スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ

メイン環境をLucidに戻しました。ま、おとつい辺りにやってしまってたんだけど。
Merverickは前にも書いたようにグラボのドライバ待ちになりそうなので、まぁ、暇を見て余ってるHDDにでもつっこんどいて、たまに様子見るとかいう感じにするかも。
Vistaもいいんだけど、なんかもう、Ubuntuの方が落ち着くんだよw

さて、表題のセットアップ1.5時間。もう少し早かったかもしれないくらい。(朝方やっちゃったし。
うちのメイン環境はLucid導入後にちょっと書いてるけど、mdadmでソフトウェアRAID組んで、/boot / /home Swapと分けてます。
UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。

ま、RAIDは別として、この/homeと/を分けとくことで、再インストール後にほとんどの設定がそのまま引き継がれるんですね。具体的には、/home/.で始まる隠しファイルに設定があるもの。
/usr/shareに設定があるのなんかもありますが、一般的なアプリの設定、デスクトップの設定はほとんど/homeにあるので、復旧はかなり早いのです。
dev-sda - GParted dev-sdb - GParted
実際はこんな感じで。
sda1 /boot
sda2&sdb1 / raid
sda3&sdb2 /home raid
sdb3 swap
となってます。通常、RAID組まない状態では、/bootを分ける意味も大してないので、/ /home swapになることが多いかと。
これは、GRUB2がRAID上にある/bootを読めないとか何とかで。それで分けただけ。

RAID組んでるのでAlternate版で再インストールしたんですが、普通は通常のデスクトップ版でOK。
要は、/をフォーマットしてシステムは丸ごとインストールして、/homeはフォーマットしないで、/homeとして指定して、同じユーザーネーム、同じパスワード入れておけばおっけー。
俺の上の場合はsda2&sdb1=md1 /をフォーマット、/に指定
sda3&sdb1=md0 /homeをフォーマットしないで/homeに指定
(sda1はフォーマットして/bootに指定)
これでおっけー。インストール自体は、スペックにもよるだろうけど、慣れれば30分かからないしね。

さて、これでほぼ全ての設定は引き継がれたままシステム領域だけクリーンインストールした状態ができました。
あとは、入れてたソフト。
これはUbuntuTweak使ってリポジトリ追加してから、あらかじめとっておいたインストールされたソフトの一覧をSynapticで読み込んで適用すれば一気に行けます。このときにUpdateも一緒に入れてしまえば操作は一回限り。(ま、それに時間かかるけどな
Synapticでインストール済みのパッケージ一覧取得&クリーンインストール時にリストからまとめてインストール
UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々
俺の場合はLucidインストールして、ある程度セットアップ終わったところでこのリストを作ってたので、これを読み込んで適用っと。
当然これ、大量のパッケージが次々インストールされるので、さすがに時間かかるけど。(それでも30分くらいか?

この間に/usr/share/fontにWindowsからFontsぱくってきて入れて、$ sudo fc-cache -f -v とか、$ sudo sensors-detectでlm-sensorsセットとか。
まぁ、パッケージマネージャーはひとつしか立ちあげられないので、他のことをちょこちょこやって、適用待って、再起動。
あぁ、そうそう。リポジトリ経由しか入らないので、debパッケージで手動インストールするものはまた別に入れなきゃいかんですが。(Mozcとかな

これだけでほぼ前の状態に戻せるのがありがたいですね。
ちなみに。
この時一応FEBEでFirefoxはバックアップとって、sdc(Windowsが入ってるHDD)の方にデータ移しといて、とか。まぁ、念のためにね。
やっぱ、/homeは分けといたほうがラクですよ。ま、たまーにクズ設定がトラブルを招くことも無きにしもあらず、ですが。
で、今使ってるまんまのパッケージリストとか作っておけばそれ適用でOKだし。俺の場合は大抵半年の間にいじりすぎてしまうので初期セットアップ終わった状態でとってあるんだけど。
この辺は人により、でしょうけど、再セットアップを簡単に、手早く済ませるためにはね。
結局この間、再起動はインストール後とソフト全部入れて、Update適用したあとの2回だけだし。(ま、ハマればもう少しw

もうじき10.10出ますが、Upgradeはやはりトラブルの原因になることが多いので、必要なバックアップはとっておいて、クリーンインストールするとき(Upgrade失敗含め)にはこれが早いよ、ってお話。

関連記事
Ubuntuインストール後最初にやることっていうと・・・ on Ubuntu10.04
ログイン画面が文字化け(´Α`)Ubuntuのシステム標準のフォントの変更
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
これから Ubuntuをはじめるあなたへ ver.Win/Lin
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
10 things to do after installing Ubuntu 10.10 Maverick Meerkatだってさ。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。