スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ブログという媒体におけるコメント欄の扱いについての一考。

Ubuntuが安定しすぎててあんましネタがないww
ま、ネット事情なんかにも広げてってもいいし、まとまりのないニュースとかで更新してもいいんだけど、そもそも格闘記録として始めたブログなので、ちょっとそこいらは悩み中ではあるんだけど。

さて、表題の問題についてだけど、これはブログという媒体において、ちょっと一考の価値はあるかなと。
考えるきっかけになったのはこの記事。ま、Twitterで(ネット上の)知人が言ってたことなんだけど。
もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。(極東ブログ)

結論としては、うちのブログでは今のところ承認制にする気はないです。
オープンでいきたいのよ。批判コメントも、中傷的コメントも、煽りコメントも、ま、それが「俺自身に」向いてるのならば致し方ない。だって、情報発信するならそれなりの覚悟は決めなくちゃ。
というわけで、基本オープンで行きたいし、ま、煽りっぽいのには煽りで返したり、ネタにはネタで返したり、何がいいたいのかよく分からんのはスルーしてたりするしね。でも、基本的に好意的なコメントや、建設的意見が多くて、非常にに感謝してます。
一部、ほんとに炎上覚悟で書いた記事もあるけど、意外と平気だったし。

さて、上の記事で問題になってるのは「中傷コメントで傷ついて、自殺してしまった少女がいる」ということ。
ここは当然、考えねばなるまい。うちのブログの常連さんにもブロガーさんは結構居るしね。
というわけで、ちょっといつもと路線の違うエントリでございます。
まず、ブログやらHPやら、ネット上で情報発信するってのはそれ相応のリスクはあるんですよね。全世界に、自分の書いたものを、たとえそれがたいしたことないただの日常を綴った記事であっても、誰に見られてもおかしくない。そこは、始める前にブログ管理者が理解し、覚悟しておかなきゃならない。
そのうえで、それなりに人気が上がってきて、それなりに影響力を持つところまで成長した場合、やっぱり自分の書いたことに対する責任ってのは相対的に上がってくると思うんですよ。当然、公開した時点である程度の責任は生じるんだけど、それが大きくなってきちゃう。
当然、人が増えるといろんな意見が出てきます。みんながみんな賛同してくれるはずがない。テーマにもよるけどね。
書く事は自由なんだけど、書いたことには責任を持たなきゃならない。
間違ったことを書いたときは、それを認めて謝罪する勇気も必要だし、傷つけてしまった人がいるならば、その方へのフォローも必要だし。

ちと話題がそれたか。問題なのはこれ。

県警などによると、問題のホームページは生徒の同級生らが日頃利用していたものとみられる。生徒は遺書の中で同級生1人の名前を挙げ、「ホームページに私のことを『死ね。葬式行ってやるよ』と書いた」などと記していた。いじめられていたと訴える記述もあったという。


この方には本当にお悔やみ申し上げます。
結局、ブログっていうより、学校裏サイトとか、プロフとか、MIXIとかに近いものだったのかも知れないけど。
そして、この極東ブログの方が出した結論、これはこれでありだとは思います。
しかし。結局、承認制にしたところで、管理者ってのは一度はそのコメントを見ることになるわけで、そこに中傷があったときに、傷つかずにいられるかって言うとやっぱ難しいと思うんです。
よって、コメント欄を承認制にすることによってこう言った問題を解決することにはつながりにくいんじゃないかと思いますね。
ただ反面、著名ブログがこういう問題を真剣に考えていることそのものに価値はある、と思いますね。
ま、うちのようなマニアックな分野の辺境ブログで叫んでみたところでその影響力はどーかってとこだけどさ。

さてさて、なんだかぐちゃぐちゃしてきましたねー。簡単な話をしましょうか。
うちのブログで、実は過去、削除したコメントがいくつかあります。
そもそも俺は、ネットとリアルは一線を引いてるので、リアルに影響が出るようなことはほとんどない(というか、影響が出たときに周囲の人に迷惑かけるのが嫌でさw)ので、その面では最初からそれなりに配慮してて、今のところうまく行ってるし。
で、かなり自由に書きなぐらせていただいてますので、その自由に対する責任は出来る限り取らなきゃいけない。それは思ってる。故に、例えば批判も中傷も、それは「俺に向いてる限り」受け入れなきゃいけない。ま、いみふなときとかどう返すべきか分からんときはスルーさせていただくことも少なからずあるかと思いますが。
ただ、このブログや、関連するコミュニティで知り合った人にその矛先が向いたとき、それはいかんでしょと。
というわけで、過去削除したのはスパムと、俺が記事の中で紹介した人に向かった意味不明かつ論点がずれた、いわゆる「小馬鹿にしたコメント」だけだったんですよね。
そして、その方針はとりあえずのところ維持してくつもりなんです。

さて、上の事件に当てはめたとき、どうなんでしょうね?
承認制、じゃまぁ、影響はあるけど解決には程遠いんじゃないかなぁ?
たぶん、亡くなった方はネット上での活動において「割り切り」が足りなかったように思うんです。しかし、それは「フツーの中高生」にはやっぱ難しい面もあるわけで。なかなか割り切れないでしょ。内輪でわいわい盛り上がりたかっただけだったりするしさ。
この面に関しては、教育や啓発が必要だと思うよ。マジで。
画一的にネット規制とかやってるんじゃなくてさ、実際に危険性や、「こんなもんなんだよ」ってことは知らせるべきなんだよ。
で、例えば有名ブログがこぞってこういうことをしっかり主張することで、少なくとも「啓発」の部分は少なからずできると思う。

そして、ネットマナー。いわゆるネチケット。
画面に写る文字、その向こうに人間がいることは絶対に忘れちゃいけない。
こっちの方が最大の原因であり、問題点なんじゃないかな?
いや、俺もさ、ヒートアップするときはするんだけどさ。んでも半分はネタかなww
でも、それをネタとしてスルーできない人もいるんだよね。真剣に、深刻に考えちゃう。それはもう、現実社会と全く同じように。
そもそも、現実社会と違うのは「顔が見えない、一度流れた情報は回収不可、文字だけなので誤解を招きやすい」ってことくらいで、本来ネット社会って別に現実社会と同じだと思うんですよね。
そこで、顔が見えないからといって、安易に人をただ傷つけるためだけの発言をするってのは、やっぱ社会として、人間としておかしいでしょ。
考えが合わないから反論、批判、ってのは全く違うよ。今言ってるのは「傷つけることだけが目的の発言、だから。
で、もし「都合の悪いコメントだからって削除しやがって」って人は、自分でなんか、ブログでも、HPでも立ち上げて、そこでURL晒して批判すればいいじゃんね。真っ向から、正々堂々と。

うん。なんか非常にまとまりにない記事になっちゃったけど。
まず、当ブログに関しては今までどおり、基本オープンで行くよ。でも、俺以外の人に無意味かつ的はずれなコメントとかは、たぶん、削除しちゃう。その矛先になった人に申し訳ないから。あとスパムもね。てか、スパム業者はもう死んだらいいww
で、あとは、ちょっとネット事情なんかの記事にジャンルを広げるかも知れない。
これは今、青少年育成条例やらで問題になってるフィルタリングや、ネットトラブル、ネット犯罪、あと、いわゆる裏サイト系。(公明党のマニフェストには「闇サイト規制法」なんてのが上がってるし)とかね。
実はそれなりに関わってた時期もあったし。これ以上無用に傷ついたり、トラブルに巻き込まれる人を少しでも減らせればいいな、と。

ま、基本的には脳天気な格闘記でいきますけどね。たまには、こういう話題にもきっちり向き合っていきたいなと。
俺はネットで救われたこともあったし、今、ネットで知り合った人たちといろんな情報交換して、騒ぎ合って、楽しんでるからね。使い方次第。なのにこんな悲しいことが何度も起こるのは、やっぱなんとかしたいもん。
たぶん、俺の力なんてちっぽけだけど。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。