スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Windows 8 Developer Previewでスタートメニューを復活させる

前にスタートメニューでMetroに切り替わって散々、みたいなことを書いたけど、スタートメニューの復活のさせ方がわかったのでメモメモ。
Windows Developer Preview Windows 8 スタートメニューの復活方法
ずばりそのまま。

デスクトップ UI を表示して、キーボードの「Windows」キーと「R」キーを同時に押します。「Run(ファイル名を指定して実行)」が表示されたら、「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。

次のアドレスを辿り、「RPEnabled」をダブルクリックします。Value data を「1」から「0」に変更して「OK」ボタンをクリックします。なお、再起動の必要はありません。もとに戻す場合は、「0」から「1」に変更します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer


ふむ。レジストリエディタでいじればおっけーとのこと。

早速やってみる。
「Windows」キーと「R」キー
「Run(ファイル名を指定して実行)」が表示されたら、「regedit」と入力して「Enter」キー
regieditor.pngこれでレジストリエディタ起動。

言われるがまま左のツリーからHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer をたどっていくと、「RPEnabled」という項目がある。
RPEnabled.pngこれ、ダブルクリックして数値を0に変更。

DPstartmenu.png無事スタートメニュー復活
左下のスタートマークも丸くなってる。前のように。

で、スタートメニュー自体は7、Vistaと同じようにタスクバー右クリックから設定が可能。
start_20111127191318.pngここでCustomizeを押すと
Customize.png表示項目などさらに細かい設定もできる。

さて、まぁこれで個人的にはかなり助かるんだけど、たまにデフォルト時に左下マウスオーバーで出てくる右下のほうの時刻表示が勝手に出てきてちょっとうざいw
あと、ここからMetro画面への行き方がわからんね。まぁ使わないけれども。

うーん、やっぱいまいちビミョーだなー。まだ開発段階なので現時点でどうこう言うのはアレだけれども。

関連記事
Windows7のスタートメニューとかタスクバーとかの設定
Windows Developer Preview実機に入れてみたよ
Windows8 Developer Previewが出てたのでVirtualBoxで動かしてみたよ
Windows 8 Consumer Previewが出てたので実機に投入
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。