スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntu10.04 LucidLynx インストールガイド(β2)

まだこの記事を書いている現在、β2が最新なので正式リリースにまで若干の変更はあるかも。
でもまぁ、基本的には以前から変わってないしね。

一番変わってて、ちょっと戸惑ったのが最初の画面。
9.10まではLiveCDからブートすると、まず選択画面があったのだけど、これがない。
1270858326.pngこのままほっとくと勝手にLive起動します。
ここでEnter押せば、いつものように言語選択とメニューの選択が出る。
34780751.pngまぁ、実機に入れるときにはどうせLive起動して動作確認してからインストールするからいいんだけど。
ここで一番上、「インストールせずにUbuntuを試してみる」でLive起動。(動作確認にはこれ。ここからそのままインストールもできる)
「Ubuntuをインストール」でインストーラー直接起動。(メモリが少なめのマシンなどはこちらからインストールが得策)
「ディスクの破損をチェック」はイメージの焼きミス、DLミスなどなどでCDに異常がないかどうかチェック。(普通にDLして焼いたとき、あと雑誌の付録とか使うときはやっといた方がいい)
「メモリテスト」はそのままMemtest。ハードウェアとしてのメモリのチェック。
「一番目のハードディスクから起動」はHDDからの通常ブート。

さて、俺のとこではスペック的に厳しいというわけでもなく、むしろATIのグラボを積んでるならば実際の挙動見るためにもLive起動しといた方がいい。というわけでLive起動から。
で、最初に言語選択はあるのだけど、(今のところ)Live起動時のメニューなんかはほぼ英語表記のままなのであまり意味はなかった。
Screenshot-1_20100411164428.pngとりあえずデフォルトの外観は大きく変わってます。
ウィンドウのボタンも左側配置に。
左側に出てるアイコンの「インストール」ってのをダブルクリックでインストーラー起動しますが、マルチブートなどでちょっと複雑なパーティション構成考えてる方はここでインストール前にGpartedかなんかで先に切っておいた方が安全確実だと思います。
俺の場合はまぁ、HDD2個構成だし、/homeは引き継ぐので切り直しは必要無し。そのままインストールに入ります。
ちなみにこの最初の画面、言語選択と、ネット接続できているならリリースノート、あと新機能のインストーラー自体のUpdateができます。
リリースノートは目を通しておくべきですが、インストーラー自体のUpdateは新機能で、β1までエラーばっかり吐いてたので避けた方が無難かもしれません。(俺はしませんでした)

さて、日本語を選択して進むと、地域と時刻の設定。
Screenshot-2_20100411164427.png最初に「日本語」選んでれば自動的に日本になってるはず。
まぁここはインストール後でも変えられるので気楽に。

Screenshot-3_20100411164427.pngキーボードレイアウト。
ここも下で実際に打ち込んで試すことができるけど、まぁインストール後に設定で変えられるので気楽に。

Screenshot-4_20100411164427.pngさて、パーティション設定。ここが一番の難関といえば難関。
俺の所ではHDD2個ってことで、上にsdaとしてUbuntuが入ってるHDD、下にsdbとしてVistaが入ってるHDDが表示されてます。
HDD一個でMBR書き換えられても構わない方は一番上か3番目、HDD一個をまるごとUbuntuに入れ替えて使いたい方は2番目の「ディスク全体を削除してから」を選びますが、俺の場合は既にパーティション分けしてあるHDDの/のみ入れ替え、になるので一番下の「手動で設定」を選びます。
なお、ここでのパーティション分け、特にここで切り直すときはここの操作は取り戻しが効かないので慎重に。

Screenshot-5_20100411164426.png「手動で・・・」を選ぶと、この様に既にあるパーティションが表示されて、それぞれを編集できます。
サイズももちろん変えられるんだけど、ここではラベルだけ。
sdaが既に入っているUbuntuで、sda1がシステム領域(/)、sda2が/home、sda3がLinux用SWAP領域になってるので。
Screenshot-6_20100411164426.pngsda1のマウントポイントに「/」、でパーティションの初期化にチェックを入れます。
同じくsda2の方は、マウントポイントに「/home」でパーティションの初期化にチェックを入れない。チェック入れるとデータが全部消えますのでご注意。
Swapは勝手に認識されるのでほっときますw
Screenshot-7_20100411170842.pngで、間違いがないか確認して次へ。
Screenshot-8.pngユーザーネームとパスワード。/homeの設定を引き継ぐときは以前と同じものにしておきましょう。
完全にクリーンインストールのときはどうでもどうにでも。

Screenshot-9.pngドキュメントと設定のインポート。なんだけど、まぁ/homeは引き継いでるし、シカトでw
インポートしたいのがあるときにはチェック入れてもいいんだけど、機能的にいまいち(笑)。
さほどわざわざインポートするメリットが見当たらない・・・。
どうせ後からWindowsのパーティションから必要なもの取ってこればいいしね。

Screenshot-10.pngここは最終確認画面。
GRUBは自動的に1stブートのHDDの先頭セクタに入ることになるので、変更したいときはここで「拡張」ボタン。
あと、HDDを2個以上使ってる人もここで「拡張」でGRUBのインストール先確認しておくことをお勧めします。
Screenshot-11.pngちゃんとsda(Ubuntu専用HDDの先頭)になってます。
ちなみにこの変更、β1のインストーラーでは設定が反映されなかったのですが、β2ではここはしっかり直されてましたのでご安心を。
ここで確認することで、多分MBR関係のトラブルは半分以下になるでしょう。(Ubuntu削除したらWindowsも起動できない、USBに入れたらUSB挿さないと起動しなくなっちゃった、など)

しっかり確認したら「インストール」。このボタンを押したら後戻りできないのでしっかり確認してくださいね。
ここ以外ではパーティションを新規に切り直す、などのところだけが後戻りできない操作です。逆に言えば、パーティション操作をやってないならここでキャンセルすればやり直せますので、不安があれば確認しなおす、時にはやり直したほうがいいでしょう。
インストールボタンを押したらあとはおまかせ。
Screenshot_20100411170840.pngここの画面も大分変わりましたね。
スペックにもよるけど、俺のとこのメイン機で10分くらいかな?まぁ長くて数十分で終わるでしょう。
終わったらこのままLiveで使いつづけるか、再起動するかと聞かれるので、「再起動」。でLiveCD抜いて最初の起動になります。

いつも初回起動はちゃんと設定引き継がれるか、消してないかとドキドキしますが、デスクトップ設定などが引き継がれてれば成功。たぶんFirefoxの設定等も大丈夫。
あとはシステムはさらになってるので、前にいれてたアプリを追加すれば/home/.xxで設定されてたアプリなどは以前のままに起動できるはずです。JD、ThunderBirdなんかもこれでOKです。

慣れればほんとに数十分ですね。パーティション操作とGRUBのインストール先さえ間違えなければあとは簡単だし、速いし、インストール後に設定変えられるし。
基本手順は以前のVer.とほとんど変わってないですよ。

関連記事
Ubuntuでのアプリケーションインストール・アンインストールのキホン+α
Ubuntuを「お試し」で使う3(+1)の方法
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
初めて触ったときのUbuntuっていうと・・・
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Ubuntu10.04 β2の今の感触と10.10Maverick Meerkatの予定と
Ubuntu10.04でも手放せないアプリたち
Ubuntu 10.04 Lucid Lynx released!!
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。