スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Catalyst11.4 released

Catalyst11.4がようやくリリース。
今回は待ち遠しかった。

Linuxの方はAMD Puts Out Catalyst 11.4 With X Server 1.10 Support
DLはATI Catalyst™ Proprietary Display Driver - Linux x86 & Linux x86_64

Windowsの方は「Catalyst 11.4」がようやく登場。ドライバ更新通知機能などControl Centerの刷新が正式実装に

いや、11.3ではカーネル2.6.38に対応してないとか何とか言う話で。
実際俺のとこのDebianでもSUSEでもインストールでこけてたんですね。DKMSなんたらFailedって。
で、Debianはずっと2.6.37でたちあげてたんです。なので待ち遠しかったと。

で、早速入れてみたんだけど、ダメw
いや、待て。Ubuntu 11.04, Fedora 16, Arch Linuxに対応しててDebianでダメってことはないだろう・・・と試行錯誤すること小一時間。
# ./ati-driver-installer-11-4-x86.x86_64.run --buildpkg Debian/sid
パッケージをつくろうとしてみるもエラー。

リカバリーモードから2.6.38-2立ち上げてインストールしてみるもエラー。

Creating symlink /var/lib/dkms/fglrx/8.841/source ->
/usr/src/fglrx-8.841

DKMS: add Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
cd /var/lib/dkms/fglrx/8.841/build; sh make.sh --nohints --uname_r=2.6.38-2-amd64 --norootcheck.....(bad exit status: 1)
0
0
[Error] Kernel Module : Failed to build fglrx-8.841 with DKMS
[Error] Kernel Module : Removing fglrx-8.841 from DKMS

------------------------------
Deleting module version: 8.841
completely from the DKMS tree.
------------------------------
Done.
[Reboot] Kernel Module : update-initramfs


うーん。
DKMSをアンインストールして同じくやってみるもエラー。

おかしい。
で、久々にSynaptic起動してdkms、fglrxで検索かけてみるとあるんですね。
fglrx-modules-dkms (1:11-3-1)←これが重要?
fglrx-driver (1:11-3-1)
fglrx-glx (1:11-3-1)
fglrx-glx-ia32 (1:11-3-1)
というわけで、サイトから落としたCatalyst11.4入れた状態のまま2.6.37カーネルからこの4つを入れてみると・・・
なんと起動しましたね。というか、インストール時のメッセージでこけてなかったんで、かなり期待したんですが、呆気無く起動。
普通のDKMSでもカーネルモジュール設定時に勝手になんかやってくれてるみたいなんだけど、fglrx-modules-dkms入れるとこんな感じ。

fglrx-modules-dkms (1:11-4-1) を設定しています ...

Creating symlink /var/lib/dkms/fglrx/11-4/source ->
/usr/src/fglrx-11-4

DKMS: add Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=2.6.37-1-amd64 -C /lib/modules/2.6.37-1-amd64/build M=/var/lib/dkms/fglrx/11-4/build.....
cleaning build area....

DKMS: build Completed.

fglrx.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- No original module exists within this kernel
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.37-1-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=2.6.37-2-amd64 -C /lib/modules/2.6.37-2-amd64/build M=/var/lib/dkms/fglrx/11-4/build.....
cleaning build area....

DKMS: build Completed.

fglrx.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.37-2-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=2.6.38-1-amd64 -C /lib/modules/2.6.38-1-amd64/build M=/var/lib/dkms/fglrx/11-4/build.....
cleaning build area....

DKMS: build Completed.

fglrx.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- No original module exists within this kernel
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.38-1-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install Completed.

Kernel preparation unnecessary for this kernel. Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=2.6.38-2-amd64 -C /lib/modules/2.6.38-2-amd64/build M=/var/lib/dkms/fglrx/11-4/build.....
cleaning build area....

DKMS: build Completed.

fglrx.ko:
Running module version sanity check.
- Original module
- No original module exists within this kernel
- Installation
- Installing to /lib/modules/2.6.38-2-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install Completed.


一応各カーネルごとにきっちり管理してくれてるようだ。
ちなみにこの出力は11.4になってるけど、午前中はまだ来てなかったので11.3のままやっていた。
なんてことだ。するともしや11.3のときからリポジトリにあったの使えば使えていたのか?
しかしこの状態で起動するとCatalystから見るとfglrxは8.841、Catalystは11.4になっている。まったくよくわからないw
この間になんどアンインストール、インストール、そして再起動を繰り返したことか。。。

とか何とかいってる間に、実は午後のUpdateでSidには11.4のfglrxがリポジトリから来ていた。はい、半日待てばなんの苦労もなかったと。リポジトリ使えと。

で、まぁいつものベンチ
# glxgears
7753 frames in 5.0 seconds = 1550.436 FPS
7500 frames in 5.0 seconds = 1499.888 FPS
7239 frames in 5.0 seconds = 1447.639 FPS
8041 frames in 5.0 seconds = 1607.891 FPS
7678 frames in 5.0 seconds = 1535.332 FPS
8007 frames in 5.0 seconds = 1601.391 FPS
8131 frames in 5.0 seconds = 1626.179 FPS
7748 frames in 5.0 seconds = 1549.432 FPS
7664 frames in 5.0 seconds = 1532.750 FPS
8122 frames in 5.0 seconds = 1624.375 FPS

うーむ。まぁ、あんまり宛にならんものだけどビミョーな結果。

ちなみにopenSUSE11.4には入れてみたけど、最初にDebianでやった時と同じようなエラーで未だ入れられていないという。。。
こっちはなんかパッケージが足りない気がする。11.4にしたときにクリーンインストールしちゃったし、リポジトリ設定もそこそこにこのドライバでハマってほぼ放置したままだし。
ま、GW使ってぼちぼち設定していきたいなぁ。

Vistaの方はどうしよう?ぶっちゃけCatalyst11.3はWindows版もLinux版もたいして変わったとこがなかったからスルーしてたんだけど

●Catalyst 11.4で解決した問題(Windows Vista)

「Windows Media Player」「Windows Media Center」でMPEG-2再生時のハードウェアアクセラレーションを利用できない問題


これは大きいような気もするけど、よくよく考えれば俺ほとんどWMPなんて使ってないんだよなぁ。

関連記事
AMDOverdriveCtrlでLinuxでもAMD OverDrive
AMD Catalyst 11.1 released
Catalyst 11.2 Released
RecoveryModeからCatalyst再インストール
Catalyst手動アンインストール on Linux
Catalyst 11.5 Released
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。