スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Android StudioをLMDEで動かしてみたよ

数日前にSDK&Eclipseの導入を書いたばっかりだというのにもう目移りか!!
Eclipseに並ぶAndroid開発環境、Android StudioをLMDE x64に入れてみました。

参考
Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方
第2回 Android Studioの導入と設定

前回のEclipseの導入の時に、SDKやらJavaやらは入っているので結構すぐに動きそう、ということでやってみました。
・DLして実行
Android Studio BETAのDLページからDLします。
今回は実行環境がLMDEなので、Linux版。
DLしたandroid-studio-bundle-135.1245622-linux.tgzを展開。適当なディレクトリに(/home直下にしてみた)配置して、/bin/studio.shを実行します。

$ cd android-studio/
$ ./bin/studio.sh



今回は前回いろんな環境整えてたのでこれだけで起動しましたが、たぶんJava(JDK)とかが必要。
うちの環境ではopen-java6と7が入ってます。これはaptで導入可能。

Screenshot from 2014-07-03 15:39:35成功するとこんなことを聞かれながら。
これは旧バージョンの設定引継ぎを聞いているそうですが、そんなものはないのでそのまま進めます。
するとスプラッシュ画面が出て、
Screenshot from 2014-07-03 15:40:17起動成功です。

いや、苦戦するかと思ったらけっこうすんなり行っちゃいましたね。

・設定してみよー
第3回 はじめましてのAndroidアプリケーション
このあたりを参考に。
Screenshot from 2014-07-03 15:42:43New projectを選択するとこのように
Projectで使うAndroidのバージョンなどが選べます。
今回はPhone&TabletでKitKatにしてみました。
これを選択すると、実行している端末上では

SLF4J: Failed to load class "org.slf4j.impl.StaticLoggerBinder".
SLF4J: Defaulting to no-operation (NOP) logger implementation
SLF4J: See http://www.slf4j.org/codes.html#StaticLoggerBinder for further details.
Downloading http://services.gradle.org/distributions/gradle-1.12-all.zip
................................................................................


と出始めて、かなり膨大な量を自動でDLしてくれます。

BUILD SUCCESSFUL


と出たら準備完了。
Screenshot from 2014-07-03 15:46:13エミュレーター付きのUIが起動します。
これ、最初の時点で「Hello World」アプリが作られていて、それをエミュレートしてくれてるようですね。
なお、このエミュレーターは「Hello World」アプリが入っているだけで、Homeや戻るボタンでNexusとかのエミュレートを「そのまま」してくれはしないようです。
素人的にこの点は少し残念です。とりあえず最新VerのAndroidをエミュレートしていじってみたい、っていう訳には行かないようです。(それをするならビルドしろって声が飛んできそうですが

・DDMSとかは動かないの?
ちょっと調べたら動きます。
Android Studio Tips and Tricks
Toolsにありますね。
Tools>Android>Android Device Monitorで起動。
Screenshot from 2014-07-03 17:08:47無事起動しました。

ちなみにこのToolsにAVD Managerとかあったので動かしてみたんですが、
Screenshot from 2014-07-03 17:08:56バツがついちゃってますね。
TargetとCPU/ABIの項目がうまく認識されてないみたい。これは前回Eclipseから作成したものなんですけどね。

ToolsにはSDK Managerもついてます。
Screenshot from 2014-07-03 17:13:15ここからSDK toolsでほしい物を選択してインストール可能。
別VerのAndroidとか入れるのには便利です。

・結局EclipseかAndroid Studioか
ぶっちゃけやれることにそんなに差はないようです。
Eclipseは重いけど、多くの人たちが使ってきた実績が積み重なってるので、日本語化からトラブル対応まで色々と充実してますね。しかしエミュレーターが重い。
というわけで今回Android Studioを入れては見たのですが、これはちょっとわかりにくいような気がします。プログラミング初学者でなんちゃってIT系な自分的には、「全く新しいこと」をするには日本語化されてないのもメニューがごちゃごちゃしてて見つけづらいのも−になります。
しかしながら、ある程度理解がある方が使うには非常に良いような気もします。

プロジェクト、ソースコード、実機エミュと並んでいるのも非常にいじりやすいところでしょう。
いじってて思ったのが、BootStrapいじった時に使ったhttp://d.hatena.ne.jp/bs-android/20130519/1368971834と感じが似ている。
ソースコードとエミュのどこかをクリックで対応する場所フォーカスしてくれてるとことか非常に似てますね。いい意味で。

あと、まだベータ版なので、この点も微妙ではあるし、実際よくわからないエラーがしばしば出ていたりもするのだけれど、このあたりは今後当然に改善されていくでしょうし、そもそもAndroid自体がずっとベータ続いてるようなもの(ぉぃ)なので、気にしない人は非常に良いと思います。
まぁ、Eclipse動かす環境があるならほぼ一発でDLして実行すれば動くので、使い比べてみるのがいいのかもね。
こーいうのは好みもありますしね。

というわけで僕はEclipseでもうちょい遊んでから、Android Studio使いなおしてみよーかと思ってます。

関連記事
LMDEにAndroid開発環境(Android SDK&Eclipse)
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。