スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ぜひ実現してほしい!!Ubuntu10.04のリカバリメニューの強化とXのクラッシュ解析

Ubuntu Weekly Topicsに、最近10.04で搭載されるかもしれない(議論中の)機能が紹介されてるんですが、今回は非常に興味深いですね。
※あくまで予定であって本当に実現されるかどうかは現時点でははっきりしてません。

Ubuntu Weekly Topics 2009年12月18日号 10.04のリカバリメニューの強化・Xのクラッシュ解析機能・Ubuntu Magazine Japan vol.1のPDF公開・UWN#172・Ubuntu One対応アプリの作り方

リカバリメニューの強化
そこでUbuntu 10.04では,初心者でも壊れたファイルシステムの復旧が行えるように改良が行われる予定です。


FoundationsTeam/LucidBootRecovery
これは前々から「あったらいいな、というかあるべきだろ」と思ってたことであって。
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。なんかでも「Windowsでいう復元ポイント的なものが必要なんじゃないかな?」と言ってるわけですが。

で、結局どういう形で実装されるかというと。

今回取り込まれる回答は,"起動メニューに表示される「Recovery mode」に「全ファイルシステムのチェック」といった項目を追加(あるいは置換)することです。ファイルシステムのチェックを選択して起動した場合,強制的に各ファイルシステムにfsckをかける,というアプローチとなります。


うーん。fsckかぁ・・・微妙ですね。というか、RecoveryModeにfsckあったような気がするんですが・・・改善されるってことでしょうかね?
RecoveryMode自体はそんなに使うものじゃないからなぁ・・・あんまり詳しくもないんですが、(どういうプロセスで起動してるのか、とか。
確かclean、rootログイン(CUI)、fsck、dpkg、xfix、じゃなかったかな?あ、あとgrubか。(9.04だったかも?)
fsckってのはファイルチェックであって、Windowsでいうと復元ポイントではなく、インストールDVDから選べる「ファイルの修復」に近いものなんですよね。(たぶんだけど
ないよりは全然いいのですが、じゃあfsck -yでとりあえず起動するようになるかって言うと微妙に違うんですよ。
α版の話なのでアレですが、アップグレードに失敗して何度かfsckを走らせたらシステムファイル自体が吹っ飛んだ経験もありますし。
Ubuntu9.10α6にアップグレード失敗&クリーンインストールから復旧の途中のときね。
これはfsck以外も色々試みてたので、はっきり言えないんですが、でもRecoveryModeでなんとか起動できるようになったのはfsckのおかげでしたが、とどめをさしたのもfsckでした。(もしかしたらext4でファイルが吹っ飛ぶとかいう、再現性激低で「ほんとにバグなの?」とか言われてたアレかもしれません)

俺としてはやっぱり復元ポイント的なものがほしいなぁと思うわけで。
一日前は起動した→そのとき何らかの操作をした→正常に起動しなくなったor起動はしたけどなんかおかしい(例えばパネルが反応しない、など)
まぁ、依存関係であればとりあえずログイン時に端末さえ起動できれば別のデスクトップ環境入れてそこからSynaptic起動してあーだこーだして何とかなることも多ですし、システムファイルをいじった結果であればその前のfsckで何とかなるかもしれないんですが。
でも、こういうのも昨日今日触り始めた人にはできないわけで、逆に何年も使ってる人ならCUIログインさえあればなんとかなってしまう、という大きな差があるんですよね。
例えばRecoveryModeでコンソールログインはできたとして。
今現在の俺ならubuntu-desktopを入れればとりあえずなんとかなりそう、ってのは分かる。で、このうちの何かの設定がおかしい、っていうなら# apt-get purge ubuntu-desktop してdpkgかけて、# apt-get autoremove #apt-get autoclean して、その後# apt-get install ubuntu-desktop というくらいは思いつきます。(これでダメなら# apt-get install lxdeでLXDEデスクトップ入れるとかな。
でも、昨日今日触り始めた人には思いつかないし、打てない。逆に詳しい人なら例えば/etc/のどこかの設定ファイルをnanoで編集して、なんてこともできたりするわけで。(nanoは使わねぇ!ってツッコミはなしの方向でw
そうすると、初心者のために、って観点からは「一日前」なり「前回起動時」の状態に戻せる機能ってのがほしいなぁ、と。

とはいえ。こういうことがすでに正式に検討される段階にあるってのは評価できるところで。

で、さらにXのクラッシュ解析。

10.04 LTSで挙げられた機能強化提案の一つは,/var/log/Xorg.0.logを自動的に読み取り,各セクションごとの動作の解析・既存のバグとの照らし合わせを行うツールを準備し,問題の識別を自動的に行えないか,というものです。

また,現在準備されている自動的な「低解像度モード」の起動も強化され,「Failsafe X」というリカバリ専用モードになる可能性もあります。


詳細X/Blueprints/TriagingAndDiagnosisTools(英語)
これは期待!!
今RecoveryModeでxfixとかすると、たぶん前回起動時のXの設定ファイルを読み込んでるんじゃないでしょうかね?たぶんだけど。
つまり、前回Xがうまく起動しなくて、で、RecoveryModeに入った、ってときにはあんまり役に立たなかった経験が多々あって。
ここで、もし異常の原因が分かるならばそれは非常にありがたいことで。
さらに自動的な「低解像度モード」については、イメージとしてはWindowsのセーフモードみたいな感じでしょうかね。
これはあるとありがたいですね。

とりあえずGUIで起動できる、ってのは非常にありがたいんですよ。
というのは、ネットで調べながら操作が試せるから、コマンド覚えてなくても結構いけるんですよ。(だからGnome以外を入れたり、とかね
RecoveryModeでrootログインができてコマンド操作が可能、でも、何打てばいいのか分からない、そういや何だかっていうコマンドがあったけど、あれってどうだっけ?みたいなことは多々あるわけで。
その点、とりあえずFirefoxと端末が起動できれば、できることが爆発的に広がる。
例えばフォーラムで質問して、回答してもらったとおりの操作をそのままできるとか、コマンド操作調べながらそのまま打てる、とか。
さらにsynapticも使えるので、履歴見たりしながら異常の原因を考えるってことだって可能だし、履歴見て、これかな?って思ったときにFirefoxで検索かけたり。
これがあれば、問題の切り分けと原因の追求が非常にやりやすい。なので、復旧できる可能性は格段に向上すると思います。

逆に、その過程が面倒だよって人もいるんでしょうね。たぶん。
俺としては、この過程を経ることでスキルが向上する、ってのが大きいので大歓迎なのですが、例えば急ぎの仕事があるのに、ってときには時間かけていられないだろうし、問題の切り分けと原因の追求なんて苦痛でしかない、って人も多いと思います。
「だったらWindows使えよ。」も分かるけど、それでは進歩がないでしょう。
そうするとやっぱり、これでも機能不足で。やっぱり欲しいなぁ。復元ポイント的なもの。

けど、それでも、こういう機能が検討され、実装が近い、ということになると受け入れられやすくなると思いますね。
少なくとも何回か起動して、トラブって、再インストール面倒で、「使いやすいっつってもこの程度かよ・・・」で終わってしまう人たちの中の何割かがそこで終わらずにすむ、そういう感じで期待してます。
多分俺もお世話になるんだろうと思いますけどねw

関連記事
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
Ubuntuのパッケージ管理は便利だけど初心者には罠になるかも。
UbuntuにおけるFirefoxの扱いが変わるかもしれない。
synapticを活用する
RecoveryModeからCatalyst再インストール
Ubuntu10.04 Lucid Lynxはかなり本気度高そうな気配。
Ubuntu10.04α2をVirtualBoxで動かしてみた
Ubuntu 10.04 はメニュー表示が日本語に。あとみくった~試してみた。
Ubuntu 10.04 α3が出ましたが。VirtualBoxにて試してみました。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。