スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

初めて触ったときのUbuntuっていうと・・・

先日、初めてUbuntuを使い始めた、という方に会いました。(ネット上だけど。
なんだかんだで俺は初めて「触って」から2年ほどになるけど、本格的に使えるようになったのはやはり8.10の頃からで、その最初の半年って言うのは、週末起動、とかそんな感じでしたね。だって、わけわかんないことが多すぎてw
今は全く逆で、Vistaがたまに週末起動、って感じ。
まぁ、9.04、9.10となんだかんだトラブルはありながらも、なんとか再インストールなしで今回も乗りきれそうで。(その分かなりgdgdな扱いになってるとこ多いけどw
というわけで、その頃を思い出しつつ、初めて触るって方々の参考になれば。

最初に戸惑ったこと、っていうと、やはりパッケージ管理の違い。これを理解して、ちゃんと使えるようになったのがやはり8.10のころからで。
使えるようになると、「なんて便利なんだ」って思うけど、当初はわけわかんなかったですね。
Windowsから移行してくると、「リポジトリから追加」って感覚が理解し辛いんですよ。
debパッケージ落としてきてインストール、って方がとっつきやすいというか、Windowsっぽいから。
でも、これは理解してしまえば非常に楽なもので。
リポジトリサーバに置いてあるから、リポジトリ経由、つまりソフトウェアセンターやSynapticから追加したアプリってのは、aptの恩恵で、全部アップデートができる。まとめて。これは分かってしまうと非常に便利なものなんですよね。
WindowsUpdateで、自分が入れたフリーソフトたちも全て最新にアップデートされる、みたいな感覚。まぁ、その感覚がなかなか移行したてではつかみ辛くはあるんですが。
ただ、このことはUbuntu、というかaptやyum使ってるデストリビューション使うに当たっては理解しとかなくてはいけないですね。
これらはリポジトリサーバーに登録されてて、そこ経由で再配布されてる状態なのでこういうことができるんですね。
フリーソフト万歳!!なとこです。
まぁ、一部パッケージはdebやらソースからコンパイル、ってこともありますけど、基本的にはリポジトリでできるものはリポジトリでやるべきですね。メンテが楽なので。
あとは、アップデートはマメに。特にセキュリティアップデートは。Windowsみたいに作業中にいきなり再起動かかったりしないから、そこは安心していいでしょう。

で、あと個人的に最初にやることって言うと。
アップデートは当然として、まず下パネル削除と壁紙は変える!
上下にパネルってなーんか窮屈なんですよね。あと、あの壁紙じゃやる気にならないww
【小技】Ubuntuの端末をCoolに透過表示でもチラッと書いたけど、やっぱやる気にさせてくれる外観って重要だと思うんですよ。
あとは好みもあると思うけど、ちょっとあのデフォルトじゃなぁ・・・。どうもその気にさせてくれるとは思えないw

次はUbuntuTweak入れるかな?
http://ubuntu-tweak.com/
これはもう必須ですね。
定番アプリはここから入れられるし、リポジトリも簡単に追加できるし、デスクトップの簡単な設定もできる。
特にMedibuntuのリポジトリは必須ですね。コーデックのとこ。これ入れないとDVD再生もできないし。
Screenshot-Ubuntu Tweakまぁ、ロック解除してチェック入れるだけだし。
これもね、最初の頃はむやみやたらに追加してしまったもんですよ。片っ端からww
ほんとはよくないんですよね。開発版とかも入ってるし、あまり追加しすぎるとアップデートのエラーの元になったり、依存関係崩れたりするので。
まぁこれも、多少の痛い目を見て学んだんですがねw
今はWineとか、SMplayer、VLC、Googleあたりの「これは最新にしときたい」or「これは必須」なのだけチェック入れてますが。
まぁたまには冒険しますけどね。MozzilaのDailyとか。でもこういうのは戻せる自信があるor戻せなくてもいいや、って人以外は止めといたほうがいいかなぁ、と思います。
あ、ちなみにデスクトップのアイコン表示もこれでいけますよ。簡単に。

あとは戸惑ったのは・・・プロプラなドライバ、とかですかね。
「制限付き」って言われるとなんか危なそうな気がしますけど、これは再配布やコード公開に制限があるってだけで、別に金かかるわけじゃないですね。
最初はコーデック入れるときに「Non-Free!!」なんて出てきてビビりましたがw
このFreeは「自由」って意味であって、「無償」って意味じゃないんです。これも知らないとビビりますねw
システム>システム管理>ハードウェアドライバ、で簡単に入れられますが、最新が欲しい人はメーカーサイトからとってくるのもいいでしょうね。ほんとに自己責任になっちゃうけど。

個人的には、初期設定は「使いやすいデスクトップカスタマイズ」と「使いやすいソフトの導入」ですかね。
とはいえ、基本的にネット見れて、音楽聞けて、動画見れれば初期設定としてはOKなんですね。個人的には。
あとのことはちょくちょく調べながら、ぼちぼちやってけばいいかな、と。
皆さんのPCの「使い道」次第ですけど、俺はバックグラウンドで音楽流しながら作業するので、ここは必須w
最初に音楽再生環境整えて、今はExaile愛用してますけど、BansheeでもRhythmBoxでも、まぁ好みによると思いますが。
色々試して使いやすいの探すのがいいんじゃないかな?デフォルトでもそれなりに入ってるし。

多分最初はSynapticってけっこうわけわかんないと思うんですよね。
ソフトウェアセンターの方が圧倒的に分かりやすい。(UbuntuTweakでも定番アプリは結構入ってるけど。
だって、Linux用ソフトの名称すらわかんない状態で、Synapticはやっぱり厳しいと思うんですよね。
まぁこのあたりは徐々に慣れていけばいいんじゃないかな?と。

フォーラムなんかでよく見かけるんだけど、「操作だけ教える」ってのはどうかなぁ?と思う今日この頃で。
コマンドにしても、Synapticで入れるパッケージにしても、「その操作が何を意味するのか」を知らないと、なかなか初心者は入ってきにくいと思うんですよね。
例えば、$ sudo apt-get update && apt-get upgrade ってコマンドが、アップデートマネージャーの再チェック>適用、もしくはSynapticの再読み込み>全てアップグレード>適用 っていう操作に相当するんだよ、っていうようなことを広めていかないと、なかなか「初めて触る人」には理解し辛いし、怖いと思うんですよね。(調べろってツッコミもありそうですけど。

UbuntuTweakのリポジトリのチェックにしても、Synapticのリポジトリに追加して、鍵インポートして、って操作に相当してて、実体は/etc/apt/sources.listの書き換えに相当するってことを理解するだけで、格段に安心も理解も深まりますよね。
まぁ、厳密には微妙に違う挙動のときもあるんだけど、この操作はこういうことをしてるんだよ、ってのを分かりやすく広めていくのは必要じゃないかな?と。

10.04から初めて入ってくる人とかも多くなりそうだけど、こういうとこはもっと改善して、広めていくべきじゃないかな?
まぁでも、初めて触る方々、俺みたいなこんなアホでもそれなりに楽しんで使えてるよ!!何とかなるから安心してねw

関連記事
Ubuntu9.10デスクトップカスタマイズ・Gnomeの場合
Ubuntuでのアプリケーションインストール・アンインストールのキホン+α
How to install Ubuntu (9.04)
synapticを活用する
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々
LinuxでWindowsのこのソフトの代わりはないの?
Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。
Lucidに戻してセットアップ。使えるようになるまで約1.5時間。やっぱUbuntu復旧ラクだよ
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。