スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

From Ubuntu9.04 To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)

昨日までできてなかったUbuntuからUbuntuへのリモート接続ですが、これもFireWallの設定で・・・OTL
はい。クライアント側(9.04)の方のFireWall設定見直して簡単にOKでした。

まずSSH。これは最初からできてたんですが、$ ssh IP でOKです。

tmin@tmin-desktop:~$ ssh 192.168.24.31
ssh: connect to host 192.168.24.31 port 22: No route to host
tmin@tmin-desktop:~$ ssh 192.168.24.51
tmin@192.168.24.51's password:  ←ここでパスワード入力
Linux tmin-server 2.6.24-24-generic #1 SMP Tue Aug 18 16:22:17 UTC 2009 x86_64

The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

To access official Ubuntu documentation, please visit:
http://help.ubuntu.com/
You have new mail.
Last login: Mon Aug 24 21:41:29 2009 from 192.168.24.32
tmin@tmin-server:~$  ←ログインするとサーバー側の名前に変わってます


これでコンソールでのリモートログイン完了で、あとはリモートでコマンド操作が可能です。

さて、問題のVNC接続ですが、Windowsからはできたってことはサーバー側ではなくクライアント側のFireWall設定な可能性濃厚。
ってなわけでFireStarterをちょっといじります。
Screenshot-Firestarter tmin-desktopここでデフォルト「拒否」にしてたからっすね。
というわけで許可リストに接続するサーバー機のIPを追加。

これでサーバー機の設定のときに案内されたコマンドを打ってみると
$ vncviewer tmin-server:0 
Screenshot-1.pngおっけー。つかこれTightVNCなのね。
あ、この前に$ sudo apt-get install vncviewer が必要だったかも。

あとはアプリケーション>インターネット>リモートデスクトップビューワ
Screenshot-tmin-server - リモートデスクトップビューワこいつはIP入力でOK。
なんだか感じとしては一番使いやすそう。ブックマークとかあるし。

同じくアプリケーション>インターネット>ターミナルサーバークライアント
Screenshot-ターミナルサーバクライアントこれは$ sudo apt-get install xnest しとけばXDMCPで接続もできる・・・んだけど・・・
Screenshot-1.pngできる・・・んだけど・・・何だか不安定ですぐ落ちちゃう・・・
そういえばVNCでもGnomeのエラーが出てたけどそれが関係ありそうな気がする・・・
まぁVNCならエラー無視でいけるんですがw

Ubuntu Weekly Recipe 第21回 リモートアクセス(1):リモートデスクトップとsshの利用
を参考に試してみましたが、VNCとXDMCPの違いをいまいち理解してないオレガイル・・・

ということで無事(?)Ubuntu同士のリモートデスクトップ接続もできました。
さて次は何をしてやろうか。

関連記事
UbuntuにLAMPをインストール
UbuntuにXAMPPをインストール
UbuntuにWordPressをインストール
UbuntuにXoopsをインストール
とちあえずIPをDHCPサーバーで固定&LAMP導入までとメイン機死亡?と
Ubuntu Server機に色々追加。セットアップはまだまだ。
From Windows To Ubuntu Server リモートデスクトップ(VNC&SSH)
sambaでWindowsとUbuntu Serverのファイル共有を設定してみる
Sambaでの共有設定2 動画ファイルやら音楽ファイル置いてクライアント機で再生
ちょっとハマってたUbuntu9.04→Ubuntu Server(仮)9.04のSamba共有フォルダアクセス
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

154:VNCとXDMCPの違いは
VNCは「今起動しているPCのデスクトップに接続」します。
XDMCPは、(G)DM経由でX環境に「リモートログイン」します。
XDMCPはWindowsの「リモートデスクトップ」に相当すると理解すればいいんじゃないかな、と。
#sshのX版、みたいなイメージ。

VNCだと、ログインしているデスクトップしかアクセスできなかったような気がしていたので、ワタクシの理解はこんな感じですけどね。
#間違ってるかも。(^^;

ちゃんと設定されているなら、XDMCPの方がクライアント側のX環境を使って動作するので、VNCよりも快適に動く「場合」があります。
#まあ、クライアント性能次第、ってことですが。
VNCは、どこまで行っても、「サーバで動作しているデスクトップ画面を転送」しているだけなので。
#クラウド環境のイメージですかね。

なので、VNCの場合は、クライアントを選びませんが、XDMCPの場合にはXクライアントが必要になります。
両者の大きな違いはこれかな。
155:Re: VNCとXDMCPの違いは
かおりんさん、コメント&分かりやすいアドバイス大感謝です。
ログイン画面からデスクトップ表示までがあまり変わらなく、違いがいまいち把握できてませんでした。

> ちゃんと設定されているなら、XDMCPの方がクライアント側のX環境を使って動作するので、VNCよりも快適に動く「場合」があります。
> #まあ、クライアント性能次第、ってことですが。
> VNCは、どこまで行っても、「サーバで動作しているデスクトップ画面を転送」しているだけなので。
> #クラウド環境のイメージですかね。

Xの動作がクライアント依存かサーバ依存かってことですかね。
するとクライアントのX性能が高いならばXDMCPのほうが快適でサーバ機への負荷も少ないと。

>#sshのX版、みたいなイメージ。
そういえばリモートログインの上サーバー機のカーネルコンパイルを試みたところVNCだとすぐ途中でプロセスが落ちてしまい、sshだと問題なく最後までってのがありました。
この辺もこういったところが影響してたっぽいですね。

うーむ。まだまだ勉強せねばw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。