スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

最近のUbuntu道場ってどうよ?

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第24回 ~師範! Emacsとviって使わないといけないんですか!?~
行っとけ! Ubuntu道場! ― 第25回 ~師範……アプリの日本語訳に挑戦してみたいです!(前編)~
ぶっちゃけいまいちw
だが惜しい!!もう少し!って感じ。

さて、迷走が続いてたこの連載、最初はUbuntuって何ですか?から始まってたんですよね。

行っとけ! Ubuntu道場!

初心者も使えて人気急上昇のOS『Ubuntu』。Ubuntu Japanese Teamの個性的な面々がやさしく、カンタンに、そして本音トークで「Ubuntuの今」を解説してくれるぞ。Ubuntuユーザーなら必読の座談会なのだ!

文●hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史
~師範……アプリの日本語訳に挑戦してみたいです!(前編)~

2010年08月05日 15時00分
第25回 ~師範……アプリの日本語訳に挑戦してみたいです!(前編)~

やっぱりUbuntuでも日本語表示がうれしい! と思うなら自分たちでパッケージを翻訳だ! 査読の鉄人、Ubuntu Japanese Translatorsが、翻訳作業の初歩を教えてくれちゃうぞ。

~師範! Emacsとviって使わないといけないんですか!?~

2010年07月22日 17時00分
第24回 ~師範! Emacsとviって使わないといけないんですか!?~

編集Sが嫌うことでおなじみの「Emacs」と「vi」が、ついに道場に登場! 正直ふつうのユーザにはあまり関係ないアプリだと思うけど、マニアのみんなはゆっくりしていってね!

~師範! テキストエディタって一体なんですかい~

2010年07月08日 16時00分
第23回 ~師範! テキストエディタって一体なんですかい~

パワーユーザになればなるほど、エディタには一家言あるもの。Wikipediaに「エディタ戦争」という項目があるほど穏やかじゃないトピックに首を突っ込んだUbuntu道場の明日はどっちだ!

~神よ! 良きメーラー、Sylpheedについて教えてください!~

2010年06月24日 17時00分
第22回 ~神よ! 良きメーラー、Sylpheedについて教えてください!~

OSを乗り換えるときに気になるのが、お気に入りのメーラーと同じ手触りのものがあるかどうか。アプリ作者とUbuntu Japanese Teamが、強力プッシュする神アプリ、「Sylpheed」をチェックチェック! Windows...

~師範、Ubuntuで音楽はどう楽しめばいいですか?…… ~

2010年06月10日 16時00分
第21回 ~師範、Ubuntuで音楽はどう楽しめばいいですか?…… ~

iPhoneの中身もまるっと読めるようになったUbuntu 10.04。Ubuntuでさらに楽しくアニソン+αを聴けるように、Ubuntu Japanese Teamに愉快&快適な音楽ライフを語ってもらったぞ!

~師範! 新リリース10.04は絶対入れるべきですよね!~

2010年05月27日 17時30分
第20回 ~師範! 新リリース10.04は絶対入れるべきですよね!~

Ubuntu 10.04を徹底フィーチャーした、Ubuntu Magazine vol.04も発売直前!ということで、なぜ今回のバージョンをインストールすべきなのか、Ubuntu Japanese Teamメンバーが懇切丁寧に説明しちゃうぞ!

~師範!10.04導入前にバックアップの方法を教えてください~

2010年05月06日 16時00分
第19回 ~師範!10.04導入前にバックアップの方法を教えてください~

GW明けにリリースの、Ubuntu 10.04日本語Remixも大詰めを迎えて大わらわのJapanese Teamが、バックアップのコツを伝授!10.04インストール前は、バックアップはお忘れなく!

~師範! おうちにクラウドって必要ですか?~

2010年04月22日 16時00分
第18回 ~師範! おうちにクラウドって必要ですか?~

とりあえずクラウドって言っておけばなんとなく時代の雰囲気っぽいよね、というまさしく一般人ユーザーのキミに、Eucalyptusのプロたちが、クラウドのなんたるかを教えちゃう後編だ!

~師範! クラウドがバズワードってホント!?~

2010年04月08日 16時00分
第17回 ~師範! クラウドがバズワードってホント!?~

バズってるとかいうチャラい言葉、みんなもむかつくよね! というわけで、バズりまくりの「クラウド」とUbuntuの関係を、「クラウドは人生」が座右の銘(?)な、JEUGのエキスパートと一緒に解説しちゃうぞ!

~師範! 大期待の次期バージョンについて教えてください!~

2010年03月25日 16時00分
第16回 ~師範! 大期待の次期バージョンについて教えてください!~

ベータ1も公開されて、4月末のリリースに向けて期待も高まるUbuntu 10.04。ハデに変更される機能やデザインを、Ubuntu Japanese Teamメンバーが特濃で解説しちゃうぞ!

~師範! おうちサーバ使うのって楽しいんですか?~

2010年03月11日 16時00分
第15回 ~師範! おうちサーバ使うのって楽しいんですか?~

自宅にサーバを立てるなら、なんと言ってもLinux(タダだし)! 一人世帯でもサーバは中小企業の保有台数以上のエキスパートたちが、サーバ構築の楽しさをじっくりレクチャー!リア充は購読禁止だよ!

~師範! Ubuntuの仲間たちで音楽制作ですよ! その2~

2010年02月25日 16時00分
第14回 ~師範! Ubuntuの仲間たちで音楽制作ですよ! その2~

めでたくUbuntu Magazine Japan vol.03もお手ごろ価格で発売に! 今回は引き続きLinuxでのお手ごろ音楽制作環境を、でびあん&うぶんつメンバーが解説しちゃうぞ!

~師範! Ubuntuの仲間たちで音楽制作ですよ!~

2010年02月11日 18時00分
第13回 ~師範! Ubuntuの仲間たちで音楽制作ですよ!~

Ubuntu Magazine Japan vol.03の編集作業も佳境。ヨソの人の手も借りたい!ついでに、メンバーが不得手なところも解説して!というわけで、初のLinuxで音楽制作編、前後編でお届けしまっす!

~師範! Ubuntuをどんなハードウェアで使ってるんですか?~

2010年01月28日 16時00分
第12回 ~師範! Ubuntuをどんなハードウェアで使ってるんですか?~

Ubuntu Japanese Teamのメンバーは、どんなハードがお気に入り? Ubuntu採用製品のNetWalker&Inspiron Miniは当然としても、メンバーおそろい(?)のマシンはなんとも意外な1台に……。

~師範! Ubuntuでどんなソフト使ってますか?~

2010年01月14日 17時30分
第11回 ~師範! Ubuntuでどんなソフト使ってますか?~

Ubuntu Japanese Teamの精鋭なら、きっと隠れた優秀ソフトをバリバリ使ってるはず! というわけで、今回はチームメンバーの偏愛ソフトをガンガン紹介しちゃうのだ(ただしEmacs以外で)。

~師範! Ubuntuってどんな風に開発されてるんですか?~

2009年12月24日 16時00分
第10回 ~師範! Ubuntuってどんな風に開発されてるんですか?~

Ubuntuの開発事情をやさしく解説するついでに、「LTS以外は不安定版」などの都市伝説が生まれる理由をUbuntu Japanese Teamがキバヤシばりに究明しちゃうぞ!

~師範! Japanese Teamに参加した理由は何ですか? ~

2009年11月26日 16時00分
第9回 ~師範! Japanese Teamに参加した理由は何ですか? ~

Ubuntu Magazine Japan vol.02も11月30日に発売のめどが立ち、原稿地獄から脱出したJapanese Teamの面々。メンバーになった/なれる理由と条件(?)を身の上を交えて語ります!!

~師範! 9.10も出たし、バグとの戦い方とか教えてください! ~

2009年11月12日 16時00分
第8回 ~師範! 9.10も出たし、バグとの戦い方とか教えてください! ~

ちまたにはびこるUbuntu9.10への誤解を、コアラ同様に草食系ボーイズなUbuntu Japanese Teamメンバーが一刀両断!? コアラも怒ると怖いんだゾ!

~師範! 今日公開のUbuntu9.10を解説してください!~

2009年10月29日 16時00分
第7回 ~師範! 今日公開のUbuntu9.10を解説してください!~

本日、10月肉の日はUbuntu 9.10のリリース日! さらに高速起動でデザインもカッコよくなった、9.10の新機能&入れるときにちょこっと注意したい点をメンバーが懇切丁寧に解説。今回の道場は役に立っちゃうぞ!

~師範! 次バージョン「コアラ」について教えてください!~

2009年10月15日 16時00分
第6回 ~師範! 次バージョン「コアラ」について教えてください!~

コアラって、意外と凶暴らしいです。というわけで、Ubuntu Japanese Teamが10月末リリースの新バージョン「9.10 Karmic Koala」を、セブンで盛り上がってる世間とはまったく無関係にマイペースでご紹介。コ...

~師範! フリーソフトウェアってなんですか!~

2009年08月27日 17時30分
第5回 ~師範! フリーソフトウェアってなんですか!~

いまUbuntuを入れると!2万5000点以上のソフトが無料!これゼーンブついてきます!(ジャパ●ット調で)。結局、フリーソフトウェアって無料なだけ? この疑問にUbuntu Japanese Teamメンバーがソロバン片...

~師範! Windowsと作法が違います!~

2009年08月13日 18時00分
第4回 ~師範! Windowsと作法が違います!~

Ubuntuってイイよ、とウワサには聞くけど、ぶっちゃけWindowsと比べてどうなのよ? という一般ユーザーの疑問に、Ubuntu Japanese Teamメンバーが発言小町なみに張り切って回答しちゃうぞ!

~師範! Ubuntuインストールしようと思います!~

2009年07月30日 16時30分
第3回 ~師範! Ubuntuインストールしようと思います!~

Ubuntu Japanese Teamメンバーによるインストール高座じゃなかった、インストール講座が開講!まずは、いろいろありすぎて選ぶのに迷う、Ubuntuの各バージョンの特徴を直球で解説しちゃうぞ。

~師範! Ubuntuって何ですか?【後編】~

2009年07月16日 16時30分
第2回 ~師範! Ubuntuって何ですか?【後編】~

Ubuntu Japanese Teamメンバーの本音がポロリもあるよ座談会「行っとけ! Ubuntu道場!」。引き続き「Ubuntuって何?」というテーマで、前回よりもさらに過激にUbuntuのユニークさを解説しちゃうぞ。

~師範! Ubuntuって何ですか?【前編】~

2009年07月02日 16時00分
第1回 ~師範! Ubuntuって何ですか?【前編】~

Ubuntu Japaneseメンバーによるゆるふわ座談会「行っとけ! Ubuntu道場!」。第1回目の今回は、「Ubuntuって何?」というテーマを元に、Ubuntuの拡大を目指すぞ!



行っとけ! Ubuntu道場!
最初の5回くらいは、初心者にも入り易くて、いい連載が始まった、とか思ってたんだけど、8回辺りで日経Linuxの「Ubuntuは変わってしまった」をえらく意識した感じになってしまって。
で、その後は多くの場合、JapaneseTeamが中心となって、「こうあるべき」「こうすべき」っていうのがヒジョーに目立って、ちょっと嫌になってたw
あのね、ベテランさんで、開発に携わってる方々の苦労はお察ししますがね、だからといって初心者や一般ユーザーに「強要」するのは間違ってるのよ。特に初心者には、「ここまでできないとLinuxって使えないんだ。」とか、「使うならここまでやらなきゃいけないんだ」とか思わせるのは極力避けるべきなんだってばよ!
というわけで以前、こんな記事をうちで書いたんですがね。
Ubuntuのシェアが伸びると・・・いいこと悪いこと。

いや、前置きが長くなってしまいました。
さて、最近はどうなのよ?って。
実は、たわごとさんでかなり痛烈に・・・
まあ、せっかくだからネタにしときますけど。
まあ、せっかくだからネタにしときますけど。(2)
これはエディタの回ですね。
行っとけ! Ubuntu道場! ― 第24回 ~師範! Emacsとviって使わないといけないんですか!?~
うん。これね。読んだときにさ、3ページ目までは「お、今回はいいかも?」とか思ったのよね。俺は。

ミズノ:話を戻して、と。EmacsはテキストエディタにもHTMLエディタにも、はたまたプログラミング言語用のエディタにもメーラーにもブラウザにもなったりします。各種アプリケーションでは求められる操作とか機能が違いますよね。たとえば[Tab]キー。


ミズノ:Emacsはそのあたりを「モード」という概念で管理してます。基本的な操作はなるべく同じになるようにしつつ、「HTMLモード」とか「Cモード」とかそんな感じでモードが切り替わるので、いろいろなファイルの編集が可能、と。


Ubuntu(というかLinuxか?)におけるエディタってのは、単なるメモ帳じゃないんスよ。いや、なんも使いこなせてない俺が言うのもなんだけどねw
>「メーラーもメモもブラウザも2chブラウザもプログラミングもメディアプレイヤーもできる!」
っておっしゃってますが、特にEmacsなんかは、「Emacsだけあればなんでもできる」んですよね。
それがなんちゃらモードってやつでして。(俺はTWittring-modeしか使ってねぇけどな!!
でね、3ページ目まではこれが結構前面に出てて、これなら「お、こういう事出来るなら使ってみるかなー?」って気になる感じなんですよね。一例上げて、Sさんがやってみて、って。
ここから話膨らませて、「こういうモードもこういうモードもあるんだっぜ!!ほら便利だろ?」って感じになれば、「おぉ。やってみようか。」って気になるかもしれない。
けどね。4ページ目で・・・

とりあえず、日本語なら「Emacs 電子書棚 」を見るといいです。書かれてるやつをコピペするだけでも超強力になりますんで。そこに出てる「grep-edit」とか「wdired」とかは個人的にキラーアプリでして。「Meadow(Windowsで動くEmacsの改変版)」なしに、Windowsのエクスプローラでファイル名編集とか死ねます。大量ファイルのリネームとか、これなしでどうやるのかと。


おーい!!リンク貼って投げっぱなしってどうよ?しかもこの先、初心者たる俺には理解不能。というか、覚えようっって気にならねぇw
ここで、例えば「ファイル検索 のためのgrep-editとか、ファイルリネームのためのwdiredとか」(合ってる??)って一言説明あれば全然違うと思うのよね。
Emacsのいいとこってさ、(使ってない俺が言うのもなんだけど)「何でもできる」ってことで、これを裏返すと、「やりたいことがあって、そのためにEmacsのこのモード使うといいよ!」ってとこだと思うんですよ。
つまり、目的を決めてからじゃないとなにしていいのか全く分からないの。
その辺お座なりじゃ、なんだかなぁ?って感じ。
で、5ページめのviに関してはもう最悪ww
ページ数の都合かしらんけど、ほとんど解説になってないww

個人的にはviよりnanoのほうが圧倒的に使い易い。
vi使う時って、コマンドラインからテキスト編集したい時なんですよね。RecoveryModeとか、Server版とか、つまりはGUIが使えない状況で。
その時にこの独特のキーバインド、覚えてないと話にならない。
で、結局それを検索しながらじゃないと使えないんだけど、GUIが立ち上がってないから操作方法検索することもできないの。
そうすると、こんなわけわからんキーバインドより、下に解説でてて操作方法がわかり易いnanoに頼ってしまうんですよ。
GUIが立ち上がるならGeditやLeafpad使ったほうが楽だし。
でも。>viには「カーソルを動かしたり、ファイルの保存をしたりする」コマンドモード
これがほんとは魅力的なはずなのさ。そこを解説しないでどうするw

両方、独特のキーバインドを覚え、使いこなすのは大変。しかし、コマンドモードによって使いこなせればかなり強力なツールになる。そこを解説して、分かってもらって、アピールしなきゃ。
で、よくよく読むと、3ページ目まではSさん中心なのよね。「ほぼ初めての人がやってみる、それを見守って教える」の。
でも、それ以降は悪く言えば信者の暴走。慣れてる人は共感するかもしれないけど、それだけ。
で、使ってない人にはわけ分かんないから、「やっぱ難しいんじゃん。つか、こんな複雑な操作覚えるよかLeafpadやGeditで十分じゃん」ってなってしまう。
だからこそ、>編集S:よくわかんないですが、みんなお気に入りのエディタがあるってことですね(強引な結論)! 私はLeafpadでいいけど! 
ってなっちゃうんだよ。これ、たぶんほぼ全ての読者が思ってるよ。だって、テキスト編集ならほんとにLeafpadでいいもん。Geditでもいいけど。ここで「今度Emacs使ってみようかねー」くらいに言わせるほどの解説と進行が欲しいと。
その辺り、~師範、Ubuntuで音楽はどう楽しめばいいですか?…… ~では「ちょっと解説すると・・・」ってのがあってよかったと思うんですけどね。
実際、コマンドラインから編集するにしてもnanoでいいもん。わかり易いし。
だ・か・ら。Emacsやviの魅力は「単にテキスト編集だけじゃなく、コマンドラインからの操作と同じ事がほとんどできる」ことなんだって!(合ってる?
それをアピールできてなくて、玄人の自己満足な暴走に終わってる。あぁ、最悪。読者を意識しなきゃよ・・・
いや、うちの記事もいくつか「玄人向け」の記事があって、それはあまり親切な書き方してないんだけど、それは「この程度を理解できない人が手を出すのは危ない」と思うから敢えてそういう書き方してるのよね。初心者向けは初心者が理解できることを意識して書いてるんだけど!!(実際読者の方がどう思ってるかはわかんないけどね・・・

さて、行っとけ! Ubuntu道場! ― 第25回 ~師範……アプリの日本語訳に挑戦してみたいです!(前編)~こっちの方は・・・
まぁ、最近のとしては割といいんじゃないかな、と思いはしたけれども。
俺的にはMarverickがα3出たし、翻訳者がなかなか足りなかったりして、「協力者求む」ってJapaneseTeamの思惑があったのではないかとも勘ぐってしまったけど、Sさんがやりたかっただけかしら?
ま、Launchpadの基本的な使い方をもう少し掘り下げてからこのテーマに行って欲しかったとは思いますが。(シリーズLaunchpadの使い方、でアカウントの作り方、バグ報告、リポジトリの作り方なんかをやったりしてね。
んでも、翻訳以外にも、Launchpadへの参加の仕方の一例としてはいいと思うしね。
で、Sさんができるように解説&進行、ってのもいいと思うよ。わかり易かった。
しかしこれを台無しにしてしまったのが・・・5ページ目・・・
いや、みんな不安だと思うよ、最初に参加するとき。俺もバグ報告とか、未だに「これでいいのかしら?」とか思いながらやってるもん。
でさ、それのフォロー体制はそれなりにできてるから結構平気よ、みたいな発言はいいのよね。
問題は・・・

やまね:人目に付かないところで愚痴るぐらいなら、出てきて作業しちゃったり、バグ登録してもらう方が早いかな、と。検索で出くわしたりするんですよね、そういう発言に。
hito:滅入るからというか、気力が削がれる感覚があるので止めて欲しいような、品質問題なので仕方ないような、ということろですね。
ミズノ:うまくフィードバックしないのカコワルイ。もちろんそういう使い方をする自由もありますけど。


いや、もうこれIRCやTwitterや2chでやれよ。
つまりは、「協力もしないで文句ばっか言ってんなよ」ってことでしょ?
その気持ちは分かるけどさ、協力にもハードルがあるじゃんね。実際Launchpadの使い方は初心者に易しくて、参加しやすいとはいいがたいし、フォーラムだって荒れてる時多いし、相談したってすごい冷たい反応返ってくることは少なくないし、さらに言うと、フォーラムで「これおかしくね?なんとかならんの?」とか言うと「じゃあテメーでバグ報告しろや」みたいな流れになることも少なくないしね。
いや、すごい親切な方もいらっしゃるし、すごい建設的な議論になってることも少なくないけれども。
俺はそういう体制が嫌でコミュニティからはもう距離置こうって決めたのよ。だって、楽しく使いたいもん。
で、このブログで情報発信することも、それはそれで知識や技術やなんやらの共有につながるじゃん、って思ってるよ。
ま、その辺は個人の考え方によると思うけどね。
ただ、JapaneseTeamの方々が仮にも企業の連載記事でこういう事言ってると、それこそ裾野狭めることになるよ。
ま、でもいくぶんかフォロー的コメントがあるので、その辺はちっとずつJapaneseTeamの考え方とか姿勢も変わりつつあるのかな?とかは思うけど。
ま、このテーマは次回も続くらしいので、次回次第ではあると思うけどね。

全体に。編集Sさんが中心になってると割とわかり易いし、ちゃんと読者に理解できるように進んでることが多いと思うんですよね。
多分、開発者側とユーザー側でかなりの意識の乖離がある。で、その溝(っていうと言い過ぎか)をうまいことSさんが橋渡ししてくれるといい感じになってくると思うのよね。
確かにユーザー増えるとおかしなやつも増えてくるし、困ったことにそういうのに限って、目立つ行動をとってかき回すんだけど。
それはそれで置いといて、フツーの一般常識あるユーザーで、かつ今後スキルアップして、もっと使いこなして、そしてOSSの、Ubuntuの理念を理解して、できる範囲で協力してみようかな?って思う人に入りやすい環境を作ったり、入り易いガイドをしたりすることが一番の命題だと思うのよね。
ま、JapaneseTeamの方々も色々とストレス貯まることは多いと思うし、それ発散する場は必要だと思うけど。それによって門戸を狭めるのは良くないと思いますよ。

というわけで、これはもっと充実するようにSさんにはぜひとも頑張って欲しいとこ。素のままのキャラでw

関連記事
これから Ubuntuをはじめるあなたへ ver.Win/Lin
Ubuntuのシェアが伸びると・・・いいこと悪いこと。
うぶんちゅ! もとい アスキームック Ubuntu magazin japan vol.1買ってきたよー
うぶんちゅMagazine japan vol.2買ってまいりました。
Ubuntu magazine japan vol.3買ってきましたー
Ubuntu Magazine Japan vol.4が出たよ。買ってきたよ。
Ubuntu Magazine Japan vol.05が8月31日に発売。ちょっと先取り情報
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

680:No title
あの座談会、まともに読む人って
いるんだ。単なる小休止の記事と思ってた。入門なら、別のコーナーや雑誌見るし、応用なら、別雑誌に行く。まっ、最強は、googleだったりするけど。
681:No title
もともと始まりはUbuntuの紹介、だったんですよね。第一回見てもらえれば。
それが数回はそれなりに(ノリとかは別として)ある程度紹介であり、タイトル通り「道場」してたと思うんですよね。
途中からただJapaneseTeamが内輪で盛り上がって、ちょくちょく過激に愚痴ってる場になってるのが・・・。
入門と言っても色々あるんですけど、結構お堅いのが多いと思うんですよね。技術的なものに偏りがちというか。
そういうのを考えると、わりといいところをついて始まった割に、「そんなに無理するならやめちゃえば?」とか、「いや、文句いいたいだけならほんとに内輪のチャットやらでやってくれよ」って内容が多くなっちゃったのが残念なんですよね。

hiroさんは「最強はGoogle」とおっしゃってますし、僕も相当お世話になってるんですが、彼らに言わせれば
>人目に付かないところで愚痴るぐらいなら、出てきて作業しちゃったり、バグ登録してもらう方が早いかな、と。検索で出くわしたりするんですよね、そういう発言に。
ですから。(検索で出くわしてる時点で人目につかないところじゃないんだけど・・・
個人サイトでうだうだ書いてないでちゃんと報告しろよ、ってのが彼らの意見で、それが前面に出てるのが非常に不愉快なんですよね。仮にもJapaneseTeamとして、企業の連載コーナーでやってるならば。

ま、もともと軽いノリだし、あんまり真面目に役に立つ内容ってのは半分以下かもしれないけど、アレ見てUbuntuに興味もつ、使ってみようと思う、ってのは少ないんじゃないかなぁ?
あ、僕も入門や技術情報は検索と、あとやっぱり紙媒体でいい雑誌があれば買ってますけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。