スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

MozcがUpdateされてSCIMに対応したよ。

Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。 (0.11.383.10x)
Ver.upですね。
今回は一番大きいのはSCIMへの対応でしょうかね。(実用性は別として

オープンソース版の変更点

* クライアントに SCIM 版を追加しました。
* 郵便番号辞書を生成する仕組みを追加しました。データは一次配布元より入手する必要があります。
* ibus-mozc.deb から GUI ツールへの依存がなくなります。GUI ツールを利用する場合、明示的にインストールする必要があります。
* Chromium OS 向けの設定のための変更を加えました。


とのことで。
早速Update。
LinuxBuildInstructions
必要パッケージが若干追加。libscim-devとか。うちではこれが追加になっただけかな?

$ sudo apt-get install g++ python libibus-dev libcurl4-openssl-dev libssl-dev zlib1g-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev libprotobuf-dev protobuf-compiler libgtest-dev subversion devscripts debhelper libqt4-dev scim libscim-dev


一応前のVer.でビルドしてるんで、まぁ、不要なとこは適当に飛ばしていきます。

$ svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools
$ export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"
$ cd src/mozc/
$ gclient sync


ここまでで同期完了。

$ cd src
$ debuild -uc -us


ビルド。通ればおっけー。今回できるパッケージは4つ。scim-mozc_0.11.383.102_amd64.deb が新しく追加されたSCIM用のパッケージ。

$ sudo dpkg -i ibus-mozc_0.11.383.102_amd64.deb mozc-server_0.11.383.102_amd64.deb mozc-utils-gui_0.11.383.102_amd64.deb scim-mozc_0.11.383.102_amd64.deb


いつものごとく、自分の環境でできたものだけUpしてみる。えぇ、いつものごとくSeesaa流用でamd64のみですが。
Mozc-0.11.383.tar.gz

さてさて、ibus-mozcが既に快適で、元々ibus-Anthyだと一時アスキーモードが効かないのが不満でSCIM使ってただけの俺にとっては今更あえてMozcをSCIMに組み合わせて使う理由はさして見当たらないのですが、まぁ、新しく出来たので使ってみました。
Screenshot-言語とテキストまぁ、一時期SCIM使ってたので、言語サポートからSCIM-Bridgeに切り替えるだけ。で、再ログイン。
SCIM新しく使いたい方はここでも見てくださいな。ちょこっと追加パッケージが必要。
Ubuntu9.10の設定色々。Grub2&日本語版セットアップヘルパ&ibusをSCIMに変更
Screenshot-1_20100616212044.pngツールバーからJapaneseをたどってくとMozcってのが出てるのでこれに切り替えて。
Screenshot_20100616212044.pngまぁ、普通ですねw
使ってみた感じ、やはりちと重い。で、若干不安定感あり。
あと、細かいんだけど、変換中文節の背景色が変わっててもアンダーラインが出ないとか、ibusでも一緒だけど、Chromiumでは逆にアンダーラインだけでて背景色が変わらない、とか。
ま、変換エンジン自体は全く一緒なので、変換効率や学習効率は変わりませんね。
結論:俺的にはあえてSCIM-Mozcを選択する理由はない。軽さと安定感でibusの方が相当有利、かなー。

あとはぶっちゃけ気になるほどの変更はないww
変換候補が縦に並ぶとか、まぁ細かい使い勝手は上がってるんだろうけども、設定ツールがくっついてきたときのような劇的な感動はないですかね。
ま、でもibus入ってない環境の方にもSCIMで使ってもらえるようになったってのは大きな進歩じゃないかな。

関連記事
Google日本語入力を試す on Ubuntu10.04
Google日本語入力ibus-mozcの設定ツールが出てたので入れてみた。
Mozcの新しいVer.が出てたので早速。
辞書・設定機能がついたmozc(0.11.365.101)を試す。
MozcがPPAのリポジトリに上がってるようで。
Mozcに辞書追加。
Mozcに辞書追加。
遅ればせながらMozc0.12.422.102ビルド。
Mozc Update早速ビルド。(0.12.434.x)
Mozc Update早速ビルド。(0.12.434.x)
Mozc Update(0.13.464.102)
Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました。Mozcもね!!
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。