スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Ubuntuで古いカーネルとかコンパイル失敗作のカーネルを削除するには

Grubの設定変更でOS選択画面からの削除とかデフォルトのカーネルの変更方法は書いてたんですが、今回のは完全に削除する方法です。
というのは最近UbuntuでC'nQで何度もコンパイルしたんだけど失敗作も多々・・・
通常にUpDateでインストールされたカーネルと自分でdebパッケージにコンパイルしてインストールしたカーネルはこれで削除できます。

インストールされたカーネルは/bootにkernel image /usr/srcにkernel headerが入ってるのが確認できます。
Screenshot-boot - ファイル・ブラウザboot
Screenshot-src - ファイル・ブラウザusr/src

/bootにあるinitrd imgってのがkernel imageをインストールしたときにできるファイル。
削除は

$ sudo apt-get purge linux-image-2.6.28-11-generic


のようにVer.まで指定してやればOKです。
同じようにセットになってるheadersも削除。

$ sudo apt-get purge linux-headers-2.6.28-11


削除時に自動的にmenu.listも更新されるので、選択画面からも消えるはずですが、念のためmenu.listはチェックしといたほうがいいかもです。

これでディスク容量も開放されるし、選択画面もすっきりします。
が、自分で再構築したカーネルも最新カーネルも、思わぬ不具合が出ることは少なくありません。
特にリポジトリ外から持ってきたパッケージを自分で入れてるときなんかは。
俺のとこではCatalystのおかげで新カーネルでXがまともに起動しない時が多々。
ということで操作は慎重に。そしてどれも起動できないー!!なんてことがないよう、一つ前の純正カーネル、現在の純正カーネルくらいは残しといた方が不具合のとき問題の切り分けができていいかと思います。

関連記事
Grubの設定変更
転ばぬ先に覚えときたいGrub再インストール
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
Gitからのカーネルソースでコンパイル&PHC導入
UbuntuTweakを使い倒そう。機能色々
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。