スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debian squeeze にPHC導入してAthlon64x2 低電圧化

Ubuntu入れたまま放置してたサーバー機をDebianに入れ替えました。
で、まぁハード構成はAthlon64x2 4800+&M2A-VM、DDR2 1Gx2、緑キャビア1Tと超シンプル&一世代(数世代?)前のおさがりパーツ構成のままなんですが。

HDDが遅いので若干時間かかったもののDebian sqeezeのインストールそのものは簡単に。鯖機なのでとりあえず最後の方の選択ではGUIなし、Samba、SSH、Apacheを選択。MySQLはいまいち使いこなせてないというか、ワケがわかってないので後に必要になったら入れようかと。
ちなみに/ /var /homeとパーティション切ってたので、/homeだけそのまま残して/と/varをフォーマットして入れ替え。/homeにはSambaで共有してた動画とか音楽とかが入ってるので。

さて、本題のPHCでCPU低電圧化。
これはUbuntuと違って初期状態で必要パッケージが足りてなくてそこに苦労したけどとりあえず成功したのでその記録。
PHC自体は今正式版は0.4.3になってます。PHCフォーラムのReleasesからDL。

参考にしたのはUndervolting your CPU on Debianとかうちの前の記事とかw
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
今回の環境はDebian squeeze i386 Kernel 2.6.32-5-686

まずは最新版DL。

$ wget http://www.linux-phc.org/forum/download/file.php?id=107


解凍

$ tar xvf file.php\?id\=107
$ cd phc-k8_v0.4.3/
$ su


DKMSで管理したいので関連パッケージインストール

# apt-get install dkms
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
binutils cpp cpp-4.3 cpp-4.4 fakeroot gcc gcc-4.3 gcc-4.3-base gcc-4.4
libc-dev-bin libc6-dev libgmp3c2 libgomp1 libmpfr4 linux-headers-2.6-686
linux-headers-2.6.32-5-686 linux-headers-2.6.32-5-common linux-kbuild-2.6.32
linux-libc-dev make manpages-dev menu
提案パッケージ:
binutils-doc cpp-doc gcc-4.3-locales gcc-4.4-locales gcc-multilib autoconf
automake1.9 libtool flex bison gdb gcc-doc gcc-4.3-multilib
libmudflap0-4.3-dev gcc-4.3-doc libgcc1-dbg libgomp1-dbg libmudflap0-dbg
gcc-4.4-multilib libmudflap0-4.4-dev gcc-4.4-doc libcloog-ppl0 libppl-c2
libppl7 glibc-doc make-doc menu-l10n gksu kdebase-bin kdebase-runtime ktsuss
sux
以下のパッケージが新たにインストールされます:
binutils cpp cpp-4.3 cpp-4.4 dkms fakeroot gcc gcc-4.3 gcc-4.3-base gcc-4.4
libc-dev-bin libc6-dev libgmp3c2 libgomp1 libmpfr4 linux-headers-2.6-686
linux-headers-2.6.32-5-686 linux-headers-2.6.32-5-common linux-kbuild-2.6.32
linux-libc-dev make manpages-dev menu
アップグレード: 0 個、新規インストール: 23 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
30.0 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 98.3 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y



で、DKMSでインストール。

# make dkms_install
mkdir -p /usr/src/phc-k8-0.4.3
install -m 644 -o root -g root Makefile dkms.conf phc-k8.c phc-k8.h mperf.c mperf.h /usr/src/phc-k8-0.4.3
install -m 744 -o root -g root phc-k8.add /usr/src/phc-k8-0.4.3
dkms add build install -m phc-k8 -v 0.4.3

Creating symlink /var/lib/dkms/phc-k8/0.4.3/source ->
/usr/src/phc-k8-0.4.3

Running the post_add script:

DKMS: add Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=2.6.32-5-686 -C /lib/modules/2.6.32-5-686/build SUBDIRS=/var/lib/dkms/phc-k8/0.4.3/build modules.....
cleaning build area....

DKMS: build Completed.

phc-k8.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- No original module exists within this kernel
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.32-5-686/updates/dkms/

mperf.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- No original module exists within this kernel
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.32-5-686/updates/dkms/

/etc/modprobe.d/phc-k8.conf: added 'install powernow-k8 /sbin/modprobe phc-k8 || { /sbin/modprobe --ignore-install powernow-k8; }'
/etc/modprobe.d/phc-k8.conf: added 'remove powernow-k8 /sbin/modprobe -r cpufreq_stats && { /sbin/modprobe --ignore-remove -r powernow-k8 ; }'
/etc/modprobe.d/phc-k8.conf: added 'remove phc-k8 /sbin/modprobe -r cpufreq_stats && { /sbin/modprobe --ignore-remove -r phc-k8 ; }'
depmod......

DKMS: install Completed.



デフォルトで有効にしたいので設定ファイル書き換え

# nano /etc/modprobe.d/phc-k8.conf

# To use the direct_transitions functionality of the phc-k8 driver,
# uncomment the next line:
options phc-k8 direct_transitions=1←この行の先頭の#とってアンコメント


で、再起動。
ここからが試錬の始まりだった。

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
cat: /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids: そのようなファイルやディレクトリはありません


おや??
sensors入れてみてみる

# apt-get install lm-sensors
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
fancontrol libsensors4
提案パッケージ:
sensord read-edid i2c-tools
以下のパッケージが新たにインストールされます:
fancontrol libsensors4 lm-sensors
アップグレード: 0 個、新規インストール: 3 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
209 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 762 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
# sensors-detect


再起動して

# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +75.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp: +63.0°C
Core0 Temp: +53.0°C
Core1 Temp: +67.0°C
Core1 Temp: +59.0°C

atk0110-acpi-0
Adapter: ACPI interface
Vcore Voltage: +1.33 V (min = +0.85 V, max = +1.60 V)
+3.3 Voltage: +3.33 V (min = +3.00 V, max = +3.60 V)
+5.0 Voltage: +4.92 V (min = +4.50 V, max = +5.50 V)
+12.0 Voltage: +11.97 V (min = +11.20 V, max = +13.20 V)
CPU FAN Speed: 1544 RPM (min = 0 RPM)
CHASSIS FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
POWER FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
CPU Temperature: +39.0°C (high = +90.0°C, crit = +125.0°C)
MB Temperature: +35.0°C (high = +45.0°C, crit = +90.0°C)


いやいやこれクロック上限はりつきじゃない・・・
もしや・・・powernowd・・・

# apt-get install powernowd
(中略)
Starting powernowd: required sysfs objects not found!
Read /usr/share/doc/powernowd/README.Debian for more information.

# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +75.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp: +64.0°C
Core0 Temp: +54.0°C
Core1 Temp: +68.0°C
Core1 Temp: +58.0°C

atk0110-acpi-0
Adapter: ACPI interface
Vcore Voltage: +1.33 V (min = +0.85 V, max = +1.60 V)
+3.3 Voltage: +3.33 V (min = +3.00 V, max = +3.60 V)
+5.0 Voltage: +4.92 V (min = +4.50 V, max = +5.50 V)
+12.0 Voltage: +11.97 V (min = +11.20 V, max = +13.20 V)
CPU FAN Speed: 1544 RPM (min = 0 RPM)
CHASSIS FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
POWER FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
CPU Temperature: +40.0°C (high = +90.0°C, crit = +125.0°C)
MB Temperature: +35.0°C (high = +45.0°C, crit = +90.0°C)


あれ?動いてない?

# powernowd
powernowd: PowerNow Daemon v1.00, (c) 2003-2008 John Clemens
/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/affected_cpus: No such file or directory
powernowd: err=2
powernowd: Found 2 scalable units: -- 1 'CPU' per scalable unit
/sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/cpuinfo_max_freq: No such file or directory

PowerNowd encountered and error and could not start.
Please make sure that:
- You are running a v2.6.7 kernel or later
- That you have sysfs mounted /sys
- That you have the core cpufreq and cpufreq-userspace
modules loaded into your kernel
- That you have the cpufreq driver for your cpu loaded,
(for example: powernow-k7), and that it works. Check
'dmesg' for errors.
If all of the above are true, and you still have problems,
please email the author: clemej@alum.rpi.edu


おいおい・・・
このへんからちょっと手探り

# apt-get install acpid
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
acpid はすでに最新バージョンです。


違うらしい。
firmwareかと思ったけどこれまた違うっぽい。うーん。。。
ということでメイン機の方でcpufreqとかで検索かけてみるとそれらしきものが

# apt-get install cpufrequtils
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libcpufreq0
以下のパッケージが新たにインストールされます:
cpufrequtils libcpufreq0
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
53.2 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 344 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
(中略)
Loading cpufreq kernel modules...done (powernow-k8).
CPUFreq Utilities: Setting ondemand CPUFreq governor...CPU0...CPU1...done.


お?これはきたかも?

# powernowd
powernowd: PowerNow Daemon v1.00, (c) 2003-2008 John Clemens
powernowd: Found 1 scalable unit: -- 2 'CPUs' per scalable unit
powernowd: cpu0: 1000Mhz - 2500Mhz (6 steps)
powernowd: cpu1: 1000Mhz - 2500Mhz (6 steps)


よし!!始まった。

# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +75.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp: +59.0°C
Core0 Temp: +48.0°C
Core1 Temp: +65.0°C
Core1 Temp: +54.0°C

atk0110-acpi-0
Adapter: ACPI interface
Vcore Voltage: +1.12 V (min = +0.85 V, max = +1.60 V)
+3.3 Voltage: +3.34 V (min = +3.00 V, max = +3.60 V)
+5.0 Voltage: +4.92 V (min = +4.50 V, max = +5.50 V)
+12.0 Voltage: +11.97 V (min = +11.20 V, max = +13.20 V)
CPU FAN Speed: 1548 RPM (min = 0 RPM)
CHASSIS FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
POWER FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
CPU Temperature: +36.0°C (high = +90.0°C, crit = +125.0°C)
MB Temperature: +36.0°C (high = +45.0°C, crit = +90.0°C)


デフォルト設定でクロックと電圧の可変がかかってる。
これでいけそうなので再起動。

# cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
17:10 16:11 14:13 12:15 10:17 2:18


やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
あとは今までの設定を書き込んでSensorsで確認。

# echo '12 14 16 18 24 28'> /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +75.0°C)

k8temp-pci-00c3
Adapter: PCI adapter
Core0 Temp: +55.0°C
Core0 Temp: +43.0°C
Core1 Temp: +60.0°C
Core1 Temp: +50.0°C

atk0110-acpi-0
Adapter: ACPI interface
Vcore Voltage: +0.86 V (min = +0.85 V, max = +1.60 V)←ばっちり
+3.3 Voltage: +3.34 V (min = +3.00 V, max = +3.60 V)
+5.0 Voltage: +4.92 V (min = +4.50 V, max = +5.50 V)
+12.0 Voltage: +12.03 V (min = +11.20 V, max = +13.20 V)
CPU FAN Speed: 1544 RPM (min = 0 RPM)
CHASSIS FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
POWER FAN Speed: 0 RPM (min = 0 RPM)
CPU Temperature: +30.0°C (high = +90.0°C, crit = +125.0°C)
MB Temperature: +36.0°C (high = +45.0°C, crit = +90.0°C)



いや長かった。デフォルトでクロック可変効いてなかったのね。
途中でこのあたりも入れたんだけど、これは必要だったのかどうかよくわからん。

# apt-get install build-essential kernel-package fakeroot makedumpfile



結局
# apt-get install dkms
# apt-get install cpufrequtils
# apt-get install powernowd
$ wget http://www.linux-phc.org/forum/download/file.php?id=107
$ tar xvf file.php\?id\=107
$ cd phc-k8_v0.4.3/
# make dkms_install
# nano /etc/modprobe.d/phc-k8.conf で3行目の先頭の#外して再起動
# cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
17:10 16:11 14:13 12:15 10:17 2:18
ここまで確認できたら
# echo '12 14 16 18 24 28'> /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_vids
と設定書きこめばおっけ。
cpufrequtils&powernowdが入ってないと動かないって気づけばよし。カーネル自体のコンパイルは必要なかった。
ま、苦労したけどきっちりいけてよかったわぁ

関連記事
サーバ機のUbuntu10.04低電圧化(Athlon64x2)
暑い!そこでUndervolting!!PHC on Ubuntu(番外Intel編)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。