スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

gedit超強化。TextMate化?

Mikunchuのセットアップヘルパ作ってる時に、How To Become A HackerのCametanさんにちょっと教えてもらってやってみた。
どうやらGeditを超強力に改造できるらしい。
gedit TextMate化計画
あともうひとつ、はっぴーじむなすと@UbuntuさんのGeditはPythonエディタとして最高。を。

結果的に今、こうなってる。
Screenshot-projectmikunchu.py (~-NetBeansProjects-ProjectMikunchu-src) - gedit Screenshot-projectmikunchu.py (~-mikunchusetup) - gedit
いや、もう別物w もうテキストエディタとは言えねぇw

ちなみにTextMateってのはMac用のアプリらしいけど。TextMate
なんか超高機能エディタらしい?いや、Mac使ったことないし、使う気もないんだけど(ぉ

* Ability to Search and Replace in a Project
* Auto-Indent for Common Actions Like Pasting Text
* Auto-Pairing of Brackets and Other Characters
* Clipboard History
* Column Selections and Column Typing
* Completion of Words from Current Document
* CSS-like Selectors to Pinpoint the Scope of Actions and Settings
* Declarative Language Grammars for Graceful Mixing and Hacking
* Dynamic Outline for Working With Multiple Files
* Expand Trigger Words to Code Blocks With Tab-able Placeholders
* File Tabs when Working With Projects
* Foldable Code Blocks
* Function Pop-up for Quick Overview and Navigation
* Plug-able Through Your Favorite Scripting Language
* Recordable Macros With No Programming Required
* Regular Expression Search and Replace (grep)
* Run Shell Commands from Within a Document
* Support for Darcs, Perforce, SVK, and Subversion
* Support for More Than 50 Languages
* Switch Between Files in Projects With a Minimum of Key Strokes
* Themable Syntax Highlight Colors
* Visual Bookmarks to Jump Between Places in a File
* Works As External Editor for (s)ftp Programs
* Works Together With Xcode and Can Build Xcode Projects


さて、やってみよー。


1. 端末から次のコマンドを走らせる。
sudo aptitude install gedit-plugins

2. geditの[編集]→[設定]から「geditの設定」を呼び出し、タブからプラグインを選び、
* セッションの保存
* コード・スニペット
* ファイル参照ペイン
* コードのコメント
* 外部ツール
の5つにチェックを入れて有効にする。


ま、ここまでは簡単でしたね。そのまんま。

3.次の3つのプラグイン
* Snapopen
* Class Browser
* Word Completion( completion.gedit-plugin と completion.py の二つのファイル)

mkdir .gnome2/gedit/plugins
とした後、~/.gnome2/gedit/pluginsに放り込む。
その後、geditの[編集]→[設定]から「geditの設定」を呼び出し、タブからプラグインを選び、これらのプラグインを有効化する。


ここでちょっとハマった。
それぞれのDL先は
Class Browser Plugin
gedit-snapopen-plugin
Word Completion
それぞれファイルがバラバラだったりするんだけど。
Tar玉は解答して、できたフォルダの中の~~.pluginってのと同じく中にあるフォルダを突っ込めばいいっぽい。基本的に。
最初フォルダそのまま突っ込んでダメ、で、.pluginだけ突っ込んでダメ、と若干試行錯誤。
で、うまくいくと編集>設定のプラグインタブに現れて、チェック入れられるようになります。Screenshot-gedit の設定

さて、この状態ですでに上の状態。ま、メニューの「表示」からサイドペイン、ボトムペインにチェックも入れてますが。

4. 端末から、
wget http://robzon.kapati.net/rails/rhtml.lang && sudo mv rhtml.lang /usr/share/gtksourceview-2.0/language-specs/
wget http://robzon.kapati.net/rails/rails.xml && sudo mv rails.xml /usr/share/mime/packages
sudo update-mime-database /usr/share/mime

を走らせる。


はなんだかwgetの先が見つからなくってなんだかなぁ、と思ってたけど、これ以降はRuby用の設定なので、とりあえずシカトでおkとのこと。

さらにPythonのデバッグ機能。

ですが、このプラグイン、すこし改造すれば、Geditで唯一弱いといわれるPythonのデバッグの機能を提供してくれますw
その方法はというとまずプラグインを有効にしてメニューの「Manage External Tools」から

#!/bin/sh

gnome-terminal --execute pdb $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH



というエントリを追加すればいいだけ。
これにF5キーでもあてればpdbを使ってデバッグができます。


とのこと。
早速やってみましょうか。
メニューのツール>外部ツールマネージャーから
Screenshot-外部ツール・マネージャ左下のボタンで新規をひとつ作る。
ここではPython debugとしたけど、まぁ、なんでもいいでしょう。
で、右側のスクリプトのとこにはっつけて閉じる。
これでツール>外部ツールのとこに現れるので、すぐ実行できます。Screenshot-projectmikunchu.py (~-NetBeansProjects-ProjectMikunchu-src) - gedit
で、実行すると、端末立ち上がって、

> /home/tmin/NetBeansProjects/ProjectMikunchu/src/projectmikunchu.py(3)()
-> import sys
(Pdb)


などと。まぁ、俺はこのPdbなるものの使い方がよくわからんのだがな!!

そのままついでにGeditはPythonエディタとして最高。で紹介されてるツールも突っ込んじゃいましょう。
gedit-plugin-autocomplete コードの自動補完、のかなりの強化版らしい。
gedit-foldingこっちはコードの折りたたみ。NetBeansで+-って付いてたアレと同じ機能。
これは該当の行にカーソル持って行って、ツール>Foldって使います。
例えばここの最初のifの前にカーソル持って行ってFold

if self.chkaudacious.get_active() == True:
#install audacious
for cmd in installCommands[3]:
self.execCommand(cmd)
if self.chkibusmozc.get_active() == True:
#install mozc
for cmd in installCommands[4]:
self.execCommand(cmd)


で、こう折りたたまれるわけ。

if self.chkaudacious.get_active() == True:
if self.chkibusmozc.get_active() == True:
#install mozc
for cmd in installCommands[4]:
self.execCommand(cmd)


戻すときは同じとこでもう一回Fold、で開きます。

ちなみに左ペインは開いているドキュメントの一覧、ファイルブラウザ、ClassBrowzer、と切替可能。
ボトムペインはPythonコンソール、シェルの出力、端末と切替可能。
これは便利だわ。つか、便利すぎて使いこなせない俺が一番問題w

もう、Emacsにも負けねぇんじゃね?

ちなみに、なんでこんなことになったかというと、やっぱり今の俺では全くアプリが形になってない時ってのはNetBeansの方がはるかにラクというか、親切なんですよ。
でも、立ち上がりが遅いw
あと、一行が長くなるとけっこう見づらい。
というわけで、とりあえず起動するまで、ってのはNetBeansでやってたんですが、その後、実行時に一部エラーが出る、みたいな状態だと、Geditの方がお手軽に開けるので、こっちでちまちまやってたんですね。
ま、いきなりGeditでガツガツ書き始められるような次元にはまったく届いてないですからw

で、その流れでGeditでプログラミングとか、色々できるよってことで教えてもらってやってみた次第。
起動はするけどまともに動作しない、くらいまでたどり着いたあとはこっちの方がラクかもしれないですね。
侮りがたし。Gedit。

関連記事
【Project】セットアップヘルパ超テスト版&一括導入スクリプトちょっとFix【Mikunchu♪】
UbuntuでPython開発環境のためのNetBeans&JDK導入
タコでもできるGladeでGTKのGUIデザイン
おっさんでもできてるPython
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。