スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(急)

さて、ちょっと間が空いちゃいましたが、まぁちょっとのあいだ使ってみての感想も混じえて。
結局買ってきた2つのうち、HGSTの7k1000Cは十二分に満足できている。
WDの緑キャビアについては、ちょっと微妙な印象。こちらは使い道を選ぶかも、と。(まぁ本来そういうものなのだが)
とはいえ、ストレージの使い方なんてのは人それぞれだし、使う目的も当然人それぞれ。さらにメーカー別、機種別、生産地別、個体差も結構あるもんだし、バルクのHDDなんて特に「引き」な要素だってあるので、まぁご参考程度にね。

まずはHGSTの方
 HGST 7K1000.C。
こちらには結局Vistaのシステム、データともに割り当てて運用中。
HGST1t.jpgCrystalDiskMarkの結果。
ATA Hitachi HDS721010CLA332ディスクユーティリティのベンチ。
性能的には非常に優秀で、使っててストレスはほとんど感じない。
うちの環境で常用で30度前後数度、と温度的にも気になるほどではない。
気になると言えば気になるのは、アクセス音。これはぶっちゃけうるさい。特にWindowsの起動時、起動からデスクトップ表示されて、スタートアッププログラム大体立ち上がって、落ち着くまでの間。これはうるさいっすね。
うちの環境で今、一番うるさいのは2000rpm超えた時のCPUのリテールファンなんだけど、それより若干うるさいかもしれない程度のうるささ。
でもまぁ、起動後のちょくちょくアクセスしてる状態ではさほど気になることでもないかな。デフラグ中とか、ベンチ中は当然うるさいけど。
これはシステム用としては普通に優秀だと思いますね。HDDがボトルネックになることが多い環境ではいい選択肢の一つだと思う。
騒音は「ガリガリ」な音。静音にこだわる人は選択肢から外したほうがいいかもしれないです。

ちなみに以前から使ってるSeagateの7200.11は「カチカチ」がうるさいw
これはSeagate特有らしいけど。
で、同じ環境においたときはこのSeagateの方が2~3℃温度は高いかな。35℃弱から35℃を前後してるので。
ま、特にSeagateは低温すぎると性能がガタ落ちすることもあるらしいので、気にするほどじゃないけど。
現行のSeagateモデルは知らないけど、HGSTとSeagateの7200rpmはアクセス速度は結構いいけど、うるさいのはうるさい。
のでシステム入れて運用するにはいい選択肢ではあるけど、静音PCつくろうって人は避けたほうがいいかもしれないな、という感じ。

まぁ、多分、使ってないけどWDの青とかでも似たようなもんじゃないかな?騒音は知らんけど。

で、WDの方
これが緑キャビア。新しい方ね。
これは結果的にはビミョーですね。
WDC WD10EARS-00Y5B1ディスクユーティリティの結果。
HGSTと大きく差を開けられちゃったのが書き込み性能。
で、前の記事に書いてるんだけど、一度Ubuntuの方のシステムも含めていれてみたときには、プチフリっぽい状態が結構頻発。同じデータ入れたSeagate、Samsungでは確認されなかったので、これはHDD自体の性能か、HDDとMBの組み合わせか、どちらかかな?
たぶんだけど、CrystalDiskMark走らせた時も、シーケンシャルは十分な性能が出てたんだけど、ランダムアクセスはかなりスコア低かったんだよね。それが原因かな?と。
アプリ5~6個立ち上げて、どっかで日本語入力とかしてると、Firefoxが再読込で固まったり、ibusが落ちたり。予想では、ランダムアクセスが頻発するような使い方だと厳しいんじゃないか、という感じ。で、十数秒後くらいに何事もなかったように復活したり。
ま、でもVistaは結局入れてないので、上のHGSTと全くフェアに比べられてるわけじゃないけど。でも、システムを入れるには厳しいかもね。
しかしながらこいつの売りは低騒音、低発熱、ってことなので。
実際SATA接続同士の大きいファイルコピーなんかでは、特にストレスは感じないし、何より「ほんとにアクセスしてんのか?」というくらいに音は静か。
前の記事で「ヒューン」って音がするって書いたけど、これはケースの蓋閉じちゃえば全く気にならないレベル。
で、結局今は当初の目的の通り(?)M2A-VM+Athlon64x2でサーバー機(仮)に当てて、リモートで操作してるけど、リモートでいくつか同時にコマンド走らせてても特にストレスは感じない。ので、たぶん、「通常のデスクトップ用途としてのシステム領域」にさえ当てなければ十分なんじゃないか?という感じ。あ、でもSambaでの転送速度いまいち出てないんだよなぁ。ま、これも原因特定できてないので、HDDのせいって一概には言えないけど。
例えばSSDでWindowsのC、でこいつでD、とか、データ貯まってきたので倉庫用として、とかなら十分な性能じゃないかと。

ちなみに今回ので余った250Gx2でソフトウェアRAID0を組んで今、Ubuntuはそちらで使ってるんだけど、その性能は
dmraid(FakeRAID)で読み込み178mb/s書き込み140mb/sなどと。
Screenshot-250 GB ハードディスク (ATA SAMSUNG HA250HJ) #8211; ベンチマーク Screenshot-250 GB ハードディスク (ATA Hitachi HDT721025SLA380) #8211; ベンチマーク
mdadm(完全にソフトウェアRAID)で
54 GB RAID-0 アレイbench 438 GB RAID-0 アレイbenchもうシステム入ってるので読み込みしかできないけど。システム側155MB/s /home 134MB/s
RAID0なので、当然故障率は上がるけど、絶対性能ではかなりおいしいのです。
個人的には、この結構古いHDDの組み合わせでこれだけ出るなら、らぷたんやSSDよりかなりおいしいんじゃないかな?と思う。今は大抵のMBでRAID(UbuntuでいうFakeRAID)サポートされてるし、まぁバックアップしっかりとっとけば大して問題ないと思うしね。どうせHDDなんて逝くときは逝くしな。(あくまで個人的にはそう思うってこと)

SSDもまぁ、普及価格帯に落ちてき始めてるし(コスパ的には絶対にHDDだけど)、システムSSD、でデータに低回転モデルで静音、低発熱、なんて組み合わせもいいと思う。
逆に、7200の高速モデルでRAID0組んで高速ストレージってのも面白いかもしれない。

多分今って、選択肢が多くなりすぎてちょっと混乱しやすい状況にあると思うけど、
・使用目的と求めるもの(速度、とか騒音、とか)
・ちょこっとの下調べ
は必要だと思う。目的に合ったの選ばないと「痛い目」を見ることになるかも、ってことと、下調べは入念にしすぎると却って混乱するかもしれなくて、実際にはバルクHDDなんてさほど差はなく、似たりよったりではある、けど「引き」の要素はある程度あるんじゃないか、ってのは頭においといたほうがいいかもね。
俺は結局、下調べはほぼ半信半疑で、店頭での価格と人気順見比べて決めちゃったけどね。んでも、まぁ、当初の目的に対してはある程度満足いく選択ができたかなー、と思います。

関連記事
今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(序)
今読むと余計に分からなくなるかもしれないHDD選び(破)
UbuntuでソフトウェアRAIDを組もうとしてハマった記録。
UbuntuでソフトウェアRAID(mdadm)を組もうとして成功した記録。

e-tokka ・ドスパラ超特価品・クレバリーPCパーツ特価TSUKUMO ネットショップ
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

613:
( ノ゚Д゚)こんばんわ

HGST…実は…値段がけっこう良かったので…
おいらも悩んだのですが…

騒音と熱では緑キャビアに分がある…
というような事をどこかで見て…

WD緑にしたのですが…

うーむ"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

tminさんの記事を拝見させて頂くかぎり…
HGSTのが良いような(´;ω;`)ウッ…

仰る通り…
「引き」の要素はある程度あるかもなのですが…

おいらがHDD購入しようとしたときには…
3千円くらいHGSTのが安かったのに…

嗚呼(´;ω;`)ウッ…
3千円あれば…美味しいもの食べれたかもです。゚(゚´Д`゚)゚。
614:
おおころさん、いつもどうもですノ

「余計に分からなくなるかもしれないHDD選び」なのでw
かなり惑わせてしまうかも。そして実際惑いましたね。僕は。

>騒音と熱では緑キャビアに分がある
これは確実にそうですよ。アクセス時の騒音は比べ物にならないほどWDの方が静かですね。
ベンチで大きく差が出たのがランダムアクセスだったんですよね。(うちの環境&引いた個体では
逆に、シーケンシャルはさほど大きくは開いてなかったので、ここが「求める性能」として何を重要視するか、って感じで。

データ置き場、サーバー用など、ランダムアクセスがさほど発生しない状況なら緑キャビアはかなり有力かと思います。特に静音サーバー作るときなんかでは。
逆に、システム入れてガンガン操作して、ってなるとちょっと厳しい場面が多いんじゃないかな?という印象ですね。(Windowsを入れてないので、ちょっとOSのVer.とかにもよるかも?
こうなると、リテールファンの2500rpmとほとんど変わらないくらいのアクセス音なら無視(我慢?)して性能を取ったほうが快適かも。(ガリガリいうので精神衛生上よろしくないかな?w

相場自体は・・・まぁ、水物なので・・・ここは・・・
「欲しい時が買い時」ですよ!!
;;*。+ _、_゚ + ・
  ・.(<_,` )_゚ ・ もうじきこんなのがきますよ。
   /,'≡ヽ.::>  シーゲイト、SSDとHDDのハイブリッド・ドライブ「Momentus XT」を発表
 ̄ ゙̄-' ̄`-´ ̄ ̄http://www.computerworld.jp/topics/storage/182449.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。