スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

MozcUpdate(0.13.499.102) Marverickで問題なく動作してるよー

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(0.13.499.10x)

共通の変更点

* 「的を得る」「嘘吹く」「危機一発」といった広く知られている誤字・誤用がサジェストや変換候補に表示されないようにしました。
* スペルチェック機能(もしかして機能) を導入しました。 (Windows/Mac版のみ) スペルチェックされた候補には <もしかして> というアノテーションが付与されます。 (例: シュミレーション → シミュレーション、 アボガド → アボカド、 レミオメロン → レミオロメン、 アラジンアロンゾ → アランジアロンゾ)
* カタカナ英語辞書を拡充しました (へいせいじゃんぷ → Hey! Say! JUMP)
* システム辞書からのサジェストの利便性を向上し、直前に入力したテキストを考慮しながら候補をランキングするようにしました。(例: 「六本木」を入力した直後に「ひ」を入力すると、「ヒルズ」や「ヒルズアリーナ」がサジェストされます。


オープンソース版の変更点

* Mac でもビルドできるようになりました。
* 多段計算ができるようになりました。 “1+1=” を 2 と変換したあと、 “+3=” と入力すると、5 と変換できるようになります。 (iBus 版のみ)
* Emacs 版クライアントが、”Arithmetic overflow error” で誤動作することがある問題を修正しました。



さて、この変更内容自体はあんまり興味がない、というか、Ubuntu10.10な俺の環境ではあまり大きな変更点はないんだけれど。
0.13.492.102 (r44)ではGnomeでログイン後にPythonがずっとCPU100%食ってたんですね。で、ここ数日KDE使ってたんだけど。
これが直ってないかとwktkしながらビルド。
結果的には・・・直ってまっす!!
Marverick RC amd64でしっかり動作してますね。

mozc013499102.tar.gz
いつものごとくビルドしてできたものをそのままうp。Debian系x64用です。
中身は↓
emacs-mozc-bin_0.13.499.102_amd64.deb mozc-server_0.13.499.102_amd64.deb
emacs-mozc_0.13.499.102_all.deb mozc-utils-gui_0.13.499.102_amd64.deb
ibus-mozc_0.13.499.102_amd64.deb scim-mozc_0.13.499.102_amd64.deb
なので、dpkg -i なりGdebiなりSoftwareCenterなりでインストールできるかと。

ま、手順もいつも通り
LinuxBuildInstructions

関連パッケージインストール
$ sudo apt-get install g++ python libibus-dev libcurl4-openssl-dev libssl-dev zlib1g-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev libprotobuf-dev protobuf-compiler libgtest-dev subversion devscripts debhelper libqt4-dev scim libscim-dev
depot_toolsのUpdate。
$ svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools
しかしここは504?エラーが出て、大丈夫かと思いつつそのまま次へ(ぉ
パス通して
$ export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"
あ?Update失敗してるからこの操作はいらなかったか?
で、前のVerビルドしてるので、ディレクトリ作って云々は飛ばして、移動してUpdate。
$ cd src/mozc
$ gclient sync
で、もうひとつ下に移動してビルド
$ cd src
$ debuild -b -uc -us
終わるとひとつ上のディレクトリ(~/src/mozc)にさっきの6つのパッケージができてるのでインストール。
$ cd ..
$ sudo dpkg -i emacs-mozc-bin_0.13.499.102_amd64.deb mozc-server_0.13.499.102_amd64.deb
emacs-mozc_0.13.499.102_all.deb mozc-utils-gui_0.13.499.102_amd64.deb
ibus-mozc_0.13.499.102_amd64.deb scim-mozc_0.13.499.102_amd64.deb

で、再起動っと。(たぶん、再ログインでもおk)
Screenshot-Mozcについて (Dev 0.13.499.102)おっけー。

さて、Japaneseのリポジトリにあるのは問題ないものの、・Mozc Update(0.13.492.102)でUbuntu10.10上でも確定前の文字列がキッチリ表示されるように!!←こいつより前のVerだとUbuntu10.10上では確定前の文字列が表示されなかった。
そして、このVer.だとibus(/usr/share/ibus/ui/gtk/main.py)がなぜかCPU100%使ってるのをなんとか直してみた←実は直ってなかった。のでここ数日KDE使ってた。
というトラブルに見舞われてたibus-mozc+Gnomeでしたが、どうやらこれでやっと落ち着けそうよ。

MozcのアイコンをみっくみくにするMozc.shもよろしくね☆

関連記事
ibus(/usr/share/ibus/ui/gtk/main.py)がなぜかCPU100%使ってるのをなんとか直してみた
Google日本語入力を試す on Ubuntu10.04
Google日本語入力ibus-mozcの設定ツールが出てたので入れてみた。
Mozcの新しいVer.が出てたので早速。
辞書・設定機能がついたmozc(0.11.365.101)を試す。
MozcがUpdateされてSCIMに対応したよ。
MozcがPPAのリポジトリに上がってるようで。
Mozcに辞書追加。
Mozc Update(0.13.492.102)でUbuntu10.10上でも確定前の文字列がキッチリ表示されるように!!
Pythonの暴走を止めろ!!ibus-mozcとの闘い再び
Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。Mozcもね!!
Mozc update 1.0.558.102 → 1.1.626.102 Debian sid に導入

Mikunchu468x60.png
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。