スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debian ServerにLAMP&Drupalインストール

サーバー機がSambaだけじゃ寂しいので、まぁ練習というか趣味というか。
CMSでなんかいいのないかなーと思って探してて、Drupalというのを見つけたので入れてみた。

DLは↓
http://drupal.jp/core_download
前にやってたXoopsもCMSだしカスタマイズ性高いんだけど。再インストールで全部消しちゃったしw

という訳でまずは準備。
LAMP環境を整える。とはいえApacheはすでに入ってたんだけど。
Apache2、MySQL、PHPだけインストールした状態でやってみてたんだけど、データベースが対応してないとか何とかエラーが出て先に進めなかった。
のでちょっとググってちゃんと必要パッケージ入れてみよう。

# apt-get install php5 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql php5-sqlite phpmyadmin postgresql php5-pgsql phppgadmin
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
mysql-server はすでに最新バージョンです。
libapache2-mod-php5 はすでに最新バージョンです。
php5 はすでに最新バージョンです。
php5-mysql はすでに最新バージョンです。
php5-sqlite はすでに最新バージョンです。
以下の特別パッケージがインストールされます:
dbconfig-common libgd2-xpm libjs-mootools libltdl7 libmcrypt4 libpq5 libt1-5
libxpm4 php5-gd php5-mcrypt postgresql-8.4 postgresql-client-8.4
postgresql-client-common postgresql-common postgresql-doc postgresql-doc-8.4
提案パッケージ:
libgd-tools libmcrypt-dev mcrypt slony1-bin oidentd ident-server
以下のパッケージは「削除」されます:
libgd2-noxpm
以下のパッケージが新たにインストールされます:
dbconfig-common libgd2-xpm libjs-mootools libltdl7 libmcrypt4 libpq5 libt1-5
libxpm4 php5-gd php5-mcrypt php5-pgsql phpmyadmin phppgadmin postgresql
postgresql-8.4 postgresql-client-8.4 postgresql-client-common
postgresql-common postgresql-doc postgresql-doc-8.4
アップグレード: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 1 個、保留: 0 個。

やはりいくつか足りなかったらしい。

MySQLのデータベース作成&ユーザー作成。
# mysql -u root -p
mysql> creat database drupal;
mysql> grant all privileges on drupal.* to tmin identified by 'drupal' with grant option;
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| drupal |
| mysql |
| phpmyadmin |
| xoops |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

DLしたDrupalはDrupal 6.25 Drupal Japan 日本語ディストリビューション。
解凍してサーバーにアップ。で、とりあえず/var/www以下に配置。/var/wwwに移動してlsでディレクトリやらファイル確認しながら作業。
基本的にはDrupal 6 クイックスタートのページの通りに進んでけばおk。

# cd/var/www
# cd drupal-6.25/

sites/default/settings.php を PHP から書き込み可能にします。(例: 666)

sites/default/files ディレクトリを PHP から書き込み可能にします。(例: 777)

sites/default/files 以下にある全てのディレクトリ(color, css, js, languages, pictures, tmp)を PHP から書き込み可能にします。(例: 777)

その他のファイルやディレクトリは読み込み可能であればよいため、大抵はアップロードしたままの状態から変更する必要はありません。


とのことなので権限変更

# chmod 666 sites/default/settings.php
# chmod 777 sites/default/files

http://サーバーIP/drupal-6.25/ にアクセス。
drupal.pngうまくいってればこのようにインストーラーが。
日本語選んで進む。
drupal2.pngデータベースはmysqli。
データベース名にさっきMySQLで用意したdrupal。ユーザーとパスワードもさっき用意した・・・と思ってたんだけど、なぜかroot、MySQLのRootパスワードじゃないと拒否られてしまった。何か設定ミスってんだろう。MySQLまだいまいちわかってないですし。

drupal3.pngインストール完了。

drupal4.png管理ページヘ。

Drupal 6 インストール - ステップ2にこうあるので

ここで /sites/default/settings.php の書き込み権限を取り除くようにメッセージが表示されている場合、指示に従ってパーミッションを 0644 などの読み込み専用権限に変更してください。 また、 install.php ファイルと profiles ディレクトリは、もはや不要ですのでついでに削除しておくとよいでしょう。



言われたとおりに
# chmod 644 sites/default/settings.php
# rm -rf install.php
# rm -rf profiles/

これでとりあえずインストールは完了。
cronでなんかエラー出てるけど、とりあえず手動で実行したりなんかして。

パッと見のカスタマイズはぶっちゃけXoopsのほうが簡単そうな感じ。
しかしまぁ、こちらもモジュールもテーマも豊富なようなので、ちょっとばかりいじってみないとわからんね。

それよりMySQLの使い方ちゃんと覚えなきゃなー。

関連記事
UbuntuにLAMPをインストール
UbuntuにXAMPPをインストール
UbuntuにWordPressをインストール
UbuntuにXoopsをインストール
sshでデフォルトポート変更& ssh-keygenで鍵生成
Dbian ServerにXoops(途中
Debian ServerにJoomla!インストール
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。