スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Drupal Coreの手動Update(7.30→7.31)

先日インストールしたばっかりのDrupalにUpdateが来てました。
別になんにも作ってないので完全にインストールしなおしてもいいんだけど、まぁ今後のために手動Updateをしてみることに。
Screenshot from 2014-08-09 15:29:59 Screenshot from 2014-08-09 14:52:38

参考
CPIスタッフブログ(Drupal CMS)のアップデート手順
Drupalのアップデート
Drupalのアップグレード(アップデート)方法
Drupalコアのアップデート方法

WordPressがクリックひとつでUpdateできるのに比べてなんだかめんどくさそうです。
何はともあれやってみましょうか。
とりあえずはsshでログインしたサーバー側での操作のみでUpdate完了するのが目標。

1.現在のDrupalのサイトをバックアップ
まるごとバックアップって大丈夫か?と思ったけど、まぁ。
/var/www/drupal にDrupalをインストール済みなので、これを/homeにまるごとコピー。
$ cp -r /var/www/drupal/ /home/
とりあえずこんだけ。
FTPでどうのこうのってやりたい人はこのフォルダまるごとサーバーから自分のローカルに持ってくることになると思います。

2.最新版DL
Download & Extendから。
下の方にDLリンクがあるのでDLして解凍。

$ wget http://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-7.31.tar.gz
$ tar xvf drupal-7.31.tar.gz
$ cd drupal-7.31
drupal-7.31]$ ls
CHANGELOG.txt INSTALL.txt authorize.php misc sites
COPYRIGHT.txt LICENSE.txt cron.php modules themes
INSTALL.mysql.txt MAINTAINERS.txt includes profiles update.php
INSTALL.pgsql.txt README.txt index.php robots.txt web.config
INSTALL.sqlite.txt UPGRADE.txt install.php scripts xmlrpc.php



3.サーバーディレクトリに持ってって不要ファイル削除&復元
どうもVer.によって多少ディレクトリ構成が違うようで、参考リンクにも必要不要が統一されていません。
まぁでも見た感じ、sitesがコンテンツそのものなので、これを書き換えられればおkなのでしょうかね。

$ sudo cp -r drupal-7.31 /var/www
$ sudo mv /var/www/drupal-7.31/ /var/www/drupal
$ ls /var/www
admin concrete5 drupal img
app concrete57 error index.php uploads
basercms config.php html js wordpress
cgi-bin css icons php5.ini wordpress-3.9.1-ja.tar.gz


CMSInstallbattleのおかげでとっちらかってますが、drupalフォルダが出来ました。
sitesと.htaccessはバックアップから復元するので削除します。

$ sudo rm -rf /var/www/drupal/sites/
$ sudo rm -rf /var/www/drupal/.htaccess


1で/homeにバックアップしたdrupalフォルダからsitesと.htaccessを書き戻します。

$ sudo cp -r drupal/sites/ /var/www/drupal/
$ sudo cp drupal/.htaccess /var/www/drupal/



http://サーバーIP/update.phpにアクセスしてブラウザからUpdate。
Screenshot from 2014-08-09 15:15:18 お疲れ様です。終了です。
と思った?思った?
権限があれでした。下の方でfilesへの書込み権限がないよって怒られてます。実は。

4.Drupalフォルダ(公開用)の権限設定しなおし。
上記手順で行くと権限が正しく設定されてないので、管理画面にアクセスはできるもののエラー吐きまくりです。
まずはfilesを書き込み可能に。あと所有者をnginxに。

$ sudo chmod 777 /var/www/drupal/sites/default/files/
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/drupal/


これでおっけー。
Screenshot from 2014-08-09 16:25:36 
一抹の不安がある方は手動で更新確認とかしといたら、モジュールの更新とかファイル権限のエラーとか確認できます。
新たに出てきた時は何らかの対策をしましょう。たいてい権限だと思いますが。

tmpフォルダに警告が出てたりもしたけど、なんだかよくわからないうちに解消されてました。
tmpでエラーが出る方の参考になりそうなリンクを貼っておきます。
Configuring the temporary directory
Drupal 6.29にバージョンアップしたら「Files directory Not fully protected」というエラーが「現状報」画面に表示されるようになった・・・。
Drupal 7で日本語を設定しようとしたらエラーが表示されるように
どうもデフォルトではシステムの/tmpを使ってて、そこに書き込めない時があるとエラーが出るような感じ。
.htaccessの書き換えか、/tmpの設定を変えるか、/drupal/のどっかにtmpフォルダ作ってそこを指定するか、そんな感じで行ける模様。

やってみて
めんどい。
OSSでけっこう頻繁に細かいbugfixとか出るだろうけど、いちいちまるごとコピってまるごとインストール、よりは簡単ではあるけど、ほぼインストールし直しな感じでめんどい。
とか考えると、WPのWP自体もブラウザからクリック一発でUpdateできるのってよく出来てるなぁ、って思った。
Updateのためのシェルスクリプトバッチとかあると楽なのかなぁ?
あとコンテンツなんにも作ってなかったから、結局うまくデータ移行できてたのかどうかよくわからない。なんか作ってからやればよかった。
MySQL、Nginx、PHPとのいろいろは問題ないみたいだから、まぁUpdateできたんだろうけど。

関連記事
CentOS 6.5でnginx+php-fpmでPHPを動かしてみる
Cent OS 6.5でNginx+php-fpm+mysqlでFC2オープンソース版とWordPress
CentOSサーバーにDrupal入れてみた
CentOS6.5 x Nginx x php-fpm x MySQLでConcrete5.6
Concrete5.7インストールのための環境つくり(未完
LMDE(Linux Mint Debian Edition)でローカルにサクッとLEMP(Nginx+MySQL+PHP)
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。