スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

結局Ubuntuの動画プレイヤーはVLCとSMPlayerがあれば必要にして十分じゃね?

まぁ過去に色々と試してきて、今現在も標準のTotemはじめMplayer、Xine、GnomeMplayer、DragonPlayerなども入れてはいるんだけれども。
結局VLCとSMPlayerがほとんど、というか、この二つしか使ってない気がする。
こんなにたくさん試すハメになったのは8.10のとき。 動画プレイヤーを色々と
8.04ではたしかTotemがやたらと安定していて、ほとんどこれで用が足りてたんですが、8.10になって急変。というか、あのときはX周りなのかATI関係なんだかで、デスクトップ環境自体が安定していたとは言い難いものだったんですが、もうやたらと点滅して、見れたもんじゃない。
で、Totemってまぁシンプルで楽なんですが、設定項目が充実してるとは言い難く。

探ってみて結局今はVLCとSMPlayerに落ち着いてるんですが、両方設定項目が豊富なんですね。
実はWindowsの方ではMPCとSMPlayerの二つが俺的定番になってて、これは「軽い」MPCと、高画質&ISOそのまま再生できるSMPlayerって感じで使い分けてるんですが、まぁ実際のとこMPCでほとんど用は足りてるというw

なんでUbuntuではVLCとSMPlayer両方入れてるかって言うと、なんだかそれぞれ得手不得手があるようで。
たぶん環境やそれぞれのバージョンにもよるんでしょうが、今現在、Ubuntu9.10amd64上では、aviはVLCだとコマ落ちが多く、SMPlayerなら快適、逆にmkvはSMPlayerだとコマ落ちや固まることが多くて、VLCだと快適、なんてことがございまして。
もしかしたらどこかの設定かもしれないし、CatalystのVer.でまた変わってくるかもしれないんだけど。

どれもこれもリポジトリにあるのでインストールは簡単。パッケージ名で検索かければすぐです。
Screenshot-SMPlayer_20100127212821.pngSMPlayer。UIはかなりシンプル。
すぐ下にプレイリスト表示しておけるのもいい。
Screenshot-SMPlayer - 環境設定設定項目もかなり豊富。
うちの環境ではx11orxvでわりと快適で、xvの方が(うまく動くなら)高画質、といった感じですが、この映像やら音声の出力を色々試すことで快適な環境を探せます。
今のところまだATIは対応微妙なんですが、Ubuntuの動画再生支援についてなんてこともできるし。
このへんいつもnVidiaに比べてATIは遅れちゃうんですよね。残念ながら。
まぁ、全体的にATI環境も改善される傾向にあるので、今後に期待したいところですが。

Screenshot-VLC メディアプレイヤーこっちがVLC。
Screenshot-プレイリストプレイリストも再生画面も別窓になってしまうのがうっとおしいといえばうっとおしいけど、それが便利なときもあったり。
Screenshot-設定こちらも設定は豊富。
独自コーデック搭載ということで、とりあえずなんでも再生できるプレイヤーが欲しいって時はこちらの方がいいのかな?
SMPlayerだとコーデックいるしね。
この二つでで俺の場合は現状もう事足りてしまってるんですが。

「軽い」ってことにこだわるならお勧めはGnomeMplayer。
Screenshot-GNOME MPlayerTotem級にシンプルで軽快。
Screenshot-GNOME MPlayer 環境設定そのわりに設定項目が豊富なのがポイント。
8.10のときはこれをメインで使ってましたね。
画質的にはVLCやSMPlayerの方が上のように感じますが、「ながら」で再生してるときなんかには使いやすいと思いますよ。

Xine系はなーんか9.10になってから不安定なんですよね。
VLCとSMPlayerで環境さえ整えられれば、大抵のフォーマットも、DVDも再生できるので、これで結局用は足りてしまうし。
オーディオ関連でなんか不安定なとこ抱えてるときも、これで出力先選んで試せばうまくいくこともあるかも。
やっぱ設定項目の豊富さ、ですかね。シンプルなのもいいけど、色々試して自分の環境に最適なのを選ぶってのが可能なのが大きい。
そして今はもうFirefoxのプラグインもVLC使ってるしね。

関連記事
動画プレイヤーを色々と
Ubuntuの動画再生支援について
Medibuntuのリポジトリで各種コーデック。DVD再生も。
Ubuntuの音楽プレイヤー色々
せっかくなのでFullHD動画再生テスト
Ubuntuで市販DVD再生
またもやUbuntuで動画再生支援(ATI)
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

454:ATI機での動画再生支援について
質問ですが、Catalyst 9.12での 動画再生支援は
使えていますでしょうか?
(一応9.10以降サポートされたということですが)
自分の場合、いろいろ設定をいじってみるも、うまく動作せず
ドライバ側の問題なのか、それとも相性が悪いだけなのか
いろいろ調べているのですが、あまりATI系で成功したという話は
でていないので、
2010年1月の時点ではまだ厳しいのかな、と思っている所ですが
いかがでしょうか?

455:
XVBAさん、コメントありがとうございます。
当方環境でも非常に微妙ですね。というか、9.04のときと大差ないように思います。

Ubuntu Weekly Recipe 第75回 SMPlayerで擬似HD(High Definiton)動画再生
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0075
ちょっと古いんですが、これなどを参考に手探りながら色々やってみたりしてたのですが。
結局今でもうちの環境ではx11が一番発色も滑らかさもよく、かつCPU負荷は少ないんですが、本来ならxvでAvivoが一番よくなるべきなんですよね。するとやはり効いてないのでしょうね。(そこまでの差を感じないし。
現状ではやはり厳しいですね。CPUに頼ってる感たっぷりです。
目に見える効果ってところまでは僕もいけてないです。CPU高かったり、出力によってはそもそも「点滅」しちゃってまともに再生されないところもあり。
3Dは9.10になってかなり上がってるんですけど、動画は・・・
CatalystのVerによる違いも現在のところ感じませんね。
どうもATIはこういう対応遅れぎみですね。今後に期待したいです。
829:Re: No title
実際のところHDになるとかなりPC自体のスペック(CPUかGPU)を使うことになるので、なんとも言えなくはあるのですが・・・
一応、よく軽量Linuxに搭載されるXineというのがあります。Gnomeだとgxineだったかな?独自のエンジンなので、「動けば」結構軽いです(起動しないことが何度かw
あとはただのmplayer(mplayer-guiだったかな?)とかが思い当たるところです。
ただ、「プレイヤー自体」が軽いだけなので、動画が重いとなかなか難しいかもです。
他にもいくつかプレイヤー自体はあったと思うんですが、使ったことある中で思い当たるのはこの辺りですかね。
なかなか難しいところもあるかとは思いますが頑張ってくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。