スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Gentoo→Archbang→LinuxMint

DebianのSqueezeはまぁ安定してるんだけど、ちといろいろ試していた。

選択に当たっての条件は、fglrx(ATIドライバ)がまともに動くこと、Mikutterの最新版がまともに動くこと、楽しそうなこと。
しかしながら最近忙しくてそうそう毎日がっつり試せるわけでもなく・・・

まずはGentoo。
これは上級者向き。
GUI環境を作る、というかその前のインストール段階でかなり苦労はする。
設定ファイル自分でいじらなきゃいけないし。
一度環境できてしまえば非常にいいのだろうけど、俺はフラグの管理で挫折。
で、環境壊して再インストール、ってことになったときにカーネルコンパイルからやらなきゃいけなくて・・・
再インストール自体がかなり骨。
ちなみにドキュメントは非常に充実している。日本語訳もほぼできてる。
http://www.gentoo.org/doc/ja/index.xml
ので、見ながらインストールから環境整えるまで、この親切なドキュメントを見ながらいけるんだけど、いかんせん敷居は高め。
結局俺は面白さがわかるとこまで行けなかった気がする。
そのうちまとまった時間できたら再挑戦してもいいかもとは思ってる。

で、次に目を付けたのがArch。
しかしながらArchBangというものがある。
Arch Linuxの機能性を面倒なインストールなしで使えるLinuxディストリビューション『ArchBang』
で、まぁ使ってみたわけだ。
見た目は非常にかっこよく、インストール自体はDebian,Ubuntuのテキストモードでのインストールより若干わかりにくい程度。まぁ、慣れてれば大体わかると思う。
デフォルトはOpenbox。
Gnome環境なども入れられる。というか、インストール後は基本的にノーマルArchと一緒なので、トラブルもTipsもArchのものがほぼそのまま使える。
Updateでgpgkeyエラーとかはあったけど、Archのフォーラム漁って解決策探して何とか乗り切った。

なにでこけたかというとATIドライバ。現在のプロプラドライバがこのArchのXのバージョンに対応してない。
ArchのXは1.12.Catalystの対応は1.11まで。
https://wiki.archlinux.org/index.php/ATI_Catalyst
一応1.11のリポジトリもあるらしく、これ使えば行けたんだろうけど、いかんせん初Archでまともに設定ファイルの意味が分かってない俺にはうまくできなくて挫折。
ちなみに解像度がおかしいままだったが、それさえ我慢すればまぁ使える状態に持ってくのは小一時間くらいだった。

で、LinuxMint。
最近人気急上昇中らしいね。
Unityになじめなかった人のためのGUI、って話。
Ubuntuベースだけあってインストールは非常に楽。んでいきなり使える。パッケージも新しい。
しかしこちらもfglrx入れるといきなり不安定になる。文字化けやらアイコンが砂嵐状態になったりやら。
最新のMikutterは苦も無く動いた。
取材日誌(仮): mikutterをインストール?
さて、fglrxで不安定になるのはまぁいいとして(よくねぇw)、Conky入れて気づいたのだがCPUクロックが3.5Ghz固定になってる。それらしきFirmware探して入れても、cpufreqd入れていろいろいじってみてもダメ。
挙句にカーネル再構築とかやってみたけどやはりだめ。
今ここで挫折。

DEがどうかってのは、どうでしょうね?俺には微妙に感じた。
Gnome2系の魅力って少なくとも俺にとってはパネルカスタマイズの容易さと幅広さであって。
その点Mintは左下にKickoffみたいなメニューつけてるんだけど、「ならKDEでよくね?」とか思ってしまうのよね。
まぁ、画面はきれい。んで、デフォルトで使うには楽だとは思う。
左下メニューとかもWindows移行組にとってはなじみやすいと思うし。


しかし、最近あんまりいじれてないなー。。。
結局まとまった時間なくて、すぐ使えるようにってなるとDebianのままでいいじゃん、ってなるんだけど、これ、最新のMikutterがRubyのバージョンのせいで動かない。ここだけが問題。

ちっとまたいろいろ試してはみるつもり。GentooとかArchbangとかなんか不完全燃焼感たっぷりですし。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

965:KDEについて
お体の方は大丈夫でしょうか。

KDEは今年に入ってからようやく安定性がよくなってきたんですけどね、ご存知の通り、CanonicalがKubuntuへのサポートを打ち切ったりと、風当たりが厳しくなってきたわけでして。私はKubuntuからLinux Mint KDEに移行しようか考えているところです。

KDEの一番の欠点はOpenOffice / LibreOfficeでglobal menuが対応していないことだと思います(あとは満足。) http://www.kubuntuforums.net/showthread.php?57882
966:No title
いやいや、お体まで心配していただきありがとうございます。
ちと環境変化と忙しさが・・・なだけで体の方は大体大丈夫ですよー

最新事情はあんまり追いかけられないんですが、今まで安定性がネックだったことが多いKDEが安定するのは大きいですよねー。
Ubuntu(他のLinuxも)デスクトップ環境を選べるってのは大きなメリットだったと思うんですが、サポート打ち切りですかぁ・・・

LinuxMintはうちのCPU(PhenomIIx4 970BE)でクロック可変が効かなかったことを除けば出来としてはいいと思いましたよ。
若干安定性に欠けるかな?と思ったのはパッケージ入れたり更新したりした時にアイコンや文字化けといった細かい不具合がちょくちょく出てきたんですね。これがMintそのものなのかGnomeのものなのかはわかんないですけど。
しかしながらシステム的に致命的な不安定さというのは感じなかったです。
Ubuntuからの移行であればDebianかMintか、ってのが割と有力で特に戸惑いが少なくて済む選択だと思いますよー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。