スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Mozcに辞書追加。

憩いの場さんでMozc+dict: 辞書を強化した(変態化した?)Mozcを作ってみたなんて記事が。
私家辞書ってのはちょっと微妙ではあるんですが、確かにデフォルトの辞書ではいまいち物足りないことも少なからずあったので、今試しにこれをインポートしてみてテストがてらこの記事書き中。
なのですが。なかなか使い勝手はよさそうですよ。これ。ま、まだインポートしただけではありますので、変換の優先順位的に「おいおいw」ってのはちょくちょくありますが、ま、この辺りは学習次第なので使い込んでいけばそれなりについてきてくれるでしょう。たぶん。

一応自作Deb.RPMのページでmozc-server+dictってのが置いてありますので、これを入れればOKみたい。
なのですが。
僕のところでは先日のエントリで書いたように、PPA for Japanese packages for testers でPPAのリポジトリ登録して、こちらにUpdateをおまかせしてしまいましたので、辞書のみ手動でインポートしてみました。
http://linux.ikoinoba.net/file/mozc/
こちらから。 mozc-dict-20100714.zip をDL。
これを展開すると。。。えーと、3つあるんですけど。。。Screenshot-mozc-dict - ファイル・ブラウザ

Google-IMEのユーザー辞書形式に変換したファイルを置いときます。 (システム辞書形式のファイルも入ってます)


とのことなので、これが分かれてるのね。

・mozc-system-dict/mozc+dict.txt
Mozc本体を自分でビルドしている人用のシステム辞書です。
ソース(data/dictionary/dictionary1.txt)に追記して使います。

・googleime-user-dict/mozc+dict.txt
上のシステム辞書をユーザー辞書形式に変換したファイルです。
辞書ツールからインポートして使います。
ファイルが巨大なため、インポート作業に多めのメモリが必要です(100MBぐらい?)
メモリが少ない環境では分割して入れたほうがいいかも

・msime-user-dict/mozc+dict.txt
ついでなのでMS-IME形式に変換してみた。

・my-user-dict.txt
私のユーザー辞書(?)です。
これぐらいは一発で変換できてほしい、と思った単語が入ってます。


というわけで、まぁ、とりあえずmozc-system-dict/mozc+dict.txtとmy-user-dict.txtを追加してみた今の状態。(今はもう自分でビルドしてねぇけどw
まぁ、俺としてはデフォルトでそれなりに満足してるし、一部専門用語が変換できないのがアレなので、その辺自分で追加してけばいいかなーなどとも思ってたんですけど、いい機会なので入れてみることにしました。

mozc-plus-dict.pngこれはばっちり。(なぜかうまくSS取れなかったので画像は借り物。
一期一會 一五一会 苺いちえ 一期一会 あぁ、確かに優先順位的に。。。
ま、語彙自体は相当増えてるので、ちょっとしばらく使ってみましょうかね。

ちなみにインポートはMozcの設定から。
Screenshot-辞書をインポートDictionary toolから「辞書をインポート」
Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102) Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102)-1 Screenshot-Mozc 辞書ツール (Dev 0.12.410.102)-2
で、それぞれ名前つけて、インポートする辞書でmozc-dict-20100714.zipから展開したのの中に入ってる~~.txtってのを選択すればおk。
ということは。
これ、この方法ならまぁ、辞書が気に入らなかったときは辞書ツールから該当辞書を削除すればおkなのか。
最初から同梱のdebパッケージ入れるより、もしかしたら自分で管理したい人向けにいいかもしれないっすね。(同梱版使ったことないのでアレですが。

いやー、SAWAさん、これ、ちょっと大変なものに手を出してしまったような気もしますが、とりあえずお疲れ様&感謝です。

さて、ちょっと話はそれますが。
前に同梱されてました、UTSUMIさんの私家辞書、一時配布停止になってましたが、再開しましたね。
Mozcを試しに使う
ま、某匿名掲示板のスレとかでちと揉めてる感じだったし、Google本家の報告にもなんか行っちゃってたみたいだし。
ちょっとなんか色々残念だったんですが、まぁ、なにはともあれ再開したとのことなので、以前からこちらの辞書使われてた方はこちらを選んだほうがいいかもしれません。

■前置き
EDICT, 郵便番号, 顔文字 以外は再配布禁止です。
You can redistribute edict/zipcode/kaomoji files,
but you can't redistribute other files.

私の辞書が組み込まれたMozcをそれと知らずに使っている人が多く、
各所で迷惑をかけているようですので、
再配布禁止という形でリリースを再開します。


私の辞書が組み込まれたMozcをそれと知らずに使っている人が多く、
各所で迷惑をかけているようですので、
うーむ。SAWAさんとこで配布されてたやつのことかな?
ぶっちゃけあんまり気にすることもないような気がしてたけど、まぁ、ご本人様が感じられることがあったのならば仕方ないかなぁ。

で、憩いの場さんではMozcの追加辞書を作成しているUTUMIさんのコメント にて色々手は打ってくれたようですが、それでもおさまらず、一時公開停止になってたんですよね。
ちなみに元のライセンスであったBSDライセンス

Copyright (c) <年>, <所有者>
All rights reserved.

ソースコード形式かバイナリ形式か、変更するかしないかを問わず、以下の条件を満たす場合に限り、再頒布および使用が許可されます。

* ソースコードを再頒布する場合、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
* バイナリ形式で再頒布する場合、頒布物に付属のドキュメント等の資料に、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
* 書面による特別の許可なしに、本ソフトウェアから派生した製品の宣伝または販売促進に、<組織>の名前またはコントリビューターの名前を使用してはならない。

本ソフトウェアは、著作権者およびコントリビューターによって「現状のまま」提供されており、明示黙示を問わず、商業的な使用可能性、および特定の目的に対する適合性に関する暗黙の保証も含め、またそれに限定されない、いかなる保証もありません。著作権者もコントリビューターも、事由のいかんを問わず、 損害発生の原因いかんを問わず、かつ責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか(過失その他の)不法行為であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用によって発生した(代替品または代用サービスの調達、使用の喪失、データの喪失、利益の喪失、業務の中断も含め、またそれに限定されない)直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害、または結果損害について、一切責任を負わないものとします。


ということなので、再配布自体は問題ないんじゃないの?と。(あ、俺がコンパイルしたMozcアップしてたのは、Mozcがこのライセンスにも関わらずこのテンプレート同梱してないのがやばいかも。)

で、再開した辞書の方では、Copyingはこうなってます。

EDICT, 郵便番号, 顔文字 以外は再配布禁止です。
You can redistribute edict/zipcode/kaomoji files,
but you can't redistribute other files.


む?SAWAさんとこの人名辞書、大丈夫かしらん?コメント欄でもうご指摘されてるようですが。

> -UTUMIさんの人名辞書の一部
> 再配布・改変は御自由にどうぞ
Sawaさんの自家製辞書一本でいったほうが全体の整合性をとりやすいと思います。
(古い人名辞書はメンテナンスしませんし、
新しい人名辞書はライセンスを変えているという事情もあります。)


うん。俺も後々のこと考えると、そのほうがいいと思いますね。こんなのでもめるのも、ちょっと残念なんだけど。

なんか、OSSの方がライセンスに敏感で厳しいのよね。色々と。
個人的にはネットに上げた以上、全ユーザーにこういうこと理解した上で使ってもらうってのは(再配布、改変含めて)なかなか難しいと思うんだけど、まぁ、やはり作者さんには敬意を払うべきだし、変なことで揉めてしまうのも嫌だなぁ、と思う次第なので、一応簡単な経緯を書いてみたんですが。(この件以外にもライセンス、再配布関連でもめるのも少なからず見てきましたし。
使われる方はこの辺りのこと、なんとなくでも把握しておいたほうがいいと思いますよ。そして節度を持った利用を心がけるようにしてくださいねー。

関連記事
Google日本語入力を試す on Ubuntu10.04
辞書・設定機能がついたmozc(0.11.365.101)を試す。
MozcがUpdateされてSCIMに対応したよ。
MozcがPPAのリポジトリに上がってるようで。
遅ればせながらMozc0.12.422.102ビルド。
Mozc Update早速ビルド。(0.12.434.x)
Mozc Update(0.13.464.102)
Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。Mozcもね!!
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。