スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

miniDLNAなるDLNAサーバーでBRAVIAがいけるとかなんとか。

BRAVIAで玉砕してたMediaTomb、設定がいみふだったPMSに引き続き、今度はminiDLNAというのを。
どうもこいつはBRAVIAとの互換もおっけーとの噂。
miniDLNAなるDLNAサーバを試す。(たわごとさん)

さて、そもそも何がなんだか分からないので下調べ。
公式はたぶんここ。http://sourceforge.net/projects/minidlna/files/
でも解説とかが見当たらない。

で、結局インストールに当たって参考にしたのはこの辺り。
CentOS 5.3 にminidlnaを突っ込んだ記録
ソースからminiDLNAのコンパイルを試みる
えぇ。凄まじく親切な解説でございました。感謝!!

/var/cvsというディレクトリ作って、以下に展開することに。(たぶん他のディレクトリでもおk
ディレクトリ作成して移動

$ sudo mkdir /var/cvs
$ cd /var/cvs



http://sourceforge.net/projects/minidlna/developのとおりにソースファイルげt

$ sudo cvs -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsrooot/minidlna login
sudo: cvs: command not found


おw 怒られちったw cvs入れ忘れww これ、先に入れときましょーね。

$ sudo apt-get install cvs



はい。改めて。

$ sudo cvs -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsrooot/minidlna login
Logging in to :pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:2401/cvsrooot/minidlna
CVS password:  ←ここ、参考にさせてもらったサイトでもEnterだけでおkとあったのでそのようにしました。
/cvsrooot/minidlna: no such repository


もう一個。

$ sudo cvs -z3 -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/minidlna co -P minidlna
cvs checkout: CVS password file /home/tmin/.cvspass does not exist - creating a new file
cvs checkout: Updating minidlna
U minidlna/INSTALL
U minidlna/LICENCE
U minidlna/LICENCE.miniupnpd
U minidlna/Makefile
U minidlna/README
U minidlna/TODO
U minidlna/albumart.c
U minidlna/albumart.h
U minidlna/daemonize.c
U minidlna/daemonize.h
U minidlna/genconfig.sh
U minidlna/getifaddr.c
U minidlna/getifaddr.h
U minidlna/icons.c
U minidlna/image_utils.c
U minidlna/image_utils.h
U minidlna/inotify.c
U minidlna/inotify.h
U minidlna/log.c
U minidlna/log.h
U minidlna/metadata.c
U minidlna/metadata.h
U minidlna/minidlna.c
U minidlna/minidlna.conf
U minidlna/minidlnapath.h
U minidlna/minidlnatypes.h
U minidlna/minissdp.c
U minidlna/minissdp.h
U minidlna/minixml.c
U minidlna/minixml.h
U minidlna/options.c
U minidlna/options.h
U minidlna/playlist.c
U minidlna/playlist.h
U minidlna/scanner.c
U minidlna/scanner.h
U minidlna/sql.c
U minidlna/sql.h
U minidlna/testupnpdescgen.c
U minidlna/tivo_beacon.c
U minidlna/tivo_beacon.h
U minidlna/tivo_commands.c
U minidlna/tivo_commands.h
U minidlna/tivo_utils.c
U minidlna/tivo_utils.h
U minidlna/upnpdescgen.c
U minidlna/upnpdescgen.h
U minidlna/upnpdescstrings.h
U minidlna/upnpevents.c
U minidlna/upnpevents.h
U minidlna/upnpglobalvars.c
U minidlna/upnpglobalvars.h
U minidlna/upnphttp.c
U minidlna/upnphttp.h
U minidlna/upnpreplyparse.c
U minidlna/upnpreplyparse.h
U minidlna/upnpsoap.c
U minidlna/upnpsoap.h
U minidlna/utils.c
U minidlna/utils.h
U minidlna/uuid.c
U minidlna/uuid.h
cvs checkout: Updating minidlna/linux
U minidlna/linux/inotify-syscalls.h
U minidlna/linux/inotify.h
U minidlna/linux/minidlna.init.d.script
cvs checkout: Updating minidlna/po
U minidlna/po/LINGUAS
U minidlna/po/Makevars
U minidlna/po/POTFILES.in
U minidlna/po/da.po
U minidlna/po/de.po
U minidlna/po/es.po
U minidlna/po/fr.po
U minidlna/po/ja.po
U minidlna/po/minidlna.pot
U minidlna/po/nb.po
U minidlna/po/nl.po
U minidlna/po/sv.po
cvs checkout: Updating minidlna/tagutils
U minidlna/tagutils/misc.c
U minidlna/tagutils/misc.h
U minidlna/tagutils/tagutils-aac.c
U minidlna/tagutils/tagutils-aac.h
U minidlna/tagutils/tagutils-asf.c
U minidlna/tagutils/tagutils-asf.h
U minidlna/tagutils/tagutils-flc.c
U minidlna/tagutils/tagutils-flc.h
U minidlna/tagutils/tagutils-misc.c
U minidlna/tagutils/tagutils-mp3.c
U minidlna/tagutils/tagutils-mp3.h
U minidlna/tagutils/tagutils-ogg.c
U minidlna/tagutils/tagutils-ogg.h
U minidlna/tagutils/tagutils-pcm.c
U minidlna/tagutils/tagutils-pcm.h
U minidlna/tagutils/tagutils-plist.c
U minidlna/tagutils/tagutils-wav.c
U minidlna/tagutils/tagutils-wav.h
U minidlna/tagutils/tagutils.c
U minidlna/tagutils/tagutils.h
U minidlna/tagutils/textutils.c
U minidlna/tagutils/textutils.h


おっけーならここにminidlnaってディレクトリができてるはずなので確認。

$ ls
minidlna


おっけー。ここまで無事進んでるようだ。

さて、コンパイル。

$ cd minidlna/
$ make
./genconfig.sh
-e
ERROR! Cannot continue.
-e The following required libraries are either missing, or are missing development headers:

-e libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3

make: *** [config.h] エラー 1


おっと。どうやらライブラリが足りないっ!!
そこでおバカな俺はそのままやってみる。

$ sudo apt-get install libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
E: パッケージ libavcodec が見つかりません


はい怒られたー。
どうやらライブラリは後ろにdevがつく、とのこと。で、全部やってみる

$ sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libvorbis-dev libogg-dev libid3tag-dev libexif-dev libjpeg-dev libsqlite3-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
E: パッケージ libid3tag-dev が見つかりません


はい怒られたー。
と、色々やってみて。

$ sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libvorbis-dev libogg-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libvorbisfile3
提案パッケージ:
libfaad-dev libgsm1-dev libschroedinger-dev libspeex-dev libtheora-dev
libx11-dev libxext-dev zlib1g-dev libraw1394-dev libdc1394-22-dev
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libavcodec-dev libavformat-dev libavutil-dev libflac-dev libogg-dev
libvorbis-dev libvorbisfile3
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
3,477kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 11.2MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y


とりあえずここまではおっけー。
あとはうしろのいくつか。libid3tag libexif libjpeg libsqlite3 の4つか。
さて、へたれなのでここでメイン機の方のSynaptic起動して検索かけてみると、それらしきものは引っかかります。それを参考に・・・

$ sudo apt-get install libid3tag0-dev libexif-dev libjpeg62-dev libsqlite3-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
libid3tag0 pkg-config zlib1g-dev
提案パッケージ:
sqlite3-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
libexif-dev libid3tag0 libid3tag0-dev libjpeg62-dev libsqlite3-dev
pkg-config zlib1g-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1,214kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 3,666kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?


おk。通ったっすね。libid3tag0-dev libjpeg62-dev この二つは検索せなわからんわー。他の二つは後ろに-dev付けるだけでしたね。

で、とりあえずmakeしたらPermission deniedっていくつかでたので、sudoつけてやり直し

$ sudo make
(中略)めっちゃ長いw
Linking minidlna
Compiling testupnpdescgen.c
Linking testupnpdescgen


実行ファイルとして、minidlnaとtestupnpdescgenができあがったようです。
でも、sudo make installとしないと正しい場所に格納されないようです。(ネット情報&Makefileの記述) これで、minidlnaが/usr/sbin下に格納され、/etc下にminidlna.confが格納されます。

とのことなので、make installしようか。

$ sudo make install
install -d /usr/sbin
install minidlna /usr/sbin
install -d /etc
install --mode=0644 minidlna.conf /etc


おっけー。

さてさて、今度は設定ファイル編集。設定ファイルは/etc/minidlna.conf

$ sudo nano /etc/minidlna.conf
以下ファイルの中身(デフォルト)
# port for HTTP (descriptions, SOAP, media transfer) traffic
port=8200

# network interface to bind to (this is the only interface that will serve$
#network_interface=eth0

# set this to the directory you want scanned.
# * if have multiple directories, you can have multiple media_dir= lines
# * if you want to restrict a media_dir to a specific content type, you
# can prepend the type, followed by a comma, to the directory:
# + "A" for audio (eg. media_dir=A,/home/jmaggard/Music)
# + "V" for video (eg. media_dir=V,/home/jmaggard/Videos)
# + "P" for images (eg. media_dir=P,/home/jmaggard/Pictures)
media_dir=/opt

# set this if you want to customize the name that shows up on your clients
#friendly_name=My DLNA Server

# set this if you would like to specify the directory where you want MiniD$
#db_dir=/var/cache/minidlna

# this should be a list of file names to check for when searching for albu$
# note: names should be delimited with a forward slash ("/")
album_art_names=Cover.jpg/cover.jpg/AlbumArtSmall.jpg/albumartsmall.jpg/Al$

# set this to no to disable inotify monitoring to automatically discover n$
# note: the default is yes
inotify=yes

# set this to yes to enable support for streaming .jpg and .mp3 files to a$
enable_tivo=no

# set this to strictly adhere to DLNA standards.
# * This will allow server-side downscaling of very large JPEG images,
# which may hurt JPEG serving performance on (at least) Sony DLNA produc$
strict_dlna=no

# default presentation url is http address on port 80
#presentation_url=http://www.mylan/index.php

# notify interval in seconds. default is 895 seconds.
notify_interval=900

# serial and model number the daemon will report to clients
# in its XML description
serial=12345678
model_number=1


port=8200を使うらしい。これ、変更可能かもね。
俺のとこのサーバー機は/home/public以下にLAN内で共有するメディア置いてるので、これを指定せねば。

media_dir=A,/home/public/音楽
media_dir=V,/home/public/Video
media_dir=V,/home/public/movie
media_dir=V,/home/public/anime
media_dir=P,/home/public/Pictures


こんな感じに書き加えて保存。

で、どうやらdaemonの起動スクリプトがあるらしい?というわけで確認してみる。

$ ls
CVS inotify.o playlist.h upnpdescgen.o
INSTALL linux playlist.o upnpdescstrings.h
LICENCE log.c po upnpevents.c
LICENCE.miniupnpd log.h scanner.c upnpevents.h
Makefile log.o scanner.h upnpevents.o
README metadata.c scanner.o upnpglobalvars.c
TODO metadata.h sql.c upnpglobalvars.h
albumart.c metadata.o sql.h upnpglobalvars.o
albumart.h minidlna sql.o upnphttp.c
albumart.o minidlna.c tagutils upnphttp.h
config.h minidlna.conf testupnpdescgen upnphttp.o
daemonize.c minidlna.o testupnpdescgen.c upnpreplyparse.c
daemonize.h minidlnapath.h testupnpdescgen.o upnpreplyparse.h
daemonize.o minidlnatypes.h tivo_beacon.c upnpreplyparse.o
genconfig.sh minissdp.c tivo_beacon.h upnpsoap.c
getifaddr.c minissdp.h tivo_beacon.o upnpsoap.h
getifaddr.h minissdp.o tivo_commands.c upnpsoap.o
getifaddr.o minixml.c tivo_commands.h utils.c
icons.c minixml.h tivo_commands.o utils.h
image_utils.c minixml.o tivo_utils.c utils.o
image_utils.h options.c tivo_utils.h uuid.c
image_utils.o options.h tivo_utils.o uuid.h
inotify.c options.o upnpdescgen.c uuid.o
inotify.h playlist.c upnpdescgen.h
$ cd linux
$ ls
CVS inotify-syscalls.h inotify.h minidlna.init.d.script


確かにある。これを/etc/rc.d/init.dにコピー。Debian向けに書かれてるらしいので、Ubuntu Serverな俺のとこじゃそのままで問題ないのかな?

$ sudo cp minidlna.init.d.script /etc/init.d/minidlna


おっけー。一応確認してみると、/etc/init.d/minidlnaってちゃんとできてます。
で、コレに実行権限つけていよいよ起動。

$ sudo chmod 755 /etc/init.d/minidlna
$ sudo /etc/init.d/minidlna start
* Starting minidlna minidlna [ OK ]


おっけー。

さて、今、我が環境では目的のBRAVIAがLAN接続されてないので、認識できるかは未確認!!
ちなみにminiDLNA Editorなるアプリもあるらしく、ぱっと見、コレ使うとMediaTombのブラウザからの管理画面みたく操作できるのかな?
miniDLNAを使いこなしていく ~MiniDLNA Editorを使う~
MiniDLNAデータベース情報変更PHP
ま、この辺はおいおいとやっていきましょうかね。
今日はとりあえず導入まで、と。

関連記事
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
Samba再び
MediatombでDLNAサーバー構築してみよー
PS3MediaServerってDLNAサーバがBRAVIA行けるらしいとかなんとか
Debian squeezeサーバーにMediatombでDLNAサーバー
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。