スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Sbackupを活用・・・できるのか!?きっとできる!

まずお断り。記事タイトルの「できるのか!?」というのは、俺が活用出きるのかどうかが疑問、ということ。
Sbackup自体はとてもよくできてますよ^^
前にもこれに関する記事書いたけど、あの時はド素人でしたので、ドが取れて素人くらいに昇格はしたかな?と思う今、改めて書いてみようかと。

実は俺はバックアップというものに非常にルーズなんですよ。
いつかの記事で書いたような気もするけど、メディアファイル系はUbuntuの/homeとWindowsのDドライブでそれなりに同期してまして。
「あぁ、消しちゃったよ」って時でもどっちかが残ってればまぁ大体OKだし、Ubuntuの/homeは別パーティションに分けてるので、クリーンインストールしたときも(間違ってフォーマットさえしなければ)設定引き継がれるのが多いし、FEBEでUbuntu側、Windows側両方でFirefoxのバックアップも(数ヶ月に一度くらい)取ってますし。

むしろ人柱erな試みによっておかしくなってしまったときなんかはクリーンインストールして、必要なデータだけ残ってる方から取ってきて、って方が速いし便利だし確実なんですよね。
なので初期設定が終わった状態でインストールしたアプリのリスト、なんてのは便利だったりして、これは/homeとDドライブ両方に取ってあるし、FEBEのデータもそうですね。これさえあればそれでOK。
デュアルブートであることがそのままバックアップになってるというか。(HDDも別だしな
しかも別に重要だったり貴重な個人情報的なデータは取ってない!(ここ重要w
なのでWindows7RCとUbuntuのα6のデュアルブート、なんてことを平気で実機でやってしまうのですw

というわけであんまり活用できてないのが現状なんだけど、でもこの辺は使い方次第、人それぞれであって。
バックアップが絶対必要って人も多いでしょう。むしろ俺が少数派でしょう。

前置きが長くなりましたがSbackup。
これ、デフォルトで入れといた方がいいんじゃないかというソフトですね。
Screenshot-アプリケーションの追加と削除アプリの追加と削除からインストールOK。
正式名称Simple Backup。SbackupでもBackupでも引っかかると思います。

で、起動はシステム>システム管理>バックアップの設定。
Screenshot-プロパティ-7初期設定がちょっと面倒ではあるのが玉に瑕、かな?
デフォルトじゃ保存するディレクトリも少ないし、容量にも制限があるんです。(ここ、/全部とか、/home以外のシステムファイル全部、とかならいいのに、と思うんですが。ま、それならdd使った方がいいのかな?
ので、「カスタム設定」をおすすめします。
Screenshot-プロパティ-1「含めるファイル」でバックアップ対象のディレクトリを指定。もちろんファイルのみ指定、も可能です。
今回はとりあえず、/home以外のシステムファイルのうち、一時ファイル系を除いて全て追加してます。
Screenshot-プロパティ-1「除外するファイル」ここはデフォルトで一時ファイル置き場が入ってますね。
左側にさらに項目を選ぶタブがあるんですが、
Screenshot-プロパティ-2例えばファイルの種類。
ここではメディアファイル系が指定されてるんですが、/homeのバックアップを取っておきたい。そして保存してる音楽や動画ファイルをちゃんとバックアップしておきたい、って方はここから削除しておきましょう。
逆に「設定データだけが必要」って方はこのままでいいと思います。

正規表現はよくわからんww
Screenshot-プロパティ-3あとは上限。
ファイルの大きさの上限ですね。バックアップデータ自体が大きくなるのが嫌!って人は適当に指定しておいた方がいいけど、それだと完全バックアップにはなりませんね。
このあたりは使い方や目的でかなり変わってくると思います。

Screenshot-プロパティ-4で、出力先。デフォルトでは/var/backupになってますが、例えば/と/homeを別パーティションにしてて、ってときに、システムファイルのバックアップ先はhomeにしておけばクリーンインストール時に役立ったりするかもしれません。
なんか前にこれやって所有者がどうこうでうまくいかなかったことがあったようななかったような・・・
で、結局この出力先に日付つきのバックアップファイルが作成されるので、これを外付けメディアにコピーしておいて、なんて使い方もできるわけです。あ、アクセスにはルート権限が必要ですが。

Screenshot-プロパティ-5これはスケジュール。ま、この間隔は人それぞれでしょう。
あと自動削除ってのも人それぞれ、またHDDの容量次第でもあります。

俺の場合は手動でたまーにバックアップ取って、HDDの容量がきつくなってきたときに手動で削除したりと、まぁ全然活用してないわけですがw

一通り設定が終わったら下の方の「バックアップの開始」を押すだけ。あとはバックグラウンドで動いてくれます。
が、gzipというプロセスで結構リソース食うのでスペックによってはちょっと注意が必要かも。

で、復元がメチャクチャ楽でして。
システム>システム設定>バックアップの復元から。
Screenshot-復元するファイル-フォルダ復元元、つまりさっきの出力先を選び、タブから日付を選びます。

Screenshot-復元するファイル-フォルダ-1で、復元したいディレクトリを指定しまして、下の方の「復元」ボタンを押すだけ。
ちょっと「え?フリーズ?」みたいな挙動を致しますが、少し待てば指定したディレクトリが指定した日の状態に戻ってるはずです。

ここまで書いといてなんですが、Ubuntuのバックアップ(1):SBackupによるバックアップ Ubuntu Weekly Recipeにいつものごとく神のように詳しい説明がありまして。
ぶっちゃけどのディレクトリがどんな役割なのか半分弱しか理解してない俺の説明よりよほど信頼がおけるかとww

俺個人としては/etcとSynapticの保存とFEBEがあればそれでいいのかなぁ・・・

で、Ubuntuを初めて触る方々なんかには自動設定でシステムファイル全部バックアップしておいて、起動オプションでリカバリー可能、なんてことにこれが活用されたらいいのになぁ、と思ったりするわけですよ。
たぶんRecoveryModeからコマンドで操作して復帰、なんてことならできると思いますが(やったことないけど)、それは「コマンドって何?」な勢いの人にはキツいだろうと。正常起動が不可能になったとき、簡単にリカバリーができる、って目的で組み込まれたらいいのになぁと。

ま、それは別として。今あるUbuntuのソフトの中でことバックアップに関しては一番楽で、簡単で、いいと思いますよ。Sbackup。

関連記事
Ubuntuバックアップと復元
Remastersysで自分の環境をオリジナルLiveCD(orDVD)に
続・Remastersysで自分の環境をオリジナルLiveCD(orDVD)に
Synapticでインストール済みのパッケージ一覧取得&クリーンインストール時にリストからまとめてインストール
FireFoxのデータ移行用アドオンFEBEとOPIEを使ってみる
ぜひ実現してほしい!!Ubuntu10.04のリカバリメニューの強化とXのクラッシュ解析
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。