スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Nautilusで圧縮ファイルを透過的に開くソフト試しました。

Nautilusで圧縮ファイルを透過的に開くソフト作りましたと言われましたので、試してみましたよ。
いまいちavfsがなんたるものかを理解してなかったりするけれども、導入&使用はOKですので手順などを。
まず、これはどういうソフトなのかというと、圧縮ファイルを「展開」なしでそのままNautilusで開けるんですね。中身をそのまま取り出すことも、中身の一部を抜き出すこともできる。
今まで圧縮ファイルって「展開」して、元ファイルと展開したフォルダができて、展開したフォルダを開いて作業するってのが普通だったと思うんですが、間がいらなくなるんです。
イメージ的にはISOファイルに対するGmount-isoみたいに、ISOをマウントして直接開けたじゃないですか。アレの圧縮ファイル版、みたいなイメージ。
Gmount-ISOでISOイメージファイルをマウントして普通のファイルみたく扱う

上のファイルを適当なところにまずダウンロードします。
そしてavfsをインストールしたら再起動します。
再起動したら
$ mountavfs
を実行します。
実行したら適当なtar.gzやzip、rarを右クリックー>開き方ー>追加から
さっきダウンロードしたファイルのフルパスを追加します。
追加したら、そのファイルを開き方のデフォルトアプリケーションに指定します。
そしたら、普通にアーカイブをダブルクリックしてみてください。
Nautilusで圧縮ファイルを透過的に開くソフト作りました はっぴーじむなすと@Linuxさん


とのことなので、まずは言われたとおりにやってみましょう。
はっぴーじむなすと@Linuxさんの上の記事で公開されているaawt.shをDLして・・・
Synapticでavfsをインストールして再起動。
で、端末から
$ mountavfs
これで「場所」のとこに.avfsが現れてます。Screenshot_20100212200622.pngでもこの意味がいまいち分かってないの。俺。仮想ファイルシステム、らしいけどさ。
で、ファイル形式の関連付け。
俺のとこでは、DLしたaawt.shを/home直下において、$ chmod +x aawt.sh (プロパティ→アクセス権→「プログラムとして実行できる」にチェックでもOKかも
で、適当な圧縮ファイル右クリックして「プロパティ」
Screenshot-phc-k8_v0.4.2.lzh のプロパティ「開き方」のタブで「追加」を押して、
Screenshot-アプリケーションの追加下の方の「コマンドを直接・・・」のとこでaawt.shのフルパスを入力。
/home直下なら/home/$uname/aawt.sh、optとかに置いたら/opt/aawt.sh。
Screenshot-phc-k8_v0.4.2.lzh のプロパティ-1そうすると「開き方」のとこにaawt.shが現れるので、これを選択、というかチェックつける。
これを形式別にそれぞれ設定すると。zip、tar.gz、tar.bz2などなど。
で、設定終わったらその圧縮ファイルをダブルクリック。
Screenshot-Ubista.tar.gz# - ファイル・ブラウザすると、普通にNautilusで開けます。「展開」なしで。

で、そのままではlzhだけNot an archive fileとかなっちゃってたんですね。ここは設定が必要なようで。
Linux/AVFS の下の方に説明があるんですが、そのままではいけませんでした。

extfs で ulha を使用する †
* ファイル拡張子が足りなかったりしたら、以下のファイルをいじくる
o /usr/lib/avfs/extfs/extfs.ini
* lha で固めたファイルの拡張子は普通 .lzh のはずなのでこんな感じに追加
$ diff -brNup avfs-0.9.8.tar.bz2#/avfs-0.9.8/extfs/extfs.ini /usr/lib/avfs/extfs/extfs.ini
--- avfs-0.9.8.tar.bz2#/avfs-0.9.8/extfs/extfs.ini 2006-04-06 02:19:05.000000000 +0900
+++ /usr/lib/avfs/extfs/extfs.ini 2009-04-13 00:07:58.000000000 +0900
@@ -5,7 +5,7 @@ u7z .7z
# Popular pc archivers
# uzip .zip .jar
uzoo .zoo
-ulha .lha .lhz
+ulha .lzh .lha .lhz
# urar .rar
uha
# For arj usage you need special patch to unarj


なんてあるんですが、まずlibやらlib32やらlib64をうろうろしてもavfsが見つからない!
で、Synapticからパッケージ名右クリックで「インストール済みのファイル」を確認すると、どうやら/usr/shareに該当ファイルがある模様。
見つかったのは /usr/share/avfs/extfs/extfs.ini
Screenshot-extfs - ファイル・ブラウザextfsの中身。俺のとこでは大体揃ってそう。
これっすね。extfs.iniを管理者権限で編集します。「管理者権限で開く」もしくは$ sudo gedit /usr/share/avfs/extfs/extfs.ini。
で、元の記述は、上の方で

# Popular pc archivers
# uzip .zip .jar
uzoo .zoo
ulha .lha .lhz
# urar .rar
uha
# For arj usage you need special patch to unarj
uarj .arj


こんな感じでした。
この辺を言われたとおりに

# Popular pc archivers
# uzip .zip .jar
uzoo .zoo
-ulha .lha .lhz←
+ulha .lzh .lha .lhz←ここを変える。
# urar .rar
uha
# For arj usage you need special patch to unarj


と書き換えて「保存」して・・・lha自体は俺はもう入ってたけど、なければSynapticからインストールできます。
ん?ということはp7-zipとかも入ってないと動かないのかな?もう入ってたけど。p7zip-full・lha-sjis辺りが必要かも。
で、avfs再起動。
$ umountavfs
$ mountavfs
で、ダブルクリックすると・・・ダメじゃん。。。Not an archive file。
んでも、前後の記述見ると、ここで各圧縮形式への対応がセットされてるっぽいので、見よう見まねで書き換えてみる。

# Popular pc archivers
# uzip .zip .jar
uzoo .zoo
# ulha .lha .lhz
ulha .lzh .lha .lhz
←ここ2行
# urar .rar
uha
# For arj usage you need special patch to unarj
uarj .arj


これで保存してもう一回avfs再起動して同じようにlzhダブルクリックしてみると・・・おっっけーーーーーーー!!!
いや、これでほんとに合ってるのかは知らないけどさ。

これでとりあえずzip,tar.gz,tar.bz2,lzhとまぁ大体のとこは行けるようになりました。
いいね。展開にかかってた時間もかからず、軽快で。(まぁ今までも大してかかってなかったけど
展開したファイルと圧縮されてる元ファイルが並ぶことないし。(ここ重要。便利。
もともとLinux自体、zipとかlzh苦手っぽかったしね。(展開しようとしてダメで、$ unzipするといけるとか、めんどかった。
この辺が便利に使えるようになっていい。初期設定というか、関連付けがちょっとめんどいけど。

関連記事
Gmount-ISOでISOイメージファイルをマウントして普通のファイルみたく扱う
LinuxでWindowsのこのソフトの代わりはないの?
これはいいかも。Nautilus Elementary 2.30 for Ubuntu 10.04 Lucid Lynx
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

474:
またまた記事にしてくださってありがとございます!

> 初期設定というか、関連付けがちょっとめんどいけど。

ですよね(^^;
設定だけでこれだけの分量の記事を書けてしまうぐらいですからね;

いまちょうどインストール用のスクリプトを組んでるので、それを使えば一瞬でこのめんどい設定ができるようになる予定です。
それまでしばしお待ちを…
476:
いやいや、いいソフトをありがとうございます。
lzhのとか、忘れないうちに記事にしておこうというww

インストール用のスクリプト、あれば便利ですね。
贅沢を言えばWindowsで圧縮、解凍ソフトのインストーラーにあるような、チェック入れれば関連付けできるような感じだと簡単でいいと思います。(なんという贅沢なw

ところで、avfs起動したまましばらく使ってたら結構リソース食うようになってしまい、umountしようとしたらbusyなのでできない、とか言われちゃったんですが、これavfsの仕様ですかね?
なんかいろんなフォルダが開けなくなっちゃったり・・・再起動すればOKなのですが。
477:
> チェック入れれば関連付けできるような感じ

なるほど~贅沢ですねぇww
まあそれぐらいならすぐできる(はず)なので、さっそくインストーラーに取り込んでみますw

> umountしようとしたらbusyなのでできない

どうもそれは仕様のようです… こちらでも対処法を捜しているんですがなかなか;
いまのところアンマウントするには
$ umountavfs
しかなさそうです。また引き続き調査しますので、もしかしたらなんとかできるようになるかもしれません(^^;
481:
わさびーさん、どうもです。
贅沢ばかり言って申し訳ないですw(しかしぜひとも実装を!

仕様ならば諦めますかね、とりあえず。アンマウントのコマンドがBusyで通らないんですが、まぁ再起動すればいいし(ぉ

ちょっとavfsについてこちらでも調べてみますね。環境によりそうな気もしますし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。