スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

インストール手順がビミョーに変わった。How to install Ubuntu10.10 Marverick

Ubuntu10.10ではインストール手順が今までとはビミョーに違ってます。
とはいえ、戸惑うほどのことはなく。
UpdateとMP3コーデックをインストール時についでに入れるのを選択できる、というのと、時間帯(Tokyoとかの)の選択と、ユーザーネーム&パスワードの設定がファイルコピー中、つまりインストールの最終段階に移動したってことくらい。
このおかげで、ちっとばかりインストールの時間が短縮されたのか?ま、今まで待ってるだけだったインストール最終段階、ファイルコピー中にタイムゾーン、ユーザーネームのセットアップということで、ちっとばかり時間を有効に使えるのかな?
(ま、俺は実機はAlternate使うのであんまり関係ないんだけれどもw

さて、VirtualBoxにてDesktop版、試してみたのでそのSSつきで。
まずはCDorUSBを1stBootに指定してブート。
Screenshot_20101002195505.png言語の選択。ま、日本語で。
開発途中だと日本語選んでも翻訳やら設定が中途半端で、Englishとあんまり変わらないときあるけどね。
RCになった今はほとんどダイジョーブ!!

で、「Ubuntuをインストール」か「変更を加えないでUbuntuを試す」を選びます。
「ディスクの破損をチェック」は焼きミスやISOのDL中になんかあったとき、つまりインストールディスクが正常かどうか確認。ま、生ISOをDLした人はやっといたほうがいいかも。(TorrentはDL後に自動でハッシュサム照合してくれるから)
あと、なんか書き込みソフトに不安があるときとかね。
メモリテストはまぁ、自作erには割と馴染み深いもので。メモリのエラーチェック。新規に組んだPCとかのときはやっといたほうがいいですね。ま、このUbuntuのメモテストじゃなくてもいいから。
一番目のHDDから起動、はそのとおり。LiveCDじゃなく、内臓のHDDから起動するってこと。

ここでは「Ubuntuを試す」を選びました。スペックに余裕ある時はこっちがオススメ。起動するかどうかのチェックできるしね。
スペックにあまり余裕がないときは、一度Live起動して、起動するかどうかチェックしてから「Ubuntuをインストール」を選ぶとちょっとはいいかも。ま、スペックがかなりキツイときはテキストモードでインストールできるAlternateをオススメしますが。

Screenshot-1_20101002195504.pngはい。起動おっけー。
これ、ひと通りの機能は使えます。Updateを下手に適用すると起動しなくなったりするけどw
ま、分かってる不具合あるときは、「そのソフトだけ」Updateすることをオススメします。(USBCreaterとかな

で、左のほうの「インストール」のアイコンダブルクリックでインストーラー起動。
ちなみに、最初のとこで「Ubuntuをインストール」を選んだときは、デスクトップが立ち上がらずにいきなりこのインストーラーが立ち上がります。
Screenshot-2_20101002195504.png起動して、まずは言語の選択。

Screenshot-3_20101002195503.pngこれ、今回Marverickで新しく追加された画面。
チェック項目と、その下の方にUpdateをインストール、サードパーティ・ソフトウェアをインストール、の二つのチェック項目があります。
これチェックすると、Updateとコーデック関連をインストール時に一緒に入れてくれるはずなんですが・・・どうやら今のところちゃんと機能してないご様子。チェック入れてインストールしたけど、初回起動でしっかりUpdate60くらいきてましたから!!

Screenshot-4_20101002195502.pngディスク領域の割り当て。
「他のOSと共存」では、一番大きい空き容量がるパーティションを自動的に検出して、マルチブート環境を構築してくれます。
「ディスク全体を削除して」では、今あるHDDの中身全部削除して、Ubuntu専用機になっちゃいますね。
「手動で」は、ちょっとなれた方ならこれを選ぶのが吉。/と/home分けたり、HDDのリサイズしたりしながら好みのパーティション構成が作れます。そのかわり。「sda1って何よ?」なレベルの方にはちとハードルが高いかも。
ここでの操作は適用してしまうとかなり致命的で。下手すると他のパーティション、例えばWindowsが入ってるパーティションフォーマットしちゃったり、なーんてことになってしまったりもするのでご注意を!!(体験済みw

Screenshot-5_20101002195502.png「手動」を選んだときは、このように各パーティションを選択して、ファイルシステムとマウントポイントを編集していきます。
ここで「パーティションをつかわない」タブを変更して・・・
Screenshot-6_20101002203653.pngファイルシステムの選択。ウワサのBtrfsも選択できるようになってます。(/bootには割り当てられない!!
Screenshot-7_20101002203652.pngで、マウントポイントの選択。
例えば3つパーティションを切って、/ /home swapとかいう構成、さらには4つ切って/boot(ext4) /(Btrfs) /home(Btrfs) swapなんていう構成つくるときには、この「手動」でパーティション切って指定してくんですね。
ま、このインストーラーのパーティショナーが不安定なときあるので、パーティション切るのはあらかじめGpartedなんかで、ってのをオススメしますが。

Screenshot-8_20101002203651.pngま、仮想環境だし。/(ext4)とSwapだけ。
下の方にブートローダーのインストール先が出てるので、これもしっかり確認しときましょう。特に複数台のHDD使ってる人は。
確認したら「インストール」。これ押すともうHDD構成は引込みつかないので、しっかり確認後にね。

Screenshot-9_20101002203651.pngさて、ここが変わったとこ。
今までこのタイムゾーンの選択は言語の選択の次に出てたんだけど、インストール中に移動したようです。
下の方にインストールの進行状況は出てるので、まぁ、同時進行ってこと。
Screenshot-11_20101002203650.png同じくユーザーネーム、パスワードの設定。これもインストール進行中に。
ここまでで設定は終わり。
Screenshot-12.png Screenshot-13.pngあとはインストール中にスライドショーが見えるので、まぁ暇つぶしに眺めてる間に終了

Screenshot-14.png終了したので再起動。(ま、そのままLiveで使い続けることもできるけど
で、リブート時にメディアを取り出してEnter押せば再起動します。
終了時にCD取り出せってことね。取り出さないとまたCDから起動しちゃうから。

VirtualBoxの場合は下の方のCDマークのとこからアンマウントしてEnter。
Screenshot-15.png再起動はバッチリ。だけど。しっかりUpdateがきてますね。
やはりインストール中のアレは今のところちゃんと効いてない模様w
さて、ここのとこ、正式版までにどうなるものやら。

で、VirtualBoxなのでGuestadditionを入れたいとこなんだけど。
これ、今のとこMarverickのカーネルに対応してないとのこと。
で、オープンソース版の利用方法がVIVA!UBUNTU!!さんで紹介されてたので早速。
Ubuntu 10.10 Maverick RC(リリース候補)版公開、Virtualboxでインストール
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install virtualbox-ose-guest-x11
これでおっけー。
Screenshot-16.png再起動すると、早速解像度が変わってましたー。
これでVirtualBoxでのフル機能が使えるはず。

関連記事
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Release Candidate Released!!
Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βのレビューが上がってますね
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat β 入れちゃいましたよっと。
Ubuntu Alternate版のレスキューモードは結構使えるかも。
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu10.04 LucidLynx インストールガイド(β2)
192MB以下のコンピュータでもインストールできる?LVMもRAIDもサポートするAlternate版でのインストール(Ubuntu10.10)
Ubuntu 10.10 (Maverick Meerkat) Released!!
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。