スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Mozc Update早速ビルド。(0.12.434.x)

Google 日本語入力のベータ版をアップデートしました (0.12.434.x)
とのことで、まぁ、いつもの手順で早速入れてみましたよ。
ぶっちゃけもう、最近のUpdateは違いが分からんなー。

一応オープンソース版の変更は

オープンソース 版の変更点
* 特定の状況で変換エンジンが起動できなくなる問題を修正いたしました。


うん。微妙ですねw
ま、やることはいつもと同じで。
LinuxBuildInstructions

$ sudo apt-get install g++ python libibus-dev libcurl4-openssl-dev libssl-dev zlib1g-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev libprotobuf-dev protobuf-compiler libgtest-dev subversion devscripts debhelper libqt4-dev scim libscim-dev


今回も必要パッケージに変更はなかったです。

$ svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools
U depot_tools/tests/gclient_utils_test.py
U depot_tools/gclient_utils.py
U depot_tools/gclient.py
リビジョン 56049 をチェックアウトしました。


これは毎回ながらビミョーにリビジョン変わってるけど。

$ export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"
$ cd src/mozc/
$ gclient config http://mozc.googlecode.com/svn/trunk/src (前にビルドしてたらこれは不要)
$ gclient sync


これで最新のソースになるので。。。
ビルド。

$ cd src
$ debuild -b -uc -us
$ cd ..
$ ls
ibus-mozc_0.12.422.102_amd64.deb mozc_0.12.422.102_amd64.build
ibus-mozc_0.12.434.102_amd64.deb mozc_0.12.422.102_amd64.changes
mozc-server_0.12.422.102_amd64.deb mozc_0.12.434.102_amd64.build
mozc-server_0.12.434.102_amd64.deb mozc_0.12.434.102_amd64.changes
mozc-utils-gui_0.12.422.102_amd64.deb scim-mozc_0.12.422.102_amd64.deb
mozc-utils-gui_0.12.434.102_amd64.deb scim-mozc_0.12.434.102_amd64.deb
mozc_0.12.422.102.dsc src
mozc_0.12.422.102.tar.gz


0.12.434.102ってついてる4つが最新Ver.

$ sudo dpkg -i ibus-mozc_0.12.434.102_amd64.deb mozc-server_0.12.434.102_amd64.deb mozc-utils-gui_0.12.434.102_amd64.deb scim-mozc_0.12.434.102_amd64.deb


でインストール完了、っと。

一応いつもながら俺環境でビルドしたのをうp。amd64の方はどーぞ。
Mozc434.tar.gz

あとは一旦ログアウトor再起動すればおk。
なんか文節区切りがちとビミョーという話もあったけど、さして違いは感じなかったかな?
これ、タイプミス補完機能ついた頃からちょっと多いかな?って感じはしてたけど、まぁ、そんな感じがするって程度。
Anthyよりははるかにいいのは変わってない。つか、Anthyのおかげで細かく変換する癖がついちゃってるのであんまり感じないだけかもしれない。
あとは・・・ちと語彙がアレか。専門用語とかだとちょっと弱いかな?と感じるけど、まぁ、俺はSAWAさんとこの辞書使わせてもらってかなりマシになった印象。
Mozcに辞書追加。
Mozc+dict: 辞書を強化した(変態化した?)Mozcを作ってみた

法律用語とかは自分で一部追加せないかんかなー?ってくらいか。そきゃく 阻却 ぎもう 欺網とかね。

ま、最近のUpdateでの変化はちとビミョー、というか、あんまり目新しい変化はないけど、これの存在はLinuxユーザーの日本語入力に大きな影響と、期待と、いい変化をもたらしてくれたよね。
Googleの開発者さんたちに大感謝!!

関連記事
Google日本語入力を試す on Ubuntu10.04
辞書・設定機能がついたmozc(0.11.365.101)を試す。
MozcがUpdateされてSCIMに対応したよ。
MozcがPPAのリポジトリに上がってるようで。
Mozcに辞書追加。
遅ればせながらMozc0.12.422.102ビルド。
【Project】もずくのアイコンとかサウンドテーマとかplymouthdとか【Mikunchu♪】
Google日本語入力 on Vista
Mozc Update(0.13.464.102)
Mozc Update(0.13.481.102)
Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。Mozcもね!!
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

709:No title
以前のmozc + scim + JD(2ch Viewer)で日本語入力ができなくなることが多かったので(JD起動直後は日本語入力できるのに、しばらくするとできなくなる)、その改良でしょうか。ibusでは発生しませんでした。
711:No title
ちょっと僕自身、ソースが読めないのでかなり予想なんですが。
>特定の状況で変換エンジンが起動できなくなる問題を修正いたしました。
で「変換エンジン」と書いててibusと書いてないので、SCIMにも変更が入ってる可能性は高いと思いますよ。
あと、SCIM対応は途中からであって、やはり最初の2回ほどは不安定感が非常に高かったので、こちらの改善が入っているかも。

そういえばSCIM試してないなぁ。安定してきてるのかな?ちょっと後ほどうちの環境でも試してみますねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。