スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

JコミのためにPDFReader

といっても標準のEvince(ドキュメント・ビュアー)かAdobeReaderを使うか、っていうくらい。

Jコミはらぶひな、ネギま!?の赤松健氏が立ち上げたサイトで、絶版漫画をPDFに広告入れて完全無料で公開、っていう素晴らしい企画。
絶版だから版権的にも問題なく、PDFで作られた一巻分の最初と最後の方に数ページある広告をネットにつながってる状態で読者がクリックしてくれれば、それがアフィリエイト収入として「作者さんに」還元されるっていう仕組みで利益を出そうってもので、公開されているものはDLはもちろん、再配布なども自由とのこと。
これはかなり新しくていい試みだと思いますよー。

ま、詳しい仕組みは置いといて。
PDFで配布されてるので当然PDFReaderが必要。
ちなみに最初Comixで読み込めねぇかと試みて玉砕したのは内緒だw

Linux、というかDebianやUbuntuに標準で入ってるのはドキュメント・ビュアーのEvince。
まずはこれで。
Screenshot-LH01_hq.png標準でそのまま開くと、1ページがいっぱいに表示されて漫画っぽくない。
そこで「表示」から「見開き」にチェック。これだけでおk。
あとはお好みでサイドペインとかも表示しても便利。
これはキーボードの上下だと微妙な幅でスクロールしていってしまうので、キーボード操作ならPage Up/Downで操作するのが吉。
ただ、俺としてはクリックでページ進めるComixの操作感がやっぱり・・・

さて、Adobeのほう使ってみましょうか。Screenshot-acroread-jpn.png
Windowsな方々はこっちが本命、になるんでしょうかね?
http://get.adobe.com/jp/reader/
↑からDLしてインストール、なんだけど。
Linuxの場合は実行ファイルがDLされるので、これを実行権限付けて実行。
$ chmod +x AdbeRdr9.4-1_i486linux_jpn.bin
$ sudo ./AdbeRdr9.4-1_i486linux_jpn.bin
で、標準では/opt以下に展開されて、使えるようになるはず・・・だったのだが!!
なぜかDebianx64(sid)では起動でこけるのです。
端末から叩いてみると、libgdk_pixbuf_xlib-2.0.so.0がないとかなんとか。
Synapticでらしきもの検索して、入れようとしてみたら今度は依存関係で入ってる基本アプリごっそり削除されそうに・・・おい。。。

で、そのままSynapticで検索してみると、あるじゃんね。acroread。
というわけで、手動で入れたのは削除削除。
/opt以下に展開されてるAdobeReaderのフォルダの/binの中にアンインストールスクリプトが入ってるので、これ実行。
$ ./UNINSTALL

で、改めて、acroreadをSynapticからインストール。依存関係で結構入るけど、標準でenが入るところ、jaも追加しておいた。
acroread (9.4.1-0.1)
acroread-data (9.4.1-0.1)
acroread-debian-files (0.2.11)
acroread-dictionary-en (9.4.1-0.1)
acroread-escript (9.4.1-0.1)
acroread-fonts-jpn (9.1.0-0.1)
acroread-l10n-en (9.4.1-0.1)
acroread-l10n-ja (9.4.1-0.0)
ia32-libs-gtk (20100914)
ia32-libs-xulrunner (1.8.1.3-0.5)
mozilla-acroread (9.4.1-0.1)
nspluginwrapper (1.3.0-1)
これでおk。

早速こいつで開いてみよう。ちなみにインストール後、右クリックメニューに「AdobeReaderで開く」が入ってたのでこれもらくらく。
初回起動だけライセンス条項に同意の画面が出てくる。
LH02_hq  Adobe Readerこいつはいきなり見開きに対応していた!
ただ、立ち上がりが若干遅いのよね。遅いというか重いというか。まぁ、起動してしまえばあとはフツーなんだけど。
上下キー、PegeUp/Down両方、きっちりページずつ進んでいってくれるので、操作感としてはこちらのほうがしっくりくる感じ。アプリ自体の表示がなんだか違和感あるのは、きっとなんかのライブラリかませているせいなのか?

まぁ、結局どっちでも大して変わらんw
UbuntuのときはあるPDFでEvinceだと文字が表示されなくて、Adobereaderだとおっけー、ってのがあったけど、少なくともJコミのらぶひなに関してはどちらでも表示、閲覧は問題無。
ただ、やっぱ「漫画を読んでる感」としてはComixがよくできてるんだよねー。シンプルだけど。
Comixに読み込ませるには画像ファイルに変換してうんたらかんたら・・・しないといけないのかな?
あぁ、そうそう。ComixもフツーにDebianのリポジトリにあります。

ま、Linuxに限って言えば他にもPDF閲覧用のソフトはいくつかあるみたいあけど、この二つでよほどのことは用が足りちゃってますね。

関連記事
64bit Flash for Linuxが復活!!
Adobe flashplugin64がリポジトリにも復活!!
Ubuntuで漫画ビューア ~Comix~
そういえば、pdfReaderを入れてなかった。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。