スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

麻薬・覚醒剤、罪に刑罰も必要だけど病に治療はもっと必要じゃないのかな

基本的にこのブログは能天気にPCと格闘する記録をつづりたくて始めたもので、時事関連や政治的話題はあまり書くつもりはなかったんだけど、ちょっと今回は我慢できないので書くことにしました。

薬物犯罪、特に使用に関して、使用者というのは覚醒剤取り締まり法、麻薬取り締まり法に違反する犯罪者であると同時に、薬物依存という「病気」の「病人」でもあります。でも、報道も、世論も(と書くと語弊があるかもしれないけど)、「罪とそれに対する刑罰」にばかり興味が集中してるんじゃないかと。
具体的にどの事件がどうってのは言及を避けて、一般的な話で進めていきたいんだけど。

最近続いてる麻薬・覚醒剤の事件。特に覚醒剤に関して。
あれは人格、性格を歪めて、人間関係も、経済状況も、大事なものをどんどん壊していく薬です。
「鬱が晴れて、疲れが飛ぶ」。これは一時的な作用。「眠らなくても、食べなくても明るく元気になる」けど、これは体力と精神力を前借りしてるような状態で、切れたときにその分の肉体的、精神的疲労と空腹、睡魔が襲ってきます。明るくなってた分、鬱に向かいます。
普通の人が、極度の疲労と睡眠不足で精神不安定になるののもっとひどい感じ。
そして使用のコントロールは非常に難しく、簡単に依存になります。
最初はコントロールして使ってるつもりで、いつでも止められると誰もが思う。でも、徐々に使用する頻度、量が増えて、止められなくなってから止められないことに気づく。そこまでは気づかないし、危機感も感じない。そして「薬物依存」という病になっている。

・明るく元気になる ちゃんと効く状態。これが「効きすぎる」ために一度使うと感覚が忘れられない。
・入れている状態が普通になり、切れるとつらい。切れた状態で動くのが辛くなる。 このあたりから変調
・入れてないと動けなくなる。指一本動かすのもだるい  もう依存。性格も変わってきて、人間関係は壊れ始める
・入れても恐怖、不安の方向に向かい、被害妄想が強くなってくる。しかし目は覚める。人が悪口を言ってないかとか、物音とかが異常に気になる。(BADに入ることが多くなる)  かなり危険な状態
・正常な判断が困難になり、薬を手に入れるための行動が生活のほぼ全てになる。

個人差などはありますが、大体この様に進み、最終段階に至ってしまうと元の生活に戻ることはかなり困難です。
大抵、止めたいのに止めれない状態が続く中、大切な人を失うことや、自分の命の危険を実感すること、自分が廃人になりそうなことを実感することで、本気で「止めなければヤバい」と思わなければ止める方向に向かえません。この状態を「底つき」と言います。

人にもよると思いますが、皆依存になろうとして薬を使用し始めるわけではなく、依存になってから気づくわけです。「これはヤバい」と。
後は地獄です。止めたいのに止められない状態も、依存を断ち切る闘いも。

この時に、彼らに必要なのは「適切な治療」と「支えてくれる人」です。
ですが、人間関係に支障をきたして親しかった人たちが離れていった後、そして冷静な判断ができなくなっている状態でこれを望むのはかなり難しいのです。
捕まることが止めるきっかけになることはそれはそれで少なくないし、それで断ちきれるなら結果としてはいいでしょう。でも再犯率が高いのも事実。
それは、刑罰は受けたけど「病気が治ってない」からじゃないかと。
そしてその時、帰る場所も、支えてくれる人もいなければ、戻ってしまう。残念ながらこれが多いのです。(捕まらずに止めている人も同様ですが)

確かに「犯罪」であり、その「罪」に対して「刑罰」は当然のこと。
でも「病」に対する「治療」は?システムとしてはできていません。まぁ、病院で「適切な処方」を受けることで症状は和らげることはできますが。
だから、その時、受け入れてくれる人や支えてくれる人が必要なのに。

確かに犯罪ですが、犯罪者ならば「治療」はしなくていいのかと。一度罪を犯したらもう「人間失格」で、人権も生活もどうなってもいいのかと。
確かに自ら進んで犯した過ちだけど、ならもう誰にも助けてもらえなくても当然なのかと。助ける必要はないのかと。

何度も壊してしまった人もいるし、身近な人に愛想をつかされてしまうのも当然ではあるんだけど、ならば世の中全部が敵になるようなことも・・・それはどうかと思うのです。
印象を操るような報道に、安易に攻撃しかしない意見たちにうんざりなのです。

最後に、今まさに依存と戦ってる人、戦ってる人を支えている人、今はつらいでしょうが、もう少し、一歩一歩でいいから、頑張ってください。本当に。
きっと、全部は取り戻せないけど、それでも今までや今よりずっとまともで、幸せな生活が待ってるから。

関連記事
一連の薬物報道にみるメディアの悪。経験者より。
薬物問題、それは「騒動」でも「流行」でもない。
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

424:はじめまして
薬物の問題に対してこれほど的確なコメントは見たことないです。
425:
はじめまして。コメントありがとうございます。
なかなか冷静な立場になるのに苦労しつつ、なんとか書いた記事だったので、中立でいられた自信はあまりないんですが。
もしあなたか、あなたのすぐ側の人が頑張ってるなら、小さくとも確実な一歩を、焦ることなく歩みつづけられることを願います。
431:何度読み返しても
本当に良く理解している方だなと、感じました。もしかして体験なさった方か、もしや精神科医の先生でなければわからない領域の内容だと思います。

ありがとうございました。
432:
度々のコメントありがとうございます。
関連記事で告白してますが、経験者ですよ。僕は。(これを告白するかはその記事を書く時には迷ったんですが)
それだけに、報道と世論の安易な流れに我慢できなかった、ってのが本音です。
こうして記事にしたのも、自己満足の域ですが、誰か一人でも、少しでも背中を押せたら、それが自分にとってのできる償いなんじゃないかなと思った次第で。これは結局自分自身のためでもあるので、完全な善意、とも言えないんですけど。
励ましのコメント頂けて純粋にありがたいです。ありがとうございます。
433:やはりそうでしたか…
でなければ、書けない内容ですよね…

自分はそれこそ、家族も会社も財産も信用も、すべて失ってしまいました…毎日いろいろな困難な状況と戦ってますが先は見えません…

そんな中、こちらのコメントを見させて頂き、勇気づけられました。

ありがとうございました。

お互いに未来に向かって頑張りましょう。
434:
>勇気づけられました。
とのお言葉で、僕の方も勇気づけられてます。

全て失うまで、壊しつづける人生だったと思います。僕もそうでした。
それでも、全て取り返すことは無理だけど、それでも、今後止めつづけることで、人よりずっとマイナスからでも、新しく作り直せる人生に変わるってことを今、強く感じてます。それは非常に大きな違いで。(もうすぐ8年になります)
大事なのは、ゆっくりでいいから、焦らずに、一歩一歩を確実に歩きつづけること。(実は何度か焦っていた時期もありました。)

僕も今後も一歩一歩を大切に、二度と後悔しないように歩いていくつもりです。
間違ってしまった過去はついて回るけど、それでもあなたに新たに、人間らしい未来が訪れるよう心から願います。
一歩一歩を大切にしていけば、きっと今、苦しいかもしれないけど、今からは想像もつかないほど「人間らしい」生活が待ってるから。
僕にはここで声をかけることしかできないけれど、頑張ってください。本当に。
593:
ただ感謝です。






595:
>ありささん
ありがとうございます。戦ってる方かな?
僕は8年たった今でも、やはり戻ってしまうこと(スリップではなく、フラッシュバック的な意味で)も少なからずあるし、後悔ばかりにとらわれてしまうこともあるけど、それでもまだ戦い続けるし、どん底にいたころからは考えられないほど普通に近い生活は作り直せますよ。
感謝されるほどのことができてるとは自分では思えないけど、でも、コメントいただいて僕自身も力を分けてもらってます。
誰かの背中をちょっとだけ押せたなら、それが僕自身の勇気と自信につながるから。
負けそうになるときがあっても、深呼吸して、心の空気を入れ替えて、頑張ろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。