

5.仕上げ
成功したので仕上げです。
サーバー側でサービス自動起動。

$ sudo chkconfig rpcbind on
$ sudo chkconfig nfslock on
$ sudo chkconfig nfs on


クライアント側では特に設定いりませんが、自動マウントしたい場合は/etc/fstabあたりに書いとけば良さそうです。

Sambaがうまく動かない時はど安定のNFSって感じですね。
このあと調子に乗ってどでかい動画ファイル一気にコピってこようとしたらネットワーク&ファイル操作激重になりました。ご利用はスペックや環境に応じて計画的に。

関連記事
Debian squeezeサーバーでSambaとSwat
DebianサーバーでSambaを諦めてNFSでファイル共有
CentOS6.4でSamba
CentOS6.4にdkmsとPHC undervolt
CentOS 6.5→7.0 Upgrade(サーバー機)
CentOS 7.0→6.5 (サーバー機)
LMDE(Linux Mint Debian Edition)でローカルにサクッとLEMP(Nginx+MySQL+PHP)
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。