スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

MediatombでDLNAサーバー構築してみよー

Sambaに続き、今度はDLNA構築。
これはメディアファイルを効率的に管理するメディアサーバー構築には手っ取り早いらしい。
一応これの最終目標は今にあるTV(Bravia)をLANにつないだら、DVDから取り込んだ映画を見たり、ができること。
録画もできるとありがたいけど、こっちは多分、サーバー側でも地デジ対応が必要になりそうな感じなので、まぁおいおいと。つか、俺の部屋のTVは10年前に中古で買ったブラウン管だしな。14インチのw
ま、今はPS3とかでつなげて見れるってを作りたい人にもいいでしょうね。(PS3も買おう買おうと思ってはや半年がたとうとしてるわけだがww

まずはMediatombインストール。
$ sudo apt-get install mediatomb
設定ファイル書き換え前にIPアドレスとネットワークデバイス確認。

$ ifconfig
eth0 Link encap:イーサネット ハードウェアアドレス 00:1d:60:fc:50:b0
inetアドレス:192.168.24.51 ブロードキャスト:192.168.24.255 マスク:255.255.255.0
(略)


(今のところ)サーバー機には192.168.24.51を固定で割り当ててるので、LAN内IPはこれで動かなくなってるはず。
重要なのはeth0になってるか、を確認しとくこと。たまーに勝手にeth1とか2になってることあるしね。フツーはeth0が割り当てられてるはず。これはeth0になってるのでおっけー。

/etc/以下のmediatomb設定ファイル編集してネットワークインターフェイス指定。
なんかディストリやVer.によってビミョーに設定ファイルの場所が違うのか?mediatomb.confだと思ってたけど、confはなかった。これ、Ubuntu Server 10.04ね。Fedoraだと/etc/mediatomb.confになってる?
なんか参考にしてる雑誌により違うんだよなー。

$ sudo nano /etc/default/mediatomb

# The network interface for MediaTomb to bind to and for which the multica$
# routing entry should be added; "" if the route shouldn't be added at all.
# For example: INTERFACE="eth0"
INTERFACE="eth0"←ここ、空欄だったのにeth0と書き加えて保存。



次は/etc/mediatomb/config.xmlを編集して、扱える動画、画像、音楽ファイルの種類を指定。
$ sudo nano /etc/mediatomb/config.xml
結構長いんだけど・・・


             ↓ここyesに。 ↓PS3サポートのときってこと。  
<protocolInfo extend="yes"/><!-- For PS3 support change to "yes" -->
まぁ、PS3はないわけだが。
付近にUncomment the lines below なんちゃらって記述がいくつかあるので、使用する機器やらにあわせて<!-- -->を削除するとその記述の指定が有効になる・・・のか?たぶん。

文字化け対策
<import hidden-files="no">
<filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset>← 
<metadata-charset>CP932</metadata-charset>  ←ここの2行書き加える。 
<scripting script-charset="UTF-8">

Uncomment the line below for PS3 divx support ←これ、さっきのUncommentのように。
<map from="avi" to="video/divx"/>
Uncomment the line below for D-Link DSM / ZyXEL DMA-1000
<map from="avi" to="video/avi"/>
</extension-mimetype>
<mimetype-upnpclass>
<map from="audio/*" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
<map from="video/*" to="object.item.videoItem"/>
<map from="image/*" to="object.item.imageItem"/>
<map from="application/ogg" to="object.item.audioItem.musicTrack"/>
</mimetype-upnpclass>
<mimetype-contenttype>
<treat mimetype="audio/mpeg" as="mp3"/>
<treat mimetype="application/ogg" as="ogg"/>
<treat mimetype="audio/x-flac" as="flac"/>
<treat mimetype="image/jpeg" as="jpg"/>
<treat mimetype="audio/x-mpegurl" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-scpls" as="playlist"/>
<treat mimetype="audio/x-wav" as="pcm"/>
<treat mimetype="audio/L16" as="pcm"/>
<treat mimetype="video/x-msvideo" as="avi"/>
<treat mimetype="video/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="audio/mp4" as="mp4"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660" as="dvd"/>
<treat mimetype="application/x-iso9660-image" as="dvd"/>
<treat mimetype="video/x-matroska" as="mkv"/>
<treat mimetype="audio/x-matroska" as="mka"/>


<map from="avi" to="video/divx"/>って記述が、この場合avi形式のファイルをDivxな動画として扱いますよって記述。
なので、例えばPS3にmp4を動画として使わせたいときは、<map from="mp4" to="video/mp4"/>などと書きたしていけばおっけー。
まぁ、クライアント機どうこうはあとからまた確認すればいいや。というわけでここは結構適当にやってしまいましたが。
で、設定終了したらmediatomb再起動。
$ sudo seivice mediatomb restart

さて、今度はMediatombで公開するファイル、ディレクトリを設定。
http://IPアドレス:49152 にブラウザからアクセス。
あ、この前に$ sudo ufw allow 49152が必要、かも?
サーバー機自体から設定するときは http://localhost:49152/でおっけー。俺は別PCからリモートでやったので、http://192.168.24.51:49152/でアクセス。
Screenshot-MEDIATOMB - Mozilla Firefox-1左側にPCのディレクトリが表示されるので、ここから公開するディレクトリ選んで右側で+ボタン押してAdd。
当然ディレクトリ丸ごともできるし、ファイル毎に選ぶことも可能。
これをくり返してってScreenshot-MEDIATOMB - Mozilla Firefox左側のDatabaseに追加された項目が出るので、確認。

さて、とりあえずクライアント機、メインPCからちゃんと使えるか確認してみよー。
UbuntuでDLNA対応してる動画プレイヤーはVLCかTotem、らしい。
Ubuntu Weekly Recipe 第109回 HDDレコーダを使いこなす(1)DLNAクライアント

Totemの場合、追加プラグイン
$ sudo apt-get install totem-plugins-extra
んで、Screenshot-プラグインの設定「編集」→「プラグイン」から「コヒーレンス DLNA/UPnP クライアント」にチェック。
Screenshot-動画プレイヤーTotem起動して、右側の上の方、「コヒーレンス DLNA/UPnP クライアント」に切り替えると、認識されてればMediatombって項目が出てきて。
Screenshot-動画プレイヤー-1ここクリックすると公開されてるフォルダがツリー状に表示されるので、ここから選べば再生できます。

VLCの場合
「メディア」→「サービスの検出」→「ユニバーサルプラグ&プレイの検出」にチェック。
するとプレイリストのところに「ユニバーサルプラグ&プレイ」って出てくるので、これを選ぶと
Screenshot-プレイリストTotemと同じようにディレクトリが表示されます。
しっかし、VLCのツリー表示はなーんか見づらいんだよね。Directoryばっかで。
でも、TotemよりVLCの方が(うちの環境では)快適に再生できるから悩ましいところではあるんだが。

で、今のところなぜかXBMCだけうまくつながらないんだよねー。まぁ、これは別にいいと言えばいいんだけど。
クライアントソフトとしてはどれも一長一短、ではあるかな。
あー、そういやWindowsからの接続もまだ試してないや。

さーて、けど、これでとりあえずの設定はおっけーなはず。あとはTVの方からちゃんと認識されるか否か、これが問題っすね。

追記
ダメですた\ (^o^)/
つないでみたら「DLNAサーバーじゃねぇよ、そいつ」って怒られる。
調べてみたらどうやらMediatombはビミョーに規格が違っててダメとか何とか。
BRAVIA KDL-40V1

①BRAVIAが対応しているDLNAサーバーは、DLNA準拠のみでUpnpは対応せず
 ⇒ mediatomb等、多くのフリーDLNAサーバーが使えない
 ⇒ ちなみに、MediaPlayer11は対応している
②その上、対応しているフォーマットがmpeg2のみ
 ⇒ mpeg4に未対応とは。。。Playstation3と仕様が全然違うのだ


んでも、Mediatombのソース書き換えてうんたらかんたらして写せたって方もいらっしゃるようなので、もうちょい調べてみるお><;



関連記事
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
sambaでWindowsとUbuntu Serverのファイル共有を設定してみる
Sambaでの共有設定2 動画ファイルやら音楽ファイル置いてクライアント機で再生
ちょっとハマってたUbuntu9.04→Ubuntu Server(仮)9.04のSamba共有フォルダアクセス
Samba再び
PS3MediaServerってDLNAサーバがBRAVIA行けるらしいとかなんとか
miniDLNAなるDLNAサーバーでBRAVIAがいけるとかなんとか。
Debian squeezeサーバーでSambaとSwat
Debian squeezeサーバーにMediatombでDLNAサーバー
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。