スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

BackTrack4 Pre Final のUSB作成は苦戦中

HDDにインストールしてたBackTrack4 PreFinalですが、3やβでやったみたいに保存領域があるUSBを作る方法が紹介されてます。
しかし・・・うちの環境ではまだうまく行ってない・・・何度やっても初期化されてしまう・・・

やり方は2通り。どっちもパーティション切るまでは同じっぽいです。
USBを2つのパーティションに切って
1.5G以上のインストール領域(FAT32)
残りの保存領域(EXT3)にフォーマット。

で、どうやらPreFinalでブートローダーがLiloからGrubに変わったのでやり方が変わってるみたい。

まずチュートリアルビデオで紹介されてる方法。
ここではLiveDVDからやってますが、空のDVDが見当たらなかったのでUbuntu上からGmountISOでBT4のISOをmedia/cdrom/cdrom0にマウントしてやってみました。(これが失敗の原因か?)

前半はパーティション作成なのではしょりますw

sdcってのはうちの環境でのUSBメモリなので、もしやってみる方は自分の環境に合わせてください。
あと、手動でGrubインストールが入るけど、ここは間違えると他のシステムが起動できなくなったりするのでよく分からない方はHDD外してLiveDVDとUSBだけつないで作業するのがいいでしょう。
/mnt/sdc1ってディレクトリ作ってsdc1をマウント、ISOの中身をsdc1にコピー。

# mkdir /mnt/sdc1
# mount /dev/sdc1 /mnt/sdc1
# rsync -avh /media/cdrom/ /mnt/sdc1/


GrubをUSBにインストール。ここのインストール先は間違えないようにUSBを指定してください。

# grub -install --no-floppy --root-directory=/mnt/sdc1 /dev/sdc


ここでエラーが出るんですよね・・・俺のとこでは・・・
↑が成功したら
/mnt/sdc1/boot/grub/menu.listを修正
2行目
default 0 をdefault 5に。
5個め?
Title Start Presistent Live CD ←つづりが間違ってる?のでStart Persistent Live CDに
Kernel quiet の後ろに半角スペース空けてvga=0x317を追記
他のHDDに入ってるOSが登録されてたらここで削除しちゃったほうがいいかも。

で、RebootしてUSBから起動してStart Presistent Live CDかdefaultから起動すればOKらしい。
ISOの中身をコピーするのは別に上のようにマウントとかする必要ないと思ってやらなかったんですが、Grubインストールでエラーが出るのであえて同じ手順でやってみたけどやっぱりエラー。
結局ここでつまずいてこちらは失敗。

2つめ。UnetBootinを使う手順。
UnetBootinは→http://unetbootin.sourceforge.net/
http://www.infosecramblings.com/backtrack/backtrack-4-usbpersistent-changesnessus/のPersistent Changesってとこ。
同じようにFAT32な1つ目のパーティションとEXT3な2つ目のパーティション作ってFAT32な一つ目のパーティションにUnetbootin使ってBT4のISO選択してインストール。

/boot/syslinux.cfgを編集。

default vesamenu.c32
prompt 0
menu title UNetbootin
timeout 100

default ubnentry5←これを追記



label ubnentry5
menu label Start Persistent Live CD
kernel /boot/vmlinuz
append initrd=/boot/initrd.gz BOOT=casper boot=casper persistent rw quiet vga=0×317


ここも最後のvga=0×317を追記

で、RebootしてStart Persistent Live CDかdefault で起動して一度なんかファイル作って再起動して保存されてればOKとのこと。
しかし・・・俺のとこではStart Persistent Live CDがubnentry4になってたのでここは4で。
しかし・・・起動時にIObufferErrerで起動にやたらと時間がかかる・・・
その上・・・保存されてねぇ・・・

Unetbootinを使うとubninit&ubnkern と言うファイルが作成されてるのでブートローダーの設定は/boot/syslinux.cfgのほうでやることになるみたい。
対して通常にコピーしただけの時はGrubの本体はインストールされないので手動でGrubをインストールしたうえで/boot/grub/menu.listで設定を変えるみたい。

ふと疑問に思ったのが2つめのEXT3なパーティションに何も設定しないでいいのか?って。
3や4βのときはchanges作ってそれをブートオプションに書き加えて・・・って流れだったけど今回は何も触れてないよな・・・


というわけで解説は見つかったけどなかなかうまくいかない・・・
ちなみにUbuntu9.04のUSBディスク作成でいけるかと思ったけどこれはエラーになってダメ。
HDDに入れるようにUSBにインストールしたらいけると思うけど・・・あんまりやりたくないなぁ・・・邪道っぽくて。
他のPCで動くかどうかわかんないしGrubの設定もちょっと面倒くさいし。
もうちょっと調べてまた成功したら記事に・・・できるかどーかw

追記
# mkfs.ext3 -b 4096 -L casper-rw /dev/sdc2
ん?これか?これが足りなかったのか?また夜にでも試してみよう



関連記事
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!
BackTrack4 Pre Finalの日本語入力やらサウンドやら
成功!BackTrack4 PreFinal 変更保存できるUSBはPersistenceの機能でおk。
BackTrackは決してLinux入門には適さない。

関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

134:
今回はこちらのほうにコメントさせていただきます。
いまからUnetBootinをつかう方法でやってみたいとおもいます。
135:
いまやっているところですが
私の環境でもStart Persistent Live CDがubnentry4になっていました。
いまからきどうしてみます。
136:成功しましたよー
# mkfs.ext3 -b 4096 -L casper-rw /dev/sdc2
が重要だったみたいです。
これによってsdc2のラベルがcasper-rw になり、ここに保存領域が作成されるようです。
4096ってとこも(容量)環境によって変わると思います。

たぶんUbuntuのGpartedでもラベルにcasper-rw と入れればいけると思いますよ。
137:
ありがとうございます。
casper-rwを作成する必要があったのですね。
UbuntuのUSBスタートアップをつくったときにやりました。
ですがcasper-rwをつくるならパーティションを分ける必要はなかったのでは・・・?(Ubuntuのときは
パーティションをきったりした記憶はないのですが・・・?)
138:
たしかパーティションをきったりmenu.lstやsyslinux.cfgなどを編集しなくても普通にUSBに導入してcasper-rwさえつくればubuntuのliveUSBでは
大丈夫だった気がします。backtrack4prefinalもubuntuベースなので
これでいけるような気がしますが・・・・?
試してないのでわかりませんがたぶんいけるとおもいます。
てかbacktrackでどうやってSynapticひらくんでしょうか・・・・
139:
僕がUbuntuのliveUSBのときうったコマンドは↓です
sudo dd if=/dev/zero of=/media/disk/casper-rw bs=1M count=3096

このあとに
mkfs.ext3 -F /media/disk/casper-rw
これでちゃんとUbuntuでは保存できました
140:Re: タイトルなし
自分も手探りで調べ、試行錯誤しているので全てを理解できてるわけではないのですが・・・
ゆえに以下の記述にも間違いはあるかも知れないですし、申し訳ないですが全てに答えられる自信は全くありませんw
Linux自体を使い始めて1年ちょっとなのでww

>mkfs.ext3 -F /media/disk/casper-rw
ext3だとLiveCDは正常に入るのかな?CD,DVDがFAT32なのでパーティション1の形式がFAT32になってるんだと思いますが。たぶん。

> たしかパーティションをきったりmenu.lstやsyslinux.cfgなどを編集しなくても普通にUSBに導入して
えーと、まずBT4はUbuntu8.10ベースの「別のOS」であることを理解してください。別のOSである上にベースは8.10です。しかもβのころはブートローダーにLiloを使ってたくらいですから。
UbuntuがDebianベースだけどDebianとUbuntuは操作方法などが違う部分が少なくないのと同じことです。
共通部分は多いですが違うとこも少なくないです。

その上でPersistenceの仕組みをよく読んでみてください。
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0002
http://d.hatena.ne.jp/hirose31/20081112/1226470271
これをOS選択画面で選択しただけで有効にするためにsyslinux.cfgにブートオプションを書き加えたわけです。本来は起動時に[F6]キーを押下し,起動オプションの末尾にpersistentキーワードを追加して起動することで有効になるものだからです。

で、UnetBootinはUSB(というか対象のストレージメディア)にLiveCDの中身をコピーし、ブートローダー(Grub)も入れてくれるというものです。
ここでインストールされるGrubは必ずしもUbuntuを通常インストールしたときに入るGrubと同じ挙動をするわけではありません。具体的な仕組みはわかりませんが、HDDに入っているOSを拾わないことから、これも「Ubuntuとは別のGrub」と考えるべきです。

つまり、UnetBootinによってパーティション1にLive起動しかできないLiveCDが入ることになります。
そのLiveCDのPersistence機能を「OS選択画面のStart Persistent Live CDを選択すると常時有効にする」ためにsyslinux.confに書き加えが必要。
Persistenceの保存領域の確保のためにパーティション2を利用する。そのためにラベルをいじる。
ということになります。

もしかしたら一つのパーティションのまま全体のラベルをcasper-rwにしてそこにUnetbootinで入れるということも可能かもしれませんが、これで正常に起動するかどうかは試してないので知りません。
ただ、色々試してみたいということならばやってみるのも面白いかもしれません。

さらに言うと、BackTrackでは4βまでHDDにインストールするときも2つにパーティションを分けるのが公式ガイドの方法で推奨されてました。分けずともインストールはできましたが。そういった経緯も影響があるのかもしれません。

>てかbacktrackでどうやってSynapticひらくんでしょうか・・・
システムのとこにあると思いますよ。また、端末からSynapticでもOK。
しかしBackTrackはコマンド操作に慣れないとかなり厳しいOSです。apt-getでやってみてはどうですか?

BackTrack3のころの記事で書きましたが、BackTrackは万人向けのOSとは言えません。
サポートも充実してるとは言いがたいですし、チュートリアルやフォーラムは基本的に英語のところばかりです。バグもけっこうある上に、修正までに時間がかかったり修正すらされないことも多々。
俺も手を出したのは「興味」と「格闘しがいがある」というかなりニッチな理由からで、つたない英語力で海外サイトの記事を読みながら試行錯誤してます。それが面白いんですがw

ただこういった行為に楽しみを見出せない人にはただの「不親切なLinuxOS」でしかありません。
セキュリティツールたちも使い方しだいで法に抵触することになりますし、そういったツールのフォーラムやコミュニティサイトは英語でしかも専門用語が多く、さらに突然閉鎖することも多々あります。使いこなすにはかなりの労力を要すると思います。
俺は全く使いこなせてませんw

Ubuntuはおそらく最も使いやすく親切なLinuxOSなので、Ubuntuにツールを追加していくほうが「使いやすさ」としてはかなりいいかと思います。
「学ぶこと自体」や「試行錯誤自体」に楽しみを見出せるならばかなり面白いOSですよ。
141:
投稿ありがとうございます。
僕も最近Linuxを始めたばかりで
Ubuntuからはじめました。
UbuntuはUSBスタートアップ(保存できるやつ)、Wubi、USBに通常インストール、デュアルブートなどさまざまな方法で試しましたがどれもなんかしらのエラーがでてubuntuフォーラムのほうでもお世話になりましたwwどうやらPCがubuntuとの相性が悪いのとUbuntu9.04には結構バグが多いことが原因だったみたいです。
もともとLinuxをいれようとおもったのはPCのスキルがあがったらいいなとおもってやっていたのでUbuntuの導入ほうほうは大体理解できたたのでubuntuをやめてほかのlinuxを入れようと思いました。
で今度はどのLinuxを試そうかなと思っているところでbacktrackが面白いとかいてあるサイトがあったので入れてみようとおもいました。
中学生なんで英語はまだ読めないとことかありますがとりあいず導入部分の内容だけは詳しく知りたかったので質問しました。
まあいろいろ試行錯誤してがんばっていきたいとおもいます。
142:
あとひとつ質問なんですが
casper-rwなどの保存領域というのは
設定などを保存するだけなのかダウンロードしたデータなどもすべて
casper-rwに保存されるのかどっちなんでしょうか?
前者ならパーティションを3つにきってsdc1をOS本体、2をcasper-rw、3をデータ保存用と使用と思っているのですが後者だったばあいは
二つに区切ってUSBの要領を最大限に使えるのですが・・・・
sdc2GBをOS、残りをcasper-rwにするなど・・・
どっちなんでしょうか?
昔からおもっていた疑問なんでww
すごく基本的な質問ばかりですいません
143:
書いてあるとおりにやったら
保存できるUSB作成に成功しました。
ありがとうございました。
144:
ついでにキーボードの日本語入力とインターネット時の文字化けもなおりました。
質問なんですが有線ではネットにつながるんですが
無線ではつながりません。
どうすればいいのでしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。