スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ntpで時刻同期(Debian server)

サーバー機のほう、しばらく放置して久々に起動したらBIOSの時刻が吹っ飛んでシステム時刻も当然巻き添え食って変なことになってたので時刻合わせ。
しかしいちいちモニタつなぐのもめんどいしー・・・とか思ってたらLinuxにはntpというものがあるらしい。

参考にしたのは某Linux雑誌のいつぞやの記事とか
NTPによる自動時刻合わせの設定とかNTPによる時刻合わせ

まずはntpインストール。

# apt-get install ntp
(中略)
Starting NTP server: ntpd.



-hでntpdの使い方

# ntpd -h
ntpd: illegal option -- h
ntpd - NTP daemon program - Ver. 4.2.6p2
USAGE: ntpd [ - [] | --[{=| }] ]...
Flg Arg Option-Name Description
-4 no ipv4 Force IPv4 DNS name resolution
-6 no ipv6 Force IPv6 DNS name resolution
-a no authreq Require crypto authentication
-A no authnoreq Do not require crypto authentication
-b no bcastsync Allow us to sync to broadcast servers
-c Str configfile configuration file name
-f Str driftfile frequency drift file name
-g no panicgate Allow the first adjustment to be Big
-i Str jaildir Jail directory
-I Str interface Listen on an interface name or address
-k Str keyfile path to symmetric keys
-l Str logfile path to the log file
-L no novirtualips Do not listen to virtual interfaces
-n no nofork Do not fork
-N no nice Run at high priority
-p Str pidfile path to the PID file
-P Num priority Process priority
-q no quit Set the time and quit
-r Str propagationdelay Broadcast/propagation delay
Str saveconfigquit Save parsed configuration and quit
-s Str statsdir Statistics file location
-t Str trustedkey Trusted key number
-u Str user Run as userid (or userid:groupid)
-U Num updateinterval interval in seconds between scans for new or dropped interfaces
Str var make ARG an ntp variable (RW)
Str dvar make ARG an ntp variable (RW|DEF)
-x no slew Slew up to 600 seconds
opt version Output version information and exit
-? no help Display extended usage information and exit
-! no more-help Extended usage information passed thru pager

Options are specified by doubled hyphens and their name
or by a single hyphen and the flag character.

please send bug reports to: http://bugs.ntp.org, bugs@ntp.org



とりあえずntp実行テスト

# ntpq -p 133.100.9.2
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*GPS_NMEA(1) .GPS. 0 l 15 16 377 0.000 -0.007 0.002
-drake.nc.fukuok .GPS. 1 u 34 64 377 0.271 -0.007 0.016
-clock.tl.fukuok .GPS. 1 u 33 64 373 3.989 -0.364 0.449
-clock2.tl.fukuo .GPS. 1 u 13 64 377 0.875 0.027 0.056
+133.100.74.21 .CDMA. 1 u 59 64 377 1.055 0.121 0.034
-133.100.53.51 .GPS. 1 u 34 64 377 1.080 0.150 3.199
+ntp-a2.nict.go. .NICT. 1 u 25 64 377 27.325 0.141 0.078
-geo.gen.u-ryuky .PPS. 1 u 5 64 377 18.255 0.159 0.236
-zao.net.tohoku. .GPS. 1 u 30 64 377 38.266 0.232 0.035
-ntp.nc.u-tokyo. .GPS. 1 u 2 64 377 27.134 0.195 0.078
rackety.udel.ed .PPS. 1 u 46 64 377 198.641 -2.906 0.071
ntp1-2.Berkeley .WWVB. 1 u 39 64 377 137.730 0.220 0.134
ntp01.sinet.ad. .GPS. 1 u 53 64 377 27.487 0.177 0.055
ntp02.sinet.ad. .GPS. 1 u 18 64 377 27.341 0.237 0.039
ntp11.sinet.ad. .GPS. 1 u 27 64 377 31.386 0.129 0.060
LOCAL(0) .LOCL. 5 l 51 64 377 0.000 0.000 0.002



ntp設定ファイル編集

# nano /etc/ntp.conf


server うんたらかんたらってならんでるとこをntp.nict.jp(情報通信研究機構)に書き換え

server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp



再起動

# /etc/init.d/ntp restart
Stopping NTP server: ntpd.
Starting NTP server: ntpd.



動作確認

# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
ntp-b3.nict.go. .NICT. 1 u 33 64 1 26.133 -5.883 0.002



システム時刻確認

# date
2011? 12? 1? ??? 22:51:46 JST


Windowsからのリモートなので一部文字化けしてry

起動時に自動起動するようにchkconfigで登録

# chkconfig ntp on


ってこれ必要なのか?勝手に登録されてたような気も(ぉ

ちなみにBIOS時刻はDebianの場合hwclockでいけるよう

# hwclock
2011?12?01? 22?57?20? -0.688278 seconds


デストリによってはclockコマンドみたい。

# hwclock;date
2011?12?01? 22?59?25? -0.703662 seconds
2011? 12? 1? ??? 22:59:25 JST


まぁこの場合ほぼ一致してるのだけど、システム時刻をBIOSに書き込みたいときには
# hwclock -w
でいけるみたい。

俺の場合はシステムごと再起動したら勝手に合ってた。

ま、これでとりあえずリモートから時刻合わせはおっけーということで。

ここまでやって、ntpdateコマンドがエラー吐くなーと思ってたら別パッケージらしい(ぉ

# apt-get install ntpdate
# ntpdate
1 Dec 23:20:51 ntpdate[2456]: no servers can be used, exiting


設定ファイルでサーバー指定してあるから勝手にnict.jpに行ってくれるはずだけど、後ろに指定するのもおk

# ntpdate ntp.nict.jp
1 Dec 23:21:37 ntpdate[2457]: the NTP socket is in use, exiting


ん?これなら設定ファイル書き換えいらなかったのか?
あぁ、ntpデーモンとntpdateは別物でntpdateオンリーで行くならcronに登録して定期実行しとくといいってわけか。たぶん。

というわけでntpdateをcronで定期的に同期するように。
えぇ。別にntp入れたのでもういらないんですが、いまだにcronの使い方わかってないので使ってみたいわけですよ。cron。

/etc/crontabに細かい設定書くという手もあるっぽいけど、/etc/にはcron.daily cron.hourly cron.monthly cron.weeklyというのがあって、そのディレクトリに実行スクリプト置くだけでいいらしい。
まぁ時間なんてそうそうずれるもんでもないし、dailyに置いてみる。
/etc/cron.daily以下にntpdateというファイルを作成。

# cd /etc/cron.daily
# touch ntpdate


で中身はntpdate実行するスクリプトにして実行権限つけとく。


# nano ntpdate

#!/bin/sh
/usr/sbin/ntpdate-debian -s


# chmod 755 ntpdate



これでおっけー、なはず。

追記
ntpdateをcron登録すると指定された時間の実行の前後で時空がゆがんでログがおかしなことになる可能性があるのでntpdデーモンのほうがよいらしいです。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。