スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Debianのtesting (squeeze)をunstable (sid)にUpgrade

で、Debianはtesting (squeeze)を入れたんですが、これが案外安定というか、変化がなくていまいちツマラナイ。
ので、2日ほど使った挙句にいきなりunstable (sid)つまり不安定版に入れ替えてしまいました。

これ、イメージ配布はされていない。
以前のリリースからアップグレードする
を参考に。
どうやらapt-lineの書き換えでUpgradeかければOKみたい。
つーわけで早速。
suしてっと
# gedit /etc/apt/sources.list

まぁ、初期状態からほとんどいじってないのでシンプルなもんですが(そのほうがいい)
sqeezeになってるところをsidに、testingになってるところをunstableに入れ替える。

#
# deb cdrom:[Debian GNU/Linux testing _Squeeze_ - Official Snapshot amd64 NETINST Binary-1 20101025-09:05]/ squeeze main

deb http://http.us.debian.org/debian/ sid main contrib non-free
deb-src http://http.us.debian.org/debian/ sid main contrib non-free
deb http://http.us.debian.org/debian/ sid main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ sid main contrib non-free #Added by software-properties

#deb http://security.debian.org unstable/updates main

一番上のはインストールしたときの情報で、#でコメントアウトしてるのでシカトでおk。
その下から、deb で始まる行をことごとく置き換え。
一番下は、unstableはセキュリティないとかなんとかで、結局読み込みエラーでるのでコメントアウト。

で、これを保存して
apt-get update
apt-get upgrade
ここで180ほどのUpdate。ktkr!
で、俺の環境ではひとつしか保留なかったんだけど、保留解消
apt-get dist-upgrade
で、このUpGradeの中にXorg関係が結構入ってたので、念のためCatalyst再インストール。(これはいらなかったかも?
./ati-driver-installer-10-10-x86.x86_64.run
aticonfig --initial
これで一応自動で/etc/X11/xorg.confが生成されて、前のはxorg.conf.fglrx-xってのにバックアップされる。
内容はこんな感じ

Section "ServerLayout"
Identifier "aticonfig Layout"
Screen 0 "aticonfig-Screen[0]-0" 0 0
EndSection

Section "Module"
EndSection

Section "Monitor"
Identifier "aticonfig-Monitor[0]-0"
Option "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
Option "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
Option "DPMS" "true"
EndSection

Section "Device"
Identifier "aticonfig-Device[0]-0"
Driver "fglrx"
BusID "PCI:1:0:0"
EndSection

Section "Screen"
Identifier "aticonfig-Screen[0]-0"
Device "aticonfig-Device[0]-0"
Monitor "aticonfig-Monitor[0]-0"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Viewport 0 0
Depth 24
EndSubSection
EndSection

うんうん。ちゃんとDriver "fglrx"になってますね。
で、再起動。
Screenshot-Catalyst Control Center#160;Catalyst10.10
Screenshot-システム・モニタシステムモニタでちゃんとsidになってる。

あっけないほど簡単だった。トラブルらしきトラブルもなし。そしてそれでも意外に日々の変化は少なめか。
Ubuntuのβみたいにすごい勢いで更新来るかと思ってたら、そうでもないみたい。


ま、数日じゃなんとも言えないけど、デスクトップ用途としては十分実用できる感じじゃないかな?
あぁ、サーバー用途ならば、当然安定してるのが最優先なので、こりゃ安定版のほうがいいでしょうけどね。

関連記事
DebianでKernelcheck使ってカーネル入れ替え
転々・・・そしてVistaのMBRを吹っ飛ばすなど
gconf-editorでデスクトップアイコン表示非表示
Catalyst 10.11 Released!!
Debianでsudoを使えるようにする
sid 用の非公式パッケージや apt-line
Debian sidがなかなか激しいDebian sidにiceweasel(firefox)4.0を入れてみる
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

830:No title
今はSqueezeのリリース前なので更新が少なめになってます。
Squeezeがリリースされれば怒涛の更新が再開されると思います。
新しめのパッケージについてはExperimentalに投入されているので興味があれば見てください
831:No title
あぁ、なるほど。時期的なものだったんですね。
ExperimentalにはカーネルやらIceweaselの4.0があるようで、面白そうだなーと思ってました。
なにぶんまだ不慣れなんですが、もうちょっと慣れてきたら手を出してしまうかもw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。