スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

Phenom II じゃLinux上で低電圧化はできなそうな気配?

PHCとpowernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patchと両方やってみたんですがどうも低電圧化の設定ができないっぽいです。
カーネル再構築もOK、powernowdはちゃんと動いてるようなんですが、やっぱりK10世代には同じようには使えないのかな?

とりあえずやったこと
PHC導入はUbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の手順とほぼ同じです。けどLinux-sourceの解凍からやり直し。

$ cd /usr/src
$ sudo -s
# tar xvjf ./linux-source-2.6.28.tar.bz2
# ln -s ./linux-source-2.6.28 ./linux
# cd linux
# cp /boot/config-2.6.28-12-generic ./.config
# make oldconfig
# make menuconfig
Power management and ACPI options --->
CPU Frequency scaling -->
*** CPUFreq processor drivers ***
に移動

<*> ACPI Processor P-States driver
 変更  ACPI Processor P-States driver
 変更 自分の使ってるCPU以外の*外す←AMDにM
# export CONCURRENCY_LEVEL=3
# fakeroot make-kpkg --initrd --append-to-version=-phc002 kernel-image kernel-headers


で、出来上がったdebパッケージのimageとheadersをインストールして再起動してPHC再インストール

$ cd DL/phc-k8_v0.0.92
$ make clean && make
$ sudo make install
$ sudo gedit/etc/modprobe.d/phc-k8

# To use the direct_transitions functionality of the phc-k8 driver,
# uncomment the next line:
#options phc-k8 direct_transitions=1←ここの#外す


これでもう一回再起動してみましたが

$ cat /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls
cat: /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/phc_controls: No such file or directory


とのこと。
make menuconfigのとこ色々試してみましたが結果は同じ。

powernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patchなら行けるかな?と思ったのでこっちもやってみました。こっちの以前の失敗記事にヒントも頂いたことだし。

# cp /usr/src
# tar -xvjf linux-source-2.6.28.tar.bz2


解凍したlinux-sourceの中にpowernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patchをコピー。

# cd linux-source-2.6.28
# patch -p1 < powernow-k8-vcore_list-2.6.24-git-v3.patch
# cp /boot/config-2.6.28-12-generic boot
# make oldconfig


9.04だとカーネル制御なんだけどパッチは(たぶん)powernowd用なのでこっちでも制御をMに。

# make menuconfig
Power management and ACPI options --->
CPU Frequency scaling -->
*** CPUFreq processor drivers ***
に移動

<*> ACPI Processor P-States driver
 変更  ACPI Processor P-States driver
 変更 自分の使ってるCPU以外の*外す←AMDにM
# export CONCURRENCY_LEVEL=3
# fakeroot make-kpkg --initrd --append-to-version=undervolt kernel-image kernel-headers


出来上がったdebパッケージインストールして再起動。ここまでエラーなしでした。
powernow-k8 vcore_list=1250,1100,1000,950
これをGrubのカーネルオプションに加えたところ起動せず。etc/modulesに書き加えたところ起動するけど反映されず。
modprobe vcore_list=1250,1100,1000,950でも反映されず。

ちょっとCPU制御がどうなってるか見てみると

$ cpufreq-info
cpufrequtils 004: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2006
Report errors and bugs to cpufreq@lists.linux.org.uk, please.
analyzing CPU 0:
driver: powernow-k8
CPUs which need to switch frequency at the same time: 0
hardware limits: 800 MHz - 3.00 GHz
available frequency steps: 3.00 GHz, 2.10 GHz, 1.60 GHz, 800 MHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance
current policy: frequency should be within 800 MHz and 3.00 GHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 800 MHz.
cpufreq stats: 3.00 GHz:2.72%, 2.10 GHz:0.09%, 1.60 GHz:0.23%, 800 MHz:96.96% (321)
analyzing CPU 1:
driver: powernow-k8
CPUs which need to switch frequency at the same time: 1
hardware limits: 800 MHz - 3.00 GHz
available frequency steps: 3.00 GHz, 2.10 GHz, 1.60 GHz, 800 MHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance
current policy: frequency should be within 800 MHz and 3.00 GHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 800 MHz.
cpufreq stats: 3.00 GHz:3.20%, 2.10 GHz:0.07%, 1.60 GHz:0.23%, 800 MHz:96.49% (455)
analyzing CPU 2:
driver: powernow-k8
CPUs which need to switch frequency at the same time: 2
hardware limits: 800 MHz - 3.00 GHz
available frequency steps: 3.00 GHz, 2.10 GHz, 1.60 GHz, 800 MHz
available cpufreq governors: conservative, ondemand, userspace, powersave, performance
current policy: frequency should be within 800 MHz and 3.00 GHz.
The governor "ondemand" may decide which speed to use
within this range.
current CPU frequency is 800 MHz.
cpufreq stats: 3.00 GHz:3.06%, 2.10 GHz:0.11%, 1.60 GHz:0.27%, 800 MHz:96.55% (576)


$ cat /etc/modules
# /etc/modules: kernel modules to load at boot time.
#
# This file contains the names of kernel modules that should be loaded
# at boot time, one per line. Lines beginning with "#" are ignored.

lp
rtc

# Generated by sensors-detect on Fri Mar 27 09:46:42 2009
# Chip drivers
it87
k8temp

# Generated by sensors-detect on Sat May 16 23:08:16 2009
# Chip drivers
it87
# no driver for AMD K10 thermal sensors yet

# Generated by sensors-detect on Tue May 19 19:48:42 2009
# Chip drivers
it87
# no driver for AMD K10 thermal sensors yet

# Generated by sensors-detect on Tue May 19 20:35:26 2009
# Chip drivers
it87
# no driver for AMD K10 thermal sensors yet


とのことで。
PowernowdをCPUドライバとして使用はちゃんとできてるみたいだけど
no driver for AMD K10 thermal sensors yetが原因なのかな?
汎用性の高いPHCの方が使える可能性高いような気もしますが・・・俺の知識じゃ対応策がわかりません><
powernowdをcpudynとかに変えて試してみようかな?

関連記事
UbuntuでCn'Qの続き
懲りずにLinuxでCn'Q 9.04で再挑戦
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!
UbuntuでC'nQ電圧制御 今度こそ成功!!の続き(カーネルコンパイルし直し+設定)
powernowdの設定変更 on Ubuntu9.04
もっと省電力&サクサクにしたいー!!PHCとPowernowdの設定について
GAMA78GPM-UD2HならBIOSでCnQ効かせたまま低電圧化できるじゃん・・・
LinuxでPhenomのPStateを読み出すhw_pstate_ctrl.py
k10railgunでLinuxでもPhenomII低電圧化
LinuxでCPU低電圧化の大本命!PHCがいよいよPhenomIIにも対応し始めた様子
関連記事
総合案内当ブログについて
Windowsの目次Linuxの目次Linuxの目次2・ ・自作PC関連の目次Web技術関連の目次
全記事一覧情報サイト新着RSS一覧

Sponsored Link

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索

カスタム検索

フリーエリア

クリックで救える命がある。

レンタルサーバー

さくらのマネージドサーバ
さくらインターネットのVPS
ConoHaのVPS
WebARENA VPSクラウド
99円レンタルサーバー
【CloudCore VPS】
GMOクラウドのレンタルサーバー
転送量無制限 ABLENET
@WAPPYレンタルサーバー
SPPDレンタルサーバー

カテゴリー+月別アーカイブ

 

アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:tmin
PCヲタ。ライト2ちゃんねら。
スロット好きのギャンブラー。(元
むしろ人生がギャンブルだが目下のところ負けっぱなし。
座右の銘は「結果オーライ」。故に基本適当。
トラブルもまた楽しみのひとつ

コメント、トラバ、相互リンク歓迎。お気軽にどうぞ。
当ブログについて
Twitterでこっちとあっちの更新情報流すことにしてみます。
http://twitter.com/t_min
Project Mikunchu♪Wikiできました。
Mikunchu200x40.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。