スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu 10.10のBtrfs搭載が現実味を帯びてきたようで。

なんか情報が錯綜していたUbuntu10.10のファイルシステムBtrfsのサポート。
一時は11.04かもしかして12.10か13.04じゃねーか?(Btrfs Ubuntuは12.10か13.04、MeeGoは標準、Fedoraはオプション)なーんて言われてましたが、10.10α1にて既に搭載された模様。(daily buildsで?
Ubuntu 10.10、Btrfsサポートを追加(マイコミジャーナル)
2010年6月25日号 Ubuntu Lightのデモ・10.10の開発・BtrFSのテスト・Firefox 3.6 for Karmic・UWN#198(Ubuntu Weekly Topics)
Ubuntu 10.10 Now Supports Installing To Btrfs(Phoronix)
そ・し・て。いつものごとく仕事の早いPhoronixでは既にベンチ比較まで!!
Testing Out Btrfs In Ubuntu 10.10
うん。パフォーマンス的にはまだビミョーではありますね。ま、使ってみないと分からないところは多々ありますが。
今のところ、/bootには当てられないということで、パーティション分けて/bootはextにして、/をBtrfsに指定する、なーんて、ちょっとめんどくさいよね。でも、まだテスト段階だし、α版だからね。仕方ないよね。

さて、Btrfsってなんぞ?って方にはこの記事が役に立つかと思います。
Linuxファイルシステムまとめ(マイコミジャーナル)
Btrfsとは(ITPro)

開発段階にあるファイルシステム。いつかのLinuxディストリビューションではインストール時に選択できるようになっているものの、プロダクションサーバユースで採用するといった段階にはない。透過的な圧縮、スナップショット機能、クローン機能などいくつもの機能がある。完成した日にはデスクトップユースにもサーバユースにも強力な候補となりうる。


うむ。このスナップショット機能とかっていいっすね。うまくすればリカバリが非常に楽になるかも知れない。

また,Btrfsは機能が豊富なことも特徴です。例えば,ある時点でのファイル・システム情報を保持し続ける「スナップショット」機能や,複数のディスクを組み合わせて入出力性能や容量を向上させる「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive/Independent Disks)機能をサポートしています。Linuxでは従来,これらの機能は,「md」(multiple devices)や「dm」(device mapper)といった仕組みで実現されていました。ファイル・システムとは別のレイヤーで実現されていたため,設定や管理を別個に行う必要がありましたが,Btrfsではこれを単体で手軽に実現できます。

 そのほか,データを透過的に圧縮/伸長する機能も備えています。圧縮伸長アルゴリズムには,zipやgzipなどで使われている「Deflate」(LZ77の変種)を利用します。最近はディスク容量が増加しているため記録領域の節約という意味での意義は小さいですが,入出力速度の向上が期待できます。

 SSD(Solid State Drive)向けの最適化機能も備えています。現在SSDに使われることが多いフラッシュ・メモリーには,データ書き換え回数に制限があり,同一部分に書き込みが集中するのは好ましくありません。BtrfsのSSD最適化機能は,メディアの広い領域に書き込みを分散させることでメディアの寿命低下を防止します。


これこれ。ここが俺がこのBtrfsを気にしてる理由なんですよ。
RAID機能をソフトではなく、ファイルシステム単体で実現。つまり、GW中にgdgdと格闘してたあんなの(UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。)はもはやなくなるってことですね。
さらにSSD最適化機能も、今後のSSD普及具合によっては気になるところ。(俺まだ持ってないけどなw

ext4もオプションでサポートされたときにはもうすでにそれなりになってたし、やっぱそれなりになるまで搭載はしてこないかもしれないけれども、ここまで来ると俄然現実味を帯びてきたように感じますねー。
ま、個人的にはmdadmでRAID組んだときに既に/bootは分けてext4になってるので、移行時はバックアップさえあればなんとでもなるんですが、ちゃんと搭載するにはやっぱ分けないでいけるようになるまで厳しいような気もします。Ubuntuとしては。
うーむ。α3辺りから仮想環境で試すのはアリだなー。でも実機に入れないと分からない挙動とかもあるからなー。
ここらのニュースはちとまめにチェックしていこう。

関連記事
Ubuntu10.04 β2の今の感触と10.10Maverick Meerkatの予定と
Ubuntu 10.04 Lucid Lynx released!!
Gpartedでパーティションリサイズ
UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。
Ubuntu10.10 Marverick Meeakatのα3がリリースされたのでVertualBoxで試してみたよ。
Ubuntu 10.10 MaverickMeerkat βReleased!
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。