スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

ChromeOS、ですか。ま、アプローチとしてはありなんじゃないかな?

ちょっと出遅れましたが、ChromeOS。
ま、自分が使ってみたわけじゃないのでうちの記事としてはかなり適当な記事な部類に入っちゃうことになると思いますが。
Google Chrome OSが公開,OSSプロジェクト「Chromium OS」スタート

Webブラウザ「Chrome」の利用に特化したLinuxベースの軽量OS。新設計のウインドウ・システムとChromeを搭載し,各種機能をWebアプリケーションとして実現する。従来のOSと違ってユーザー自身がアプリケーションをインストールしたりアップデートしたりする必要がなく,セキュリティも確保しやすいという


基本的にはGoogle chromeブラウザ中心で動作するってことか。
SSを見てもほぼChromeと同じ感じで、Googleのサービス中心で、タブを開いて、やりたいことをクリックして、って使い方になるのかな?
ま、そろそろ各所でいろんな意見が出てますが。

『Chrome OS』がWindowsに勝る5つのメリット
では「Chrome OSの要点は、短時間で起動できる、小さくて高速なプラットフォームだ。目的はブラウザーを稼働し、そこからすべてのGoogleアプリケーションや、ユーザーがよく利用するウェブ・サービスを実行することにある。」と評価し、価格、速度、互換性、データの可搬性、新しいアプリケーションという点でメリットがあると論じられてます。
特に印象的なのは「ダウンロードできて、どのマシンにでもドロップできて、「とにかく動く」OSをGoogle社が作れたというのなら、われわれは究極のポータブルOSを得られたのかもしれない。」という段。

確かにOSというのは、とにかくちゃんと動いて、目的の「作業」ができることが重要なわけで、それが高速ならばなおよい、ってのが俺の考え方なんですよね。とするとここはかなり重要。
OSってのは極論すればハードとアプリの橋渡しをするものなんですが、ユーザーにとっては「そのアプリを使う」ことが目的のはずじゃなく、「その作業をする」ことが目的のはず。で、それがそれなりにできるなら、OSのセットアップやら、立ち上げ、終了に費やされる時間は少ない方がいい。
さらに言うなら、OS自体がなくても、ウェブブラウザなり、オフィスがあればそれでいいって考え方もできるし、これを進めると、ウェブブラウザでなくてもウェブページが閲覧できればいいし、オフィスがなくても表やら文書が作れればそれでいいって考え方もできます。(かなりの極論ですがww
「いや、ウェブ見るのがブラウザじゃん」「いや、表や文書作るのがオフィスじゃん」って反論が来そうですが、それは別に「そのOS上で動くそのアプリ」でなくても同じ作業ができればいいんじゃないの?ってことです。

戸田覚「Chrome OS」を速攻チェック~デフレに近い恐怖感!?~
こちらでは批判的な意見。
「電源を入れるとブラウザーが起動するだけなのだ」と。そこに拍子抜けしたらしい。
ま、この辺りは個人的な感覚の問題なのでまぁよい。やっぱり「使い慣れた操作」で作業するのがいい、って人たちは絶対に多いと思うし。
ただね、デフレに近い恐怖感を覚えるに至っては何がなんだか??

現時点でChrome OSが提供する世界は3~4世代は前である。それでよいという人もいるだろうし、否定するつもりはない。だが、メーカーがコストをかけて開発した素晴らしい製品が、適正なコストで販売されてこそ、次へつながるのだ。


ん?古いPCを再生できるOSがあるのはいいけど、OSは有償であるべきってこと?高く売るべきってこと?
さらに。

早い話が、Chrome OSが普及するときには、OSの存在価値自体が微妙になるだろう。もはやOSの役目は、ハードの制御とブラウザーを起動することだけになる。


俺としては、「いいじゃん。それはそれで」としか思えないんですよね。
OS自体は意識されなくてもいい。あなたがPCを使う目的は?ウェブ閲覧?メール?文書作成?
それってWindows上のIEやLivemailやOfficeやら使ってますよね?
Ubuntu上のFirefoxやThunderBirdやOOo使ってますよね?
別にそれが全部GoogleChrome上での作業になっても、同じことができて、それなりに互換性確保できてれば問題なくね?
Windowsの操作感や安心感が欲しいときにはWindows買えばいいし、Ubuntuがちゃんと動くスペックで、別のアプリで問題ないと思うならUbuntuでいいし、他のLinuxでもいいし、Webブラウザ上で事足りると思うならChromeOSでもいい。ま、選択肢が増えるのは別にいいんじゃないのと。
無料だから何?その分ハードに金かけれたり、企業で使うならコスト削減して利益あげれるじゃんと。経済効果を心配してるなら、それはそれで経済効果はあるでしょう。
そんなことより90%以上をWindowsが占めている独占状態の方が不健康であるわけで。
とまぁ、俺個人としてはツッコミどころ満載だったりするわけでw

Google Chrome OSは、8割くらいなら充分使えることになるのかも:オープンソース版chromium OSのソースが公開
U-bonさんのとこでは「Google Chrome OSの出現によって、簡単なことはWebで行える。80%程度の作業はChrome OSで充分となりそうです。」と。
まぁ、僕も同じ印象ですね。
マニアックないじり方してる分、僕はOSが必要になるとこ多いんですが、それは自作erでかついじることそのものに楽しみを見出してるわけで。
実際のとこの用途は音楽、動画、ウェブ、2chといたってフツーな遊び道具ですからww

ChromiumOS、らしい
Officeをメインに使ってると、こんな印象になるのかね?
かおりんさんのとこでは、あいかわらず冷静な見方をされてます。
ま、これ見てこの記事をかかせていただいたわけですがww

まず、「入れ物」を開くんですね。
タブで新規のブラウズ用のタブなり、アプリケーションのタブなりを開く、と。
その中で基本作業をする、って考え方になるんでしょうね。


と、使い方を冷静に受け入れられてます。
実際使い勝手が変わるってのはユーザーにとってそれだけでマイナス要因になりうる、と俺は思うんだけど、それさえ慣れてしまえばあとはどーってことないんですよね。

この辺、Linuxユーザーの方が中立的に冷静に判断してる感じですなぁ。ま、当たり前といえば当たり前なんですが。
WindowsもLinuxも、できればMacも色々使い込んでみて、その中で自分に合ったものをメインで使えばいいんじゃないかな?その選択肢がさらに増えようとしてるだけ。それが割と革新的なものであっても、それはそれでいいことだと思いますよ。
なじんでみれば使い道は色々ありそうだな、ってのが俺個人の印象ですね。

関連記事
初めての軽量Linuxってどう選ぶべきなんだろう?
うぃん君とうぶん君がPCの用途を考えます
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

320:
いや、どうも。記事のご紹介いただきまして。(笑)

正直、今時点でChromeOSが使いもんになるか、というとならないと思うんですね。
あちらにもコメントいただきましたがインフラが整ってない。
まあ、これはモバイル環境メインで考えると、ってことになるんですが。

それと、まだまだ公開されたばかり、実際には実機に乗ってない。
なので、問題点も見えない。
Chromeブラウザが鳴り物入りで登場しましたが、実際には、さほど普及はしてないので、同様にこれもいろんなところでネタとして取り上げられても、普及には程遠いのかな、と。

どこかのメーカーが、自機のOSとして搭載すればおもしろいかな、とは思うんです。
例えばASUSとか。
WiMAX搭載のネットブックにOSとして導入して販売、って流れでしょうか。

ただ、Windows7に対して、価格的なアドバンテージがどのくらいでるのかな、ってところと、そもそもPCイメージの端末に載せていいのか、ってところでしょうか。
もっとコンパクトな、例えばNwtWalker等の小型端末にこそ、このOSは似合うような気もしています。
今後発売されるかも知れないARM端末なんか、もしかしたらGoogleのターゲットなのかも知れませんね。
322:
かおりんさん、コメントありがとうございます。
現時点ではまだまだ実用には程遠いでしょうね。まだソースが公開されたばかりだし、α版みたいな感じかな?ととらえてます。
インフラは・・・道路があるから施設を作るのか、施設のために道路を作るのか、という感じで、もしChromeOSがある程度普及することになったら自然に整うんじゃないかなと。(楽観視しすぎかなww
空港ができれば道路もちゃんと整備されるように。ま、でもこれはChromeOS成功前提で、しかも時間がかかるものだとは思いますが。
結局話題にはなってても、きっちり実用化できるのはまだまだ先(1年か、数年くらい)になるんじゃないかなぁ・・・

個人的な印象ですが、アプリ選択(サービス選択?)のタブの画面がNetBook Remixの感じに似てるな、と思いました。
あの様な感じだと、やはりネットブック以下なPCに使われてこそ本領発揮、って感じなのかな、と。
なので言われているとおり、NetWalker、ARMなんかにはかなりしっくりくるんじゃないですかね?
あれ、ちょっと改造して携帯端末なんかに載らないかなぁ?とか期待したりww


全く関係ないんですが、スパムなトラバがえらいことになってしまったので若干設定変更しました。
なのでまた不具合ありましたら教えてくださいね。ちょっと設定は試行錯誤中です。
323:
はじめましてtminさん

かおりんさんのブログでインフラがどうのと書いたものですけれども、
>ChromeOSがある程度普及することになったら自然に整う
ってケースは、残念ながら可能性としては低いと思います。
そもそもクラウドという考え自体、一応大昔からあったものの、回線速度等の問題でダメだったじゃないですか。
日本における昨今のスマートフォンブームだって、「iPad」(今度出ると言われているiPhone大型版の仮称)だって、正直技術的にはそんなに新しくもない。タブレットPCは昔大コケしましたもんね。

何が言いたいかっていうと、まぁ面白くもない普通の意見なのですが、時流に乗った商品をタイミングよく提示しないと売れませんよねって話です。
ただ、GoogleはGMailでもそうだったように、「βで出せるならとっとと出しちゃえばいいんだよ!」って考えですんで、時代のビッグウェーブ(笑)がきたときにスムーズに乗れるよう、ウォームアップをしてるんじゃないかなぁと。
「金になるかどうか」はあとになってから考える、ってノリが多い企業ですしね、あそこは。検索システム然りGMail然り。


Android携帯も日本に上陸しましたが、なんだかんだスマートフォンが一般層に普及するにはあと1~2年かかりそうですし、ChromeOSはそれ以上のスパンで静観する必要がありそうですよね。
324:
コメントありがとうございます。
ご指摘いただいた点、確かに可能性は現状ではかなり低いかと思います。
ただ、Webアプリ自体は普及してきているし、今後の可能性としてはありかな?と。
自動車電話が応用されて携帯電話になり、それが普及し始め、そして基地局が増えて行ったのをイメージしたり(かなり違うかなww

Googleの考え方っていうか、やり方ってのは個人的には面白くて好きなんですよね。「あ、これいいかも」って思えるのを、とりあえず出してしまう。「とりあえず出すから使ってみてよ」みたいな感じで、新しいアプローチを示す感じがあって。
今回もそのアプローチを、まだ見せ始めただけの段階、ですかね。

PC、というよりちょっと最近区別が曖昧になってきている感じがするネットブック~携帯端末の境界付近でしばらく後に活躍する余地はあり、だと思うんです。
ま、この辺りはGoogleのサービスがもっと広まっていることが前提になるし、また、広めるためのChromeOS、という見方もできるし、結局どっちを優先するか、どっちが先に広まるか、って話になってきちゃうんですよね。
やはり、しばらくはかかりそうですなぁ。
325:
返信ありがとうございます。

携帯電話の普及も、その前にポケベルブームがありましたよね。
Google様やApple様の大好きな言葉に「イノベーション」がありますが、それは任天堂様の言う「枯れた技術の水平思考」も伴わないとなかなか花が開かないというのはありますよね。

今度出るiPadだって流行るかどうかは分からないですが、DSなりiPhoneなりタッチパネルに心理的抵抗がなくなった今でない限りAppleも出そうとすらしなかったでしょう。

まぁまた同じところに戻っちゃうんでしょうが、今は静観、って感じですねw
326:
確かにありましたね。ポケベルブームが。

>任天堂様の言う「枯れた技術の水平思考」
というところ、「なるほど」と思いました。
Webアプリ自体が枯れた技術として(すでに枯れているという意見もあるかと思いますが)、かつ流行りが来れば、って感じでしょうかね。

今は僕も静観すべき時期かなと思いますが、数年後辺りに面白いことになってるかもしれないなぁ、と思わせてくれるものに感じます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。