スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

UbuntuにおけるFirefoxの扱いが変わるかもしれない。

Ubuntu Weekly Topics 2009年12月11日号 10.04のカーネル・今後のFirefoxのアップデート方針・Ubuntu Magazine Japan vol.2・FCM#31・UWN#170・#171
にて、「今後のFireFoxのアップデート方針」とのことでちょっと変化がありそうですね。
遅ればせながら「Ubuntuは変わってしまった」にツッコミを入れてみるなど。のコメント欄でちょっとだけ触れてるんですが。

Ubuntuは半年毎のバージョンアップと2年置きにLTSのリリース、と決まったサイクルでリリースされてるんですが、基本的にリリース時に含まれるパッケージのバージョンアップはアップデートなんかでは面倒をみないことになってます。
リリース時にFirefox3.0なら、そのバージョンのままで、途中で3.5、3.6が出ても3.0.xというアップデートしかされない。
これはFirefoxに限らず、カーネルから各種細かいソフトまで全部そういう方針なのですが。

これが次回のLTSである10.04から変わりそうな気配だと書かれてますね。

Lucidフェーズで新しいFirefoxのリリースポリシーへの対応が検討されることになっています。現時点ではまだ既存の問題点を整理する段階ですが,Firefoxはできるだけシステム内のライブラリを使わず,自力で完結するようにビルドする・依存関係も事前にできるだけ明確にしておき,Firefoxの更新がシステム全体に影響しないようにする・ブラウザコンポーネントが必要なものはXULrunnerではなくWebkitにしてみる,といった対策が検討されています。


ま、まだ「検討」の段階なようですが。

例えば最近では、9.04のとき、リリース後にFirefox3.5がリリースされまして、あの時点で3.5を使おうとすると自分でtar.gzファイル落としてきてビルドする(どこかに展開しても行けたのかな?)か、PPAのリポジトリ追加して、テスト版であるMinefieldをインストールするか、しかなかったんですよね。他にも方法があったのかもしれないけど、少なくとも「数クリックで簡単に」できる方法はなかったわけで。

ここで問題なのが、Ubuntuの方ではまだサポート期間残ってるのに、Firefoxのそのバージョンはサポートが終わってる、という状態になってしまうことで、この対策のために検討しているようです。
ことWebブラウザに関しては、セキュリティの問題があるので真っ先に取りかかることになったのでしょう。

最終的にどういう形になるのかは分かりませんが、この「FireFoxのアップグレードを提供する」タイミングもまた難しいなぁ、と思った次第で。
例えば愛用しているアドオンがまだ対応していないのに勝手にアップグレードされてしまった、などということは考えられるわけです。(Ver.の固定とかしておけば避けられるんでしょうが。
こうなるとaptの恩恵がむしろお節介ということになりかねないかなと。
移行したいタイミングってのは人それぞれだと思うんですよ。
新しいのでたらすぐ入れたいって人、このアドオンが対応したらって人、世間の評判見てから落ち着いたころにって人、旧Ver.のサポート切れるまでいいやって人、色々いると思います。

で、ここまで話を広げるとFirefoxに限らず、ってことになってくるんですが。
たぶん全ての人の希望どおりに、ってのは無理でしょう。
そこはアップデートマネージャーの教えてくれる内容を見てチェック外して、ってことが必要になるかもしれないし、共存できるようにすることである程度いけるかもしれない(今現在のカーネルアップデートのように)とは思います。
結局、ユーザーが選択できる範囲を広げていくことが今後必要になってくるんじゃないかなぁと。

現在でもリポジトリ追加やSynapticからVer.固定やら色々できますが、Firefox以外にも、例えばOpenOfficeを常に最新版にしたいって人もいるし、逆に変わっては困るって人もいるでしょう。
で、多分、「Firefoxだけ特別扱いってどういうこと?このパッケージもやってよ!」って意見は出てくるでしょう。きっと。
このあたりを、ユーザーが少ないうちってのは「そういうポリシーなんだから、気に入らなければ他のディストリビューションつかえばいいじゃん」って言えてたんですが、ユーザーを増やして、その広がる希望に応えていこうとするならばこれは通用しない。
次がLTSだし、(たぶん)7.04のころから知名度が上がってきてて、8.04以降かなりメジャーになってきてる、として、次が初めてのLTSって人も多いと思うんですよね。多分だけど。
最終的にどういう形になって、それをユーザーたちがどう感じ、判断するかはまだ何とも言えませんが、そろそろ「選択できる幅」ってのを広げる方向に向かうべきなんじゃないのかなぁ、と思った次第です。

まぁ、個人的には半年毎ってのも適度に刺激的で飽きなくていいし、多少の不具合があったりして、それを解決するために色々やってみるのも楽しいし、希望どおりの挙動に近づけるために色々やってみるのも楽しいんですが、これは万人に強要すべきことじゃありませんからね。
難しく考えるほどのことじゃないのかもしれないけど、ちょっと深く考えるとなかなか難しいかもしれない。

関連記事
アップデートの管理&設定 on Ubuntu 9.10
Ubuntuで特定のソフトだけ最新にしたい?PPA使うのがいんじゃね?
UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々
FireFox3.5が話題になってるようなのでUbuntu9.04に入れてみたらただのMinefieldだった件
UbuntuのFireFoxが数日前からMineFieldに置き換わってしまったので復旧してみる
Ubuntu 10.04はLucid Lynx&リリーススケジュール
ぜひ実現してほしい!!Ubuntu10.04のリカバリメニューの強化とXのクラッシュ解析
Ubuntu10.04 Lucid Lynxはかなり本気度高そうな気配。
Ubuntu10.04α2をVirtualBoxで動かしてみた
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。