スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

BackTrack4 Pre Final HDDにインストール!

さて、新しく出てたBackTrack4 PreFinalをHDDにインストールしてみました。
Offensive Security Videos, Downloads and Tutorialsに動画で解説があるんだけど、これ、よくよく見るともうUbuntuと変わらないじゃん。
インストール終わって、再起動してからゴニョゴニョやってるのは、インストール時に作成したユーザー削除して、今までのBackTrackのようにRootをデフォルトユーザーにするための操作なのね。
こんなのは後で必要と思った時にやればよいのだ。とりあえず入れてみよう。

というわけでBackTrack 4 Pre Final – Public Release and DownloadからISOをDL。
前にもちょっと書きましたが、1.3GとDVDサイズになっちゃってます。
手元にないのでUnetBootinでLiveUSBを作成。これをDVD代わりに使うことにしました。
UnetBootinについては↓の記事で詳しく書いたつもりですので興味ある方はどうぞ。
というわけでBackTrack3のブートUSB作成
またUnetBootin使ってBackTrack4をLiveUSBで使ってみたわけだが

普通にLiveUSBとして起動してstartxするとデスクトップにinstall.shなんてのが。これで行けるのか?
ダブルクリックするとなにやらエラー。ダメかと思い、ビデオで解説されてたように端末から

# ubiquity


あれ?同じエラー?よく見ると言語サポートがうまくできないよ的なことを言ってるみたい。
無視して続行してみると英語なだけで普通にUbuntuと同じインストーラーが起動。なんだ、さっきのinstall.shでもできたんじゃないか。
はい。エラーメッセージよく読まない俺が悪いですね。すみません。。。

あとは単純。何度もやってるUbuntuインストールと同じです。
How to install Ubuntu (9.04)
パーティションの設定さえ間違えなければ取り返しはつくし。
と油断してたんですよ・・・
Grubは元のUbuntu9.04のを残すつもりだったのに・・・最後のとこで拡張おし忘れて上書きしてしまったよ・・・OTL
まぁいい。起動できればどっちのGrubでも問題ないさと思ってたのに・・・9.04起動しないんですが!!
うわぁ・・・久々にやっちまった感たっぷりw
この時点でBackTrackは正常に起動。あぁ、つまりだ、俺のミスが無ければ非常に簡単だったんだよ。きっと。
まぁ、後でGrub復帰すればいいやと思いBackTrackをちょっといじってみよう。

Firefox起動したらWebページが表示されない。もしや・・・βでネットが自動起動しないっていうあれか?

# /etc/init.d/networking start


ビンゴ。これでネット接続ができます。

そしてまずはいつものごとく日本語表示とか。SynapticでJapaneseで検索かけてそれらしいものをかたっぱしからインストール。
Gnomeは関係ないので、ja-kdeとかフォントとかを適当に。
入ったパッケージは↓なんですが、実際に選択したのは10個以下じゃないかな?あとは依存関係で勝手にはいりました。

anthy (9100e-3.2ubuntu1)
edict (2008.02.13-1)
gstreamer0.10-plugins-base (0.10.21-3ubuntu0.1)
gstreamer0.10-plugins-good (0.10.10.4-1ubuntu1.1)
gstreamer0.10-x (0.10.21-3ubuntu0.1)
gvfs (1.0.2-0ubuntu3)
gvfs-backends (1.0.2-0ubuntu3)
im-switch (1.16ubuntu1)
kanjidic (2008.02.13-1)
kde-icons-oxygen (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kde-l10n-ja (4:4.1.2-0ubuntu1)
kdebase-runtime (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdebase-runtime-bin-kde4 (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdebase-runtime-data (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdebase-runtime-data-common (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdelibs-bin (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdelibs5 (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kdelibs5-data (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
khelpcenter4 (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1.1)
kiten (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1)
language-pack-ja (1:8.10+20081107)
language-pack-ja-base (1:8.10+20081107)
language-pack-kde-ja (1:8.10+20081107)
language-pack-kde-ja-base (1:8.10+20081107)
language-support-fonts-ja (1:8.10+20080703)
language-support-input-ja (8.10+20080703)
libaa1 (1.4p5-37build1)
libanthy0 (9100e-3.2ubuntu1)
libarchive1 (2.4.17-2)
libcaca0 (0.99.beta13b-5)
libcdio-cdda0 (0.78.2+dfsg1-3)
libcdio-paranoia0 (0.78.2+dfsg1-3)
libcdio7 (0.78.2+dfsg1-3)
libclucene0ldbl (0.9.20-3)
libcucul0 (0.99.beta13b-5)
libdv4 (1.0.0-1ubuntu2)
libgvfscommon0 (1.0.2-0ubuntu3)
libkiten4 (4:4.1.4-0ubuntu1~intrepid1)
liboil0.3 (0.3.15-1)
libphonon4 (4:4.2.0-0ubuntu1)
libqt4-opengl (4.4.3-0ubuntu1.2)
libraptor1 (1.4.17-1)
librasqal0 (0.9.15-2)
librdf0 (1.0.7-1)
libscim8c2a (1.4.7-3ubuntu10)
libshout3 (2.2.2-4ubuntu1)
libsoprano4 (2.1.1+dfsg.1-0ubuntu1)
libsoup2.4-1 (2.24.1-0ubuntu1)
libstreamanalyzer0 (0.5.11-1ubuntu2)
libstreams0 (0.5.11-1ubuntu2)
libstrigiqtdbusclient0 (0.5.11-1ubuntu2)
libv4l-0 (0.5.7-1~intrepid1)
libvisual-0.4-0 (0.4.0-2.1+build1)
libvisual-0.4-plugins (0.4.0.dfsg.1-2ubuntu4)
libwavpack1 (4.50.0-1)
obex-data-server (0.3.4+svn1951-0ubuntu1)
phonon (4:4.2.0-0ubuntu1)
phonon-backend-gstreamer (4:4.2.0-0ubuntu1)
raptor-utils (1.4.17-1)
redland-utils (1.0.7-1)
scim (1.4.7-3ubuntu10)
scim-anthy (1.2.4-1.1)
scim-bridge-agent (0.4.14-2ubuntu5)
scim-bridge-client-gtk (0.4.14-2ubuntu5)
scim-gtk2-immodule (1.4.7-3ubuntu10)
scim-modules-socket (1.4.7-3ubuntu10)
scim-modules-table (0.5.7-3)
scim-tables-ja (0.5.7-3)
soprano-daemon (2.1.1+dfsg.1-0ubuntu1)
ttf-kochi-gothic-naga10 (1.0.20030809-4)
ttf-kochi-mincho-naga10 (1.0.20030809-4)
ttf-sazanami-gothic (0.0.1.20040629-3)
ttf-sazanami-mincho (0.0.1.20040629-3)
ttf-vlgothic (20080908-1)


これで国と言語の設定でJapanese選んでログアウト、再ログインすると・・・
スナップショット1メニューの日本語表示OK!!しかも今回はなんかフォント綺麗だぜ!!!!
さて、FireFoxはFEBEで一気に設定しちゃったんですが、どーもまたもや日本語入力はできないようです。
FireFoxのデータ移行用アドオンFEBEとOPIEを使ってみる
うーむ。これはまた格闘することになりそうな気配だ。Ubuntuのセットアップヘルパ使えたら楽にできたりするかも?うん。でも後回しww
大体サウンドデバイス見つかりませんとか言われちゃって、まだ音も出てないし。

さて、Grubを復帰して9.04を起動できるようにせねば。
UbuntuのLiveCDから起動して・・・転ばぬ先に覚えときたいGrub再インストールの手順で復帰。
なーんて俺、覚えてねえよ。えぇ。自分のブログのこの記事検索してこの手順を実行しましたよww
「Ubuntu Grub 再インストール Winux」なんてねww

これで元の9.04のGrub設定でGrubが再インストールされたはず。
再起動すると無事Ubuntu9.04起動。一安心。
し・か・し!BT4が起動しないではないか!!今度はお前か!!!
RecoveryModeからGrub Updateしてみたけど結果は変わらず。
仕方ない。/boot/grub/menu.listをいじろう。

$ sudo gedit /boot/grub/menu.list


BT4のvmlinuz探して書き加えて・・・とか思ったけど、さっきのBT4のGrubのmenu.listの内容パクってくればいいじゃん。
ということでBT4の/boot/grub/menu.listにUbuntu9.04からアクセスして

title BT4 (on /dev/sda2)
root (hd0,1)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.29.4 root=UUID=6ee19d3f-1283-4106-ab59-6f25116e2944 ro quiet splash
initrd /boot/initrd.img-2.6.29.4
quiet

title BT4 (on /dev/sda2) (recovery mode)
uuid 6ee19d3f-1283-4106-ab59-6f25116e2944
kernel /boot/vmlinuz-2.6.29.4 root=UUID=6ee19d3f-1283-4106-ab59-6f25116e2944 ro single
initrd /boot/initrd.img-2.6.29.4


この辺をパクってきてコピペ。あ、titleだけ手書きで変えちゃったけど。
うむ、禍転じて福となすとはまさにこのこと。ミスってインストールしたGrubのmenu.listのお陰で楽に復帰。起動もOKでした。

ここまでで1時間ちょっとでしょうか。まあ、さすがにちょっと疲れたのでBT4の設定はまた時間見つけてやってみましょう。

関連記事
liveCDの部屋でbt3-final-jpが出てた
BackTrack4 ブートUSBの変更保存
力技トリプルブートその2 BackTrack4インストール~Ubuntu9.04インストール
BackTrack4のKDE壊れたり日本語入力に苦労したり
力技トリプルブートその3 BackTrack復帰+Ubuntu設定スタート
BackTrack 4 Pre Final が出てたし。
BackTrack4の日本語環境のためにUbuntu8.10の日本語セットアップヘルパ
BackTrack4 Pre Finalの日本語入力やらサウンドやら
Ubuntuを「お試し」で使う3(+1)の方法
BackTrack4 Pre Final のUSB作成は苦戦中
成功!BackTrack4 PreFinal 変更保存できるUSBはPersistenceの機能でおk。
BackTrackは決してLinux入門には適さない。


関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

117:
backtrack4 pre finalをUSBメモリに導入したいと思いここのサイトのbacktrack3などの記事を参考にやってみたのですが(http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html)boot/isolinux/isolinux.cfgというものがpre finalにはなくてつまずいています。
どうすればいいのでしょうか?
ちなみにパーティションをきるのはUbuntu9,04LiveCDでやっています。
118:
ちなみに作りたいのは設定保存などができるやつです↑
119:Re: タイトルなし
PreFinal についてはUSBを作ってないので自信はないのですが・・・それでよろしければ。

> backtrack4 pre finalをUSBメモリに導入したいと思いここのサイトのbacktrack3などの記事を参考にやってみたのですが(http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html)boot/isolinux/isolinux.cfgというものがpre finalにはなくてつまずいています。

たぶんβではブートローダーにLiloを使っていたのがPre FinalでGrubに変わったため、ファイル名が変わってるのでは?と思います。
そうすると、/boot/grub/menu.listにおそらく同様の記述があるのではないでしょうか?
そこでβのときにやったように(http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html)記述を付け加えれば大丈夫かと思います。
一応↓が本家のガイド動画になりますが、ちょっとわかりにくいんですよね・・・
http://www.offensive-security.com/blog/backtrack/backtrack-4-persistent-usb-install-video/
しかし、当方環境ではまだ試してないためこれでいけるかはちょっと保証しかねます。。。すみません。。。

近いうちに試してみようと思ってますので、その際にはまた記事にしようとは思います。
120:
すばやい対応ありがとうございます。
私もガイド動画はみたんですがよくわかりませんでした。
とりあいずいわれたとおりやってみたいとおもいます。
121:
とりあいずパーティションを区切ってisoファイルの中身をすべて
sdc1にコピーしました。
でsdc2にchangesというフォルダをつくり
/boot/grub/menu.listにroot=/dev/ram0 changes=/dev/sdc2 rw quiet
と書こうとおもったのですがroot=/dev/ram0 rw quietという記述がみあたりません・・・・
122:
# By default, boot the first entry.
default 0

# Boot automatically after 30 secs.
timeout 30

splashimage=/boot/grub/bt4.xpm.gz


title Start BackTrack FrameBuffer (1024x768)
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper nopersistent rw quiet vga=0x317
initrd /boot/initrd.gz

title Start BackTrack FrameBuffer (800x600)
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper nopersistent rw quiet vga=0x314
initrd /boot/initrd800.gz

title Start BackTrack Forensics (no swap)
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper nopersistent rw vga=0x317
initrd /boot/initrdfr.gz

title Start BackTrack in Safe Graphical Mode
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper xforcevesa rw quiet
initrd /boot/initrd.gz

title Start Persistent Live CD
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper persistent rw quiet
initrd /boot/initrd.gz

title Start BackTrack in Text Mode
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper nopersistent textonly rw quiet
initrd /boot/initrd.gz

title Start BackTrack Graphical Mode from RAM
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper toram nopersistent rw quiet
initrd /boot/initrd.gz

title Memory Test
kernel /boot/memtest86+.bin

title Boot the First Hard Disk
root (hd0)
chainloader +1


こんなかんじなんですが。。。。
どこにchanges=/dev/sdx2をたせばいいのでしょうか・・・?
123:
とりあいず今の状況は
パーティションsdc1にUnetBootinをつかってbacktrack4prefinalをいれていてsdb2にはchangesフォルダがあります。
この状態から保存できるようにするにはどうすればいいのでしょうか?
124:
UnetBootinをつかっていれたらD;syslinux.cfgというものができました。
ここにchanges=/dev/sdx2を書き足せばいいのですよね?(たしかisolinuxとsyslinuxはいっしょのものだった気が・・・)とりあいずやってみます。
あとbacktrack3の記事にあったBootinst.batが見当たらないのですが4ではやらなくていいのでしょうか?
125:
いまさがしてみたところsyslinuxにもroot=/dev/ram0 rw quietという記述はみつかりませんでした・・・・orz
どうすればいいのでしょうか・・・・・
126:Re: タイトルなし
> いまさがしてみたところsyslinuxにもroot=/dev/ram0 rw quietという記述はみつかりませんでした・・・・orz
> どうすればいいのでしょうか・・・・・

quietの前にroot=で足してみればいいような気もしますが・・・
Grubのブートオプションの追加については俺もあまり詳しくないのです。すみません。
チュートリアルビデオを見ると手動でGrubをインストールしているようなのですが、UnetBootinならブートローダーも入るはずなんですよね。
もしかしたらUbuntu9.04のUSBスタートアップディスクの作成で保存領域確保したらいけるかも?なんて思いつきました。
ちょっと今晩にでも自分の環境で色々試してみますね。
こちらでも成功したら記事かコメントで返信いたします。

あまりお力になれず申し訳ないです・・・
127:
いえいえかなりこのサイトにはお世話になっています。
記事にしてくださるのならわかりやすくてうれしいです。
とりあいず私のほうでもquietの前にroot=を追加してやってみます。
知識不足ですいません・・
128:
単にmenu.lstにroot=/dev/ram0 changes=/dev/sdc2 rw quietと追加するだけではだめなのでしょうか?
129:Re: タイトルなし
調べてみたところ
/boot/grub/menu.listの2行めdefault 0 をdefault 5に書き換え

title Start Persistent Live CD
kernel /boot/vmlinuz BOOT=casper boot=casper persistent rw quiet vga=0x317
initrd /boot/initrd.gz

Start Persistent Live CDの quietの後ろにvga=0x317を追加して保存
で、ブートメニューでStart Persistent Live CDを選択もしくはそのまま起動(default 5に書き換えたことでここがデフォルトに変わってるはず)でいけるようですよ。

http://www.infosecramblings.com/backtrack/backtrack-4-usbpersistent-changesnessus/のPersistent Changesというところに詳しく載ってました。
ここではUnetbootinを使ってるみたいです。
当方でも試し中ですw
健闘を祈ります。
130:
くわしい解説ありがとうがとうございます。
早速やってみたいとおもいます。
日本語化がよくわからないのですが・・・
それも教えていただけますか?
最小限何をダウンロードすればキーボード入力が日本語になって
メニューなども日本語化されるのでしょうか?
131:Re: タイトルなし
> くわしい解説ありがとうがとうございます。
> 早速やってみたいとおもいます。
さっきのとこではUnetbootin使ってインストールした場合ですが/boot/syslinux.cfgを書き換えるみたいです。
でも・・・俺のとこでは何度やっても元の設定に勝手に戻っちゃってまだ成功してないです・・・

チュートリアルビデオの方ではCDの中身コピーしてから
# grub -install --no-floppy --root-directory=/mnt/sdb1 /dev/sdb(sdbってとこは環境次第で)
# nano /mnt/sdb1/boot/grub/menu.list
ということで手動Grubインストールして/boot/grub/menu.listで設定してるみたいなのですが、こちらはUbuntu上からやるとGrubインストールでエラー吐いて失敗ですね。。。
ということで当方環境でもかなりの苦戦ですw

容量があればUSBに普通にインストールしたほうが確実なのかも?
これはこれで他のPCでの起動がうまく行かなくなる可能性はありますしGrubのインストール先間違えるとめんどくさいことになるかもですが。

> 日本語化がよくわからないのですが・・・
http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-367.htmlの記事でHDDに入れた方ですが日本語入力は成功してますよー。
scim-anthy
scim-bridge-agent
scim-gtk2-immodule
scim-qtimm
language-pack-kde-ja
language-pack-kde-ja-base
language-support-fonts-ja
language-support-input-ja
を入れて起動時の設定をちょっといじってやればOKなはずです。
132:
/boot/syslinux.cfgとmenu.lstの両方をかきかえるのですか?
日本語化は今からやってみます。
あとふつうにインストールする場合は4GBあればたりるでしょうか?
133:Re: タイトルなし
> /boot/syslinux.cfgとmenu.lstの両方をかきかえるのですか?
UnetBootin使ったときはsyslinux.cfgで設定するようです。たぶんw
http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-403.html BackTrack4 Pre Final のUSB作成は苦戦中
でまとめてみたんですが、まだ俺のとこでも成功してないんですよね・・・

> あとふつうにインストールする場合は4GBあればたりるでしょうか?
たいして変更しないならばいけると思いますが、いろんなアプリ追加したりデータ入れたりするときついかも?
インストール自体はいけるとは思いますが・・・こちらもまだ試してないので保証はできないです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。