スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

LMDEにfglrx(リベンジ

一度失敗して画面飛んだけどリベンジしたよ!!
LMDE201403のメイン機の方(HD5670)にAMDのプロプラドライバ、fglrx入れましたー。
Cinnamonのノーマル(ソフトウェアレンダリングじゃない方)でログインすると割と高確率でなんかの途中で画面がホワイトアウトする。
よってプロプラ入れてみよーかというお話。
今回はなぜかすんなり。

入ったのはfglrx13.8。リポジトリに上がってるやつ。
最新は(この記事現在)14.3ベータみたいだけど。
参考
AMD Radeon: Windows 8.1 Catalyst vs. Linux Gallium3D vs. Linux Catalyst
AMD Catalyst™ 14.3 LINUX Beta V1.0 Driver

たぶんUbuntu時代にやってたのと同じ手順で最新入れられると思うけれども、今回は万全を期して(?)Synapticから。
fglrxで検索します。
Screenshot from 2014-04-07 12:11:54
依存関係でいくつか別のも入ったけれども

fglrx-atieventsd (1:13.8~beta1-3)
fglrx-control (1:13.8~beta1-3)
fglrx-driver (1:13.8~beta1-3)
fglrx-modules-dkms (1:13.8~beta1-3)
glx-alternative-fglrx (0.4.1)
glx-alternative-mesa (0.4.1)
glx-diversions (0.4.1)
libfglrx (1:13.8~beta1-3)
libfglrx-amdxvba1 (1:13.8~beta1-3)
libgl1-fglrx-glx (1:13.8~beta1-3)
nvidia-installer-cleanup (20131102+1)
xvba-va-driver (0.8.0-8)


んで、インストール途中にaticonfig --initialすれば大抵の場合大丈夫的なことを言われます。
なので、インストール後に端末から

$ sudo aticonfig --initial
Found fglrx primary device section
Using /etc/X11/xorg.conf
Saving back-up to /etc/X11/xorg.conf.fglrx-0


(↑は2回めの実行結果なので一回目はファイル名違うかも)
これでfglrx用のxorg設定ファイルが出来上がる(はず)です。
終わったら再起動。

ブート時にLinuxMintのロゴがなんとも間延びした感じになってしまいますがご愛嬌。
ログイン画面が画面サイズ通りに立ち上がればまず致命的な事にはなってないでしょう。

で、ノーマルCinnamonでログイン。
なんとサイズ調整も何もなく、(ちょっと立ち上がりに時間かかってドキドキしたけど)無事起動。
今のところホワイトアウトもなく好調。

fglrx-control が入ってるのでCatalyst control Centerがあります。Screenshot from 2014-04-07 12:08:58
デフォルトではちょっと設定甘くてヒンティングやら細かいレンダリングが適正じゃないのでちょっと調整してみましょう。

メニュー>設定のところにATI Catalyst Control Centerってあるのでここをクリックしたいとこですが、suじゃないと調整できる項目がかなり限られます。
とはいえ我が環境では3Dの項目ちょっと調整するだけだったのでsuじゃなくても行けましたが。

$ sudo amdcccle


でsu権限で立ち上がるのですべての項目が調整可能。

入れてみてですが、全体的に明らかに明るくてシャープな感じになりました。やっぱプロプラ入れないとパフォーマンス落ちるのかなぁ。
今のxorg.conf($ sudo aticonfig --initial で自動生成されたもの)

Section "ServerLayout"
Identifier "aticonfig Layout"
Screen 0 "aticonfig-Screen[0]-0" 0 0
EndSection

Section "Module"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "aticonfig-Monitor[0]-0"
Option "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
Option "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
Option "DPMS" "true"
EndSection

Section "Device"
Identifier "aticonfig-Device[0]-0"
Driver "fglrx"
BusID "PCI:5:0:0"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "aticonfig-Screen[0]-0"
Device "aticonfig-Device[0]-0"
Monitor "aticonfig-Monitor[0]-0"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Viewport 0 0
Depth 24
EndSubSection
EndSection



あっさり行き過ぎた。前回のアレはなんだったんだろう。
しかしこれでパフォーマンス的には上がったのかな?ベンチしてないけどノーマルCinnamonど安定&画面いい感じに明るくなったので満足。
あぁ、そうそう。Cairo dockの設定は吹っ飛んだのでやり直しましたw No openGLじゃないと起動しないのね。

関連記事
メイン機にもLMDE
Dell Studio 1737にLMDEと日本語環境と
LMDEセットアップいろいろ
mintToolsとはこれいかに
k10ctlを使ってLinux上でPhenomⅡの低電圧化を試みる
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。