スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Dell Studio 1737にLMDEと日本語環境と

ちと古めのノートPC、Dell Studio 1737が余って(?)いたのでLinux機として復活させようとしたメモ。
ハマったのは無線LAN。

まずはデストリビューション。
もともとこのノートPCにはVistaが入っていたらしい?一応Vistaのロゴマークが貼ってある。しかしながら入っていたのはDebian(squeeze)。メイン機にDebian(Wheezy)は入ってるけど、GnomeのUIがかなり変わってしまっていまいちだし。。。
と思っていたところにLinuxMint。
通常のリリースだと半年ごとにUpgradeという名のクリーンインストールが待っているようですが、LMDE(Debianベースのセミローリングリリース)ならそれはない。Debian&Ubuntuのリポジトリが使える、MateもCinnamonもそれなりに使いやすそう、ってことでこれにしてみました。
そもそもの再生理由が開発環境作りだったり、サーバーにつなげてなんのかんのやるにはWindowsは不便なんだけど、ここ最近はWindowsしかできないことやってることも多かったり、DebianのUI使い慣れなくてなんとなく疎遠になってたり、あと以前のように半年ごとにクリーンインストールしてセットアップして、ってほどの情熱が枯れてしまっていたりw
その割にはパッケージのメジャーアップデートに対応してないDebianだとやれることが限られるなぁ、とかいう贅沢なことを考えたり。

というわけでなんとなくお手軽そうだし、最近人気もあるみたいなのでLinuxMint。それもLMDE201403(←出たばっか)にしてみました。

インストール自体はまぁ、普通のLinuxデストリ。パーティション切るのは久々だったのですが、難しいかも、と思うところはそれくらい。
Linux Mint のダウンロードのページからDL。最初は軽量デスクトップということでMATEの方を選んでみました。
Windows機の方でUNetbootinを使ってUSBメモリにLIVEイメージを書き込んで、USBから起動。
デスクトップが無事立ち上がることを確認してインストール。
で、メーカー機にありがちなのだけれど、元々のパーティションが5個くらい(?)に切られてて(多分リカバリ領域とか)。これ、めんどいし邪魔だし、そもそもこのノート用のインストールディスクはない(多分Dellに送ってもらうか、リカバリ領域からDVD作成してうんたらかんたらするのだろうが)。
というわけでいつものごとく/と/homeだけ分けたシンプルな構成に切り直し。

で、インストールして立ち上げたんだけど・・・
MATE版では(?)どーにも無線LANを拾ってくれない。というかWPA&WPA2・・・の選択肢がない。
無線LANのツールいろいろ入れてみたり、ドライバを疑ってHOW TO: Install Broadcom-STA (wl) driver in LMDEとか見ながら色々やってみたけどダメ。ちなみに有線接続はあっさり認識。
あまりにいろんなのを入れすぎて設定ファイルがどうなってるのか見当もつかないことになってしまったので、Cinnamonの方でUSB作りなおして再インストール。
したら、パネルの右下のWifiセットアップからいとも簡単に認識。何だったんだ一体・・・

で、Cinnamonは割と使いやすいのだけれど、さすがにVista初期モデル(なのか?)のノートでは描画が足引っ張って、CPUファンの音がすごいことになってたw
ので、MATEはSynaptic使ってインストール。Mateで検索かけて・・・多いなこれ。多分METAパッケージがあるはずと探すとmint-meta-debian-mateがヒット。これを入れて、ログアウトするとログイン画面でMATEが選べるようになっている。
ちなみにMATEでも視覚効果(Software compositing)を有効にするとかなり綺麗なデスクトップになるが、若干重くはなる。このあたりはPCのスペック次第、というところだろうけど、このノートではまぁ、致命的に重くなることもなく、Cinnamonほどもっさりすることもないので、MATEで視覚効果有効にして使っている(とりあえず、ね)。

日本語環境、というか欲しかったのは日本語入力。
上のLinux Mint のダウンロードのところに日本語環境インストールの方法が書いてあるのでまずはそのとおりに。
$ wget -q http://packages.linuxmint-jp.net/linuxmint-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
$ sudo wget http://packages.linuxmint-jp.net/sources.list.d/linuxmint-ja.list -O /etc/apt/sources.list.d/linuxmint-ja.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
LMDE の場合
$ sudo apt-get install mint-lmde-ja --install-recommends

インストールしてから日がたってしまって記憶が確かではないが、ここではIbus&Mozcは入らなかった気がする。
ibusとMozcは普通にリポジトリにあるので、これをインストール。してログインしなおせばibusが起動・・・しなかった。。。
MATEのメニューの「設定」から「ibusの設定」を立ち上げると・・・「ibus-daemonが起動してません」とか。起動して設定して再ログインしてもダメ。
ibus起動時に出るメッセージ通りに/home/.bashrcに
# for ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
とか追加してみたけどこれもダメ。

仕方なしに「設定」→「自動起動するアプリ」にibusを追加。コマンドはibus-daemon。
これで問題なく使えるようになった・・・が、デフォルトで日本語入力がいきなり立ち上がっているので、ログインして端末立ち上げてコマンド打とうとしたら日本語入力になってしまったw
まぁ半角/全角で切り替えられるからいいといえばいいのだが

最凶のツイッタークライアントMikutterの導入。
Linux Mintインストール後に導入するもの[備忘録]
基本的に上の通りで出来ましたありがとうございます。
実はgitで取ってきたMikutterはそれだけじゃまともに起動しなかった。そしてリポジトリにMikutterがあるので、aptでもSynapticでも入れられる。aptでとってきたら、いくつかの依存パッケージが足りなかったっぽい。
そしてaptでとってくると、「メニュー」→「インターネット」に「Mikutter」が現れるのだが、これまた起動しない。
ダメ元でここでgitで取ってきた方のフォルダで./mikutter.rbしたら起動した。
よくわからないが、結局今現在、リポジトリにある方のmikutterは起動しないけど依存関係はそのまま,ってことなのかしら?なので依存パッケージはapt使えば一発なのかしら?

Firefoxの検索エンジンの変更。
デフォルトではduckduckとかいう聞きなれない検索エンジンになっている。これをGoogleに変更しようと思ったけど、検索バーの選択肢にない。
4 0 0 How to change the search engines of Firefox in Linux Mint 15
ここの通りにやってみたらこれもできた。
http://www.linuxmint.com/searchengines.php
にアクセス。
下の方にCommercial enginesってとこがあるので、ここからGoogleのマークを選ぶ。
したら検索バーの選択(ドロップダウンメニュー)にGoogleが追加されてるので、これに変更。

さて、使った感じ、思いの外よい。
初期設定で多少困ったところはあったけれども、MATEは軽くて割と直感的に操作できるし、スペック的に余裕があればCinnamonのほうがおしゃれな感じでかつ高機能(なのかな?Wifi設定の結果とか)っぽいので、こちらを使うのもいいかと思う。
どうしてもリリース間でパッケージが古くなってしまうか、不安定を選ぶかになってしまうDebianや、半年ごとにほぼクリーンインストールをすることになるUbuntu(まぁLTSがあるが)や通常版のLinux Mintに比べて、セミローリングリリースというのもアドバンテージではあると思う。逆にリポジトリでバージョンがゴタゴタしてしまうパッケージなどもあるかもしれないが。
このあたり、Mintをまともに使うのは初めてなので、しばらく様子を見てからでないと長期的に安定しているかはなんとも言えないけれども、まぁちょっと古めのサブ機とかに、Windowsのライセンスねーしなぁ、って時には選択肢の一つになると思う。
少なくとも今、このノートではそれなりに快適に動いているし、ネット、メール、音楽や動画、Youtubeなんかもほぼインストールしたままでそのまま使える。デスクトップUIも割と親切だし、古臭い感じでもない。

とりあえずこいつの目的は「サブ機としてのLinux」でサーバーにsshつないで云々とかをやったりする予定だけど、俺はなんかBGM欲しい人で、その点これはすぐ音楽も聞けるし、Radikoも動いたし。なんとサスペンドもまともに動くし。しばらくはLMDEでちょくちょく使ってみようと思う。

関連記事
XPサポート終了。Linuxを検討しているならば知っておくべきことがある。
初めての軽量Linuxってどう選ぶべきなんだろう?
・・Mozcに辞書追加 on LMDE201403
LMDEにfglrx(リベンジ
mintToolsとはこれいかに
Cinnamon or MATE, or other Desktop?
Linux PHC使ってDell Studio 1737の低電圧化(LMDE)
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。