スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Mozcに辞書追加 on LMDE201403

FCitx+Mozcで日本語入力してたのですが、どーも日本語変換効率がちょっと悪いのでMozcUTという辞書を追加してみます。
実行環境はLMDE201403
参考
Ubuntu 13.10 × Fcitx × Mozc UT でさいきょうの日本語入力を実現する
Mozc (日本語)Arch Wiki
Mozc UT Dictionary

まずはビルドに必要なパッケージ導入

$ sudo apt-get install debhelper devscripts libibus-1.0-dev libssl-dev libxcb-xfixes0-dev python-dev gyp libqt4-dev libuim-dev libzinnia-dev fcitx-libs-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
fcitx-libs-qt libdbus-1-dev libexpat1-dev libgcroots-dev libgcroots0 libglib2.0-dev
libpcre3-dev libpcrecpp0 libpthread-stubs0-dev libpython-dev libpython2.7-dev
libqt4-dev-bin libqt4-help libqt4-scripttools libqt4-test libuim-custom2 libuim-scm0
libuim8 libxau-dev libxcb-render0-dev libxcb-shape0-dev libxcb1-dev libxdmcp-dev
po-debconf python2.7-dev qt4-linguist-tools qt4-qmake uim-common zlib1g-dev
提案パッケージ:
dh-make bsd-mailx mailx cvs-buildpackage devscripts-el gnuplot libauthen-sasl-perl
libterm-size-perl libyaml-syck-perl mutt svn-buildpackage libglib2.0-doc firebird-dev
libmysqlclient-dev libpq-dev libsqlite0-dev libsqlite3-dev qt4-dev-tools qt4-doc
unixodbc-dev libxcb-doc libmail-box-perl
推奨パッケージ:
dput dupload libdistro-info-perl libparse-debcontrol-perl python3-debian python3-magic
wdiff debian-keyring equivs libcrypt-ssleay-perl libsoap-lite-perl libqt4-opengl-dev
libqtwebkit-dev libssl-doc libmail-sendmail-perl
以下のパッケージが新たにインストールされます:
debhelper devscripts fcitx-libs-dev fcitx-libs-qt gyp libdbus-1-dev libexpat1-dev
libgcroots-dev libgcroots0 libglib2.0-dev libibus-1.0-dev libpcre3-dev libpcrecpp0
libpthread-stubs0-dev libpython-dev libpython2.7-dev libqt4-dev libqt4-dev-bin libqt4-help
libqt4-scripttools libqt4-test libssl-dev libuim-custom2 libuim-dev libuim-scm0 libuim8
libxau-dev libxcb-render0-dev libxcb-shape0-dev libxcb-xfixes0-dev libxcb1-dev
libxdmcp-dev libzinnia-dev po-debconf python-dev python2.7-dev qt4-linguist-tools
qt4-qmake uim-common zlib1g-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 40 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
36.3 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 93.6 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y



Mozc UT Dictionaryからmozc-ut-1.13.1651.102.20140320.7zをDLして展開。
展開したディレクトリに移動してビルド

mozc-ut-1.13.1651.102.20140320 $ debuild -b -uc -us
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc -b
dpkg-buildpackage: source package mozc
dpkg-buildpackage: source version 1.13.1651.102-10
dpkg-buildpackage: source changed by Nobuhiro Iwamatsu
dpkg-source --before-build mozc-ut-1.13.1651.102.20140320
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-source: info: applying uim-mozc.patch
dpkg-source: info: applying fcitx-mozc.patch
dpkg-source: info: applying fix_build_mo_of_fcitx
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: libgtk2.0-dev protobuf-compiler libprotobuf-dev (>= 2.5.0-9)
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc -b failed


あれ?エラーですね。

エラー吐いてるパッケージ入れてみましょう。

$ sudo apt-get install libgtk2.0-dev protobuf-compiler libprotobuf-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libatk1.0-dev libcairo-script-interpreter2 libcairo2-dev libdrm-dev
libegl1-mesa-dev libfontconfig1-dev libfreetype6-dev libgdk-pixbuf2.0-dev
libgl1-mesa-dev libharfbuzz-dev libice-dev libpango1.0-dev libpixman-1-dev
libpng12-dev libprotobuf-lite7 libprotoc7 libsm-dev libx11-dev
libx11-xcb-dev libxcb-dri2-0-dev libxcb-glx0-dev libxcb-shm0-dev
libxcomposite-dev libxcursor-dev libxdamage-dev libxext-dev libxfixes-dev
libxft-dev libxi-dev libxinerama-dev libxrandr-dev libxrender-dev
libxxf86vm-dev mesa-common-dev x11proto-composite-dev x11proto-damage-dev
x11proto-dri2-dev x11proto-fixes-dev x11proto-gl-dev x11proto-randr-dev
x11proto-render-dev x11proto-xf86vidmode-dev x11proto-xinerama-dev
提案パッケージ:
libcairo2-doc libgtk2.0-doc libice-doc libpango1.0-doc libsm-doc libxext-doc
推奨パッケージ:
libx11-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libatk1.0-dev libcairo-script-interpreter2 libcairo2-dev libdrm-dev
libegl1-mesa-dev libfontconfig1-dev libfreetype6-dev libgdk-pixbuf2.0-dev
libgl1-mesa-dev libgtk2.0-dev libharfbuzz-dev libice-dev libpango1.0-dev
libpixman-1-dev libpng12-dev libprotobuf-dev libprotobuf-lite7 libprotoc7
libsm-dev libx11-dev libx11-xcb-dev libxcb-dri2-0-dev libxcb-glx0-dev
libxcb-shm0-dev libxcomposite-dev libxcursor-dev libxdamage-dev libxext-dev
libxfixes-dev libxft-dev libxi-dev libxinerama-dev libxrandr-dev
libxrender-dev libxxf86vm-dev mesa-common-dev protobuf-compiler
x11proto-composite-dev x11proto-damage-dev x11proto-dri2-dev
x11proto-fixes-dev x11proto-gl-dev x11proto-randr-dev x11proto-render-dev
x11proto-xf86vidmode-dev x11proto-xinerama-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 46 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
11.9 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 48.7 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] y



もっかい

$ debuild -b -uc -us
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc -b
dpkg-buildpackage: source package mozc
dpkg-buildpackage: source version 1.13.1651.102-10
dpkg-buildpackage: source changed by Nobuhiro Iwamatsu
dpkg-source --before-build mozc-ut-1.13.1651.102.20140320
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
dpkg-checkbuilddeps: Unmet build dependencies: libgtk2.0-dev protobuf-compiler libprotobuf-dev (>= 2.5.0-9)
dpkg-buildpackage: warning: build dependencies/conflicts unsatisfied; aborting
dpkg-buildpackage: warning: (Use -d flag to override.)
debuild: fatal error at line 1361:
dpkg-buildpackage -rfakeroot -D -us -uc -b failed


あら?またですね。

しかしエラー吐いてるパッケージは導入済みなので、ておくれブログさんの

執筆時点でUbuntu 13.10のリポジトリに入っている gyp が Mozc UT のビルドに必要なバージョンより古いので、-dオプションを付けてoverrideします。


に従ってみます。エラー吐いてるのは違うけど、まぁLMDEはDebianベースなので違うところも多少あるでしょう。

$ debuild -b -uc -us -d
dpkg-buildpackage -rfakeroot -d -us -uc -b
dpkg-buildpackage: source package mozc
dpkg-buildpackage: source version 1.13.1651.102-10
dpkg-buildpackage: source changed by Nobuhiro Iwamatsu
dpkg-source --before-build mozc-ut-1.13.1651.102.20140320
dpkg-buildpackage: host architecture amd64
fakeroot debian/rules clean
dh clean (以下略


どうやら通りました!!
成功してるとmozc-ut-1.13.1651.102.20140320 と同じディレクトリにいくつかdebパッケージができているはずです。
Screenshot from 2014-04-06 17:07:08

emacs-mozc-bin_1.13.1651.102-10_amd64.deb
emacs-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb
fcitx-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb
ibus-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb
mozc-data_1.13.1651.102-10_all.deb
mozc-server_1.13.1651.102-10_amd64.deb
mozc-utils-gui_1.13.1651.102-10_amd64.deb
mozc_1.13.1651.102-10_amd64.build
mozc_1.13.1651.102-10_amd64.changes
uim-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb

すでにリポジトリから入れてるパッケージ削除

$ sudo apt-get remove mozc-server mozc-utils-gui
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
mozc-data tegaki-zinnia-japanese
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「削除」されます:
fcitx-mozc ibus-mozc mint-lmde-ja mozc-server mozc-utils-gui
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 5 個、保留: 0 個。
この操作後に 26.9 MB のディスク容量が解放されます。
続行しますか? [Y/n] y



ビルドしたパッケージインストール。

$ sudo dpkg -i mozc*.deb fcitx-mozc*.deb (ibus&emacs入れたい人は別途
(データベースを読み込んでいます ... 現在 188395 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
mozc-data 1.11.1522.102-2 を (mozc-data_1.13.1651.102-10_all.deb で) 置換するための準備をしています ...
mozc-data を展開し、置換しています...
以前に未選択のパッケージ mozc-server を選択しています。
(mozc-server_1.13.1651.102-10_amd64.deb から) mozc-server を展開しています...
以前に未選択のパッケージ mozc-utils-gui を選択しています。
(mozc-utils-gui_1.13.1651.102-10_amd64.deb から) mozc-utils-gui を展開しています...
以前に未選択のパッケージ fcitx-mozc:amd64 を選択しています。
(fcitx-mozc_1.13.1651.102-10_amd64.deb から) fcitx-mozc:amd64 を展開しています...
mozc-data (1.13.1651.102-10) を設定しています ...
mozc-server (1.13.1651.102-10) を設定しています ...
mozc-utils-gui (1.13.1651.102-10) を設定しています ...
fcitx-mozc:amd64 (1.13.1651.102-10) を設定しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
mime-support のトリガを処理しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...


これで完了。

再ログインすべきなんだろうけどめんどいのでFcitx再起動してみた。
デストリビューション←一発!!
不競法←一発!!
とり加害目的←図利がでない。まぁこれくらいは手動追加でよかろう。
欺罔←一発!!
ふーむ。なかなかのもんでございます。

ちなみにこの時点でなぜかフォントのヒンティングがアレなことになって(ヒンティングは一発で出なかったw)再起動してみたけど一部フォントにヒンティングがかからなくなってしまったようだ。(Sans)

$ sudo rm-rf /var/cache/fontconfig
$ sudo dpkg-reconfigure fontconfig


したらTakao系は大丈夫っぽいし、Windowsからパクって拾ってきたメイリオも大丈夫。Sansだけなのかな?
ちょっと謎現象。

ともあれこれで本家Google日本語入力ほどではないにせよかなり快適な日本語入力環境が出来ました\(^o^)/

関連記事
メイン機にもLMDE
Dell Studio 1737にLMDEと日本語環境と
LMDEセットアップいろいろ
Mozcに辞書追加。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。