スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

DL違法化に見る間違った認識の危険と将来への危惧

以前いわゆるDL違法化とP2Pという技術について考えてみる。という記事を書きましたが、どうも「間違った解釈」による「混乱のようなもの」が至る所で見受けられる。
個人情報保護法の施行時のようでちょっと笑える。けど深く考えると危ないことなんだよ。
ということで今回は「分かりやすい」ことを目的としての記事。なので、法解釈的には「足りない、ちょっと違う」って部分は出てくるでしょうけど。

以前の記事と重複するが。

(私的使用のための複製)
第30条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
1.公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
2.技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第1号及び第2号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
3.著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であって、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音または録画を、その事実を知りながら行う場合。←これが追加項目。


この3が追加されたってのがいわゆるDL違法化で。

俺なりに噛み砕いたのが

第30条では「著作物の私的利用の範囲内での複製」を許可している。
で、除外規定として
1.公衆の使用のための複製機を用いて複製する場合
2.技術的保護手段を突破することで可能になることを知って複製した場合
3.著作権を侵害する自動公衆送信を、受信して録画・録音する行為を、知ってて行ったとき←ここが追加


この3が追加されたってこと。

でもたぶん分かりにくいので一番わかりやすそうな具体例で。
以前FireFoxのアドオンVideo Download Helperで動画DLという記事を書きましたが。
・角川アニメチャンネルで配信→権利者が公開している
・この動画をDLする→「私的複製」の範囲内なのでOK。今も以前も。
・DLした動画を勝手に再アップする→著作権侵害。今も以前も。
再アップされた動画をDLする→以前はOK。今はそれが「勝手に」アップされたものと「知って」DLするのが犯罪となる。もし「公式に公開されているもの」と誤信してDLしたならば罪にはならない。また、キャッシュはOKとされてるので、単に視聴するだけならば問題ない
この最後のステップが今回新たに「犯罪となる」と規定された部分なわけで。

まぁ、このそれぞれのステップにも今後争点となりそうな部分は少なからずあるのですが、大雑把に言えばこういうこと。
で、今おかしいのは、

・DLした動画を勝手に再アップする→著作権侵害。今も以前も。


にもかかわらず、今回の改正を理由にアップを止めてる人が多いっての。
今までもダメだったの!!
だから、今回の改正を「きっかけに」「自分で止めようと決意した」ならばそれはいいことだけど、今回の改正で「厳しくなった」から「規制されるから止める」ってのはおかしいだろJK。
「厳しくなった」のではなく、新たに「犯罪となる行為が追加された」なの。
無断アップロードは今までも違法だったの!で、こっちは音楽・動画にかかわらず、「著作物」だから、画像や文章の無断アップロードもダメなの!
いや、まぁ「抑制」としての効果は上がってると思いますけどね。これだけでも。

で、著作権ってのは非常に複雑で、一概にこれがOK、これはダメ、なんて言いきれないところはすごくあるんですが。
いわゆる「アングラ」な技術や利用法が大々的に広まって、それが問題視されたからこういうことになってるんでしょ。
だから以前の記事では、「普通の人にはたいして変わらない」と書いたんですよ。
いわゆる割れ厨、ダウソ厨なんかはもうダメっすね。止めた方がいいよ。
普通の人は、アレ、「無料着うたDL」なんかはたぶんほとんど違法なので、それは今後気をつけた方がいいでしょうけど。

Winnyの作者が逮捕、なんてのも話題になったけど、アレも「見せしめ」だろうと。
ソフト、つまり道具には罪はない。前にも言ったけど、使い方が罪なわけで、アレを使って著作物を違法にやりとりしてたのが違法だったんですよ。
で、作者を逮捕に踏みきったのは、掲示板で「悪意ある利用」されるのを承知しつつ開発してた、って書き込みのやりとりのログが元で、それをもってして「著作権侵害幇助」として、Winnyを悪用して「著作権侵害」で捕まった人の巻き添え的に逮捕された、って経緯だったと記憶している。
まぁ、この訴訟自体色々問題があったと思うけど、こういう「アングラ」つまり、限りなく黒に近いグレーゾーンや、こっそりやる「黒」な行為が表立って広まっちゃったのがすごい問題だと思うわけで。
表立って広まると、「悪いことやってる」もしくは「悪いことになるかもしれないことやってる」自覚がない人間も多く混じってくる。
だから「社会問題化」されて、結果、規制、規制。どんどん住みにくくなりますよ。

今回の改正では、「録音または録画」に限られてるからまだいいけど、今後もし「画像・文書」にも拡大されたらどうなる?
Web閲覧も「そのページをDL(つまり複製)」してるからダメ、「画像に名前をつけて保存」もダメ、さらに幇助が拡大解釈されると、この機能がついたWebブラウザ自体がダメ、Webブラウザの開発元は軒並み「幇助」で逮捕、なんてことになりかねないですよ。
まぁ今も、厳密に言えば、例えば「gifアニメの複製は録画なのか、画像の複製」なのか、なんてことも言えるし、画像に広がったら「pdfファイルは画像か文書か」なんて境界が微妙なところもあるけれども。

例えば。DVD Decrypterってソフト、有名ですよね。DVDのリッピング&ライティングとして優れたソフト。
普通にISOイメージのライティングとしても使いやすいんだけど、市販DVDなんかのコピーガードがあたかも全くないように解除できたりしますが、それでもソフト自体は「犯罪」にはならないと思いますよ。
これ使ってDVDダビング。これは? 答えはOKな場合とNGな場合がある。
友人がTV録画したDVDをDVD Decrypterで複製。 これは基本的にOK。私的複製の範囲内だから。
レンタルDVDをこれ使ってダビング。 これはOKな場合とNGな場合がある。そのDVDにコピーガードがついてたらNG。
これはうえの方に書いた条項の2に当てはまる行為だからね。

最近、ネトランが休刊したけど、ああいう雑誌、あれこそ幇助じゃね?
「限界!コピーガード突破!!」思いっきりダメっすよ。
しかも「編集部で検証してみた」って「違法行為をしてることを自ら公表してる」わけですよね。写真なんかつけて。アレ、違法行為の物的証拠でしょ。
言い逃れできなくないです?
しかもこれ、今回の改正には関係なく、前からあった条項ですよ。
あんなの堂々と公開して、売り出して、んで「悪用厳禁!」とか言っても全く説得力ないww
こういうの読んで、「罪の意識なく」「乱用」されるから問題が大きくなるんですよ。
まず、こういうの取り締まるべきじゃないですかね。
んで、こういうのの編集部に、謝罪の上、「著作権法」を平易に正しく広めることを義務付ければいい。
それで、結局「悪いこと」って意識なくやってた人たちが控えるようになればいいんですよ。
で、結局「犯罪行為をする人」ってのは関係なくやりつづける。海賊版がなくならないのがいい証拠。
買う方も悪いけど、「バレたら捕まる」と知ってやってるならもう仕方がない。きっとこういう人はこれからも「できるだけ捕まらないように」やりつづけるでしょう。
でも、そのTipsを表に出すことによって、一般人が「罪の意識なく」「良識なく」手を出すから社会問題になるんだよ。
そのことに大きな一役買ってるのがネトランはじめとした、「裏」とかいいつつ堂々と売りに出されてる雑誌たちだと思います。

俺は一時期Windows100%毎月買ってたけど、当時はそういう記事が半分くらい、まともというか、その頃の俺にとって役立つ情報(フリーソフトとか、デスクトップ素材とか)が半分位だったけど、どんどん「厨房」向けの記事が増えてった感じがして、うんざりして買うの止めました。
飽きた。しかも誇大広告っぽい見出しにうんざりした。絶望した。
Linux100%もそんな感じ。Vol.3くらいまではわりとよかったと思うんだけど、「完全オリジナルOS Linux7」とか(笑)
Ubuntuのデスクトップちょっといじって、アプリ追加しただけだしなw
あんなの1時間くらいで作れるし、全然「完全オリジナル」じゃない。しかも再配布のライセンスへの理解があるとも思えない。
「Windowsよりすごい」「Windowsはもういらない」も誇大。誤解を招くでしょ。
WindowsにもLinuxにも、それなりの持ち味があるし、得手不得手がある。そこを書かなきゃ。
Jarisだってアレ、LinuxじゃなくてUnixだろ(笑)
なのでもう買わないでしょうね。俺は。Amazonのリンクも外したし。

そんな中、Ubuntu magazin japanと日経Linuxは頑張ってると思いますけどね。

必要なのは、モラルとか、常識とか。あと、正しい理解。
アングラなことはあくまでアングラと理解した上で、覚悟ある人がやるならもう仕方ない。「犯罪かもと思いつつ」やるならもう止めようがないもん。いや、奨励してるわけじゃなく。
違法行為が違法行為だから、誰もやらないなら世の中に「犯罪」が存在するわけないじゃないですか。
犯罪は起こるし、法律が人の作ったものである以上、抜け道だって穴だって、グレーゾーンだって存在する。それは紛れもない事実だからね。
ちゃんと理解した上で、ネットだから、匿名だから、ではなく、現実社会と同じように良識を持って行動すること、だと思いますよ。
これができないなら、きっと今後、あれもこれも規制ってなっちゃって、ネット自体が、PC自体が「悪」な扱いをされかねない。そんなの嫌ですよ。
モラルを持ってれば、その中で自由に快適に情報をやりとりできる、コミュニケーションがとれる、それがいいのにね。

関連記事
いわゆるDL違法化とP2Pという技術について考えてみる。
著作権法改正に伴う架空請求にご注意を
P2Pを正しく活用する事例など。
改正著作権法についての追記
Ubuntu Magazine Japan vol.01記事を公開とのことで。
うぶんちゅ! もとい アスキームック Ubuntu magazin japan vol.1買ってきたよー
うぶんちゅMagazine japan vol.2買ってまいりました。
OSS界隈とコーデックの諸問題(livdvdcssとかlivdvdcssとかlibdvdcssとか
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

428:
…いや全くです
古い言い方だと 禿同

雑誌が幇助していたよね、ってのも全くその通りだけど
今もって「無料でDVDコピー」なんてMOOKが普通に売ってるのが
どうなのこれーって思うなあ。当該の雑誌って昔Photoshopの起動ロゴを
差し替えてみよう、みたいな記事中の写真で「割れ尻」使っているのが
ばればれになったことがなかったっけか?w
429:
ufoprincessさん、早速のコメントありがとうございます。
「無料でDVDコピー」なムックとか、これ、問題を大きくしてる大きな原因ですよねぇ。
しかも、今回の改正以前からダメだったのに・・・
なんか問題になったのが何度かあったような気もするけど、家宅捜索とかまで行ったのはありましたかね?たぶんなかったように思いますけど。
警告とか回収とかもあったのかな?警告はありそう。

アングラはアングラで、あくまで「裏」なり「グレーゾーン」として、知る人ぞ知る、自覚を持ってこっそりやる、ってのが存在価値なんだけど。(善悪は別として)
これが表に出てくるから「社会問題」として大々的に取り上げられて。
そのうち壁紙DLや、どこかの記事の引用、なんてのも問題になりそうで怖いんですよね。
今もこれらは厳密に、徹底して解釈するスタンスに立てば危ないので。

住みにくくなるのがほんとにやだなぁ・・・と。
430:
ネトランがまた割れずのシリアルを搭載してしまいました(使ってました)
http://www.mudaijp.com/wp/2313.html
これですね。
どうも他にも多々問題があったようで・・・
休刊になってよかったんじゃないでしょうか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。